プロミス審査

これからプロミス審査に申し込もうという方には様々な方がいる事かと思います。例えばキャッシング初心者でありまだわからない事も多いので信頼の出来る大手に申込もうという方、また例えば急ぎでお金が必要になった為即日融資に対応しているプロミスに申込もうという方、また比較的審査に受かりやすい消費者金融系キャッシングの中では僅かに金利が安い事から選ぶ人もいれば、全国に手数料無料で利用できるATMが多数ある事を理由に選ぶ方もいる事でしょう。

しかしまず何よりも先に皆様に知っておいて欲しいのは「一度審査に落ちてしまった消費者金融」の審査を通過するのは非常に難しいという事です。というのも基本的に消費者金融での審査結果はその会社は勿論信用情報機関等にも一定期間保管される事になり、その記録が残っている間はよほど劇的に何かあなたのステータスが変化しない限りまともに審査してもらえないからです。その為どうしても利用したい金融機関があるのであれば最初の一回で通過するくらいの気持ちで望まなくてはならないという事です。 プロミス200x200

そこで当サイト「プロミス審査徹底研究」ではプロミスの審査に一発合格する為の対策や審査の傾向等を紹介しています。申し込み方法や申し込みの際に気をつける事に始まり、重視されるあなたのステータスや万が一落ちてしまった場合に取れる手段など、プロミスの審査に関する情報を幅広く提供しています。


プロミス審査の前に

さて本格的な話を始める前にまずはプロミスの提供するキャッシングサービスのスペックを今一度見てみましょう。前述のように一度落ちてしまった会社は暫く合格するのが難しい他、どこか一社でも審査に落ちていると当然他社での申し込みにも悪い意味で影響してくる事になります。その為まずはプロミスが貴方にとって本当に相応しい金融商品なのかを見つめ直しましょう。

プロミス
 プロミス-468×60
金利
4.5%~17.8%
限度額
500万円
区分
消費者金融
即日受付
平日14:00まで
審査時間
最短30分
担保・保証人
不要
用途
自由
貸付条件
20~69歳までの安定した収入のある方

まずプロミスの特徴と言えば最高金利が他より少しだけ少ない17.8%という点です。通常多くの消費者金融では10万~100万円の貸付において貸金業に法り設定する事のできる金利の最高額である18%を最高金利として設けています、それに対しプロミスは最高金利である18%から少し低い17.8%という最高金利を設けているのが特徴です。またプロミスは即日融資にも対応している為、平日の即日対応時間帯に申し込めば申し込んだその日に融資を受ける事が可能です。審査にかかる時間も最短30分と短く、お急ぎで融資の必要な方にも重宝されています。特に三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方なら、融資依頼から最短10秒で指定口座に振り込んでもらえるスピード振込を受ける事が可能となっています。

そしてプロミスは大手消費者金融でありメディア露出等も相まって高い知名度を誇っています。そして金融業界において高い知名度を誇るという事はそれだけ信頼出来る会社であるという証になります。

というのも一時期消費者金融業界というのは無法地帯であり、法外な金利や横柄な取立てが横行していました。そんな状況を打開すべく消費者金融の活動を取り締まる貸金業法が昨今では制定され、消費者金融の活動はかなり制限されるようになりました。知名度が高いという事はそれだけこの貸金業法を取り締まる機関の監査の目が行き届くという事、もしユーザーに対して不誠実な運営を行っていた場合会社自体の営業継続が難しくなります。この事から有名な会社であり、また歴史の長い会社というのは貸金業法的にクリーンな優良金融機関という証明になるのです。加えてプロミスでは通常の電話窓口の他に、女性専用窓口レディースコールを設置する、24時間365日何時でも申し込めるインターネット完結申し込み窓口を設置する等申し込みやすい環境作りに尽力しています。これらの事からプロミスははじめて消費者金融を利用しようという方にお勧めの会社となっています。

安心

プロミスの審査基準は?

