おすすめの借り入れ先は?借り入れ審査の基準とは?

公開日: 最終更新日:

スーツの男性
「借入先」を考えた時、頭にはたくさんの候補が浮かびます。

消費者金融のカードローン、銀行カードローン…。それぞれの借り入れ先で、異なるメリットがあるのです。

今回は特に「即日借り入れるのにぴったりのカードローン」と「審査の甘いカードローン」を紹介します。

「お金を借り入れたい」と思ったその願いは、きちんと「借り入れ先」を選んで、適切な行動を起こした上で借り入れるのが大切です。

そもそも借り入れの意味とは

そもそも、ネット上などでナチュラルに出てくる「借り入れ」という言葉。

その意味はきちんと理解していますか?

借り入れとは、金銭や品物を借りること自体を指します。逆に誰かに金銭を貸すことは、貸し出しといいます。

社会的には「ローン」「借金」を指す

社会的には、借り入れというと、「ローン」を利用して「借金する」ことを意味します。

その人の信用度に基いて、金融機関が貸し出すお金を決めます。

即日借り入れにぴったりのおすすめカードローンTOP5

借り入れにほとんど時間がかからないカードローンも多いです。

即日借り入れることができれば、あらゆる支払いに対応できるほか、お金が必要になったタイミングでお金を調達することができるのです。

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分

大手消費者金融「プロミス」のカードローンは、即日借り入れやすい優秀な消費者金融です。

WEB、電話、無人契約機からなど、あらゆる方法で申し込めば、最短30分で審査結果が届きます。

後は、その後カード発行かWEBで振込融資を受けるだけで、即日借り入れは完了です。

2位 アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分

アコムも即日借り入れに最適なカードローンを展開中です。

アコムと言えば元祖無人契約機「むじんくん」を使った即日カード発行に対応。また、楽天銀行口座を持っていれば、24時間いつでも振込融資を受けることができます。

テレビCMでも有名なアコムは、三菱UFJ銀行グループなので、借り入れに安心感もあります。

3位 アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分

大手消費者金融アイフルも、他大手消費者金融と同じく即日借り入れに適しています。

アイフル独自の契約機「てまいらず」ならば、コールセンターとの電話だけで、簡単にカード発行が可能。

また、アイフルは優秀なレディースローンも展開しているため、女性の借り入れにも最適な消費者金融です。

4位 SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分

SMBCモビットの「WEB完結申し込み」を利用すれば、WEB上の手続きのみで即日借り入れが完結します。

実際にカード発行を行う手間も、カード到着を待つ必要もないため、即日借り入れにぴったりの消費者金融だと言えるでしょう。

5位 Jスコア

Jスコア

金利 0.9~12.0%
限度額 1000万円
審査 最短30分

次世代のキャッシング「Jスコア」も、即日借り入れに最適です。

「AIスコアレンディング」という独自のシステムで、利用者のデータをAIがスコアに換算します。

スコアが「600以上」担った場合のみ、Jスコアで即日借り入れ可能です。

審査の甘い借り入れ先カードローンTOP3

ここからは、審査の甘い借り入れ先を紹介したいと思います。

消費者金融や銀行から、お金を借り入れたいと思っている人の中には、「審査に通るか不安」なんて思っている方も多いはずです。

そんな方も、これから紹介するカードローンで借り入れれば大丈夫です!

1位 楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 最短30分

かの大手IT企業楽天の運営する「楽天銀行」のカードローンが「楽天銀行スーパーローン」です。

楽天銀行スーパーローンの審査が甘いと言われる所以はいろいろありますが、面白いのが、「楽天会員ランクに応じて審査が優遇される」というもの。

楽天会員ランクが高ければ高いほど、審査に通りやすくなるのです。

他にも、楽天が楽天銀行スーパーローン経営に本腰を入れる必要がないなど、要因は様々思いつきます。

2位 セントラル

セントラル

金利 4.8~18.0%
限度額 300万円
審査 最短30分

セントラルは、愛知県松山市に本社を構える中小消費者金融ですが、無人契約機を設置しているなど、スペックは大手消費者金融並です。

借りやすい設定に加え、債務整理記録があっても審査に通った実績があるなど、審査を気にする方におすすめの消費者金融です。

3位 アロー

アロー

金利 0.9~12.0%
限度額 1000万円
審査 最短30分

中小消費者金融の「アロー」も、審査が甘いとして有名です。

その審査基準は、ブラックでも審査に通ると言われているほど。過去に債務整理を行った記録があっても、アローは親身に対応してくれます。

全国どの地域の借り入れにも対応しているので、全国の「審査が心配だけど借り入れたい」みなさんの強い味方です。

審査なしの借り入れはヤミ金しかありえない

借り入れ前の審査を気にしている方の中には、「審査なし」でお金を借りたいと思っている方も多いはず。

しかし、世の中そんなに甘い話はありません。審査なしで借入可能な消費者金融があれば、それは間違いなくヤミ金です。

「審査なし」や「ブラックOK」など、甘い言葉ばかり並んでいる金融業者には注意しておきましょう。

借り入れの審査基準は?どうして審査に落ちてしまうのか

他社借り入れが多いと審査に落ちやすくなる

他者借り入れがあると審査に不利となります。

ちなみに、キャッシング申し込みの際「現在の借入状況」を入力することになります。しかし、その入力項目に嘘をついて過少申告しても、信用情報をみれば一発で他者借り入れ状況がバレてしまいます。

