借り入れの審査基準とは?どんな人が借り入れ審査に通過するのか?

公開日: 最終更新日:

スーツの男性
キャッシングを利用した借り入れ。

その借り入れを行う際、気になるのが「借り入れ審査基準」です。

借り入れ審査基準をクリアしないと、せっかく目星をつけたキャッシングを利用した借り入れを行うことができないのです。

無事目星をつけたキャッシングを利用した借り入れを行うためにも、基本的な借り入れ審査についてしっかり学んでおきましょう。

目次

そもそも借り入れの意味とは

そもそも、ネット上などでナチュラルに出てくる「借り入れ」という言葉。

その意味はきちんと理解していますか?

借り入れとは、金銭や品物を借りること自体を指します。逆に誰かに金銭を貸すことは、貸し出しといいます。

社会的には「ローン」「借金」を指す

社会的には、借り入れというと、「ローン」を利用して「借金する」ことを意味します。

その人の信用度に基いて、金融機関が貸し出すお金を決めます。

クレジットカード利用も借り入れ?

クレジットカードが利用の定義にもよりますが、クレジットカードを使って買い物を行ったとしても、それは借り入れにあたりません。

クレジットカードのショッピングはあくまで「ショッピング」です。クレジットカードのキャッシング機能を利用して現金を借り入れた時、それは「借り入れ」となります。

借り入れの審査基準は?

消費者金融の審査基準について調べてみましょう。

属性

まず消費者金融の借り入れ審査で見られるのが「属性」です。

属性の審査で調べられるのは、申し込んだ人の「年齢」にはじまり、「年収」「勤務先」「勤続年数」「居住地」「居住年数」など、生活にまつわる部分です。

属性はそれぞれの情報がスコアに直されて、そのスコアの合計値が審査されます。スコアの合計値が審査基準を満たした時、審査通過となります。

属性のスコアが低いと審査に落ちる

スコアが審査基準を満たさないと、消費者金融の借り入れ審査に落ちてしまいます。

しかしこの「属性」の審査は、この後の信用情報の審査と比べると比重が軽いです。よほど年収が低いなどで無い限り、属性の審査で消費者金融の審査落ち…ということは無いのではないでしょうか。

年収はどれくらい審査に関係あるのか

「キャッシング審査」の結果を左右するのは年収である…なんて思い込みに支配されている人がいます。

もちろん年収も重要な審査基準なのは間違いないですが、あくまで年収もひとつの審査基準でしかありません。

年収は高ければ高いほど審査に有利ですが、年収が高いことより、収入が毎月安定していることのほうが、キャッシングの審査では重要視されます。

収入が不安定では、キャッシングを利用しても毎月の返済に対応することができませんよね。収入が少ない

信用情報

信用情報の審査はかなり重要です。

信用情報とは、信用情報機関という専門機関に記録される、個人が金融と関わった記録。この記録には、現在どのキャッシング、クレジットカードを利用しているか、過去どのキャッシングを利用していたかなど、詳しい記録が残っています。

この記録を審査することで、消費者金融は「返済実績」を調べて、個人の返済能力を調べるのです。

信用情報に悪い記録があると審査に不利

信用情報に「返済遅延」や「債務整理記録」が合った時点で、どれほど属性のスコアが高スコアだったとしても、審査に落ちやすくなってしまいます。

信用情報に残った記録は、長いと10年残ってしまうため、信用情報の取扱は慎重にならねばならいのです。

在籍確認が取れなくても審査に落ちる

在籍確認
在籍確認が取れないと、その時点で審査に落ちます。

在籍確認とは、借り入れ審査の最後にある「職場への確認電話」です。確認電話が取れないということは、「収入源が確認できない」ということですから、消費者金融からお金を借りることはできません。

しかし「職場への電話は嫌だ」と思う方が大いはず。

それならば、在籍確認の電話確認なしのサラ金へ申し込んでください。→在籍確認なし!電話連絡なし!誰にもバレずに借入可能なカードローン

どうして借り入れ審査に落ちてしまうのか?

