即日借り入れが本当にできる?プロミスと7つのキャッシングまとめ

公開日: 最終更新日:

プロミスで即日借り入れ
CMや街中の広告で頻繁に見かける大手消費者金融、プロミス。

大手なので安心感もありながら、融資までのスピードは他の消費者金融に劣りません。しかし、一番気になるのはやはり審査だと思います。

今回は即日融資可能なプロミスの審査についてご紹介します。

プロミスで借り入れを行うメリット

まずはプロミスで借り入れを行うとどのようなメリットがあるのかについてご説明します。

最短即日審査、即日融資可能

プロミスの最大の強みは最短即日融資可能である点です。

それだけでなく、即日融資までの審査にもいくつかメリットがあるのです。一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

Web上で審査が完結する

プロミスの審査はWeb上で審査から融資まで完結します。

全てWeb上で完結し、契約書類などは後日郵便で送られてくるため来店の必要がありません。借り入れも振り込みで行われます。

場所を問わずに利用できる便利なカードです(※対象金融機関は200行以上あります)。

最短30分で審査が完了する

審査の申し込みから回答まで最短30分で完了します。

平日14時までに審査完了し契約まで進めば、最短1時間後には融資可能。

どうしても今日中にお金が必要という場合はプロミスを利用すれば、申し込みにかかる時間も手間も省けそうですね。

営業時間外でも借り入れ可能

ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座をお持ちの方なら、24時間営業時間外も借り入れ可能です。

しかし口座の登録は22時までの制限があるため気を付けましょう。

プロミスで借り入れを行うデメリット

メリットだけでなくデメリットも知っておくことで、プロミスが本当に自分に向いているのかを確認しましょう。

あくまで消費者金融

プロミスは即日融資を受けられる消費者金融の中でも優れていると思いますが、あくまで消費者金融であるということを忘れてはいけません。

キャッシング全体で見ると、やはりいくつかのデメリットも目につきます。

金利が高い

プロミスの金利は「年4.5~17.8%」となっていて消費者金融の中では上限金利が一番低いわけですが、他の消費者金融の上限金利は「年18.0%」なのでほぼ変わりません。

一方で銀行カードローンと比較すると、上限金利が「年14.0%」程度に収まっていて結局のところ金利が高いことに変わりはないというわけです。

ちなみになぜ上限金利で比較をするのかと言うと、借入限度額が100万円未満のときは借り入れのほとんどに上限金利が適用されるようになっているからです。

提携ATM手数料がかかってしまう

カードローンのメリットの1つに「提携ATMでいつでも借り入れや返済ができる」という点がありますが、プロミスを含め消費者金融は提携ATM手数料がかかるというデメリットがあります。

  • 借り入れや返済をする金額が1万円未満:108円
  • 借り入れや返済をする金額が1万円以上:216円

銀行カードローンであれば、ATM手数料を銀行側が負担してくれるので金額に関係なく手数料無料です。

プロミスの場合、グループ元の三井住友銀行ATMと自社ATMのみ手数料無料で利用することができます。

総量規制の対象

ご存知ではない方のためにご説明をすると、総量規制というのは「利用者に自身の年収の3分の1をこえて借り入れをさせてはならない」という改正貸金業法で導入された法律の1つです。

プロミスを含め消費者金融には貸金業法が適用されるので、すべて総量規制が適用されます。

ちなみにこの総量規制、消費者金融1社からの借り入れだけでなく、消費者金融すべての借り入れが「3分の1まで」となる点に注意してください。

プロミスの審査から借り入れまでの流れ

続いて、プロミスの審査の流れをご紹介します。

最短30分という驚異の早さを誇るプロミス。その内容はどのようになっているのでしょうか?

申し込み方法を選択する

カンタン入力かフル入力を選択し必要事項を記入します。

カンタン入力はフル入力に比べて記入する項目が少ないものの、後ほど電話にてオペレーターから質問の連絡があります。

電話で連絡がくるため、記入するのがまどろっこしいと感じる方におすすめの申し込み方法です。

フル入力はオペレーターからの電話は来ませんが、記入する項目が多いため時間もかかります。

その後、メールにて本人確認書類を送り、申し込み完了です。

避けては通れない在籍確認

審査に通る上で避けては通れないのが在籍確認です。

簡単に言うと、オペレーターが申込者の記入した勤務先へ電話をして本当にその会社に在籍しているのかを確認します。

「え?連絡されたらキャッシングを利用することがバレてしまうじゃないか!」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。