プロミスの審査基準はその他大手消費者金融と変わらない基準となっています。20歳以上69歳以下という年齢制限を満たしていれば、あとは安定した収入をもらっていることが条件。
たとえアルバイトやパートとして働いていたとしても勤続年数がそれなりの期間で、収入が定期的で安定したものならばプロミスのカードローンを利用する権利はあります。プロミスの審査で見られる情報は主に属性と信用情報の二つ。これらの情報が審査基準を満たすことができればプロミスのカードローンでのキャッシングが可能になります。

属性

審査で見られる属性とは、その人が持つ返済能力のこと。どれくらいの収入をもらっているのか。どんな会社で働いており、どれくらいの収入をもらっているのか。雇用形態はどんな形なのか。
プロミスはそれらの情報をスコアリング形式で審査します。プロミスの早い審査対応なら最短30分で審査を終わらせることが可能。プロミスは審査であまりこの属性を重要視しません。問題はこの後の信用情報。

信用情報

プロミスなど大手消費者金融はこの信用情報に問題があった時点で審査に落とすでしょう。信用情報とは今現在、または過去にどのようなキャッシングを行ったか。その情報です。
返済が遅れたという返済遅延の情報が残っていれば、債務整理で返済額の減額を行った情報が残っていたらそれは審査に不利です。返済能力に疑問を持たれることになるからです。
短期間にプロミス以外の消費者金融に多数申し込んでいたとしたら、その情報も審査で不利となってしまいます。それらすべての情報は信用情報機関に集められ、プロミスが審査の際その情報を参照します。


審査の最後に待ち受ける在籍確認

消費者金融の審査が最後の段階まで進むと、業者から職場への確認電話があります。この在籍確認はもちろんプロミスも行っているもので、プロミスの審査が終わる一歩前の段階でこの在籍確認があります。
消費者金融から職場への電話が嫌だと言う方も多いでしょう。そんな方のためにプロミスは必要書類の提出のみで在籍確認を終わらせることも可能です。社会保険証や給与明細、または顔写真入りの社員証があれば在籍確認の必要なしで審査を終わらせることも可能です。
それらの書類に問題がある場合は在籍確認の電話を避けることはできません。気をつけておきましょう

プロミスの審査に申し込む前に皆様には是非一度利用してみて欲しいサービスがあります、それがプロミス公式HPにある「お借入診断」と呼ばれる機能です。このお借入診断では「年齢」「年収」そして「現在の借入金額」3つの簡単な項目を入力する事で暫定的ではありますが審査結果を表示させる事が可能です。暫定的とは言え「一度でも審査に落ちてしまうと後の審査に影響する事」を考えると受けておいてまず損はないかと思います。またこのお借入診断は名前や住所等個人を特定できる情報の入力は必要ないので、何度受けても本審査に影響する事はありません。(現在「お借入診断」の利用は一日2回までとなっています)まずはこのシミュレーターにおいて借入が可能になるよう調整していく事が最初に目指す所となります。


インターネットによる申込

「お借入診断」において良い結果が出たらいよいよ申し込みとなります。プロミスへの申し込みは店頭窓口での申し込みや電話での申し込み、書類郵送での申し込み等様々な方法で可能ではありますが当サイトは「インターネットによる申し込み」をおすすめしています。

まずインターネット申し込みは申し込むだけなら24時間365日何時でも、またネット環境さえあればPC携帯問わずどこからでも申し込む事が可能です。またインターネット申し込みは現在ある申し込み手段の中で最も早く審査結果が明らかになる申込方法だと言われています。これは現在審査行程の殆どをコンピューターによってプロミスが行っている為、郵送や窓口と違い最初からデータの状態で申込者情報の届くネット申込は一番手間がかからない為だと言われています。さらにインターネット申込は窓口と違い必要以上の情報を相手に与えないという利点があります。例えば窓口申込ではしばしば申込者が落ち着きのない様子であったり、身なりがきちんとしていないといった要素が審査に影響する可能性があります、しかしインターネット申込ならば必要な情報だけを送ればよいので自身にとって不利になるような情報を与えにくいと言われています。