今回の記事は、主に「一度借り入れ審査に落ちてしまっている人」向けに作っています。

当たり前のことですが、カードローン審査に落ちてしまっているとしたら、その審査落ちには確固たる理由があります。

その理由に対して正しいアプローチができないと、あなたが今後もカードローン審査をクリアすることはありません。

あなたは辛いかもしれませんが、「自分がカードローン審査に落ちた理由」について深く考える必要があるのです。

具体的に、カードローン審査に落ちたその理由を一つひとつ具体的に考えていきましょう。

収入に問題があって審査に落ちる

やはり借り入れ審査で最初に見られるのが、「属性」です。

属性のなかでもやはり大きな割合を占めるのが「収入」です。

収入が不安定では、消費者金融や銀行は「返済能力が不安定」つまり返済能力が低いと判断します。

収入が不安定だと、借り入れ審査に落ちる大きな要因であることを、前もって知っておいてください。

収入が不安定な職業は借り入れ審査に落ちやすくなる

収入が「出来高」の職業は、借り入れ審査に落ちやすくなります。

例えば、主に女性が多く働く「水商売」は、指名数などで月の収入が大きく変動します。

対して、毎月安定した収入が入り、リストラという概念から無縁の「公務員」が、もっとも借り入れ審査に有利な職種です。

借り入れ審査に申し込んだ人の勤務先企業の規模、職業の収入形態によって、借り入れ審査結果は大きく左右します。

信用情報ブラックだと借り入れ審査に落ちる

信用情報に残っている記録で、多く人が借り入れ審査に落ちてしまいます。

信用情報に返済遅延など、過去のキャッシング利用で起こしたトラブルが残っていると、信用情報ブラックとして扱われて借り入れ審査に落ちます。

多少の返済遅延などでは、借入審査に影響が出るほど信用情報がブラックになりませんが、度重なる返済遅延、債務整理の記録などで、信用情報がブラック扱いを受けます。

他社借り入れがあった時点で審査に落ちてしまうのか?

とはいえ、他社借り入れがある人は、その借り入れの返済が完済するまで審査に通らないのか?というと、そういうわけでもありません。

他社借り入れがある状態でも、他の情報で返済能力をアピールできれば、借り入れ審査で認めさせることも可能です。

審査に影響する「他社借り入れ」とは

具体的にどんな記録が、借り入れ審査に影響する「他社借り入れ」記録なのでしょうか。

他社借り入れとして信用情報に記録される情報の種類を一つずつみていきましょう。

他社キャッシング申し込み記録

他社のキャッシング利用状況だけでなく、他社のキャッシングに申し込んだ記録も信用情報にしっかりと記録されます。

申込件数が多ければ多いほど、「お金に困っている」と判断されるので審査に落ちやすくなってしまいます。申し込みは厳選した一社か二社にしておきましょう。

他社借り入れ件数

現在何件のカードローンを利用しているのか、他社借入件数は重要です。

他社借入件数が多いということは、一見のキャッシングを限度額いっぱいまで借りており、また別のキャッシングを利用しているということ。それだけお金に困っていると見られて、その記録は借り入れ審査で不利な情報となって残ります。

他社借り入れが多い人は「おまとめローン」がおすすめ

他社借入件数が多い、具体的に言うと「他社借入件数5件以上」などの方には、「おまとめローン」での一本化をおすすめします。

おまとめローンを使えば借入件数を一件にすることができ、それにより借入額合計が増えるので、適用金利が下がります。

おまとめローンで返済額が下がるわけではありませんが、返済の負担は下がり、次回受けるキャッシング審査に通りやすい状態を作り出すことができるのです。

他社借り入れ金額

他社借入件数と同じく、他社借り入れ金額も重要です。

年収の割に他社借り入れ金額が多すぎると、当然返済能力に見合っていない借入状況だとして、借り入れ審査で大きなマイナスとなります。

しかし、他社借入件数と同じく、「住宅ローン」よりも自由度の高いキャッシング(カードローンやクレジットカードのキャッシング)の方が審査で比重が重いです。

他社借入金額が年収の3分の1で審査落ち!「総量規制」とは

総量規制とは、貸金業法内で決められた規定です。総量規制では、「年収の3分の1以上の借り入れができない」ことになっています。

つまり、貸金業法の制限を受ける消費者金融などからの借り入れは「年収の3分の1まで」となるのです。年収の3分の1までお金を借りている時点で、審査に落ちてしまうということです。

年収の3分の1すでにお金を借りている方は、総量規制対象外の銀行カードローンなどを使うなど、対策が必要となるのです。→「総量規制対象外のキャッシングで審査が甘いのはどこ?

