キャッシングの審査に通らない3つの理由と対策方法

公開日: 最終更新日:

お金、悩む

キャッシングの審査に通らないことで悩む方は少なくありません。しかし、審査に通らない理由が分からなければどれだけ申し込みを行っても通らない可能性は一向に上がらないのです。

今回はキャッシングの審査に通らない方に、理由とその対策方法をご紹介します。

キャッシングの審査基準

キャッシングの審査基準は業者によって様々ですが審査項目は大きく分けて4種類あります。

属性審査

申し込み内容から申し込み者の属性をチェックします。氏名、年齢、生年月日から性別、勤務先、家族構成まで幅広く見られます。申し込みの記入項目は複数ありますが、その中から「本人」「勤務先」「住居」「借り入れ状況」の4種類の属性を判断します。

その中でも、収入他社借り入れ件数が審査に通るか通らないかを左右します。

収入は、審査に大きく影響することはもちろん、審査に通った後の利用限度額にも響いてきます。例えば消費者金融で借り入れを行えば利用限度額は年収の3分の1までなので、ダイレクトに響いてくることがお分かりいただけると思います。銀行カードローンであれば収入だけで利用限度額が決まることはありませんが、大きな判断材料になることは間違いないため正確に記入しましょう。

他社借り入れ状況は、他社借り入れ件数と他社借り入れ額に分けて判断されます。この2つであれば他社借り入れ件数が重視されますので、おまとめローンで複数のカードローンを1つにまとめることをおすすめします。ただしこの他社借り入れに入るのはカードローンやキャッシングなどの無担保ローンのみです。住宅ローンやカーローンであればカウントされることはないのでご安心ください。

信用情報審査

信用情報とはローンやクレジットの利用履歴のことで、信用情報機関にこの利用者の利用情報が管理されています。

信用情報機関は加盟するキャッシング業者に対して利用者の信用情報を提供する義務があるため、過去にどれだけ申し込みをしていたか、返済で問題を起こしていないかが手に取るように分かります。この信用情報を参考にして、キャッシング業者は申込者の返済能力や信用をチェックします。

書類審査

書類審査では、申し込み者の記入項目が正しい情報かどうかを証明するために行われます。

用意する書類は身分証明書収入証明書の2種類です。身分証明書は運転免許証、パスポートなどが挙げられ、収入証明書は源泉徴収票、給与明細書などが挙げられます。

ただ、収入証明書は「借り入れ希望額が50万円をこえるとき」と「他社借り入れとあわせて希望額が100万円をこえるとき」に提出が求められます。そのため基本的には身分証明書のみあれば問題ありません。

在籍確認

在籍確認では、申し込み者の勤務先の情報が正しいかどうかを確認します。

基本的に在籍確認は電話で行われます。「会社に借金がばれてしまうのでは…?」と疑問に思う方もいるかと思いますが、在籍確認を行う方は会社名を一切名乗らず、個人名で連絡をしてくるのでご安心ください。

