職業で審査に落ちてしまうことはありえるの?

公開日:

基本的にカードローンやフリーローンなど無担保ローンでの審査に職業はあまり関係ありません。それより見られるのは収入に関する問題です。どれくらい収入が安定しているのか。収入の情報を見られると自ずと情報は職業まで至るので、どれくらい安定した収入を得られる職業なのか。そこが審査基準となります。
アルバイト・パートとして働いていたとしても勤続年数が長く安定した収入が認められれば審査に通ることになります。反対に不利なのは収入が途切れがちで不安定な収入をもらう芸術家や歌手などの人気商売です。


審査に有利な職業と不利な職業がある

消費者金融や銀行はキャッシング前の審査でその人の情報を集めます。どこでどんな働き方をしており、どれくらいの収入をもらっているのか。そして最後の在籍確認で本当にその会社で働いているのか。その確認の電話をかけます。
審査に有利な職業とは、収入が途切れない安定した雇用で働く、できるだけ設立から時間が経っている正社員です。詳しい仕事内容までは審査で重要視されません。正社員として働いており、なおかつ収入が途切れがちではないことが審査で有利な条件です。つまり、もっとも審査に強いのは働き方の安定感が一番強い公務員です。アルバイト・パートは収入が少ないこととすぐに辞めてしまうリスクを孕んでいるので、その条件で審査に不利となります。
同じく不利な職業の代表が、働き方と収入が不安定な水商売です。


職業意外の条件で審査をカバー

職業だけで審査の是非が決まるわけではありません。職業が不利なものだったとしてもその他の条件が優れていれば、問題なく審査に通ります。多少不安定な職業でも長い勤続年数や長いクレジットカードヒストリーなど、信用情報がより優れていれば審査に通るはず。
とはいえ審査基準がそもそも厳しく設定されている銀行なんかだと、審査を無事クリアすることは難しいかもしれません。
自分は審査に関してどこが強いのか。反対にどこが審査に弱いのかを把握しておいて、自分にあった業者への申し込みを行ってください。自分の属性や信用情報でも審査に通るのはどこか。大手消費者金融の審査には落ちても中小消費者金融の審査なら通ることも珍しくありません。


収入をたくさんもらっているのに審査に落ちることも

自分は年収が1,000万円を超えているのに、消費者金融の審査に落ちてしまった。なんてことも珍しくありません。これほどの高収入なのにどうして審査に落ちてしまうのか。そんなことを思ってしまう人もいるでしょう。理由は簡単です。収入がいつ途切れるかわからない仕事をしているから。
もちろん収入の金額は審査においてとても重要な審査基準です。中には年収の金額が審査基準として設定されている銀行カードローンがあるくらいです。しかし例えば水商売は明日にも辞職する危険がある。そしてその会社は合法的なものかわからない。
こういった場合は審査が進んでも在籍確認で審査に落とされてしまうことだって珍しくないのです。


まとめ

職業が直接審査に影響することはありませんが、安定した収入をもらっているのか。その審査基準として職業を審査されることも多いです。水商売など、すぐにも仕事から離れてしまう危険性がある仕事に就いている人は、仕事が続かないイコール収入が途切れてしまうリスクがあるという理由で審査に不利な職業となってしまいます。
公務員、大企業の社員など、どうしても職業の情報が審査結果に影響を及ぼしてしまいます。しかし基本的には、職業や収入より安定した収入やそれなりの長さになっている勤続年数が審査に影響します。
職業の不利を補うための情報は、長いクレジットカードヒストリーやその仕事に長く就いているという勤続年数。何より過去のキャッシングで問題を残していないことが重要です。