オペレーターは必ず個人名で応対するので、プロミスやキャッシングのことを話したりはしません。

在籍確認は本人が出ないと審査に悪影響があるのか

結論から言うと、本人が出なくても審査には影響しません。

電話に誰も出ないと在籍確認が終わらないので審査に通ることはできませんが、会社の誰かが応対してくれれば問題ありません。

その際に申込者本人が休みだったり席を外していても、「〇〇(申込者の名前)は本日不在です」等の返答で在籍していることが確認できれば完了するからです。

申し込み完了後の流れ

審査の回答

申し込み完了後、最短30分で審査の回答が伝えられます。

この回答はメールか電話のいずれかを選ぶことができます。

返済方法の選択

返済方法が以下のいずれかからお選びいただけます。

  • ATMによる返済
  • 口座振替による返済
契約手続きとカード受け取り方法の選択

カードは郵送か来店で受け取ることができます。

返済方法とカードの受け取り方によって契約手続きが異なるためご注意ください。

★Web上で手続きを完結させる場合

  • 返済方法…ATMか口座振り込み
  • カード受け取り…郵送か来店

返済方法にATMを選択した場合、カードは郵送で届きます。

口座振り込みを選択した場合、カードの受け取りを郵送か来店のいずれかで選択できます。選択後、契約手続きは完了です。

★来店して手続きを行う場合
必要書類を持参し、自動契約機か店頭窓口に来店します。

契約書類を作成しカード受け取り後、すぐに借り入れが可能です。

審査の方法から借り入れ・返済方法まで選択可能

プロミスは審査の方法を選択できる上に即日融資可能な便利な消費者金融です。

また、借り入れ方法や返済まで選べるので、会社を途中で抜ける、あるいは早めに退勤するなど、ご自身の生活に支障をきたすことはありません。

土日に申し込み・即日借り入れ可能!

平日だけでなく土日祝日も即日で借り入れ可能なのが、プロミスの良いところです。

Web申し込みは基本的に土日祝日も24時間受付ですが、審査対応時間はおおよそ21時までとなっているので回答は翌日9時以降になる場合がある点に要注意です。

一方で自動契約機の場合、9時~22時(※一部店舗は21時まで)の営業時間内であればいつでも申込からカード発行までの手続きを行うことができます。

初めてのキャッシングで即日融資を受けたい場合は、21時までに申し込みを始めるようにしましょう。

ちなみに一番早い即日融資の方法は、「Web審査申し込みをして審査完了後に、自動契約機でカード発行をして併設されたATMでキャッシング」をするのが一番早いです。

24時間いつでも振込可能な「瞬フリ」

審査通過後に利用できる会員サービス「瞬フリ」なら、24時間365日いつでも申込から10秒程度で振込キャッシングが可能です。

振込先の口座を「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」に指定することで利用できるサービスです。

三井住友銀行がメインバンクの方や、投資やFXでジャパンネット銀行にたまたま口座を持っているという方には千載一遇のチャンスです。

ちなみにそれ以外の口座だと、当日の9時~14時50分の振込キャッシングが即日融資になりますが、それ以降は翌営業日9時以降の振込となってしまいます。

借り入れが即日融資に対応しているキャッシングと比較

プロミス以外にも即日の借り入れに対応しているキャッシングは多数あります。

今回は消費者金融と銀行から、それぞれ金利と借入限度額、審査スピード、一番のメリットをご紹介していきます。

また、各社ごとに来店不要で即日借り入れが可能な方法も記載しておきます。

消費者金融系キャッシング

まずはプロミスと同じ「消費者金融」のキャッシングからご紹介していきます。

消費者金融はどこも審査スピードが早く、即日の借り入れがしやすいという特徴があります。

アイフル
  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:申し込み後に電話をすれば優先審査OK!

現在、バナナマンの設楽さんと日村さんが出演されているCMで記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。

大手消費者金融の1つであるアイフルでも即日融資を受けることができます。

メリットは、急いでいる場合は申し込み後に専用のフリーダイヤル(0120-337-137)へ連絡をすれば、他の申し込みより優先して審査を始められることです。

キャッシングは申し込んだらあとは待つことが多いので、ある程度融通が利きますね。

★アイフルで来店不要の借り入れをするには

  1. パソコン・スマートフォン・ケータイでインターネットから申し込み
  2. 審査通過後、インターネットの会員サービスから24時間振込の予約が可能
  3. 指定の銀行口座へ振込(振込名は「アイフル社名」または「個人名」を選ぶことができる)
アコム
  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:キャッシング業界No.1の審査通過率

「はじめてのアコム」というスローガンでお馴染みのアコムです。

自動契約機「むじんくん」が昔からあることもあり、知名度は大手消費者金融の中でもダントツです。

そんなアコムのメリットは、審査通過率(=新規貸付率)が「48.5%(2016年12月)」もあることです。

時点で高いのはアイフルの「46.4%」で、他社よりも審査が甘い傾向であることがわかります。

通りやすいとわかると申し込んでみたくなりますよね?

