プロミスで収入証明が必要になる条件とは?必要書類を徹底解説!

公開日: 最終更新日:

あなたはプロミスへ申し込む際に必要なものをご存知ですか?

もちろん審査対策も重要ですが、その前によく確認しておきたいのは申込条件や必要書類です。

今回はそれらの中でも、少し特殊な「収入証明書類」について詳しく解説していきたいと思います。

プロミスの基本情報

申込条件① 満20~69歳で安定した収入がある方
申込条件② パート・アルバイト可(専業主婦は不可)
金利 年4.5~17.8%
限度額 ~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
収入証明 希望借入額50万円~
無利息期間 〇(初回借入日の翌日から30日)
WEB完結申込 〇(来店不要)
担保・保証人 不要
資金使途 生計費に限る
申込方法
  • インターネット
  • ケータイ
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 郵送
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
返済期日 いずれかを選択

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日
返済方法
  • ATM
  • 口座振込
  • 自動引落し
  • コンビニのマルチメディア端末
  • 店頭窓口
グループ 三井住友フィナンシャルグループ
正式社名 SMBCコンシューマーファイナンス(旧:プロミス)
区分 大手消費者金融
備考 カードレスでキャッシング可能

「収入証明書類」とは?

キャッシングへ申し込む際、主に借入希望額に応じて「本人確認書類」とあわせて提出する書類が収入証明書類です。

プロミスで提出可能な収入証明書類は下記の通りです

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与証明書)

上記の通り、基本的に最新のものが求められるので、前年度の収入証明書類を手元に置いておくと良いです。

ちなみに、給与明細書に関しては「2か月分」が必要になります。また、賞与がある方は「1年分」の賞与明細書も合わせて提出する必要があります。賞与がない場合は、給与明細書のみの提出で問題ありません。

プロミス収入証明が必要になる条件

プロミスが収入証明書類の提出をお願いしているのは、以下のいずれかに当てはまる方です。

  • プロミスでの借入希望額が50万円をこえるとき
  • 他社借り入れとあわせて100万円をこえるとき

これらは「総量規制」によって、上記の通り金額が定められています。

総量規制とは、キャッシングの利用者が年収の3分の1以上の借り入れをしないよう制限する法律です。

この法律はプロミスだけでなく、もちろん他社の貸金業者にも適用されています。

他社カードローンと比較

プロミスと人気の大手キャッシングで、収入証明書類の提出が必要な条件を比べてみましょう。

キャッシング名 条件
プロミス 以下のどちらかに当てはまる場合

  • 借入希望額が50万円をこえる場合
  • 他社借り入れとあわせて100万円をこえる場合
アイフル 同上
アコム 同上
モビット 同上
レイク 借入希望額が100万円をこえる場合
三井住友銀行カードローン 借入希望額が50万円をこえる場合
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 借入希望額が200万円をこえる場合
みずほ銀行カードローン 借入希望額が200万円をこえる場合

表からわかることは、以下の2点です。

  • 消費者金融よりも銀行カードローンの方が収入証明書類を必要とする金額が高い
  • 銀行カードローンの場合は他社借り入れが収入証明に影響しない

しかし2016年に多重債務者が増加してしまった影響で、最近では銀行カードローンにも総量規制を導入するように働きかけが進んでいます。

銀行カードローンも消費者金融と同じように収入証明書類が必要になる日が来るのは、案外すぐ目の前かもしれません。

限度額の増額で50万円を越える場合も必要

最初の審査申し込みの時だけでなく、「限度額の増額」で借入限度額が50万円をこえる場合にも収入証明書類の提出が必要になります。

どうしても収入証明書類の提出が出来ない場合は、増額を50万円未満に抑えるか、提出を求められる金額が高めの銀行カードローンを利用するほかありません。

審査次第では50万円未満の借り入れでも提出が必要

原則として50万円未満の借り入れでは収入証明は必要ありませんが、審査次第では少額の借り入れでも必要になる場合があります。

例えば、よくあるのは申込内容に不備があった場合です。

借入希望額が年収の3分の1をこえている、信用情報に記録されている情報と申込内容に大きなズレがある場合等にも、収入証明書類の提出を求められます。

職業別に用意しやすい収入証明書類

申込者の職業によって、用意しやすい収入証明書類はおおよそ以下のようになっていることがほとんどです。

(※提出しやすい収入書類の目安であって、提出する収入証明書類が職業別に決まっているわけではありません)

  • 源泉徴収票(会社員)
  • 確定申告書(個人事業主)
  • 給与明細書(アルバイト)
会社員→「源泉徴収票」

大手・中小企業に勤めている会社員の方は、会社が発行してくれる源泉徴収票が一番わかりやすい収入証明書類になります。

もらった源泉徴収票は捨てずに、すぐに取り出せる場所に保管しておきましょう。

個人事業主→「確定申告書」

個人事業主や自営業の方は、毎年ご自身や税理士に依頼して確定申告書を作成している方が多いです。

プロミスの審査申し込みでも確定申告書がそのまま収入証明書類として利用できるので、失くさないよう大切に保管しておきましょう。

パート・アルバイト→「給与明細書」

パートやアルバイトの方は、毎月勤め先が渡してくれる給与明細書が必要な書類になります。

給与明細書だけは「直近2ヶ月分」が必要になるので、最新2か月分は捨てずに保管しておくことをおすすめします。

収入証明書類の提出方法

  • アップロード
  • 来店(お近くの「自動契約コーナー」および「お客様サービスプラザ」)
  • FAX (プロミスコールへの問い合わせ)

