フリーターでもプロミスの審査に通るの?

公開日:

フリーター
プロミスは申し込み条件を正社員に限定していないため、アルバイト収入のみで生活を切り盛りするフリーターの方も申し込むことができます。しかし、正社員に比べて不利になるのでは・・・?と考える方も多いのではないでしょうか?今回は、フリーターの方はプロミスの審査で不利になるのかどうかをご紹介します。


フリーターでもプロミスの審査に通る条件

フリーターでもプロミスの審査に通る条件は2つです。この条件に当てはまらない方はほぼ間違いなく審査に通りません。現段階では申し込みを避けることをおすすめします。

申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下

申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下の方は、プロミスの審査に申し込むことができます。年齢に関してはほとんどの消費者金融が、20歳以上69歳以下を条件にしています。

毎月安定した収入を得ている

しかし、年齢を満たしているだけでは条件を満たしているとは言えません。プロミスの審査に申し込むためには、毎月安定した収入を得ている必要もあります。アルバイトやパートでも良いので、一定の水準で収入を得られるようにしましょう。安定しているのであれば、あまり額は関係ありません。

プロミスの審査は年齢条件と収入条件の両方を満たして、初めて申し込むことができます。2つの条件を満たしているならば、フリーター、学生、主婦どなたでも申し込むことができます。


プロミスの審査に落ちる方の特徴

申し込み

続いては、プロミスの審査に落ちる方の特徴をご紹介します。フリータであっても正社員であっても審査基準は全く同じです。プロミスは審査基準を公開することはしませんが、申し込み内容や手順から大体の基準を把握することができます。それでは確認してみましょう。

他社借り入れ件数や金額が大きい

プロミス以外のキャッシング業者に申し込んでいる場合、何社から借り入れているかいくら借り入れ残高があるかが審査の材料になります。プロミスの審査に落ちる方の特徴としては、4社以上から借り入れている、年収の3分の1以上から借り入れているなどが挙げられます。
他社借り入れがないからと言って審査で有利になるわけではありませんが、利用しすぎている場合は間違いなく審査に落ちるので注意しましょう。

他社借り入れ件数を減らす方法

他社借り入れ件数を減らしてプロミスからの借り入れを減らす方法が、おまとめローンです。おまとめローンとは、複数社から借り入れている借金を一つにまとめて、利息を減らす、そして返済日を少なくする方法です。利息が減ることで月々の返済額を軽くすることができますが、返済期間が延長されて総返済額が増えてしまうこともあります。おまとめローンを検討する際は、月々の返済額だけでなく、返済期間や総返済額に着目するよう心がけましょう。

ブラックリストに登録されている

ブラックリストへの登録とは、長期間の延滞や債務整理(借金を減額あるいはゼロにしてもらうこと)を行った際に信用情報に事故情報が記録されていることです。延滞は、数日程度の短期間の支払い遅れはカウントされませんが、2か月間以上支払いが滞っている場合はブラックリストに登録されます。
一度ブラックリストに登録されると、最低でも5年間クレジットやローン契約を行うことができなくなるので注意が必要です。もちろん、プロミスで契約を結ぶこともできません。

短期間で他社に申し込みしている

短期間に複数社申し込みを行っている場合、申し込みブラックとして信用情報に傷がつきます。そうなんです、契約を行っていなくても申し込みすぎはマイナス評価なのです。申し込みすぎている・・・つまりそれだけ審査に落ちている、信用度や返済能力の低い人間と見なされてしまいます。軽い気持ちで申し込んでいたつもりが、大本命のプロミスにまで愛想を疲れてしまってはショックですよね。

在籍確認がとれない

フリーターの方でもアルバイト先に在籍確認の連絡が届きます。プロミスの在籍確認は基本的に電話連絡で行われますが、電話がつながらない、あるいは在籍が確認できなかった場合には審査に通ることはありません。プロミスの審査に申し込む条件を思い出してください。「安定した収入があること」でしたよね?勤務先の在籍が確認取れないということは安定した収入源が絶たれてしまっているということです。店長や社員さんに「銀行の手続きで電話が来るかもです」と伝えておくと、事がスムーズに進むでしょう。


まとめ

お金

フリーターの方でもプロミスの審査に申し込むことができます。しつこいようですが大事なことなので、年齢条件と収入条件を記載します。

  • 申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下
  • 毎月安定した収入を得ている

これで「フリーターだから・・・」とおびえながら、申し込む心配はありませんね。提出する必要書類を準備したら、早速申し込みに進みましょう。必要書類についてはこちらの記事をご覧ください。⇒『プロミスの審査を受ける前に確認しておきたい必要書類について