プロミスはいくら借りられる?【限度額・総量規制】

公開日: 最終更新日:


プロミスを含め、各キャッシングではどれくらいの金額を借りることができるのかご存知ですか?

もし知らないまま申し込んで、自分の借入希望額よりも借入額の方が少なかったら困りますよね。

そこで今回は、プロミスと大手消費者金融の限度額を比較してから、キャッシングで借りられる金額とその法律について解説していきます。

いくらまで借りられるの?他社と比較

プロミスを含め、キャッシングにはそれぞれ「利用限度額(※)」が設けられています。(※「借入限度額」「極度額」など呼称はキャッシングによってさまざま)

プロミスと同じ「大手消費者金融」の利用限度額を上限で比較すると、以下の通りになっています。

キャッシング 限度額の上限
プロミス ~500万円
アイフル ~500万円
モビット ~800万円
アコム ~800万円

ご覧の通り、大手4社の限度額は「500万円」または「800万円」が上限です。

ここでキャッシング初心者の方は「え?300万円も差があるってことはプロミスってたいしたことないんじゃ…」と思い込んでしまいがちです。

実際には、最初から「限度額500万円」で契約できるわけでもなければ、そもそも個人が利用できる限度額は法律で上限金額が決まっているのです。

カードローンは限度額の範囲で自由に利用できる

キャッシングやカードローンといった「無担保ローン」は、限度額の範囲内で自由に取引ができる利便性の高さがメリットの1つです。

借入希望額を出して審査に通ることができれば、その限度額内ならいつでも借り入れと返済を繰り返すことができます。

そのため、借り入れにかかる金利は限度額によって決められています。

「総量規制」で個人が借りられる金額には上限がある

限度額の話をするのであれば、必ず関係するのが「総量規制」という貸金業法のうちの1つのルールです。

一言で表すと「利用者は自身の年収の3分の1をこえる金額を借り入れてはいけない」という内容の法律です。

そのため、プロミスの限度額の上限が500万円まであったとしても、年収300万円の方が限度額100万円までしか契約することができないというわけです。

そのため、限度額の範囲は個人の年収によって大きく左右されます。

総量規制には対象外(例外)がある

プロミスを含め消費者金融や、いわゆるキャッシングには貸金業法が適用されるため、総量規制を無視することはできません。

一方で、貸金業法に当てはまらず「銀行法」が適用される銀行のカードローンやキャッシングは、総量規制の対象外となります。

そのため、大げさに言えば年収の3分の1をこえて借り入れが可能な上に、明確な上限は設けられていません。

中には、自身の年収の半分程度まで借入限度額を引き上げることができた利用者もいます。

総量規制についてはこちらのページも参考にしてください。

総量規制とは?総量規制の対象と対象外のキャッシングを解説!

銀行カードローンにも総量規制が導入される動き

現在では総量規制対象外の銀行カードローンですが、これまで減少し続けていた「多重債務者(※)」が2016年に増加してしまい、銀行カードローン業界に「自粛」の空気が流れ始めています。

公式サイト上でもキャッシング条件の修正・削除が行われ始めているため、近いうちに銀行カードローンにも総量規制が導入される可能性は高いと言えます。

(※多重債務者:広義では複数のキャッシングから借りている利用者)

審査の結果次第でも借入限度額は変わる

限度額を決める要素として一番わかりやすいのは「総量規制」つまり「年収」ですが、それだけで決まるわけではありません。

審査の結果次第では、同じ年収の申込者でも限度額が異なることもあるからです。

それには、審査で申し込む個人の「属性」に関する情報や、信用情報機関に記録されている「信用情報」が影響しています。

審査基準について詳しくはこちらのページを参考にしてください。

キャッシングの審査に通らない3つの理由と対策方法

限度額は後で増額することもできる

一番最初に契約した限度額が低く、もう少し利用できる金額の範囲を増やしたいという場合は、限度額増額の申し込みをすることもできます。

プロミスの場合は「会員ページ」へログインして、「限度額増額の申し込み」から自分から申し込むことができます。

それ以外にも、一定期間利用しているとプロミスから「限度額増額の案内」が送られてくることがあります。

限度額増額について詳しくはこちらのページを参考にしてください。

プロミスの限度額を上げたい!増額審査のポイント

まとめ

プロミスの限度額と総量規制について、まとめると以下の通りです。

  • プロミスで借りられる金額は「限度額」の範囲内で決まっている
  • 個人がキャッシングで借りられる金額は「総量規制」によって決まっている
  • 同じ年収の利用者が申し込んでも審査次第では限度額が異なる