フリーローンの審査に落ちるのはどんな人?フリーローンの審査対策も紹介

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人
カードローンと同じく個人融資で、なおかつカードローンと比べて金利が低く借りやすいのが「フリーローン」です。

主に銀行が運営するフリーローンですが、このフリーローンでお金を借り入れる際には当然、キャッシングにつきものの「審査」をクリアしなくてはならなくなります。

フリーローンでお金を借り入れるために必要な「フリーローン審査通過」のために、フリーローン審査に落ちる人の特徴、フリーローン審査に通りやすくなる審査対策もご紹介します。

フリーローンの審査基準は?

それではさっそく、フリーローンでお金の借り入れを検討する方のために、フリーローンの審査基準を調べていきましょう。

フリーローン借り入れ前の審査では、どんなポイントが、どれくらい詳しく審査されているのか?

フリーローンでお金を借り入れるためにも、詳しく知っておきましょう。

基本的にカードローン審査基準と大きく変わらない

まず前提として、フリーローンの審査基準は、消費者金融や銀行のカードローン審査基準と大きく変わりません。

カードローンと似た要素の多いキャッシングであることもあり、審査で見られるポイントも良く似ています。

ただ、フリーローンとカードローンはキャッシングとしての質が少し異なることもあり、審査基準が多少異なります。

またあとでどの当たりの審査基準が異なるのか、詳しくお教えします。

フリーローン審査で見られるのは総合的な「返済能力」

フリーローン審査で調べられるのは、申し込んだ人がどれくらい高い返済能力を持っているのか、という点です。

年収、現在のキャッシング利用状況などを見て、どれくらいの返済能力があるのかを調べて、「この人なら貸したお金を返してくれる」と思われた場合のみお金の借り入れが可能です。

金利が低いフリーローン審査はカードローン審査より厳しいことも

多くのフリーローンが、カードローンより低い金利を設定しています。

得てして金利が低いキャッシングの審査は、「求められる返済能力」がシビアになるので審査が厳しいです。

そのため、フリーローンの中には、カードローン審査より厳しく審査基準が設定されていることも。

フリーローンのメリット

フリーローンというキャッシングは、カードローンとは異なるどんなメリットがあるのか。

それぞれのメリットの違いにも注目していきましょう。

カードローンより金利が低い

基本的に銀行が運営するフリーローンの多くが、カードローンと比べて低金利設定です。

その要因は、カードローンと違ってフリーローンは、一度借り入れると追加融資を受けられないというその性質が大きいです。

追加融資を受けられないので、一度お金を借りるとあとは返済するだけ。

銀行にとって貸し倒れリスクが小さいので、金利を低くすることができるのです。

基本的に借り入れ意図は自由

フリーローンというくらいですから、借り入れ目的は基本的に「フリー」です。

借り入れたお金を、フリーローン利用者の自由に使うことができます。

しかし申込時銀行に伝える「借り入れ目的」も審査されます。

この借り入れ目的が、借入額と照らし合わせて適当なものか。

銀行はそこを審査します。

この審査基準は、カードローンの審査基準とは異なる部分ですよね。

返済完結に繋げやすい

フリーローンは、基本的にカードローンより「返済完結」しやすいです。

カードローンは「追加融資自由」なので、当然借りれば借りるほど「返済完結」が遠のきます。

フリーローンなら、借り入れ自体は一回こっきりで、あとは返済に向かって進むのみなので、返済に対する意識は軽いです。

意思が弱く、カードローンと生活がべったり癒着してしまいそうな予感のある人には、フリーローンでの借り入れをおすすめしたいです。

ボーナス払いがあるフリーローンも

カードローン返済は基本的に毎月定期的に行います。

繰り上げ返済を行わなければ、カードローン返済では、利息を含む一定額の返済を続けます。

何も設定しなければこの約定返済額の返済は続きます。返済完結まで。

対してフリーローンの返済では、「ボーナス払い」での返済が可能です。

この返済の自由度の高さも、「追加融資を受けられない」というフリーローン独自の設定ゆえでしょう。

カードローンがフリーローンより優れているポイント

もう少し詳しく、カードローンとフリーローンの違いを比較してみましょう。

フリーローンよりさらに「フリー」なのがカードローン

フリーローンという名前のキャッシングですが、私の印象では、カードローンのほうがさらに「フリー」です。

カードローンは借り入れ目的自由のお金を、いつでもどこでも好きなだけ借りられます。

ATMがあればカードを使って借入可能ですし、最近はスマホさえあれば、ネットから自分の口座に振込融資を受けられます。

ネットキャッシングに強い

最近はどのカードローンも、カードレスで借入可能なキャッシングを可能にしています。

これにより、カードローンの弱点であるバレやすさもカバーした形です。

生活に組み込みやすい

これは、人によっては大きなデメリットでもあるのですが、カードローンはかなり自然に、生活に紛れ込んできます。

ATMさえあれば、気軽に借入可能なカードローン。

最近はネットキャッシングで借り入れも可能ですから、さらに利用ハードルが下がりました。

キャッシングの利用は、そもそも金欠時「最後の手段」として残しておくべきなのですが…。

フリーローン審査に通るための審査対策

それでは、フリーローンの審査をクリアしやすくするために、フリーローンの審査対策について考えていきましょう。

フリーローン審査において、「お金を貸してもいい」と思われるには、何をすればいいのか。

フリーローン申込み後にできる行動を考えてみましょう。

希望借入額は少なく

まずフリーローン申込時に「希望借入額」を聞かれることがありますが、この希望借入額は少しでも低い金額で申し込みましょう。

借入額が少なければ、それだけ返済にかかる労力も小さく、銀行側も安心してお金を貸し付けることができます。

他社借り入れ件数、他社借り入れ金額を少なく

現在の他社キャッシング利用状況も審査されます。

この他社キャッシング利用状況で、他社キャッシング借入件数、他社キャッシング利用金額が多いほど、フリーローンの審査に通りやすくなります。

フリーローンに借り換えるという意味でも、先に繰り上げ返済で「他社借入」を少なくしておくことをおすすめします。

あなたはカードローンで借りるべきか?フリーローンで借りるべきか?

カードローンとフリーローンは、それぞれ似て非なる存在。

カードローンを利用するべき人、利用するべき状況と、フリーローンを利用するべき人は全く違います。

継続してお金を借りたいならカードローン

例えば生活費の借り入れなど、今後も継続してお金を借りなくてはならない人は、カードローンでの借り入れのほうが向いています。

いつでも自由にお金を借りられるので、自分のお金がピンチに陥った状況に応じて借り入れが可能です。

しかしそれだけ、「不必要な借り入れリスク」を抱えることにも注意が必要です。

一回こっきりの借り入れでいいならフリーローン

お金が必要になっているその目的、どうしてお金を借り入れるのかが明確に定まっているのなら、フリーローンでお金を借り入れるべきでしょう。

一回こっきりの借り入れを行って、そのお金で目的を果たした後は、しっかりと着実に、借り入れたお金を返すことを目的としてください。

まとめ

カードローンとは違うキャッシング、フリーローンの審査について今回は説明しました。

フリーローンでお金を借り入れるには、どんな条件の審査を受けることになるのか、そしてフリーローンの審査に通りやすくするにはどうすればいいのか。

あらかじめフリーローンについての情報を詳しく知っておき、フリーローンの審査に通りやすい状況を作っておきましょう。