プロミスで収入を証明する書類の提出を求められる場合

プロミスは貸金業者ですので、総量規制を厳守しなくてはなりません。年収の3分の1を超えて貸付を行うことは、法律によってできないことになっているのです。そのため収入に関しては厳密に審査されます。総量規制に反したとき罰せられるのは利用者ではなく、貸付を行った貸金業者になるからです。収入を証明する書類が求められるのは、借入希望額がプロミスだけで50万円を越える場合、また他社との合計が100万円を越える場合です。また最後に収入を証明する書類を提出してから3年以上立っている場合も提出が求められます。これ以外にも審査内容によって求められることがないとも限りませんが、ほぼこの範囲内であれば求められていないようです。


<プロミスが認めている収入証明書類>

収入を証明する書類を求める際に、その書類としてプロミスが認めているものは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細直近2ヶ月と1年分の賞与明細書のいずれかになります。賞与がない場合には、直近2ヶ月の給与明細書でもいいとされてます。確定申告書は給与所得者はありませんので、源泉徴収票か給与明細書のどちらかになるでしょう。これによって収入がアップしていれば、総量規制の枠も変わりますので、増枠される可能性があります。

子供の為にプロミスを利用する?

借入をする目的は何でもいいと言われていますので、好きなことに使っていいと思います。
色々調べてみたところ、毎年お正月にプロミスを利用している人もいるみたいですが、知っていましたか?
子供に渡すお年玉の為に借入をしている人もいるみたいなので、本当に色々な使い方があるのだなと思いますね。
その返済は後日自分の給料から少しずつ返済をしているみたいですから、自分が無理なく返済できる金額が望ましいです。


・お葬式にもプロミス

お葬式をすることになってしまい、手持ちにお金がない!そんな人もここに頼っているみたいですよ。
確かに、お葬式は色々準備するものが多いですから、そのぶんお金もかかってしまいます。
特に自分がお世話になった人であれば、やはりきちんと準備をして見送りたいですから、プロミスを頼るのでしょうね。
お金を借りる事は悪いことではないので、何か困ってしまったことがあれば遠慮なく頼ってみて下さい。


・目的は色々あります

飲み会の為に利用している人もいれば、震災の影響で借りざるを得ない人もいます。
プロミスは、多くの人に使ってもらえるようなわかりやすい環境づくりが出来ているから、初めてでも安心して利用可能。
困ったことが出たら、公式サイトにある質問をチェックしてみてはいかがでしょうか?

プロミスはいくら借りれるのか

金融機関の借り入れ上限を知っておくことはお金を借りる時に金融機関を選ぶ助けになります。また、審査を受けることが借りる金額は決まりますが、おおよそは調べたり知っておくことができます。プロミスではそれ以外にも便利なシステムがあります。


<借り入れることができる金額はいくらくらい?>

借り入れ可能な金額は実際に審査を受けるまでわかりませんが、ひとつの指標として総量規制というものがあります。借り入れできる金額は全ての金融機関を合計して年収の3分の1までです。そのため、基本的にはその金額が借りれる上限になります。その金額を既に超えている場合は、おまとめローンで一つにまとめるサービスを受けることができます。


<プロミスのリボルビングシステムが便利>

プロミスが行なっているリボルビングシステムは、利用限度額内なら何度でもキャッシングできるシステムです。これを利用すれば、頻繁に必要な金額が変わる場合や頻繁に必要になる場合に便利です。例えば利用限度額一杯まで借りていても、一部返済すればまた返済した分を借りることができます。利用限度額を変更することで借り入れ上限をあげることはできますが、別途で審査が必要になります。

プロミスのフリーキャッシングの限度額はどうなっているの?

プロミスでは即日融資やスピード審査などと呼ばれるものに、限度額という融資の最高金額を設けています。消費者金融や少額の銀行系カードローンでもこの仕組み自体は同じなのですが、共通して聞かれることの多いデメリットに、スピードキャッシングでは限度額が低いという問題があるそうです。


プロミスの限度額は相談可能

まず、審査スピードが速い即日審査などで限度額が、上がりにくいと認識されている理由には、審査に大きな時間を割かないと言われるからだそうです。これは審査をしっかりしていない、ということではなく、会社の定めた基準を満たしているかをスピード重視でチェックしているということなのだそうです。このチェックで返済ができると判断するのですが、収入があっても、本当に返済にルーズではない人だという認識をするには、実際に返済が始まらないと分からない部分は多くあります。


電話で増資の相談もOK

限度額は、場合によっては返済をつづけることで上がるという場合もあります。またプロミスの場合は、限度額の上限アップを希望するときは、別途審査を行って、通過すれば、限度額アップを行ってくれるそうです。この限度額は低く設定することもできますから、会員サービスから変更は自由にできます。インターネット上で会員サービスログインだけでいいので、いつでも限度額の変更が効くのはうれしいサービス展開です。

プロミスで借金完済してすっきり!

