プロミスの追加融資はどのように申し込むの?増額審査についてもご紹介!

公開日: 最終更新日:

お金

「プロミスの審査に通ったはいいものの、利用限度額が低くて困った…」このような悩みを抱える方は少なくありません。プロミスは初めて利用する方や就職したての方、若年層の方など、少しでも審査項目に信用度や返済能力の弱い情報が合った場合、利用限度額を低く設定して審査に通すことは少なくありません。
そんな方のために今回は、プロミスの追加融資はどのように申し込むのかについてご紹介します。


・プロミスで追加融資を行うためには

プロミスで追加融資を行うための方法をご紹介します。

①現在の限度額を確認しましょう

まずは現在の利用限度額を確認してみてください。現在の借り入れ額が利用限度額に達していない場合は、限度額の範囲内であればすぐに追加融資可能です。追加融資の借り入れ方法は簡単。最初に借り入れを行ったときのように、申し込みを行えばいいのです。借り入れ方法はプロミス店舗やインターネット、提携ATMなどで対応しています。

②いつも限度額ギリギリを借り入れできるわけではない

注意していただきたいことは、いつも限度額ぎりぎりで借り入れができるわけではないということ。それには必ず理由がありますが、考えられる可能性として高いのはあなたがプロミスから危険人物を思われた場合です。延滞を繰り返している、あるいは連絡を無視していた場合は、プロミスは信用できない人というレッテルをあなたに貼ります。危険人物と見なされると、利用限度額に達していない場合も追加融資を行うことができなくなります。

プロミスに問い合わせても理由は教えてくれない

突然追加融資できなくなってしまえば当然焦りますよね。しかしプロミスに問い合わせてもその理由は教えてくれません。そうならないためにも返済は支払日を毎回しっかり守りましょう


・プロミスで限度額を増額して追加融資を行うための2つの方法

プロミスで限度額を増額して追加融資を行うためには2つの方法があります。

プロミスから増額の案内が来たときの方法

1つ目はプロミスから増額の案内が来た場合です。増額案内はキャッシング業者によって様々ですが、プロミスは電話で来ることが多いです。その際にこれまでの属性を確認され、勤務先年収家族構成住所連絡先に変化がないかが確認されます。基本的に変化なし、あるいは昇給・昇格した場合、審査に通ることが多いのですが、まれに審査に通らないこともあります。そのため、プロミスから増額案内が来たからと言って必ずしも増額できるかといったらそうではないのです。

プロミスから増額候補者審査として選ばれる人の特徴

プロミスからの増額審査に通りやすい方は、プロミスの契約期間が1年以上直近の3~6か月間プロミスで延滞していない。この2つの条件を満たしています。つまり、定期的にプロミスから借り入れを行い返済していれば、増額候補者として選ばれる可能性はグッと上がります。

自ら増額を希望する方法

「プロミスから増額の案内は来ていないが、利用限度額を上げたい」という方も増額申請を受けることができます。増額の申請方法は電話で行うことができます。しかし、この増額申請は誰でもできるものではありません。増額申請にもいくつかの条件が定められています。

増額には審査が必要!審査に進むための条件とは?

増額審査に進むための条件は、プロミスの契約期間が3~6か月以上直近3~6か月間延滞を行っていない利用目的が適切である。この3つが増額審査を受けるための条件です。1つでも当てはまらない方は審査に通らないどころか、審査を受ける資格すらないため、もう一度ご自身の借り入れについて見直す必要があります。

こんな人は増額の審査に落ちやすい

プロミスの増額審査に落ちやすい方の特徴としては、信用情報に延滞の記録があることです。信用情報とはローンやクレジットの契約状況や利用履歴が記録されている情報のことを指します。また、信用情報に事故情報が記録されている場合も増額の審査に通ることはできません。では事故情報とはどのような情報を指すのでしょうか?

増額審査のマイナス評価となる事故情報

信用情報の事故情報には、債務整理強制解約代位弁済の3種類があります。

事故情報 内容
債務整理 借金の負担を合法的に減らすことができる、代表的な債務整理の方法には、破産や任意整理がある。
強制解約 長期延滞を行っている場合、キャッシング業者側から強制的に契約を打ち切られることを指す。
代位弁済 利用者に代わって保証会社や第3者が代わりに支払うことを指す。

信用情報に関してはこちらの記事でも詳しく記載されています。
審査には信用情報が不可欠!


・今すぐ追加融資を行えるか行えないかは限度額次第

利用限度額ぎりぎりで借り入れていなければ、追加融資はすぐに行うことができます。しかし、既に利用限度額いっぱいに借り入れてしまっている場合、増額申請を行って、利用限度額を増やしてもらう必要があります。この審査はプロミスが電話で事前に案内をかけることもありますが、そうでない場合は自ら電話で審査の申請を行う必要があります。増額審査を受けるにはいくつか条件があるため、まずはご自身の借り入れ状況を見直してから増額審査に進みましょう。