また申し込み者ご本人が電話に出なくとも、他の社員さんの対応で勤務しているのかを判断できます。

審査に通らない3つの理由と対策

審査に通らない場合、必ず理由があります。今回は審査に通らない主な3つの理由とその対策方法についてご紹介します。

「3社以上から借り入れしている」場合の対策

借り入れ件数は審査を行う上で重要な判断材料です。

借り入れ件数が多ければ「一つの会社で希望額を借りられないほど信用のない人」と判断されてしまいます。

この対策としては、おまとめローンが効果的です。

銀行カードローンであれば総量規制対象外であるためおまとめしやすいですし、消費者金融でもおまとめローンは例外で総量規制対象外になるところもあります。

借り入れ額は変わらなくても借り入れ件数が変われば審査に良い影響を及ぼします。

それだけでなく金利も低くなる、または複数あった利息を一つにまとめられることから、おまとめローンを行うとお得になることも多いです。

「ブラックリストに登録されている」場合の対策

審査に通らない主な理由の2つ目は、ブラックリストに登録されていることです。

信用情報を参照すればブラックリストに登録されているかいないかがわかります。ブラックリストに登録されていればほぼ間違いなく審査には通らないでしょう。

この場合の対策としては、ブラックリストの登録期間が過ぎるのを待つことです。

ブラックリストの状態で他社へ申し込みを行うと別の違法行為としてブラックリストの期間が延長されてしまうこともあります。

ブラックリストの登録機関は短くて5年間なので、その期間は申し込みを行わず、こつこつお金を稼いでいくしかありません。

「借り入れ希望額が多すぎる」場合の対策

消費者金融で申し込みを行った場合、年収の3分の1以上の借り入れ希望額を申請するのは審査に通らない理由のひとつです。

1社での希望額が年収の3分の1以内であっても既に他社から借り入れている場合、それを含めて利用限度額が決められるので注意が必要です。

この場合の対策方法として、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込みを行うことをおすすめします。

年収に関係なく希望額を申請できて、金利も低いので審査に通れば消費者金融よりお得に借り入れできるのもメリットです。

審査を楽にする3つの方法

審査に申し込む際にやってはいけないことの次は、やったら審査が楽になることを3つほどご紹介いたします。

基本的には公務員・正社員が審査に有利で、基本的には安定していることが優先されます。

結論から言うと、「キャッシングの利用経験あり・現在は借り入れ0件・独身実家暮らし」の方が審査に一番通りやすいです。

年数は長ければ長いほど有利

審査で重要になる年数は「勤務年数」「居住年数」「取引実績」の3つがあります。

いずれにしても、長ければ長いほど審査で有利に見られる重要項目たちです。

勤務年数は長いほど有利で、新入社員の正社員よりも5年以上同じ勤務先で勤務しているアルバイトの方が、審査時点では返済能力があると見なされます。

居住年数は単純に長いほど有利になります。

取引実績というのは、これまでにどれくらいキャッシングを利用してきたかを表すものです。

実のところ初めてキャッシングに申し込む方よりも、何度かキャッシングを利用したことがある方の方が審査に通りやすいです。

家族構成は独り身より実家住みが有利

キャッシングの審査では、「独身・一人暮らし」よりも「独身・実家暮らし」の方が通りやすくなります。

なぜかというと、後者の方が困った時に周りに影響しやすい環境にあるので、きちんと返済をしてくれる可能性が高いからです。

金融会社からすれば、独身で一人暮らしの方は「借り逃げ」や「踏み倒し」をされるリスクがもっとも高い利用者です。

既婚されている場合、もし子供がいればそれだけ生活費がかかるため、返済能力は一段落ちると考えられます。

他者借り入れ件数を減らしましょう

すでにキャッシングを利用していて借り入れが現在もある、つまり他社借り入れが現在もある場合は、極力減らすことで審査に通りやすくなります。

借り入れ件数は少なければ少ないほど良いので、つまるところ「キャッシング経験があって現在は借り入れ0件」というステータスの方が一番審査で有利ということになります。

他社借り入れは4件以上になると審査に通らないので、3件よりも2件、2件よりも1件、1件よりも0件となるように減らしてから申し込むことを心がけましょう。

審査が甘い即日融資可能なキャッシング大手

ご存知の方もいるかと存じますが、実は大手のキャッシングは金利や借入限度額といった基本的な部分にはあまり差がありません。

銀行と消費者金融を比べたらさすがに違いもありますが、銀行同士・消費者金融同士では大きな差がないのは事実です。

そうなると、私たち消費者からすればできるだけ「審査の甘いキャッシング」に申し込みたいものです。お金を借りたいのに審査に落ちてしまっては元も子もないですからね。

そこでまずは、大手から審査がゆるいおすすめのキャッシングをご紹介いたします。

モビット

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 特徴:在籍確認なしのWeb完結申し込み

消費者金融の中でも勢いのある「モビット」。以前は三菱東京UFJ銀行グループでしたが、現在は三井住友銀行グループの消費者金融です。たまに「銀行系」という表記があって銀行カードローンと混同されてしまいがちですが、大手消費者金融です。

ノンバンクカードローンランキングNo.1の実力

モビットは、「2016年オリコン日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」となる実力があるキャッシング会社です(ノンバンクカードローンとは、要するに消費者金融系カードローンのことを言います)。

