職業で審査に落ちてしまうことはありえるの?

公開日: 最終更新日:

「私、アルバイトで、しかもフルタイムじゃないけどキャッシングの審査に通れるの?」

こんな悩みを抱えている方はいませんか?

先に結論から言ってしまうと、主婦や学生、パートやアルバイトの方もプロミスの審査に通ることはできます。

そこで今回は、職業が審査にどのような影響を及ぼすのかを解説していきます。

プロミス公式サイトでも「パート・アルバイトOK!」

プロミス公式サイト内にある「よくあるご質問・お問い合わせ」でも、下記のような回答が出ています。

質問アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

回答アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

ご覧の通り、プロミスでは会社員以外の勤務をされている方も歓迎しています。「サラリーマン金融」から「消費者金融」へと名称が変わって、幅広い層が利用できるようになりました。

現在は、下記のような申込条件となっています。

まずはプロミスの申込条件を満たすこと

プロミスのフリーキャッシングを利用するための条件は以下の2つだけです。

  1. 満20歳~69歳の方
  2. 安定した収入がある方

プロミスの「よくある質問」とあわせて、下記で細かな疑問点にお応えします。

20歳未満(未成年)だけどお金を借りられるの?

法律で決まっているため、未成年への融資はできません。

仮に会社に勤めていて一定の収入がある方でも、本人のみでお金を借りることはできません。未成年の方のキャッシングは親権者の同意が必要になります。

「安定した収入」とは?

安定した収入とは、「毎月一定の継続した収入」のことです。金額についての条件ではないため、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの職業は関係ありません。

安定した収入があるというのは、言い換えれば「返済能力がある」ということです。

本当に主婦や学生も利用できるの?

給料を毎月もらっているのであれば、主婦や学生の方もキャッシングを利用することができます。パートやアルバイトをフルタイムで入っている必要はありません。

ただし、返済能力に応じた限度額が審査で決められるため、借りられるのは一定の金額までとなります。

専業主婦や無職は利用できるの?

一方で、専業主婦(夫)や年金受給者・無職の方は、安定した収入があるわけではないため、貸金業者からお金を借りるのは現実的に厳しいです。

ただ専業主婦(夫)に限っては、配偶者に安定した収入がある場合のみ「銀行カードローン」でキャッシングを利用することができます。

詳しくはこちらのページをご参照ください。(→夫に内緒で!専業主婦も借りれるカードローンTOP4

審査で重要なのは「勤続年数」

キャッシングを利用するためには審査に通る必要があるわけですが、安定した収入の有無を判断する上で重要な判断基準となるのは、勤続年数です。

なぜなら、勤続年数が長ければ長いほど安定した収入を得ている可能性が高いと見られやすいからです。

逆に、現在の職業に勤務し始めたばかりでは審査にも悪影響を及ぼします。ただし「公務員」や「大手社員」は安定した収入が見込めるため、勤続年数が短くても影響は少ないです。

しかし一方で、派遣やアルバイトは働き始めで借り入れをするのは難しいです

いずれにせよ最低でも3か月以上、できれば6か月以上の勤務実績がある状態でキャッシングの審査へ申し込みたいですね。

職業や勤務形態が及ぼす審査の影響とは?

職業によって審査に落ちてしまうということはありませんが、安定した収入を比べる「ものさし」として勤務形態は影響する場合があります。

わかりやすく表すと具体的には以下のイメージです。左から右にいくほど審査では不利になりやすいです。

公務員>大手社員>中小社員>契約・派遣社員>パート・アルバイト>無職

表の通り、「公務員」の方が「大手企業の社員」よりも審査では有利に働く傾向にあります。

これらの基準となっているのは、下記の保険の種別が大きく影響しています。

審査に影響する社会保険の種別

筆者の経験上、多くのキャッシングの審査申し込みで「保険証の種別」を記入する項目が設けられています。

なぜなら、以下の表の通り、加入している社会保険によって申込者の勤務先の業種がある程度判別できるからです。

種別 該当する職業
共済保険 公務員やその家族
健康保険 一定規模以上の会社の従業員
全国健康保険 中小企業の会社員
国民健康保険 自営業やパートアルバイト

そのため、会社員にも関わらず国民健康保険に加入したままの方は、審査で少なからず不利に働く可能性があります。

保険の種別による審査への影響をわかりやすく表すと、以下のイメージの通りです

共済保険>健康保険>全国健康保険>国民健康保険

万全の状態で申し込みたいのであれば、今一度自身の保険が職業と一致しているかどうかを確認しましょう。

審査に有利な職業と不利な職業がある

消費者金融や銀行はキャッシング前の審査でその人の情報を集めます。どこでどんな働き方をしており、どれくらいの収入をもらっているのか。そして最後の在籍確認で本当にその会社で働いているのか。その確認の電話をかけます。

審査に有利な職業とは、収入が途切れない安定した雇用で働く、できるだけ設立から時間が経っている正社員です。詳しい仕事内容までは審査で重要視されません。正社員として働いており、なおかつ収入が途切れがちではないことが審査で有利な条件です。

つまり、もっとも審査に強いのは働き方の安定感が一番強い公務員です。アルバイト・パートは収入が少ないこととすぐに辞めてしまうリスクを孕んでいるので、その条件で審査に不利となります。

同じく不利な職業の代表が、働き方と収入が不安定な水商売です。

職業意外の条件で審査をカバー

職業だけで審査の是非が決まるわけではありません。職業が不利なものだったとしてもその他の条件が優れていれば、問題なく審査に通ります。多少不安定な職業でも長い勤続年数や長いクレジットカードヒストリーなど、信用情報がより優れていれば審査に通るはず。

とはいえ審査基準がそもそも厳しく設定されている銀行なんかだと、審査を無事クリアすることは難しいかもしれません。

自分は審査に関してどこが強いのか。反対にどこが審査に弱いのかを把握しておいて、自分にあった業者への申し込みを行ってください。自分の属性や信用情報でも審査に通るのはどこか。大手消費者金融の審査には落ちても中小消費者金融の審査なら通ることも珍しくありません。

収入をたくさんもらっているのに審査に落ちることも

自分は年収が1,000万円を超えているのに、消費者金融の審査に落ちてしまった。なんてことも珍しくありません。これほどの高収入なのにどうして審査に落ちてしまうのか。そんなことを思ってしまう人もいるでしょう。理由は簡単です。収入がいつ途切れるかわからない仕事をしているから。

もちろん収入の金額は審査においてとても重要な審査基準です。中には年収の金額が審査基準として設定されている銀行カードローンがあるくらいです。しかし例えば水商売は明日にも辞職する危険がある。そしてその会社は合法的なものかわからない。

こういった場合は審査が進んでも在籍確認で審査に落とされてしまうことだって珍しくないのです。

まとめ

職業が直接審査に影響することはありませんが、安定した収入をもらっているのか。その審査基準として職業を審査されることも多いです。

水商売など、すぐにも仕事から離れてしまう危険性がある仕事に就いている人は、仕事が続かないイコール収入が途切れてしまうリスクがあるという理由で審査に不利な職業となってしまいます。

公務員、大企業の社員など、どうしても職業の情報が審査結果に影響を及ぼしてしまいます。しかし基本的には、職業や収入より安定した収入やそれなりの長さになっている勤続年数が審査に影響します。

職業の不利を補うための情報は、長いクレジットカードヒストリーやその仕事に長く就いているという勤続年数。何より過去のキャッシングで問題を残していないことが重要です。