アップロードで収入証明書類を提出

「メール」や「公式アプリ」から、収入証明書類の画像データをアップロードする方法が一般的です。

デジタルカメラやスマートフォンの内臓カメラで、収入証明書類を撮影して画像データにしたのち、プロミス会員サービスで送信しましょう。

写りが悪いと書類として認められないので、暗い場所での撮影や撮影時の手ブレには気をつけましょう。

プロミス公式のスマートフォンアプリとは?

プロミスの公式スマートフォンアプリ「PROMISE」は、収入証明書類の提出もできる無料アプリです。もちろんスマートフォンなら、iPhoneとAndroidどちらにも対応しています。

アプリには、必要書類の提出だけでなく以下のように様々な機能があります。

  • 本人確認書類をカメラで撮影して申し込みの自動入力サポート機能
  • 必要書類の提出
  • 店舗・ATM検索
  • 返済シミュレーション
  • 借入残高照会・借り入れ・返済
  • 返済期日の確認
  • 利用限度額変更の申し込み
  • 取引履歴の確認
  • etc

よく利用されるサービスだけでも、これだけのサービスをアプリで利用することができます。

来店

プロミスの自動契約機が設置されている無人店舗「自動契約コーナー」、または専門のスタッフがいる「お客様サービスプラザ」のどちらかへ来店して提出することも可能です。

お持ちの収入証明書類のコピーを忘れずに持参するようにしましょう。

希望借入額が50万円以下の場合でも、審査次第では必要になることもあるため、手元に置いてあったり余裕があるようなら用意することをおすすめします。

店舗 営業時間
自動契約コーナー 9時~22時
お客様サービスプラザ 10時~18時
急いでいる方がやってしまいがちなミス

お急ぎの方が気をつけてほしいのは、コンビニ等のコピー機で収入証明書類を印刷して、原本をコピー機に忘れてしまうことです。

コンビニの店員さんが忘れ物だと気付いて保管してくれていれば安心できますが、赤の他人が拾って個人情報を悪用されたら大変です。

もし外出先で印刷をする場合は、必ず原本とコピーが揃っていることを確認してから来店するようにしましょう。

FAX

FAX番号はプロミスへ連絡をすれば教えてもらうことができます。

  • プロミスコール
    0120-24-0365
  • 女性専用ダイヤル レディースコール
    0120-86-2634

収入証明書類を提出する際の注意点

収入証明書類を提出する際にはいくつか注意点があります。どの収入証明書類でも注意点はだいたい同じですが、再提出になってしまわないように確認しておきましょう。

再提出になると、即日融資を受けることが出来なくなる場合もあるので、ここはしっかり押さえておきたいところです。まずは、収入証明書類に共通している点から説明して、その後に書類別の注意点を解説します。

個人番号を見えないように加工する

近年になって、一部の収入証明書類にも個人番号(マイナンバー)が記載されるようになりました。

しかしプロミスの審査ではマイナンバーは不要なので、マイナンバーが記載されている箇所を見えないように加工して提出しましょう。

例えば、収入証明書類がコピーなら黒ペンで該当する部分を塗りつぶしてしまいましょう。

必ず最新(前年度)のものか確認する

審査で必要な収入証明書類は「前年度分のもの」が必要になります。そのため、最新のものといったら前年度の書類を用意するようにしましょう。

もし持ってない場合は、市役所・区役所で発行してもらうか、プロミスコールで相談して判断を仰ぎましょう。

収入証明書類ごとの注意点

各収入証明書類ごとに「これだけは守ってほしい」ことをまとめました。

源泉徴収票
  1. 本人の氏名が記載されていること
  2. 現在の勤め先名が記載されていること
  3. 年収が記載されていること
  4. 証明年度が前年度分のもの
確定申告書
  1. 本人の氏名が記載されていること
  2. 「収入額」と「所得額」が記載されていること
  3. 証明年度が前年度分のもの
税額通知書
  1. 本人の氏名が記載されていること
  2. 「収入額」と「所得額」が記載されていること
  3. 市区町村長の発行印があるもの
  4. 証明年度が前年度分のもの
所得(課税)証明書
  1. 本人の氏名が記載されていること
  2. 「収入額」と「所得額」が記載されていること
  3. 市区町村長の発行印があるもの
  4. 証明年度が前年度分のもの
給与明細書
  1. 本人の氏名が記載されていること
  2. 現在の勤め先名が記載されていること
  3. 「支給総額」が記載されていること
  4. 支給年月が直近の連続した2か月分のもの