このランキングでは11個の評価項目があり、モビットはそのうち6項目で第1位となっています。6項目は下記の通りで、モビットは借り入れ・審査・返済といった一連の手続きが他社よりも利用しやすく、非常に優れていることがわかりますね。

  • 借入条件
  • 借り入れのしやすさ
  • 申込み手続き
  • 審査
  • 返済のしやすさ
  • セキュリティ
電話での在籍確認なし?独自のWeb完結申し込み

大手消費者金融であれば基本的に「Web完結申し込み」を行うことができますが、在籍確認に関しては申込者の勤務先へ電話で確認をするようになっています。

しかしモビットのWeb完結申込は、在籍確認を書類の提出で済ませることができます。下記の条件を満たしていない場合は通常のカード申込になってしまいますが、少し準備すれば簡単です。

  1. 「三井住友銀行」または「三菱東京UFJ銀行」の普通預金口座
  2. 本人確認書類の写し(いずれか1点):「運転免許証」または「パスポート」
  3. 収入証明書類の写し(いずれか1点):「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書(直近2か月分)」/li>
  4. 勤務先確認書類の写し(いずれか1点):「健康保険証」「給与明細書(※必須)」

※収入証明書類で給与明細書以外を提出する場合は、勤務先確認書類で給与明細書の提出が必須になります。

逆に言えば2か月分の給与明細書を用意する方が、収入証明書類と勤務先確認書類を別々で用意するという工程を1つ省けるのでおすすめです。

提携ATMは約130,000台

カードローンを利用する際はATMでの取引が基本になるので、提携ATM台数が多いほどキャッシングを利用できる範囲が広がることになります。

その点、モビットは提携ATM台数が約130,000台もあるので、日本全国どこへ行ってもキャッシングには困らないと言っても過言ではないでしょう。同じ大手の「アコム」のATM台数が約65,000台なので、モビットはその約2倍もの提携ATMがあるということになります。

ちなみに、三井住友銀行ATMを利用すればATM手数料無料で利用することができます。それ以外は、取引する金額に応じて108円または216円の手数料がかかるので、キャッシングを頻繁にするのには気をつけましょう。

レイク

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 特徴:2種類の無利息サービス

以前はレイクも消費者金融の1社でしたが、新生銀行に丸ごと吸収されて現在では同行のカードローン部門として営業しています。

銀行カードローンの中でも高い審査通過率

基本的に、消費者金融の方が銀行よりも審査通過率(=成約率)が高いです。これは単純に金利差で審査の難しさが変わるからです。

ただ、レイクの金利や借入限度額は消費者金融とほぼ同じです。そのため下記の最新データ(2016年12月時点)の通り、銀行カードローンの中では審査通過率が高めです。

  • レイク:35.5%
  • アコム:48.5%
  • プロミス:41.0%
業界唯一の2種類の無利息サービス

レイクには、初めての利用者が借り入れをする際に無利息サービスを提供しています。

アイフル・アコム・プロミス等「30日間の無利息サービス」を提供しているところは多いのですが、レイクでは「30日間」と「180日間」のどちらかを選ぶことができます。

180日間の方は「借入額5万円まで無利息」という制限がありますが、キャッシングを利用する期間や借りる金額にあわせて使い分けられるのがレイクの一番のメリットと言えます。

銀行カードローンだから総量規制対象外

消費者金融でキャッシングをする際は、年収の3分の1をこえて借り入れができない「総量規制」という法律が適用されます。仮に年収が100万円なら、30万円程度までが限度額というわけです。

しかし総量規制にも対象外となるものがあり、一番身近なそれが銀行カードローンです。もし3分の1をこえたまとまった金額を借りる予定であれば、レイクでの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。

アコム

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 特徴:即日融資に定評がある

CMでよく聞く『はじめてのアコム』でご存知の方も多いアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融です。昔からあるので知名度も高く、利用者も多いのが特徴ですね。

業界No.1の審査通過率

アコムといえば、その審査通過率の高さをご説明しておかなければいけません。先ほどご紹介したように、アコムの審査通過率(アコムでは「新規貸付率」)は2016年12月時点で「48.5%」あります。