★アコムで来店不要の借り入れをするには

  1. パソコン・スマートフォン・ケータイでインターネットから申し込み
  2. 「会員メニュー」で、インターネットまたは電話で振込キャッシングが可能(楽天銀行の口座があれば24時間対応可能)
ノーローン
  • 金利:年4.9~18.0%
  • 借入限度額:1万~300万円
  • 審査スピード:最短20分
  • メリット:何度でも1週間無利息サービス

新生銀行グループの消費者金融であるノーローンはCMが流れないので、ここでご紹介している他社と比べると知名度は低いです。

ですが、キャッシング業界では審査スピードが早いコトや独特なサービスを持っていることで有名です。

一番のメリットは、無利息サービスをなんどでも利用することができることです。

基本的に初めての利用者が最初の30日しか利用できない無利息サービスを、ノーローンなら毎月なんどでも利用することができるので、毎月の利息の負担を減らすことができます。

★ノーローンで来店不要の借り入れをするには

  1. インターネットから申し込み(最短20分で審査結果がわかります)
  2. 本契約をするには契約書を郵送で送ってもらう必要があり、即日の借り入れが難しい(または自動契約機へ行く)
  3. 会員サービスの「リアルタイム融資」を利用すれば、24時間取引が可能です(楽天銀行口座が必要)
モビット
  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:電話なしの在籍確認「Web完結申込」

三井住友銀行グループのモビットはここ数年で急成長しているキャッシングで、2016年はオリコン顧客満足度ランキング第1位の実績もあります。

申し込み、審査、借り入れ、返済、すべてにおいて高水準なキャッシングです。

そのメリットは、在籍確認を電話なしで行うことができる「Web完結申込」です。

勤務先へ電話されるのは嫌でも、在籍確認は審査上避けては通れぬ道です。

申し込みに必要なものが少しあるので、その点は確認しておきましょう。

★モビットで来店不要の借り入れをするには

  1. ネットから「Web完結申込」を選択(申し込みには「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座」や「保険証」が必要です)
  2. 審査通過後、電話あるいは会員専用サービス「Myモビ」からパソコン・ケータイ・スマートフォンで振込の手続き

銀行系キャッシング

今となってはキャッシングを行っているのは消費者金融だけでなく、銀行も個人向け融資としてキャッシングを行っています。

銀行のキャッシングは消費者金融と比べて金利が安いものが多く、借入限度額も高額なのでまとまったお金の借り入れができるというメリットがあります。

また、提携ATM手数料や銀行振込手数料も負担してくれるので無料で利用できるという点も、気兼ねなく利用することが出来て良い点です。

新生銀行カードローン レイク
  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:2種類の無利息サービス

以前はレイクも消費者金融のうちの1社でしたが、現在は新生銀行のカードローン部門としてキャッシングを行っています。

レイクのシステムをそのまま引き継いだため、銀行カードローンの中では1,2を争う審査スピードが早さです。

そんなレイクのメリットは、無利息サービスが2種類あるところです。

通常の30日無利息にくわえて、180日無利息を選べるようになっています。

キャッシングの返済期間にあわせて使い分けることができます。

★レイクで来店不要の借り入れをするには

  1. インターネットからパソコン・スマートフォン・アプリで申し込み
  2. 14時までに申し込みと必要書類の確認が完了していれば、指定した振込先へ即日融資を受けることができる
三井住友銀行カードローン
  • 金利:年4.0~14.5%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:低金利・高限度額

メガバンクの1つであり、メインバンクにされてる方も多い三井住友銀行もカードローンを取り扱っています。

口座を持っていなくても最短30分で申し込みが可能なので、お急ぎの方も頼りにできます。

メリットは、銀行カードローンらしい低金利と高限度額です。

消費者金融と比較すると上限金利は3.5%程度、借入限度額は300万円程度の差があります。

★三井住友銀行カードローンで来店不要の借り入れをするには

  1. パソコン・スマートフォンでインターネットまたはSMBCダイレクトから申し込み
  2. SMBCダイレクトを利用して契約したカードローン口座(CL)へ振込が可能
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分
  • メリット:テレビ窓口なら最短40分でカード発行