ではなぜ入力させるのかというと、「どれだけ現在の借入状況に自覚的か」を審査するためです。

他社借り入れが多いと「返済能力が下がるから」

どうして他社借り入れが多いと審査に落ちやすくなってしまうのか?

それは、他社借り入れが多いと、その分他社返済に追われてしまって、返済能力が乏しくなってしまうからです。いくら高い年収だったとしても、他社借り入れの返済に追われているならば、自由に使えるお金が減ってしまいますよね。

他社借り入れがあった時点で審査に落ちてしまうのか?

とはいえ、他社借り入れがある人は、その借り入れの返済が完済するまで審査に通らないのか?というと、そういうわけでもありません。

他社借り入れがある状態でも、他の情報で返済能力をアピールできれば、借り入れ審査で認めさせることも可能です。

審査に影響する「他社借り入れ」とは

具体的にどんな記録が、借り入れ審査に影響する「他社借り入れ」記録なのでしょうか。

他社借り入れとして信用情報に記録される情報の種類を一つずつみていきましょう。

他社キャッシング申し込み記録

他社のキャッシング利用状況だけでなく、他社のキャッシングに申し込んだ記録も信用情報にしっかりと記録されます。

申込件数が多ければ多いほど、「お金に困っている」と判断されるので審査に落ちやすくなってしまいます。申し込みは厳選した一社か二社にしておきましょう。

他社借り入れ件数

現在何件のカードローンを利用しているのか、他社借入件数は重要です。

他社借入件数が多いということは、一見のキャッシングを限度額いっぱいまで借りており、また別のキャッシングを利用しているということ。それだけお金に困っていると見られて、その記録は借り入れ審査で不利な情報となって残ります。

他社借り入れが多い人は「おまとめローン」がおすすめ

他社借入件数が多い、具体的に言うと「他社借入件数5件以上」などの方には、「おまとめローン」での一本化をおすすめします。

おまとめローンを使えば借入件数を一件にすることができ、それにより借入額合計が増えるので、適用金利が下がります。

おまとめローンで返済額が下がるわけではありませんが、返済の負担は下がり、次回受けるキャッシング審査に通りやすい状態を作り出すことができるのです。

他社借り入れ金額

他社借入件数と同じく、他社借り入れ金額も重要です。

年収の割に他社借り入れ金額が多すぎると、当然返済能力に見合っていない借入状況だとして、借り入れ審査で大きなマイナスとなります。

しかし、他社借入件数と同じく、「住宅ローン」よりも自由度の高いキャッシング(カードローンやクレジットカードのキャッシング)の方が審査で比重が重いです。

「お試し審査」によると多少の借入件数は多めに見られる

消費者金融や銀行によっては、公式サイト上に仮審査結果を教えてくれる「お試し審査」のサービスを展開しているところがあります。
三菱東京UFJ銀行お借入診断
お試し審査を利用してみるとわかりますが、どの消費者金融や銀行も「他社借入件数」を入力する項目があります。これをみると、どれだけキャッシング審査において他社借入状況が重要視されているかわかりますよね。

そしてどのおためし審査でも同じ条件ですが、多少(2,3件程度)の他社借入件数があったとしても、借入可能となることがあります。

ですがこれはあくまで、過去のキャッシングでトラブルを起こしていない場合に限られます。キャッシング審査では、現在の状況よりも、過去の記録のほうが比重が重くなるのです。

返済履歴

現在どれだけお金を借りているかも重要ですが、「過去24ヶ月の返済が円滑に行われたか」も審査されます。

返済が数日遅れた程度なら良いですが、長期的な返済遅れが繰り返し起こっていた場合などは、信用情報に大きなマイナス要因として記録されます。

割賦販売記録

あまりカードローン審査には大きく影響はありませんが、割賦販売で商品を購入した記録も信用情報に残ってしまい、その記録も審査で見られてしまうことになります。

当然割賦販売で商品を購入すると、その分割支払いを行うと返済能力が下がります。そのため、割賦販売記録がキャッシング審査に悪影響を与えるうことも十分考えられるのです。

