専業主婦でも借り入れ可能?プロミスの審査

公開日: 最終更新日:

女性、買い物

女性なら一度は、新しいお洋服やお化粧品、話題のお店に自由にお金を使いたいと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、専業主婦のあなたはお金を無駄遣いできない。理想と現実のギャップに悩んではいませんか?
プロミスは女性専用のレディースローンを用意しています。では、専業主婦のあなたも利用できるのでしょうか?
この記事を読めば、あなたがどのキャッシング業者を利用して、どのような生活を送ることができるかがわかるはずです。


専業主婦は審査対象外!プロミスの審査基準とは?

まず初めにお伝えすると、専業主婦のあなたはプロミスで借り入れを行うことはできません。それは、プロミスの審査基準を専業主婦では満たすことができないからです。
ここでは、プロミスを利用するための最低限の条件をご紹介します。ここで基準を満たしていない方は審査を申し込むこともできないので注意してご覧ください。

契約者本人に安定した収入があること

「旦那に収入があれば大丈夫じゃないの?」と考えているあなた。プロミスでは、契約者本人に安定した収入があることが求められています。そのため、いくら旦那様が高収入を得ていても、契約者であるあなたが無収入の場合は審査に申し込むことはできません。
条件は、「安定した収入」です。プロミスは高収入の方を対象にしているわけではないので、パートやアルバイトで毎月安定した収入を得ている方なら審査に申し込むことができます。
後は、本審査で勤務先や住宅情報、家族構成などを確認して総合的に判断。ここで初めて、「あなたがプロミスで借り入れができるか」、「利用限度額がいくらか」が決まります。

20歳以上69歳以下であること

プロミスには申し込みの年齢が20歳以上69歳以下に制限されています。
大手キャッシング業者のほとんどは下限年齢を20歳以上と定めていますが、上限年齢は異なります。プロミスは他社に比べて上限年齢が高く設定されているため、幅広い層の方に利用されていますが、年金受給者の方は利用できません。ここでも、一つ目の条件「安定した収入」が適応されているのがわかりますね。

その他の詳しい審査項目についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒『プロミス審査の基準!年収、勤続年数、信用情報の基準はどれくらい?


プロミス以外で専業主婦が借り入れ可能なキャッシング業者3社

キャッシング

プロミスで借り入れできないからと言って、新しいお洋服を諦める必要はありません。プロミス以外でキャッシングを行う方法が銀行カードローンです。
銀行カードローンはなぜ専業主婦でも借り入れ可能なのでしょうか?

銀行カードローンなら専業主婦も借り入れ可能

専業主婦が銀行カードローンを借り入れできる理由は、「総量規制対象外」にあります。
総量規制とは、利用限度額が年収の3分の1までと制限されている貸金業法で定められている規制です。プロミスを含む消費者金融やクレジットカードを提供している信販会社が主な対象です。
銀行カードローンは貸金業者として分類されていないため、総量規制対象外なのです。そのため、無収入の専業主婦の方でも、旦那様に収入があれば借り入れを行うことができます。

続いては、専業主婦におすすめしたい銀行カードローン3社をご紹介します。

① 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

ひとつ目は、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。メガバンクのカードローンということもあり安心感があります。

申し込みの年齢制限は20歳以上65歳未満で、専業主婦でも借り入れ可能です。しかし、専業主婦の利用限度額は30万円までと制限されているためご注意ください。
バンクイックは旦那様の同意書や収入証明書の提出が不要で、契約者であるあなたの運転免許証のみの提出で利用できます。テレビ窓口やインターネットからの申し込みも可能。審査時間は最短40分と短いため、旦那様のご帰宅前に契約を済まさせることができます。

しかし、契約をインターネットで済ませた場合、後日郵送でカードが送られてくることがあります。その際は、旦那様の目に入る可能性があることを念頭に入れておきましょう。差出人は「三菱東京UFJ銀行」と書かれているため、「口座開設した」「お得な定期預金のお知らせ」などごまかしがききます。

② みずほ銀行カードローン「MyWing」

みずほ銀行カードローンは「MyWing」という女性専用のレディースローンを用意しています。こちらもメガバンク。さらに、女性専用のカードローンなので申し込みのハードルが低くなりますね。

申し込みの年齢制限は20歳以上66歳未満で、専業主婦の方でも旦那様に安定した収入があれば借り入れを行うことができます。バンクイックと同様、旦那様の同意書や収入証明書の必要もありません。

みずほ銀行カードローンを利用するメリットは金利の低さにあります。みずほ銀行カードローンは上限金利14%。消費者金融や信販会社を利用する場合金利が18%前後であることを考えれば、いかに総返済額を低く抑えることができるかがよくわかりますね。

③ 楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、国内最大級のECサイトを運営している株式会社楽天の銀行カードローン部門です。これまでに楽天市場を利用したことがある方や楽天銀行の口座を開設している方も多いのではないでしょうか?楽天銀行の口座をお持ちの方は、土日祝日も24時間借り入れが可能です。心強い味方になりますね。
金利も14.5%と低いですが、専業主婦の方は最大50万円までしか借り入れできないため注意しましょう。
申し込みの際は、旦那様の同意書や収入証明書は一切不要です。ご家族にもバレずに借り入れを行うことができます。


プロミスを利用するメリットを再確認しましょう

パート、女性

前章では、銀行カードローンのおすすめをしましたが、プロミスにあって銀行カードローンにないメリットもあります。それは、審査スピードと無利息期間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)です。

プロミスのメリット① 審査時間最短30分

プロミスの審査スピードは最短30分と、銀行カードローンよりもスムーズに審査・契約まで行うことができます。また、Web上から24時間365日申し込みできるのもプロミスのメリット。夜に旦那様に隠れてこっそり申し込みしておけば翌営業日の午前中には審査結果が連絡されます。

プロミスのメリット② 1か月の無利息期間

プロミスを始めとしたアコム、アイフルなどの消費者金融は1か月利息ゼロの無利息サービスを利用することができます。少額を短期間借り入れたい方はこの無利息サービスを利用すれば借り入れ金額以外に一切お金がかかることなくキャッシングを行うことができます。(返済に提携ATMを利用した場合は、1万円以下で108円、1万円以上で216円の手数料が発生します。)

プロミスを利用したい方はパートを始めましょう

プロミスを利用したい方は、パートやアルバイトで毎月安定した収入を得ることが条件です。
少額でも構いません。ご自身が可能な限り自分で収入を得てみましょう。パートを始めればプロミスに頼なくて済むかもしれません。
ご自身がどれらいの額を、その期間必要としているのかをもう一度考え直してみることをおすすめします。