プロミスの審査に通らないのには理由がある!審査対策もご紹介!

公開日:

男性

「プロミスの審査に通らない…」プロミスは通らない理由を教えてくれません。しかし通らないのには必ず理由があるのです。今回はプロミスの審査に通らない理由とその対策についてご紹介します。


・プロミスの審査に通らない理由とは?

以下にプロミスの審査に通らない理由をご紹介します。

他社借り入れ件数が3件以上ある

他社借り入れ件数が3件以上ある場合は審査に通ることはできません。他社借り入れ件数が審査を行う上でどのようにマイナスになるのでしょうか?1つ目は1社から希望額を借りることができないほど信用が薄いと判断されうるためです。2つ目は借り入れ件数が多ければ多いほど返済先も多く、プロミスに充てられる返済財源が少ないと見なされるためです。返済財源が足りなくなり、延滞や債務整理を起こす可能性さえ危惧されます。

借り入れ件数を減らす対策

借り入れ件数が多ければ多いほど審査に通らない理由がお分かりいただけたかと思います。では3件以上借り入れ件数があれば審査に申し込むことはできないのでしょうか?他社借り入れ件数に問題がある方は、おまとめローンを利用して複数ある借金を1本にまとめることをおすすめします。借り入れ件数が減るだけでなく、複数社に支払っていた利息もまとめることができるため

延滞や債務整理が原因でブラックリストに登録されている

過去の返済で、3か月以上の延滞や債務整理などの問題を起こしたことはありませんか?1度返済で問題を起こしてしまうと、短くて5年間、長くて10年間はブラックリストに登録され続け、キャッシングやローン契約が行えなくなります。

ブラックリストに登録されている場合の対策

まず、ご自身がブラックリストに登録されているかを確認してみましょう。ブラックリストに確認されているかどうかは信用情報に開示申請を行うことで確認することができます。ただし信用情報機関によって申請方法が異なるため注意が必要です。国内の信用情報機関は3つあり、日本信用情報機構と全国銀行協会は窓口と郵送のみ開示申請を受け付けています。CICだけは窓口、郵送の他にネットでの開示申請が可能です。信用情報について以下のページに詳しい説明が記載されているため確認してみてください。
⇒ 信用情報がしっかりしていないとお金を借りることは不可能

月々の収入が安定していない

月々の収入が安定していない場合、プロミスの審査に通ることはできません。例えばフリーランスや自営業で収入が得られる月と得られない月があるとします。その場合、たとえ年収が高いとしても審査ではマイナス評価に繋がってしまうのです。安定性の面では、アルバイトで月々収入が得られていれば審査に通る可能性は十分にあります。そのため20歳以上であれば、アルバイトで毎月収入を得ている学生でもプロミスを利用できるのです。

収入を安定させるための対策

収入を安定させるために、無職の方は職探しを、フリーランスや自営業の方は毎月収入を得られるように副収入などを得られるようにするといいかもしれません。派遣会社への登録アルバイト求人を探すことから始めてみてはいかがでしょうか?いきなり数十万円稼げというわけではなく、まずは数万円でもいいので、毎月収入を得ることを心がけてください。

勤続年数が半年に満たない

勤続年数が半年に満たない場合、プロミスの審査に通らないことが多いです。勤続年数は申し込み者の返済能力や収入の安定性を示す情報です。半年に満たないと、すぐに退職する可能性が高い、あるいは収入が安定していないと見なされます。

勤続年数が半年に満たない場合の対策

半年に満たない場合、時間が経過するのを待つしかありません。時間は平等にしか進みませんからね…。

他社から年収の3分の1以上の額を借りいている

プロミスは総量規制の対象であるため、他社借り入れ含め年収の3分の1以上を借りることはできません。

他社から年収の3分の1以上を借りている場合の対策

他社からの年収の3分の1以上借り入れている場合、銀行カードローンからであれば借り入れ可能なこともあります。銀行カードローンは総量規制対象外であるため、申し込み者の信用情報がホワイト、あるいは返済能力が高ければ利用限度額は大幅に上がります。しかし、銀行カードローンの審査通過率はプロミスに比べて低いため、ご自身の個人信用情報や年収、勤続年数、居住形態、居住年数にマイナスな情報が含まれていないかを確認してから申し込んでみることをおすすめします。