プロミスからの借り入れは住宅ローンの審査に影響する?

公開日:

住宅ローン

「君たち、やっぱりプロミスだな!」のCMでお馴染みのプロミスをご存知の方は多いと思います。審査や融資までの時間が短さから、近年多くの方の人気を集めています。

大手消費者金融で知名度もあり、初めてでも安心というイメージがありますが、そうはいっても貸金業者。借金をしていると、「銀行から住宅ローンを借り入れる際に影響するのでは?」と考える方もいると思います。
今回はプロミスからの借り入れは住宅ローンに影響するのかについてご紹介します。


・プロミスからの借り入れは信用情報に記録される

結果から申し上げると、プロミスからの借り入れは住宅ローンの審査に多少なりとも影響します
プロミスから借り入れを行うと、信用情報に契約内容や利用状況が逐一記録されます。今回のポイントは信用情報です。
ここでは、「信用情報とはどのような情報なのか」をご紹介します。

信用情報とは?

信用情報とは信用取引の際に確認される情報です。信用取引とは、個人の信用だけで商品を購入・サービスを利用・お金を借りる取引のことです。

信用取引の具体的な例は、
銀行や消費者金融のカードローンを利用する
信販会社のクレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を利用する
などが挙げられます。

信用取引の前には必ず審査が行われますが、信用情報はこの審査の際に参照されます。

信用情報に記録される内容

信用情報に記録される主な内容は、本人を特定する情報契約内容に関する情報返済状況に関する情報取引事実に関する情報です。
具体的な項目を下の表で確認してみましょう。

本人を特定する情報 ・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・勤務先名
・勤務先電話番号
契約内容に関する情報 ・会社名
・契約の詳細(商品名、支払回数等)
・契約日
・利用金額等
返済状況に関する情報 ・入金日
・入金予定日
・残高
・完済日
・延滞の有無
取引事実に関する情報 ・債務整理
・代位弁済
・強制解約

本人を特定するための情報は、ご自身の身の回りに関する基本的な情報です。契約内容や返済状況では、借り入れ件数や残高などを確認します。件数や残高は審査では特に重要になるためしっかり確認しましょう。

取引事実に関する情報は事故情報のことです。事故情報がひとつでもあると審査に落ちる可能性は限りなく0になります。

信用情報について何となく理解していただけたでしょうか?
「プロミスから借り入れを行うと信用情報に記録されることは分かったけど、それが住宅ローンとどのように関係するの?」と疑問に思っている方のために、次章では住宅ローンの審査についてご紹介します。


・住宅ローンの審査では信用情報を確認

住宅ローンは銀行から借り入れを行うことが多いのですが、ここでも必ず審査が行われます。審査があるということは、信用情報が確認されるということはもうわかりますね?
では、プロミスを現在利用中の場合と完済済みの場合、2パターンでどのように影響の仕方が変わってくるのかご紹介します。

プロミスを利用中の場合

プロミスを現在も利用中の場合、住宅ローンには必ず影響します
特に、クレジットカードの信販会社やカードローンの消費者金融から借り入れを行っている方は複数の借金を抱えている場合が多いため審査前に断られることもあります

審査では、

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ先
  • 借り入れ理由
  • 収入
  • 借り入れ先の利用限度額と借り入れ額
  • 毎月の返済額

これらのことを確認して、返済能力があるか信用できるかどうかを判断します。

プロミス完済済みの場合

プロミスを利用していたことはあるが完済済みの場合は、影響する場合と影響しない場合の2通りです。
完済していても利用履歴として信用情報に5年間は記録され続けます。記録が残っている場合は多少審査に影響することもあるので、完済済みで利用していない場合は早めに解約しておくことをおすすめします。

しかし、事故情報などなく完済している場合は、利用実績として審査に有利になることもあります
この判断は銀行によって様々なので一概には言えません。もし利用してないのであれば早めに解約しておくのが良いでしょう。

住宅ローンの審査に通らない理由は信用情報に問題あり?

住宅ローンの審査では年収や勤務先情報などが影響しますが、それ以外に問題が見当たらない場合は信用情報に傷が付いている可能性が高いです。
続いては、信用情報に傷がつくとはどのような状態を表すのかご紹介します。

信用情報に傷がつくとは?

信用情報に傷がつくとは、延滞債務整理代位弁済強制解約の4種類があります。

延滞

延滞は支払い期限を過ぎることを指しますが、数日程度の遅れではなく、長期間に渡る遅延で事故情報として記録されます。
長期間をどれくらいと定義するかは金融機関によって異なりますが、通常2~3か月の遅れを事故として見なすことが多いです。
一度延滞をすると最短でも5年間は信用情報に記録され続けます

債務整理

債務整理とは、合法的に借金を整理することですが、破産、任意整理、個人再生、特定調停など複数があります。残高が減りますが、最短でも5年間、最長10年間は信用情報に記録され続けます。(債務整理の種類によって記録期間が異なります。)

代位弁済

代位弁済とは保証会社があなたの代わりになってキャッシング業者に返済を行うことです。キャッシング業者の借り入れ残高は0になりますが、保証会社へ返済を続けなければなりません。また、5年間信用情報に記録され続けます

強制解約

強制解約とは、キャッシング業者から強制的に契約を打ち切られることです。延滞の延長と考えていいかもしれません。強制解約となった場合、5年間信用情報に記録され続けます


・信用情報は開示申請を行って確認できる

信用情報は審査の重要な判断材料で、信用情報に問題があれば審査に通る可能性は極めて低くなります。
「でも、自分の信用情報がどんな状態かなんて審査に申し込んでみてからじゃないとわからない…」という方もご安心ください。
信用情報はご自身で確認することができます。

3種類の信用情報機関に開示申請を行う

信用情報を管理している信用情報機関には3種類あります。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC
  • JBA(一般社団法人全国銀行協会)

これらの信用情報機関はCRIN(クリン)という情報交流システムで情報を共有しているため、その信用情報機関に問い合わせても同じ情報を照会することができます。

信用情報の開示申請方法

• 開示窓口まで行く
• 郵送での開示請求
• ネットでの開示請求

の3種類があります。信用情報機関によって申請方法と金額が異なるので確認しておきましょう。

信用情報機関 申請方法 料金
JICC 窓口、郵送 窓口→500円

郵送→1000円

CIC 窓口、郵送、ネット 窓口→500円

郵送→1000円

JBA 郵送 1000円

どの信用情報機関でも郵送での開示申請は行っています。

直接窓口に行く場合は500円、郵送の場合は1,000円です。郵送は現金ではなく定額小為替で送ります。

本人以外でも開示申請できる?

本人以外でも開示申請できますが、条件があります。家族であっても本人以外が開示申請する場合には法定代理人か本人の委任状が必要となります


・プロミスからの借り入れと住宅ローン審査の関係

プロミスからの借り入れは住宅ローンの審査に影響します。
特に現在利用中の方は、借り入れ金額や(プロミス以外からも借り入れている場合は)借り入れ件数に注意が必要です。(他社借り入れは住宅ローン以外の審査にも影響を及ぼします。詳しくはこちらの記事をご覧くださ。⇒『プロミスの審査で他社借り入れは影響する?』)
また、信用情報に事故情報が記録されている場合はほぼ間違いなく住宅ローンの審査には通らないことを覚えておきましょう。
しかし、プロミスから借り入れているからと言って必ずしも審査にマイナスの影響を及ぼすわけではありません。
きちんと利用実績を積めば評価されることもあるので、延滞などの事故情報を起こさず、必要最低金額を短期間で返済することが何よりも大切です。