実際にプロミスへ申し込む!プロミスの借入体験談も

PCから申込む女性

プロミスの審査に申し込む前に皆様には是非一度利用してみて欲しいサービスがあります、それがプロミス公式HPにある「お借入診断」と呼ばれる機能です。

このお借入診断では「年齢」「年収」そして「現在の借入金額」3つの簡単な項目を入力する事で暫定的ではありますが審査結果を表示させる事が可能です。

暫定的とは言え「一度でも審査に落ちてしまうと後の審査に影響する事」を考えると受けておいてまず損はないかと思います。

またこのお借入診断は名前や住所等個人を特定できる情報の入力は必要ないので、何度受けても本審査に影響する事はありません。(現在「お借入診断」の利用は一日2回までとなっています)まずはこのシミュレーターにおいて借入が可能になるよう調整していく事が最初に目指す所となります。

何時までにプロミスへ申し込めば、プロミスから即日借り入れが可能となるのかについては、「プロミスの審査は何時までに申し込めば今日中に借りられるのか」の中で詳しく説明しています。

インターネットによる申込

ノートパソコンを操作する男性
「お借入診断」において良い結果が出たらいよいよ申し込みとなります。

プロミスへの申し込みは店頭窓口での申し込みや電話での申し込み、書類郵送での申し込み等様々な方法で可能ではありますが当サイトは「インターネットによる申し込み」をおすすめしています。

まずインターネット申し込みは申し込むだけなら24時間365日何時でも、またネット環境さえあればPC携帯問わずどこからでも申し込む事が可能です。

またインターネット申し込みは現在ある申し込み手段の中で最も早く審査結果が明らかになる申込方法だと言われています。これは現在審査行程の殆どをコンピューターによってプロミスが行っている為、郵送や窓口と違い最初からデータの状態で申込者情報の届くネット申込は一番手間がかからない為だと言われています。

さらにインターネット申込は窓口と違い必要以上の情報を相手に与えないという利点があります。例えば窓口申込ではしばしば申込者が落ち着きのない様子であったり、身なりがきちんとしていないといった要素が審査に影響する可能性があります、しかしインターネット申込ならば必要な情報だけを送ればよいので自身にとって不利になるような情報を与えにくいと言われています。

ネットからの申し込みでは、多くの質問に答える「フル入力」と、少ない項目の入力と電話で質問に答える「カンタン入力」があります。

フル入力での申し込み

フル入力では、35個もの質問に答えるだけで申し込みが終わる、申し込み方式です。

電話での追加質問が煩わしい人、申し込み時間に余裕がある方は、こちらで申し込みましょう。

また、フル入力で申し込んでも申込情報に不備があった時点で、結局確認の電話がかかってくるため、そちらの注意も必要です。

フル入力の入力時間は代替長くて15分程度。

カンタン入力

カンタン入力は、フル入力のおよそ半分程度の入力項目で申し込める、まさに簡単な申し込み方式です。

こちらの入力自体は10分もかからず行うことができるものの、その後の電話では結局「20分」程度時間がかかってしまいます。

それに電話中「保険証」など、書類の確認も必要になるため、フル入力よりかえって多くの時間がかかってしまうことも…。

実際にプロミスに申し込む

プロミスへの申込は当サイトのリンクや公式HPの「新規お申込み」から申し込む事が可能です

。申込フォームでは「氏名」「生年月日」「性別」「家族構成」「連絡先」といった個人情報にはじまり、「住所」や「住宅ローンの有無」といった「住宅情報」、「勤務先情報」や「雇用形態」、「最終学歴」や「年収」といった情報の入力が必要になります。

また必要な書類として「運転免許証」など「本人確認書類」が必要になる他、借入希望額が50万円を超えるようであれば「源泉徴収」や「給与明細」といった「収入証明書類」が必要になります。

申込フォームに必要な情報を記入し申し込めば後は審査結果の連絡を待つだけ、審査時間は最短30分と言われており契約完了後は直ぐに融資を受ける事が可能です。

申し込みに必要な書類は?

