プロミスからいくら借りられる?限度額増額は可能?

公開日: 最終更新日:


他社のキャッシングと同様、借りられる金額を審査で決めるのはプロミスも同じですが、後から借りられる限度額を増やすことができることはご存知でしたか?

特にプロミスは、限度額増額の審査へ申し込みやすいほか、最短即日で増額して借り入れが可能です。

そこで今回は、限度額を増やす方法として増額審査や他社借り入れについて解説していきたいと思います。

プロミスの限度額は?他社と比較

プロミスを含め、キャッシングにはそれぞれ「利用限度額(※)」が設けられています。(※「借入限度額」「極度額」など呼称はキャッシングによってさまざま)

プロミスと同じ「大手消費者金融」の利用限度額を上限で比較すると、以下の通りになっています。

キャッシング 限度額の上限
プロミス ~500万円
アイフル ~500万円
SMBCモビット ~800万円
アコム ~800万円

ご覧の通り、大手4社の限度額は「500万円」または「800万円」が上限です。

ここでキャッシング初心者の方は「え?300万円も差があるってことはプロミスってたいしたことないんじゃ…」と思い込んでしまいがちです。

実際には、最初から「限度額500万円」で契約できるわけでもなければ、そもそも個人が利用できる限度額は法律で上限金額が決まっているのです。

カードローンは限度額の範囲で自由に利用できる

キャッシングやカードローンといった「無担保ローン」は、限度額の範囲内で自由に取引ができる利便性の高さがメリットの1つです。

借入希望額を出して審査に通ることができれば、その限度額内ならいつでも借り入れと返済を繰り返すことができます。

そのため、借り入れにかかる金利は限度額によって決められています。

「総量規制」で個人が借りられる金額には上限がある

限度額の話をするのであれば、必ず関係するのが「総量規制」という貸金業法のうちの1つのルールです。

一言で表すと「利用者は自身の年収の3分の1をこえる金額を借り入れてはいけない」という内容の法律です。

そのため、プロミスの限度額の上限が500万円まであったとしても、年収300万円の方が限度額100万円までしか契約することができないというわけです。

そのため、限度額の範囲は個人の年収によって大きく左右されます。

総量規制には対象外(例外)がある

プロミスを含め消費者金融や、いわゆるキャッシングには貸金業法が適用されるため、総量規制を無視することはできません。

一方で、貸金業法に当てはまらず「銀行法」が適用される銀行のカードローンやキャッシングは、総量規制の対象外となります。

そのため、大げさに言えば年収の3分の1をこえて借り入れが可能な上に、明確な上限は設けられていません。

中には、自身の年収の半分程度まで借入限度額を引き上げることができた利用者もいます。

総量規制についてはこちらのページも参考にしてください。

総量規制とは?総量規制の対象と対象外のキャッシングを解説!

後から限度額を増額できる

最初の審査で決められる限度額も、後から別途審査を受けることで増額することができます。

ただ、増額審査の申し込みをすれば必ず限度額が上がるというわけではありません。

最初の審査で申し込みをした審査項目が変わっていないか、増額審査を申し込むまでの間の信用実績がどれくらいあるかが重要になります。

以下、増額審査のポイントを解説していきます。

ちなみに、初期審査と増額審査の審査基準や審査のポイントは多少異なります。初期審査についての詳しい情報を知りたい方は、「キャッシング審査に通らない5つの理由とこれからの対策」を読んでみてください。

① 利用限度額が増える

限度額を引き上げるとこれまでより高額を借り入れることができます。それにより、借り入れ件数を増やさなくて済むというメリットも生じます。

「別に借り入れ件数を増やしてもいいのでは?」と考える方もいると思いますが、実は他社と新規契約を結ぶことでデメリットが発生するのです。

※借り入れ件数が増えるデメリット

借り入れ件数が増えると、信用情報に記録されます。

信用情報に記録されることで、住宅ローンやカーローンを組む際に審査で不利になります。

借り入れ件数が多いということは「1社から希望額を借り入れできないほど信用度が低い」、「何社からも借り入れしなければいけないほど生活に困っている」と見なされてしまうのです。

同じ額を借り入れていても、借り入れ件数が1件の方と4件の方では、審査で大きな差が生じます。

今後、住宅や車の購入を検討されている方は借り入れ件数を増やさないよう心がかけましょう。

他社借り入れについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
⇒『プロミスの審査で他社借り入れは影響する?