プロミスでは少額ローンだけでなく、少額ローンをあらゆる会社から借りて返済の面倒が増えてしまった人などに向けている、おまとめローンの扱いもあります。おまとめローンでは、返済にかかるストレスが軽減される、心理的なストレスから解放されるなどの意見もあるそうです。


プロミス以外のローンが対象

プロミスおまとめローンの対象となるローンは、ほかの消費者金融から借りている借金なのだそうです。おまとめローンでは、金額が高くなってしまいますし、総量規制ギリギリまで借りていると、他のローンが契約できないという意見がありますが、借金を一本化するために考えたられたものなので、各消費者金融で、規制対象からは除外されていますから、金額が高くなる場合も相談をしてみるといいかもしれません。


心理的な負担を軽減する効果も

中には、複数といっても2社だけ、など本当に困ったときにだけ利用したローンが重なってしまったというケースもあるそうです。このような場合、まとめることのメリットには、心のストレスを少なくするという効果を求める人も多いそうです。複数ある、ということがおおきな負担となってしまっている場合には、おまとめローンで一社にまとめて気持ちのリフレッシュをはかってから、完済に向けた再スタートをお勧めします。

プロミスは個人事業主の味方?

消費者金融など、担保がなく保証人も必要のない、少額ローンと呼ばれる金融商品を扱っているところでは,個人事業主は審査の面で非常に不利になるという意見がポピュラーだったそうです。これは審査で会社が重視することに、安定した収入ということがあるからだと言われています。


プロミスには事業者ローンが

プロミスでは、事業性資金に利用でき、かつ個人事業主も利用しやすいように、事業主向けローンの展開を行っています。サラリーマンではないため、社会的に安定がしにくいと判断されやすいフリーランスの人や、自営業の人が、プライベートにも仕事にも利用できるという、幅の広い融資がある消費者金融はそんなに多くないと言われているそうです。


フリーランスはフリーキャッシングが使えない?

アルバイトやパートでも即日審査などが利用できますから、プロミスのローンを個人事業主の人がすべて使えないというわけではないそうです。しかし収入面の安定という部分だけをフューチャーすると、どうしても企業からお金をもらう立場の人のほうが、安定していると判断されるため、高額融資などになると、自営業向けローンを利用するほうが手続きがスムーズだと判断する人もいます。

プロミスのウェブ契約でプライバシーもばっちり?

プロミスでは、即日融資やスピード審査にあたるサービスをフリーキャッシングというプランで提供しています。この審査申し込みは、ウェブ契約というインターネットを経由して行う審査申し込み方法に対応しているため、書類なども郵送する必要がないそうです。


プロミスカードは後から郵送

プロミスで借り入れ、返済を行うときに必要となるカードや契約済みの書類控えなどは後日、別に郵送で届きますから保管してください。融資などはカード郵送前に、審査のときに自分が指定した口座まで振り込んでもらうことが可能ですから、時間のないときでも安心してお金を受け取ることができます。本人確認書類などはメールだけで提出できるので、手間がかからないと好評なのだそうです。


本人確認書類は保険証、免許証、パスポート

ウェブ契約で利用できる本人確認書類は、免許証か健康保険証、パスポートの3種類となっています。日本在住で外国製の人の場合は、在留カードなど日本に住んでいることを許可されているということが証明できる書類を一緒に提出するそうです。融資ができる時間には一定の制限がありますが、審査の申し込みは24時間受け付けているそうです。パソコンとスマートフォンからはもちろんですが、携帯電話からも受付をできます。

プロミスのポイント会員でお得に

プロミスではインターネット会員に登録することで、ポイントプログラムの会員に登録する事で、ポイントを貯めてお得にキャッシングローンの利用をすすめることができるものがあります。これは登録料のかからないメールサービスで、返済日などもアラートしてくれるので、返済忘れなどを防ぐ効果もあるそうです。


プロミス初回無利息サービスは登録後から

このポイントプログラムへの登録は、初回のユーザー限定の無利息サービスを受ける条件にもなっています。登録後から30日間という決まりがあるので、お金を借りた後にこのサービスに登録した場合、最初の返済を終えた後から30日間が適用される無利息期間になるそうです。お金を借りないと貯まらないものが多いポイントサービスですが、プロミスでは毎月メールを受け取ると1ポイント、サイトを毎月開くと10ポイントなど、マメにプロミスの情報をチェックすることでたまります。


ATM手数料無料になるものも

プロミスではすでに、アットバンクや三井住友銀行のATMの利用手数料を無料で利用できますが、出先にない場合にはコンビニエンスストアなど別の機関を経由するATMからの手数料も、ポイントを使って、月に3回までなど、無料にすることができます。貯めたポイントは無利息期間にすることにも利用できますから、自分で便利なほうを選ぶといいです。