消費者金融4社を比較してみました!おすすめの消費者金融教えます

公開日: 最終更新日:

「消費者金融」と聞くと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

「サラ金」時代から響きが良くなったとはいえ、やはりまだ借金の悪いイメージが強い方もいる一方で、現在進行形でキャッシングにお世話になっているという方もいらっしゃることかと思います。

そこで今回はざっくりと「消費者金融」に関するあれこれをご紹介していきます。

大手消費者金融4社の金利・限度額・特徴の比較一覧

プロミス

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 特徴:最短30分審査、最短1時間融資

現在のプロミスは三井住友銀行グループの消費者金融です。

最近では「お前らやっぱりプロミスだ!」と俳優の谷原章介さんが出演しているCMが印象深いですね。

アコム

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 特徴:「審査が甘い」No.1の消費者金融

現在のアコムは三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融です。

特徴にも書いてある通り、キャッシング業界で一番の成約率「44.8%(2017年1月現在)」を誇っています。(2016年11月はなんと50.2%を記録)

アイフル

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 特徴:お急ぎなら申し込み後に連絡すれば優先審査

現在のアイフルは、昔から変わらず単独経営の消費者金融です。

銀行グループではないから信用できないというわけではなく、他の大手のように健全な貸金業を営んでいます。

モビット

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 特徴:電話・郵便なしの「WEB完結申込」

現在のモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融です。

2016年のオリコン顧客満足度ランキングで「ノンバンクカードローン第1位」の実績がある消費者金融で、口コミからも満足度の高さが伺えます。

消費者金融とサラ金や闇金との違い

結論から言うと、サラ金と消費者金融は「呼び方」が変わっただけで中身の会社は変わっていません。

少しさかのぼると、2010年に完全施行された改正貸金業法によってグレーゾーン金利は消えて闇金は一気に減りました。

サラ金も金利を引き下げて顧客を増やすために、それまでのイメージの悪い「サラ金」からクリーンなイメージの「消費者金融」へ呼び方を変えるよう、当時の貸金業協会関係者が声明を発表しました。

ただ、その数は大きく減ったとはいえ未だに街金やソフト闇金等の悪徳貸金業者は存在するので、大手以外の消費者金融を利用するのはあまりおすすめできません。

消費者金融とサラ金・闇金の見分け方

正規の金融会社である消費者金融と、そうではないサラ金や闇金にはいくつかの見分けポイントがあります。

今回はわかりやすいものを3つご紹介いたします。

金利をチェック

大手消費者金融の金利は、基本的に年3.0~18.0%の間で変動するようになっています。

中小の消費者金融の一部は、上限金利が年20.0%まである消費者金融もありますが、正規の消費者金融でそれ以上の金利を適用しているところはありません。それはなぜか?

詳しくは後述しますが、法律で金利の上限は「年利20.0%まで」と決まっているからです。それをこえている貸金業者は「違法」です。

「担保」や「保証人」の項目をチェック

現在の消費者金融は、基本的に担保や保証人が必要ありません。

そのため、お急ぎであれば「免許証」だけで借り入れ審査の申し込みをすることができます。

もし借り入れの際に「前払い」を要求されたり、保証人の同意書が必要になるようなことがあれば、闇金である可能性が非常に高いので絶対に借りずに逃げましょう。

ホームページ最下部にある「登録番号」をチェック

正規の消費者金融は「金融庁」と「日本貸金業協会」に登録されているため、ホームページには必ず登録番号が表記されています。

例えば「プロミス」の場合、「登録番号:関東財務局長(12)第00615号 日本貸金業協会会員 第000001号」と番号がホームページ最下部に記載されています。

この番号がない消費者金融はもちろん、番号を偽造して記載しているだけの闇金もあるので、金融庁ホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」で確認すれば安全です。

「総量規制」について

総量規制とは改正貸金業法によって新しく導入された法律で、個人の借り入れは自身の年収の3分の1をこえてはならないというものです。

グレーゾーン金利によって社会問題化していた「多重債務」を未然に防ぐ目的で導入されました。

そのため、現在の消費者金融では年収の3分の1をこえて借り入れの申し込みができない他、収入がない方もお金を借りることができないようになっています。

「無職」だと借りられない?

結論から言うと、無職の方は消費者金融でお金を借りることはできません。

消費者金融だけでなくキャッシング全般に言えることですが、申込条件に「安定した収入があるご本人」という表記が必ずあります。

そのため貯蓄等があったとしても、申し込み時点で勤務先がないと「在籍確認」が取れないため、審査に通ることができません。

年収の3分の1以上借りるにはどうしたらいいの?