ネット申込

実際にプロミスに申し込む

プロミスへの申込は当サイトのリンクや公式HPの「新規お申込み」から申し込む事が可能です。申込フォームでは「氏名」「生年月日」「性別」「家族構成」「連絡先」といった個人情報にはじまり、「住所」や「住宅ローンの有無」といった「住宅情報」、「勤務先情報」や「雇用形態」、「最終学歴」や「年収」といった情報の入力が必要になります。また必要な書類として「運転免許証」や「健康保険証」といった「本人確認書類」が必要になる他、借入希望額が100万円を超えるようであれば「源泉徴収」や「給与明細」といった「収入証明書類」が必要になります。申込フォームに必要な情報を記入し申し込めば後は審査結果の連絡を待つだけ、審査時間は最短30分と言われており契約完了後は直ぐに融資を受ける事が可能です。
プロミス-728×90


申し込みに必要な書類は?

プロミスに申し込む際にはプロミスが決めた必要書類を提出することになります。50万円以下の小額キャッシングには主入証明書は必要ありません。まとまった融資を希望する場合源泉徴収票や給与明細など収入証明書が必要になります。

本人確認書類

本人の個人情報を確認するための書類です。一番確実なのは運低免許証。免許証がない場合は健康保険証または有効期限内のパスポートでも本人確認書類とすることができます。

収入証明書

場合によっては収入証明書が必要なケースがあります。

  • プロミスから50万円を超える借入を行う場合
  • プロミスとその他業者からの借入額合計が100万円を超える場合

これらの場合は自身の収入を証明するために収入証明書を提出しなくてはなりません。
源泉徴収票か確定申告書、または直近2ヶ月分の給与明細などを準備しましょう。これらの書類によっては審査に落ちることもありますし、書類の審査で時間がかかってしまうこともあります。

在籍確認なしで審査を希望する場合

在籍確認の変わりに書類にて審査を終わらせたいならば、社会保険証や社名と時期が記載されている給与明細書などを提出しなくてはなりません。プロミスからの確認電話といっても、プロミスからの電話だとは明かされず、個人名での電話なのでプロミスからの電話だとは気づかれにくいです。


自動契約機から申し込み

プロミスは街なかに自動契約機を設置しています。プロミスは大手消費者金融の中でも自動契約機の設置数が多い消費者金融。プロミスは自社の契約機以外でも、三井住友銀行のローン契約機を使って申し込むことができるのが特徴。
プロミスの自動契約機と三井住友銀行の契約機を合わせればその数は全国に1,800台以上の数になり、アコムやアイフルとくらべてかなり多い数となります。実際のキャッシングでも三井住友銀行のATMを使ってキャッシングが可能なので、提携ATMの数でも悩むことはないでしょう。プロミスのATMでも三井住友銀行のATMでも手数料がかからないのが嬉しいです。
先にホームページから申し込んでおき審査を終わらせた状態で自動契約機に向かえばさらに借入の時間を短くすることができます。申し込みからカード発行までを数十分程度で終わらせることができるでしょう。


実際にプロミスからキャッシング

申し込みを終えたらあとは実際にキャッシングです。自動契約機からカードを発行して、提携ATMからお金を借入れる。またはネットから自分の口座を指定して振込キャッシング。自分に合わせた方法でお金を借入れてください。


ATMからキャッシング

プロミスの自社ATM、または三井住友銀行ATM、提携ATMを使ってキャッシング可能です。提携ATMにはいくつか種類があります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net

これらのATMを使えるので、場所で困ることのないキャッシングが可能なはず。問題はキャッシングにかかる手数料です。一回の借入額が1万円ならば手数料108円。1万円以上の借入れならば216円の手数料がかかってきます。
もちろんプロミスのATM三井住友銀行ATMならば利用手数料は無料です。

ネットからWeb完結のキャッシングを行う

プロミスは2015年よりカードレスでキャッシング可能なWeb完結サービスに対応しています。Web完結サービスのメリットは多いです。カードレスでパソコン・スマートフォンからキャッシング可能。余計な郵送物は家に届かない。返済を口座振替で可能とかなり利便性が高いです。