カードローン審査に対する不安を和らげるための対策

公開日:

「自分の今の状況でカードローン審査に通るか不安…」

なんて思っている方は多いです。心配いりません。不安なのは、あなただけではありません。

カードローン審査が不安なのは、自分の中でカードローン審査に落ちてしまう要因の心当たりがあるからです。

しかし、カードローン審査に落ちてしまう要因をいくつか持ってたとしても、しっかりと事前にいくつかの点を気をつけておけば、無事カードローン審査に通ります。

今回は、カードローン審査に通るのか、落ちてしまうのではないか不安な方のために、不安を和らげるためのポイントをいくつかご紹介します。

あなたがカードローン審査に不安を感じる要因

カードローン審査に不安を感じている方が、審査のどこに不安を感じているか、それはだいたい似通っています。

多くの人が、これから私が言うポイントが不安なのではないでしょうか?

年収が低い

「自分は年収が低いから、カードローンの審査に通らない」のではないか…。

ありがちです。当然年収が高いほど、消費者金融や銀行は「返済能力が高い」とするので審査に通りやすくなります。

しかし後でも説明しますが、年収が高くなくとも、カードローン審査に通る確率は十分にあります。

他社借入が多い

すでにカードローンを多数利用しており、他社返済にかかりきりになっている人も、カードローン審査に不安を抱きがちです。

確かに、カードローンをすでに多数利用している状態は「返済能力が低い」と判断されやすくなる材料です。

しかしまたあとでも説明しますが、他社借入件数が多いなら借入件数を減らせば良いだけの話です。

信用情報が「ブラック」である

すでにブラックリストに入ってる人は、次の審査が当然不安です。

というより、ブラックな信用情報では、基本的にカードローン審査に落ちます。

この状態で審査を受けるなら、かなり慎重な対応が求められてきます。

カードローン審査を不安を和らげる方法

ではここからは、カードローン審査にまつわる不安を和らげるための方法、心構えを学んでいきましょう。

あなたの認識、行動一つでカードローン審査に通りやすい、通りにくいが変わってきます。

年収が心配でもカードローン審査は通ります!

まず、年収のせいでカードローン審査に通るのか心配な方に朗報です。

カードローンの審査に、年収の額はそこまで影響しません。カードローンの審査で大切なのは、「収入が安定しているか」です。

毎月安定した収入があれば、たとえ年収が低くとも、カードローンの限度額が低くはなりますが審査に通ります。

他社借入を多く抱えているなら「おまとめローン」

他社借入が多いなら、いっそその借入件数を1件にしてしまいましょう。

おまとめローンなら、他社借入を一本にまとめることができます。これも審査が通れば、ですが。

消費者金融のおまとめローン、銀行のおまとめローン、自分にあったものを選んでお金を借り入れるようにしてください。

審査に通りやすいおまとめローンはあるのか?おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

返済が本格的に苦しいなら債務整理

おまとめローンは、現実的に「一本にまとめても返済できる人」向けです。

他社借入が多すぎて、生活がままならないような人は、いっそ債務整理で返済額を減らすことをおすすめします。

「ブラック」な人は中小消費者金融のキャッシングを!

過去のキャッシング利用などで、信用情報がブラックになってしまっている人は「中小消費者金融」に申し込みましょう。

街金とも呼ばれることがある、中小消費者金融なら大手消費者金融とは違う審査基準で審査するため、信用情報に問題が記録されていても審査に通る場合がありま

中小消費者金融によっては、自己破産からあまり時間が経ってなくても審査に通った、なんて口コミをみます。ブラックな人はぜひ、中小消費者金融の審査にチャレンジしてみてください。

自分にあった中小消費者金融を探したい方はこちらの記事を参考にしてください→消費者金融一覧!審査基準、金利、借りやすさに違いはあるのか

基本中の基本、申込みは丁寧に正確に

そして今更ですが、キャッシングに申し込むときは、「丁寧さ」「正確さ」を心がけてください。

キャッシングの申し込み情報と、提出書類の情報に違いがあった時点で「嘘をついている」と判断されれば、それで審査に落ちる可能性があります。

希望借入額は少額に

カードローン申し込み時に「希望借入額」を聞かれたら、なるべく少ない金額を申し込んでください。

少ない希望借入額ならば、審査する消費者金融や銀行側も、「返済不能になるリスクが小さい」と判断して審査に通りやすくなります。

安定した生活を心がける

カードローン審査に有利なのは、「返済能力が高い人」です。

返済能力は、そのまま生活の安定に比例します。安定した企業に正社員として勤めており、勤続年数もある程度長い、持ち家を持っている…など、生活水準が高い人が審査に通りやすい人です。

自分の生活を思い返してみて、どこが安定してないのか、どこに弱点があるのか考えてみてください。

できることなら、その弱点を補うことが理想です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

カードローン審査を受ける前から、すでにカードローン審査に通るか不安を感じている方のために、カードローン審査に不安を感じないための心構えを説明しました。

カードローン審査は確かに有利な人、不利な人がいますが、心構え一つ、行動一つで、カードローン審査に通りやすい、通りにくいが変わってきます。