もっとも手っ取り早いのは、総量規制対象外となる銀行カードローンを利用することです。

総量規制はすべてのキャッシング適用されるわけではなく、「銀行法」が適用されている銀行カードローンは年収の3分の1をこえる借り入れが可能です。

しかし、近年では銀行カードローン利用者による「自己破産」が増加傾向にあるため、より計画的な借り入れが必要になります。

「おまとめローン」は例外

消費者金融でも総量規制が適用されない借り入れとして、「おまとめローン」があります。

名前の通り、複数の金融会社からの借り入れを、1つの借入先で借り換えてまとめるローンです。

ただし、消費者金融の「おまとめ専用ローン」は原則返済のみのローンとなるので、追加の借り入れができません。つまり、計画的な返済をしていかなければいけません。

消費者金融の金利について

消費者金融の金利は銀行カードローンと比較すると高めで、長期の借り入れにはあまり向いていません。

それらの金利がどのように決まるかは以下の「利息制限法」で決まっており、金利は借入限度額によって上限が定められています。

  • 借入限度額が10万円未満のとき、金利の上限は「年20.0%」まで
  • 借入限度額が10万円以上100万円未満のとき、金利の上限は「年18.0%」まで
  • 借入限度額が100万円以上のとき、金利の上限は「年15.0%」まで

上記の通り、借入限度額が100万円以上にならないと消費者金融の金利は下がらないので、金利を比較する際には上限金利で比較するようにしましょう。

キャッシングの平均的な金利

消費者金融、銀行カードローン、クレジットカード(キャッシングリボ)の平均的な金利は、以下の通りです。

消費者金融 年4.5~18.0%
銀行カードローン 年3.0~14.5%
クレジットカード 年15.0~20.0%

表の通り、借り入れ初めから低金利で利用できるのは「銀行カードローン」になります。

平均で比較すると、融資できる金額が少額な「クレジットカード」がもっとも高い傾向にあります。

ちなみに、消費者金融のほとんどは上限金利が年18.0%となっています。

利息の計算はたった1つだけ

★利息の計算方法
借入額(円)×金利(%)×30日(31日)÷365日(閏年は366日)=1ヶ月分の利息

どの消費者金融でも、利息の計算方法は同じです。

キャッシングは毎月返済する決まりがあるので、1ヶ月毎に「借入額」と「日数」が変動して、1か月分の利息も毎月変動します。

ちなみに、借入額が10万円なら1ヶ月で約1,500円、30万円なら約4,500円、50万円なら約7,500円の利息が取られると、目安で覚えておくと良いでしょう。

返済シミュレーションを利用しましょう

計算方法で1か月分の利息がわかったものの、全額返済するまでにどれくらいの利息を払うのかは、結局のところ時間を掛けて計算しないとわかりませんよね?

そんな時は、各消費者金融のホームページにある「返済シミュレーション」を活用して、具体的な「返済総額」と「合計利息」を確かめることができます。

「10万円を年利18.0%で借りて6ヶ月で全額返済」する具体例では、下記の通りになります。(単位:円)

毎月の返済額 元金 利息 残高
17,552 16,052 1,500 83,948
17,552 16,293 1,259 67,655
17,552 16,538 1,014 51,117
17,552 16,786 766 34,331
17,552 17,038 514 17,293
17,552 17,293 259 0
  • 返済総額…105,312円
  • 支払利息…5,312円

消費者金融の審査について

大手の消費者金融は基本的に「最短30分」で審査が完了するので、即日融資を受けやすいメリットがあります。

銀行カードローンと比べても申し込みの成約率が高く、そういった意味では「審査が甘い」と言えます。

また、審査では必ず「在籍確認」があります。在籍確認は、申込者が自己申告した勤務先へ消費者金融から連絡を入れて確認する審査の工程です。

消費者金融の場合、申込者がキャッシングを利用していることがばれないように「個人名」で電話を掛けてくれるので安心です。

消費者金融のCMや口コミについて

CMの印象は大きい

消費者金融といえば、「CM」が印象に残っていてそれを頼りに申し込む方も多いです。

例えば、一時期メディア等で取り上げられたアイフルの「どうする?アイフル」のメッセージと共にチワワが飼い主を見つめるCMは、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

口コミも1つの判断材料

また、消費者金融を選ぶ際に1つのポイントとなるのが口コミです。

口コミを過信し過ぎるのも禁物ですが、迷ったら判断材料の1つに取り入れてみましょう。

消費者金融の過払い金や時効について

一時期流行した過払い金

改正貸金業法によって金利の上限が変更され、改正前の金利と改正後の金利で発生した利息の差額を「過払い金」といいます。

多数の利用者の「過払い金請求」によって以前は大手だった「武富士」が倒産したように、消費者金融は大打撃を受けて現在はそのほとんどが銀行グループになっているという背景があります。

借金の時効とは

借金には時効が存在し、最後の取引から5年以上経て債務返還の意思表示をすることで返済の義務を消滅させることができます。

しかし、だからといって借金そのものが消えるわけではないという説もあるので、踏み倒すつもりでお金を借りるのはおすすめしません。

消費者金融の就職や求人について

「消費者金融」と聞くと悪いイメージが先行しがちですが、何度も言っている改正貸金業法によって現在の消費者金融はそのほとんどが銀行グループの会社です。

つまり、何か問題を起こせばすぐメディアに取りざたされてしまうので、現在では取り立てのような脅迫行為はまったくありませんし行いません。

また求人を検索してみると、初年度年収が非常に高い点が目立ちます。

消費者金融に就職しているからといってローン審査等で不利な影響を受けたり社会的な不利を受けることはないので、就職先の企業としては何も問題はありません。