プロミスの3秒診断で仮審査を受けましょう!

公開日:

時間、秒

キャッシングを行う際、煩わしいことの1つが申し込み情報を記入することです。

プロミスに限らずキャッシング業者を利用しようとお考えなら、審査項目の入力を避けて通ることはできません。

しかし、プロミスではその煩わしい手間を避けて審査結果が把握することができるのです。

それがプロミスの仮審査、3秒診断。

今回は3秒診断でチェックされる項目や3秒診断を利用するメリット・デメリットについてご紹介します。

3秒診断でチェックされる3項目

3つ

3秒診断で入力する項目はたったの3つです。

プロミスの審査に通過する最低条件は、20歳以上69歳以下であること、毎月安定した収入が得られることの2点です。

上記2点の条件に加えて、他社借り入れ状況もチェックします。

合計3つの条件を満たすためにチェックする項目は、生年月日、年収、他社借り入れ金額の3点です。

たった3つの項目なので、審査項目を埋める手間も準備も必要ありません。

3秒診断を行う手順

申し込み、時間

  • プロミスの公式ホームページにアクセスする
  • 3項目入力で簡単3秒診断をクリックする
  • 以下の3項目に情報入力する

プロミス、3秒診断

この手順を踏んだ後3秒後に仮審査結果が発表されます。

たとえ仮であっても審査結果を事前に把握していると、本審査に安心して申し込むことができますよね。

しかし、あくまでも仮審査です。

本審査では複数の審査項目をチェックします。仮審査で通過していても本審査で落ちることもあるため、油断しないように注意しましょう。

3秒診断を利用する2つのメリット

メリット

3秒診断を利用するメリットは2つあります。

短時間で審査結果が把握できる

最大のメリットは、煩わしい手間を避けて短時間で仮審査結果を把握できることです。

せっかく時間をかけて申し込みを行ったのに、結局否決に終わっては時間の無駄になってしまいます。

審査に通過するか不安な方は、まずは3秒診断を利用して仮審査の結果を把握しておくと、その後の流れがスムーズに進むかもしれません。

信用情報に影響しない

本審査は申し込んだ回数分、信用情報に記録されます。

信用情報に記録されている申し込み回数が多い分、審査で不利になる可能性が高くなります。

しかし、3秒診断では信用情報を参照しないため、申し込み記録も信用情報に記録されることはありません

本格的に申し込みを行おうと考えていない方も、「自分の年収・年齢ではプロミスの審査に通る?」と気になる方は、3秒診断を利用してみることをおすすめします。

まとめ

時間

プロミスの3秒診断は忙しい方も短時間で仮審査結果が把握できること、信用情報に申し込み情報が記録されないことが特徴です。

3秒診断なら提出書類も不要なので、煩わしい準備を避けて申し込むことができます。

ただし、本審査となると話は別です。

本人確認書類や収入証明書類などの準備が必要なこと、在籍確認で勤務先への電話が行われること、年収や他社借り入れに加えて住宅情報や家族情報などの細かな情報まで申告することなど・・・

「仮審査に通過したらすぐ申し込みたい」と思っている方は、早めに必要書類や在籍確認の方法などをチェックしておくと本審査がスムーズに進みます。

(参考:『プロミスの審査を受ける前に確認しておきたい必要書類について』『プロミス審査の在籍確認について』)

しかし、年収や年齢、他社借り入れ状況に不安を抱く方は、本審査を行う前にまずはプロミスの3秒診断で仮審査を行うことをおすすめします。