こちらもメガバンクの1つ、三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」です。

銀行カードローンにしては特徴が多くあり、「審査スピードが早い」、「金利が安い」、「毎月の返済額が安い」など多くのメリットがあります。

その中でも良いのは、テレビ窓口を利用すれば最短40分でカードを発行して借り入れが可能なことです。

三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに設置されているので来店する必要はありますが、急ぎで銀行カードローンを利用したいときに便利です。

★三菱東京UFJ銀行カードローンで来店不要の借り入れをするには

  1. パソコン・スマートフォン・モバイルからインターネットで申し込みをする
  2. 「利用申込書」と「本人確認書類」を郵送またはFAXで送る(借入額によっては収入証明書類も必要)
  3. カードローンが郵送で送られた後はATMで自由に借入と返済が行えます。

「○○でも借り入れできますか?」にお答えします

キャッシングを利用したいとはいえ、審査に通らなければ借り入れをすることはできません。

ですからキャッシングのQ&Aでは、「私、○○(職業)なんですけど借りれますか…?」というような質問が多いです。

そこで今回は、「主婦」、「学生」、「無職」の3パターン別に即日の借り入れができるかどうかを見ていきたいと思います。

①主婦・専業主婦

主婦の方は、パートアルバイト等で「ご自身に安定した収入があるかどうか」がポイントになります。

仮にフルタイムで勤務されていない場合でも、毎月一定の収入があれば借り入れをすることは可能だからです。

そのため、勤務されている主婦の方は消費者金融・銀行ともに申し込みが可能です。

専業主婦は銀行のキャッシングのみ借り入れ可能

一方で専業主婦の場合は、消費者金融から融資を受けることができません。

消費者金融では、申込者本人に安定した収入がなければ審査に通ることができないからです。

ただ銀行カードローンの場合は、専業主婦も利用可能なパターンが多いです。

借入限度額は最大でも50万円程度に制限されてしまいますが、配偶者の方に内緒で借り入れが可能です。

内緒で借りるのは後のトラブルに繫がるのであまりおすすめしたくはありませんが、よろしければ検討してみてください。

②学生

学生でもキャッシングを利用することはできます。

ただしどのキャッシングも申込条件に「満20歳以上~○○歳以下」とあるので、成人していなければ借り入れはできません。

大学の近くには「学生ローン」というような貸金業者があることが多いですが、借り入れや返済の利便性やサービス面を見れば大手消費者金融や銀行の方が信用できることは明らかです。

キャッシングには「安定した収入」が必要なので、申し込む時点で毎月一定のアルバイト収入があると審査に通りやすくなります。

可能であれば6か月以上の勤務を目安にして申し込んでみましょう。

③無職

結論から言うと、無職の方がキャッシングを利用するのはほぼ無理です。

何度も言いますが「安定した収入」がなければ借り入れができないので、毎月一定の収入がある職に就いている必要があります。

仮に貯金があったとしても、消費者金融や銀行から見れば安定した収入の方が重要です。

無職のままでは審査に申し込んでも落ちることは避けられないので、まずは派遣会社等に登録をして勤務実績をつくるところから始めなければいけません。

働き始めであっても、借入限度額を低めに設定して申し込めば審査に通ることは難しくありません。

まずは職に就いて一定の収入を得てから借り入れを検討しなければいけません。

ブラックでも借り入れできる貸金業者はあるの?

ブラックというのは信用情報に悪い情報が記録されている状態のことを言いますが、これも結論から言うと借り入れは困難です。

なぜなら、個人と金融機関の間のやり取りはほぼすべて個人信用情報機関に記録されており、ここに保管されている情報はあらゆる金融機関が確認しているからです。

ですから借り入れの審査のたびに必ず確認されます。

現在は主にスコアリング審査なので、ブラックの事故情報は大きなマイナスです。

信用情報は個人でも確認することができるので、思い当たる節があれば機関に問い合わせをすることも検討しましょう。

まとめ

即日融資の借り入れができるキャッシングについてまとめると以下の通りです。

  • キャッシングの中でもプロミスは審査スピードが早く、申し込み方法のパターンが多いため優秀
  • 主婦や学生でも借り入れは可能だが、無職の方の利用は困難
  • 信用情報にブラックリスト化した記録が残っていると審査に通るのは難しい

いかがでしたでしょうか。今回はプロミスを含め全部で8社を比較しましたが、どのキャッシングも審査スピードが早く借り入れしやすいものです。

ただ金利や借入限度額の面、サービスの面で見比べると、それぞれの利用者が目的に応じてキャッシング先を選ぶ必要があります。

今は主婦や学生でも即日で借り入れすることができるほど手続きがスムーズなので、検討するのであればまずはお近くのキャッシングから調べてみましょう。