給与証明書
プロミスに申し込む際にはプロミスが決めた必要書類を提出することになります。50万円以下の小額キャッシングには収入証明書は必要ありません。まとまった融資を希望する場合源泉徴収票や給与明細など収入証明書が必要になります。

本人確認書類

本人の個人情報を確認するための書類です。一番確実なのは運転免許証ですが、運転免許証がない場合は有効期限内のパスポートでも本人確認書類とすることができます。

外国籍の方はこれらに書類にプラスして、「在留カード」、または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)を求められます。

なお、上記でも説明した通り、借入総額が高ければ収入証明書類(源泉徴収票等)が求められます。また、サラリーマンの方は必要ありませんが、個人事業主の方は「確定申告書」が必要です。

収入証明書類

場合によっては収入証明書が必要なケースがあります。

  • プロミスから50万円を超える借入を行う場合
  • プロミスとその他業者からの借入額合計が100万円を超える場合

これらの場合は自身の収入を証明するために収入証明書を提出しなくてはなりません。源泉徴収票か確定申告書、または直近2ヶ月分の給与明細などを準備しましょう。

これらの書類によっては審査に落ちることもありますし、書類の審査で時間がかかってしまうこともあります。

自動契約機から申し込み


プロミスは街なかに自動契約機を設置しています。プロミスは大手消費者金融の中でも自動契約機の設置数が多い消費者金融。プロミスは自社の契約機以外でも、三井住友銀行のローン契約機を使って申し込むことができるのが特徴です。

プロミスの自動契約機と三井住友銀行の契約機を合わせればその数は全国に1,800台以上の数になり、アコムやアイフルとくらべてかなり多い数となります。実際のキャッシングでも三井住友銀行のATMを使って借り入れが可能なので、提携ATMの数でも悩むことはないでしょう。プロミスのATMでも三井住友銀行のATMでも手数料がかからないのが嬉しい点です。

先にホームページから申し込んでおき審査を終わらせた状態で自動契約機に向かえばさらに借入の時間を短くすることができます。申し込みからカード発行までを数十分程度で終わらせることができるでしょう。

実際にプロミスから借り入れ

申し込みを終えたらあとは実際にキャッシングです。自動契約機からカードを発行して、提携ATMからお金を借入れる。またはネットから自分の口座を指定して振込キャッシング。自分に合わせた方法でお金を借入れてください。

ATMから借り入れ

プロミスの自社ATM、または三井住友銀行ATM、提携ATMを使って借り入れ可能です。提携ATMにはいくつか種類があります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net

これらのATMを使えるので、場所で困ることのない借り入れが可能なはず。問題は借り入れ一回の借入額が1万円ならば手数料108円。1万円以上の借入れならば216円の手数料がかかってきます。もちろんプロミスのATM三井住友銀行ATMならば利用手数料は無料です。

プロミスのATM検索

プロミスの店舗・ATM数は三井住友銀行のものまで含めれば膨大な数となります。

そんな膨大なデータベースから、自分の目当ての地域のプロミスATM、プロミスの店舗を探すには公式サイト内の「店舗・ATM検索」というコンテンツを利用するのがおすすめです。

店舗・ATM検索

ネットからWeb完結のキャッシングを行う

プロミスは2015年よりカードレスでキャッシング可能なWeb完結サービスに対応しています。Web完結サービスのメリットは多いです。カードレスでパソコン・スマートフォンから借り入れ可能。余計な郵送物は家に届かない。返済を口座振替で可能とかなり利便性が高いです。(※対象金融機関は200行以上あり)

プロミスのカードローン借り入れ体験談

実際にプロミスのカードローンを利用された方に、プロミスのカードローン使い勝手を聞いてみることにしました。

Mさん(27)

Mさん
-今日は遠いところありがとうございます。

Mさん:いえいえ。私の借金経験がお役に立てば(笑)

-それでは、まずはMさんがプロミスのカードローンを借りたきっかけを教えていただけますか?

Mさん:はい…あれは私が地下アイドルのTO(トップオタ=ファンの中で一番偉いファン)として君臨してたころの話です。TOとして居続けるためには、とにかく推しているアイドルのCDやチェキなどにお金を出して、買い支えなくてはならないんです。その頃の私はフリーターだったので、時間はあるけど金はない。ほかのオタクには金持ちのおっさんとかいて…。その人達に勝つには、プロミスのカードローンで借金しかなかったんです。

-なるほど…推してるアイドルを支えるためと。でもプロミスじゃなくても良かったんでは?

Mさん:そのアイドルのライブ会場のすぐ近くにプロミスの無人契約機があったのが、プロミスから借りるきっかけでした。それまではカードローンとは無縁の人生だったんですけど…。

-審査には問題なく通りました?

Mさん:はい。夕方の申し込みだったんですが、30分もかからず借入可能な審査結果が出ましたよ。その後すぐカードが無人契約機から出て。その建物内にATMがあったのを覚えてます。そこで最初に5万借りたんだっけな。

-継続的にカードローンを利用されたんですか?