金融事故記録

借り入れ審査におけるもっとも重要なポイントはここです。過去キャッシングを利用した経験があり、その借り入れの中で金融事故を起こした記録がないか。もし金融トラブルがあったなら、どんなトラブルだったのか。それを審査されます。

長期間の返済遅延が合った場合残る「返済遅延記録」なのか、返済額を減らすために行った「債務整理記録」か、記録された金融事故の種類でも審査結果が変わります。

返済遅延程度ならまだしも、債務整理記録が信用情報に残っていると、借り入れ審査に通るのはかなり難しくなるでしょう。

CRINで信用情報は共有される

信用情報を記録する信用情報機関は3つあります。

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

それぞれ、「消費者金融」「クレジットカード」「銀行キャッシング」に関わる信用情報を取り扱っています。…という説明を聞くと、それぞれで起こした金融事故は、他ジャンルの信用情報審査で見られないのでは?と思ってしまいます。

しかし実際には、それぞれの信用情報機関で「CRIN」というシステムを使って、信用情報はそれぞれ共有されています。あんまり派手な金融事故は、他ジャンルキャッシング審査でも影響が出るということですよね。

他社借り入れがあるだけでカードローン審査に落ちてしまうのか?電話で聞いてみた

皆等しく疑問に思っているであろう、「他社借り入れがあると審査に落ちるのか」。

実際にその疑問に答えてもらうために、とあう銀行カードローンのコールセンターに電話してみました。今回電話したのは、皆一度は目にしたことがあるであろう、有名銀行です。

銀行カードローンの審査ならば、他社借り入れがある状態でも審査に通るはずなのですが…?

実際の電話内容

実際に電話した内容は、

私「銀行カードローンって、総量規制とかかからないから、他社借り入れがあっても審査に通るって聞いたんですけど」

コールセンター「はい」

私「今現在、私結構他社借り入れがあって…○○銀行カードローンの審査に通りますかね?」

コ「今の段階では、お客様の情報がわかりかねるのでお答えしかねます

私「はい」

コ「あくまで審査は、総合的に行われますので、他社借り入れがあるというだけではハッキリと審査に通るかどうかわからないんです」

私「じゃあ、他社借り入れがあっても審査に通るってことですね?」

「私からはなんとも…」

という感じでした。

コールセンターのお姉さんは、実際の審査担当者ではないので、そりゃわからないはずですよね。

しかし、電話で聞いた感じでは、「他社借り入れがあっても、その他情報が強ければ審査に通る」と私は受け取りました。はっきりと言質を取ることはできませんでしたが、他社借り入れ以外の情報に自信がある方は、強気に申し込んでみましょう。

借り入れ審査通過率を上げる裏技

借り入れ審査は、システマティックに行われる分野が多いので、情に訴えて審査基準を緩めてもらうことはできません。

しかし、少し工夫することで、借り入れ審査に落ちにくくする事が可能です。

「そんなうまい話が…?」

なんて疑いの目を向けているあなたのために、裏技を伝授します。

正確な情報で申し込む

基本のキホンですが、提出書類通りの、正確な情報で申し込みましょう。

明らかに間違った情報は、電話確認で訂正を求められますが、問題は申込時についた「嘘」です。

うそをがバレると当然審査に落ちます。そして審査に落ちた情報は信用情報に残り他キャッシングの審査で不利です。

今後のことも考えて、正確で正直な申込みを行ってください。

他社キャッシングと同時に申し込まない 他社キャッシング同時申込み、短期間の複数キャッシング申込みは、借り入れ審査通過率を下げます。

なぜなら、審査する金融会社は、複数キャッシング同時申し込みを行う人を「お金に個余っており返済能力が低い」と判断するからです。

借入目的でかっこつける

借り入れ審査でかっこつける武士

キャッシング申込時には、「借入目的」を聞かれます。

この時の返答も、多少借り入れ審査結果に影響します。「生活費」など、いかにもお金に困っているものではなく、「投資」など、余裕を持った借入目的を選びましょう。

要するに、借入目的で「かっこつける」というわけです。

「武士も食わねど高楊枝」というやつですね…。

借り入れ前に事前審査を受けておく

大手消費者金融や銀行カードローンの公式サイトには、少ない入力項目で借入可能か大まかな審査結果を知ることができる「お試し審査」というコンテンツがあります。

このお試し審査は、本審査の結果と変わることはありますが、このお試し審査で落ちてしまっては借り入れ審査の本審査で通ることはありません。

利用するキャッシングの目星がついた段階で、お試し審査を受けておくことをおすすめします。
アコム「3秒診断」

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「即日借り入れにおすすめのカードローン」「審査の甘いおすすめの借り入れ先」を紹介しました。そしてその後、「借り入れの審査基準」も合わせて説明しました。

今回の説明で、借り入れに関する情報はすべてお伝えしたと思います。

どこから、どのようにお金を借り入れるか、もう考えはまとまりましたか?