② 金利が低くなる

メリットの2つ目は、限度額が上がると金利が低くなることです。

プロミスの実質年率は4.5~17.8%ですが、新規契約の方に対しては融資額が低いため、大体上限金利の17.8%が設定されます。
しかし限度額が引き上げられれば金利は低くなります。

プロミスが、どのような基準を設けているのかは把握しかねますが、利息制限法では100万円以上の借り入れは15%以下と定められているため、限度額が100万円以上の方は高くても15%に引き下げられます。

金利が低くなると総返済額も大きく変わってきます。たかが2%の差と思わずに、積極的に限度額を変更していきましょう。

注意!増額審査で減額されることもある

増額審査を行う際にデメリットも生じます。
それは現在の限度額を減らされることです。

増額審査では、新規契約の申し込み時と比べて年収や住所、勤務先など変化がないかを確認されます。

その際に、「年収が下がった」、「他社借り入れ総額が増えた」など、マイナスの変化があると、審査では厳しくチェックされます。

そのため、増額は慎重に行わなければならないのです。

増額審査の受付は平日9時~18時

Web上から24時間申し込みが可能なフリーキャッシングの審査とは違って、限度額の増額は審査受付時間が決まっています。

平日9時~18時の間に申し込みをすれば最短即日で審査回答を受けることができますが、それ以外の時間の申し込みは翌営業日以降の対応となっています。

平日18時以降の申し込みは翌日の時間帯、金曜日18時以降から日曜日までの申し込みは月曜日に審査回答が返ってきます。

土日祝日に即日で限度額の増額をすることはできないので、急な出費に対応するためには事前の申し込みが必要です。

来店不要で審査の手続きが可能

プロミスの場合、限度額増額の審査は会員ページから申し込むことができます。

そのため店頭窓口や自動契約コーナーへ来店する必要が無く、パソコンやスマートフォンがあればいつでもどこでも申し込みが可能です。

もちろんプロミスコールからの申し込みも可能なので、不明な点があれば聞きながら申し込みをすることもできます。

増額できる金額の上限は総量規制で決められている

いくら借り入れや返済の実績があったとしても、プロミスの利用者は年収の3分の1以上の限度額を設定することはできません。

「総量規制」でそれ以上の金額が設定することができないよう決められているため、増額の審査であったとしても最大で年収の3分の1までです。

ですから、年収300万円の方が限度額を30万円から増やそうと思っても、上限は100万円から上がらないわけです。

総量規制をこえて借りようとする場合には、銀行カードローンを利用する方法があります。

総量規制と銀行カードローンについてはこちらのページで詳しく解説しています。⇒総量規制とは?総量規制の対象と対象外のキャッシングを解説!

増額審査は初回審査より厳しい

プロミスの増額申請を出せば増額審査を受けることになりますが、この増額審査はプロミスに申し込んだ後行われる「初回審査」よりも厳しいものとなります。

そのため、実は増額審査をクリアするのは、それなりに高い返済能力が求められるのです。

プロミスから「疑い目」を受けながら審査される

なぜ増額審査は厳しいのか?

それは、プロミスは増額申請を出した人に疑い目を向けながら増額審査を行うことになるからです。

プロミスが十分返済能力を認めた人ならば、増額申請を受ける前にカードローン利用者へと「限度額増額案内」を出すのです。

そもそも「限度額を上げてくれ」なんて言う人は、十中八九お金に困っている…とプロミスが判断するのです。

「年収が上がったタイミングで増額申請」がおすすめ

プロミスの増額審査に通りやすいのは、「利用している人の年収が上がったタイミング」です。

以前より返済能力が上がったことを表明できれば、プロミスが限度額を上げてくれる可能性が高まるのです。

限度額を増額する以外の選択肢はあるのか

繰り返しになりますが、プロミスの限度額を増額するためには信用実績が求められます。

そのため、最初の申し込みからあまり期間が経っていないと限度額増額の審査に通ることができない可能性が高くなります。

そのような場合は、以下のように別の手段でキャッシングに対応できる例もあります。

借り入れ先を増やす

プロミスの利用期間が短く信用実績があるかどうか怪しいのであれば、他の大手消費者金融に申し込みをするのも1つの手段です。

プロミス以外であれば、「アイフル」「アコム」「SMBCモビット」が大手の消費者金融です。他にも借り入れ先の選択肢としては「銀行カードローン」や「中小消費者金融」があります。

ただし1つ気をつけるべきなのは、プロミスでの取引記録が「信用情報」として他のキャッシングの審査にも影響する点です。

銀行カードローンや信用情報についてはこちらのページで詳しく解説しています。⇒銀行カードローンにも審査が甘いところはある!【専業主婦や学生もOK】

返済が困難になりそうなら債務整理を検討しよう

その場しのぎでプロミスやその他キャッシングからお金を借りても、これ以上返済を続けるのが厳しい方もいらっしゃるでしょう。

このままだと返済が延滞してしまう上に全額返済できる見込みがないような場合は、早いうちに「債務整理」を検討しましょう。

債務整理は、借金の利息をカット・減額などの法的手続きができます。

詳細はこちらのページを参考にしてください。⇒借金の主な原因は多重債務にあった!本気で完済するなら債務整理!