プロミスで収入を証明する書類の提出を求められる場合

公開日: 最終更新日:

プロミスは貸金業者ですので、総量規制を厳守しなくてはなりません。年収の3分の1を超えて貸付を行うことは、法律によってできないことになっているのです。そのため収入に関しては厳密に審査されます。(→プロミス審査でこれだけはやってはいけない)総量規制に反したとき罰せられるのは利用者ではなく、貸付を行った貸金業者になるからです。収入を証明する書類が求められるのは、借入希望額がプロミスだけで50万円を越える場合、また他社との合計が100万円を越える場合です。また最後に収入を証明する書類を提出してから3年以上立っている場合も提出が求められます。これ以外にも審査内容によって求められることがないとも限りませんが、ほぼこの範囲内であれば求められていないようです。


<プロミスが認めている収入証明書類>

収入を証明する書類を求める際に、その書類としてプロミスが認めているものは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細直近2ヶ月と1年分の賞与明細書のいずれかになります。賞与がない場合には、直近2ヶ月の給与明細書でもいいとされてます。確定申告書は給与所得者はありませんので、源泉徴収票か給与明細書のどちらかになるでしょう。これによって収入がアップしていれば、総量規制の枠も変わりますので、増枠される可能性があります。