Mさん:はい。結局その後1年位使い続けましたね。最初は50万円だった限度額も、プロミスからの案内で100万円にまでなりました。

-現在は?

Mさん:いや今はもうプロミスからの借入残高はゼロです。

-推しのアイドルを買い支えなくて良くなったんですか?

Mさん:その子、マネージャーとデキてたみたいで、マネージャーの子供を妊娠しちゃって…。そこでなんか、夢が覚めた気分になって。もうこんなことやめようって。今はしっかり正社員として働いてますしね。

Mさん2

-:そうだったんですか…。でもプロミスへの返済は大変じゃなかったですか?

Mさん:まあ僕、アイドル以外の趣味がほぼ無かったんで、ほとんど収入を返済に当てられたのが良かったのかなと。友だちに債務整理も教えてもらったんですけど。返済やばくなりそうだった自己破産でもすりゃあいいやって。もうあの頃は生きる目的なくなった感じでしたね。どうでもよくなってたです。

-:そうなんですね…。でも無事返済完結したみたいでよかったです。

Mさん:ほんとにね(笑) あのアイドルが引退したのも、今に思えばいいタイミングだったんですよ。

-:そうかもしれませんね。本日はありがとうございました。

M:はい。

Tさん(25)

Tさん1

-はじめまして。今日はわざわざありがとうございます。

Tさん:いえいえ。

-それでは早速、Tさんがプロミスのカードローンを利用したきっかけを聞いてもいいですか?

Tさん:はい。あれは3年前くらいです。田舎暮らしだった私は、どうしても東京でアパレルの店員になりたくって。ほとんど家出みたいな感じで、一人東京にでてきました。地元にいてもろくな仕事なかったですからね。

-なるほど。

Tさん:勢いで出てきたけど、当時の私にはお金もないし、東京に知り合いもいない。なんとかバイトはしてたけど、その日のごはんにも困るくらいでした。そんな私の目に飛び込んできたのが「プロミス」の看板だったんです。

-無人契約機ですね。

Tさん;はい。クレジットカードも限度額いっぱいだったので、私はほとんどすがるような思いで、プロミスのカードローンに申し込みました。審査に落ちたらもう終わりだ…。と思ってたら、プロミスのカードローンに限度額30万円で審査に通りました。

-今よりプロミスの審査が甘かったのかもしれませんね。

Tさん2

Tさん:そうなんですか? あの時審査に落ちてたらと思うとゾッとしますね…。

-その後どうなったんですか?

Tさん:結局そんな生活は続かなくて、地元のお姉ちゃんに相談したところから両親にバレて、地元に強制送還させられました。

-結局…。

Tさん:その後両親の強力もあってなんとかプロミスにお金返し終わって、コツコツ頑張って働いたお金で、今に至るって感じです(笑)

-結果的にプロミスに助けられたって事になるんですかね…。Tさん、ありがとうございました。

Sさん(21)

Sさん

-今回お話聞くのはSさん、21歳の女性です。よろしくおねがいします。

Sさん:はい!お願いします。

-Sさんはどういったきっかけでプロミスのカードローンを利用されたのでしょうか。

Sさん;私、現在進行系で美容師のアシスタントやってるんですけど、アシスタントってほんっとうに給料安くて。初任給手取りが10万円くらいだったんですよ。まあだから仕方なく「生活のため」にプロミスから借りたってことなんですけど。

-生活費の借り入れ…多いですよね。うちの姉も若い頃カードローンで借りてました。

Sさん:まあ今もプロミスの残高残ってるんですけどね。プロミスのカードローンありきで生活してるところが否めないです。

-ご家族などに頼るのはダメだったんですか?

Sさん:「仕送り送る」って言われたんですけど、田舎の実家も貧乏なの知ってるので頼めなくて…。おばあちゃんの介護もあるし。

-今後もプロミスからお金を借りる感じですか?

Sさん2

Sさん:そうですね…。彼氏からも「カードローンで借りるなら俺が貸す」って言われてるんですけど…。多分プロミスから借りるんだろうな。なんか人を頼るの下手なんですよね私。

-いやご立派だと思いますよ。なんといいますか、ご利用は計画的にとしか…。プロミスは優良顧客の限度額を上げるんですけど、借りすぎには注意してくださいね。

Sさん:ありがとうございます。なんとか乗り切って、早く一人前になります!