つまり審査へ申し込んだ約半数が、アコムでキャッシングすることができているというわけです。実際には借り入れ条件を満たしていない状況で申し込んでいる人もいるので、体感的にはもっと高くなります。

最短30分審査!即日融資が可能

大手消費者金融は軒並み審査が早いですが、CMでも審査の早さを強調しているようにアコムは「スピード」に力を入れています。最短30分で審査結果がわかるので、急いでいても安心です。

ただ、Web申し込みで振込キャッシングを即日してもらうためには、その日の14時までに審査結果がわかっているように逆算して申し込まなければいけません。

もしそれが難しいようであれば、申し込みをWebで行い自動契約機でカードローン契約をするのが一番早いです。

学生も申し込みやすい

アコムに限った話ではありませんが、キャッシングは「20歳以上」かつ「安定した収入」があれば誰でも申し込むことができます。そのため、学生も利用することができます。

審査通過率が高いので、学生も他社よりは審査に通りやすいことがわかります。返済能力がないと判断されては借りることができないので、目安として6ヶ月以上アルバイトを継続してから申し込むと審査に通りやすくなりますよ。

無職で申し込んでもキャッシング審査は通らない

審査基準の部分でも話した通り、勤務先についても審査では重要な項目の1つです。

キャッシングを利用するための絶対条件に「安定した収入」がある以上、無職のまま審査に通るのはほぼ不可能だと考えて良いです。

それは逆に、安定した収入があればどなたでも借り入れができるということでもあります。

ケース1「学生」

おさらいをすると、キャッシングの絶対条件には安定した収入と「満20歳以上」という決まりがあります。

そのため20歳以上であれば、アルバイトで毎月収入がある学生はキャッシングを利用してお金を借りることができます。

ただし学生である以上は、借入限度額は10万~50万円程度が目安になることを念頭に置いておきましょう。

また、一部の銀行カードローンは学生の借り入れが不可となっていることもあるので、申し込み前に「貸付条件」は一度確認しておきましょう。

ケース2「主婦」

パートやアルバイトをされている主婦の方であれば、仮にフルタイムのアルバイトではなくとも借り入れすることができます。

ご自身の収入があれば、配偶者の同意書など夫に関する書類はまったく必要ありません。

審査は「本人確認書類の提出」と「自身の職場の在籍確認」で完結するので、もちろん夫に内緒で借りることもできます。

また利用明細等の郵送物についても、WEB上で利用明細を管理することができる会員サービスが発達しているので、自宅に電話や郵送物がくるということもなく安心です。

ちなみにこれは、配偶者の方がキャッシングを利用していても同じことが言えるので、くれぐれも隠し事にはお気をつけてくださいね。

ケース3「専業主婦」

言い方は悪いかもしれませんが、自身の収入がまったくないという意味では無職とも見れる専業主婦の方は、ちょっとした制約があります。

それは、専業主婦は銀行カードローンからのみ借り入れができることです。

消費者金融には、年収の3分の1をこえて借り入れができない「総量規制」という法律があるため、年収0円=借入可能額0円ということになります。

一方で銀行カードローンは、専業主婦に限り本人確認のみで10~50万円程度の借り入れが可能となっています。

これも夫に内緒で借りることができるので、専業主婦の急な出費には心強い味方となります。

メガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や「みずほ銀行カードローン」も専業主婦の借り入れが可能なので、信用している金融機関を選びましょう。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • キャッシングの審査基準では「収入」と「他社借り入れ」が重要
  • 審査に落ちる理由は、借り入れ件数や借入希望額が多すぎるからである
  • 審査が甘いおすすめのキャッシングは、「モビット」「レイク」「アコム」

いかがでしたでしょうか。キャッシングの審査は必ず通るというわけにはいきませんが、ポイントをおさえれば難しいものではありません。それでも不安な場合は、審査が甘いキャッシングから借り入れ先を探してみることも検討しましょう。

今回ご紹介した3社はいずれも知名度が高く、銀行グループなので安心して利用することができます。中小キャッシングの審査を受けるという選択肢もありますが、信用度という点では大手に比べて大きく劣ります。

個人的に、初めてのキャッシングは無利息サービスを利用することができる大手をおすすめしたいですね。