-ありがとうございました。

Hさん(30)


-今回お越しいただいたのは、都内でWEBデザイナーとして働かれているHさんです。よろしくおねがいします。

Hさん:はい。お願いします。

-以前何度かお会いしたことありますよね。でも私のHさんの印象は、お金に困ってる感じじゃなかったですけど…。

Hさん:そうですね。プロミスから生活費借りたわけではないです(笑)

-ではなぜ?

Hさん:私学生結婚だったじゃないですか。いやそれはいいんです。娘はかわいいし、嫁とも仲良くやってます。ただ…ちょっと出来心で…。

-不倫ですか?

Hさん:うーんまあ。会社で新卒の女の子を指導するように言われたんですけど、この子がいい感じに出来の悪い子で(笑)毎日遅くまで手取り足取り教えてる間に、なんか情が移っちゃって。

-上司と不倫…典型的なやつですね。

Hさん:いやーまさか自分がね。

-それじゃあプロミスからお金を借りたのは、デート費用捻出のため?

Hさん:あ、そうですそうです。その子とご飯いくのも、どっか遊び行くのもお金が入り用になっちゃって(笑)自分お小遣い制だから、給料好きに動かせなくって。だからプロミスのカードローンで借りました。プロミスは内緒で借りられてすごくいいですね。

-Hさんはとても優秀なデザイナーさんだと聞いてます。ご自身のキャリアのためにも、あまり派手な遊びはやめておいたほうが…。

Hさん:いやほんとに。ほどほどにしときたいですねー。

-Hさん、今日はありがとうございました。

Tさん(28)

Tさん

-今回もプロミスのカードローンを利用されていた方をお呼びしています。Tさんです。今日はよろしくおねがいします。

Tさん:はい。よろしくおねがいします。

-Tさんは身なりもキレイにしてらっしゃいますし、お金に困っているようには見えませんが…?

Tさん:2年前かな。まだ私がひどいブラック企業で働いていたころのことでしたね。プロミスにお世話になったのは。

-?生活費に困ったんですか?

Tさん:いや…。えーっとどこから話そうかな。僕その頃ひどい上司達に囲まれて、ひどい環境で働いてたんですよね。それで、その仕事のしんどさをお酒でごまかすみたいな生活を続けてたんです。

-なるほど。

Tさん:そしてある仕事終わり、渋谷の行きつけの飲み屋でいつものようにお酒を飲んでた時、ある女性と仲良くなったんです。

-ほほう。

Tさん:彼女、僕の苦労話とかをすごく親身に聞いてくれて。「大変だね」とか言ってくれて。心身ともにボロボロだった私は、好きになるっていうより、救われるみたいな気持ちでしたね。

-話が変な雲行きになってきましたね。

Tさん:そこから仕事の辛さを、お酒よりも彼女でごまかす生活がはじまりましたね。仕事で嫌なことがあっても、「また彼女に会える」って思ってました。

-プロミスはまだ出てきませんが…。

Tさん2

Tさん:その彼女は会うたびに、私にお金を要求してきたんですよね。なんだっけな…学費が払えないとか、おばあちゃんの入院費がどうとかだったかな。自分の医療費も言ってたかな。なんか精神病とかで。

-それに応じてたんですか?

Tさん:冷静な今でこそそんなのおかしいってわかりますよ。いや当時もわかってたのかもしれないです。でも、お金を払えば彼女に会えるって気持ちもあって…ズルズル…。

-ここでプロミスが出てくるんですか?

Tさん:貯金はそこそこあったつもりだったんです。仕事ばっかりしてたし、使う暇もなかったから。でも彼女にお金を渡し続けてたら、貯金が半年も持ちませんでしたよね。だから「借金してでも手に入れないと」って。うーん、すがってたんですよね。一種の精神安定剤みたいなものだったんです。彼女が。

-それからどうなったんです?

Tさん:さすがにプロミスから何ヶ月も借り続けてるのも辛くなってきて、彼女に「もうお金払えない」って言ったんです。私はその時てっきり「じゃあ大丈夫だよ」って言ってくれると思ってました。でも彼女は「ふーんじゃあさよならだね」って。

-ひどいですね…。

Tさん:その後のことはあまり記憶がありません。でもそれが一つのきっかけになって、転職に踏み切れました。転職した後の方が、給与も上がったし、プロミスの返済もそう苦労なく終わりました。

-今Tさんが幸せそうでよかったです。

Tさん:今となっては、あれもいい経験だったかな、なんて思います。

-たくましいです。Tさん、ありがとうございました。