「お試し審査」によると多少の借入件数は許してもらえる

消費者金融や銀行によっては、公式サイト上に仮審査結果を教えてくれる「お試し審査」のサービスを展開しているところがあります。
三菱東京UFJ銀行お借入診断
お試し審査を利用してみるとわかりますが、どの消費者金融や銀行も「他社借入件数」を入力する項目があります。これをみると、どれだけキャッシング審査において他社借入状況が重要視されているかわかりますよね。

そしてどのおためし審査でも同じ条件ですが、多少(2,3件程度)の他社借入件数があったとしても、借入可能となることがあります。

ですがこれはあくまで、過去のキャッシングでトラブルを起こしていない場合に限られます。キャッシング審査では、現在の状況よりも、過去の記録のほうが比重が重くなるのです。

返済履歴

現在どれだけお金を借りているかも重要ですが、「過去24ヶ月の返済が円滑に行われたか」も審査されます。

返済が数日遅れた程度なら良いですが、長期的な返済遅れが繰り返し起こっていた場合などは、信用情報に大きなマイナス要因として記録されます。

割賦販売記録

あまりカードローン審査には大きく影響はありませんが、割賦販売で商品を購入した記録も信用情報に残ってしまい、その記録も審査で見られてしまうことになります。

当然割賦販売で商品を購入すると、その分割支払いを行うと返済能力が下がります。そのため、割賦販売記録がキャッシング審査に悪影響を与えるうことも十分考えられるのです。

金融事故記録

借り入れ審査におけるもっとも重要なポイントはここです。過去キャッシングを利用した経験があり、その借り入れの中で金融事故を起こした記録がないか。もし金融トラブルがあったなら、どんなトラブルだったのか。それを審査されます。

長期間の返済遅延が合った場合残る「返済遅延記録」なのか、返済額を減らすために行った「債務整理記録」か、記録された金融事故の種類でも審査結果が変わります。

返済遅延程度ならまだしも、債務整理記録が信用情報に残っていると、借り入れ審査に通るのはかなり難しくなるでしょう。

CRINで信用情報は共有される

信用情報を記録する信用情報機関は3つあります。

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

それぞれ、「消費者金融」「クレジットカード」「銀行キャッシング」に関わる信用情報を取り扱っています。…という説明を聞くと、それぞれで起こした金融事故は、他ジャンルの信用情報審査で見られないのでは?と思ってしまいます。

しかし実際には、それぞれの信用情報機関で「CRIN」というシステムを使って、信用情報はそれぞれ共有されています。あんまり派手な金融事故は、他ジャンルキャッシング審査でも影響が出るということですよね。

他社借り入れがあるだけでカードローン審査に落ちてしまうのか?電話で聞いてみた

皆等しく疑問に思っているであろう、「他社借り入れがあると審査に落ちるのか」。

実際にその疑問に答えてもらうために、とあう銀行カードローンのコールセンターに電話してみました。今回電話したのは、皆一度は目にしたことがあるであろう、有名銀行です。

銀行カードローンの審査ならば、他社借り入れがある状態でも審査に通るはずなのですが…?

実際の電話内容

実際に電話した内容は、

私「銀行カードローンって、総量規制とかかからないから、他社借り入れがあっても審査に通るって聞いたんですけど」

コールセンター「はい」

私「今現在、私結構他社借り入れがあって…○○銀行カードローンの審査に通りますかね?」

コ「今の段階では、お客様の情報がわかりかねるのでお答えしかねます

私「はい」

コ「あくまで審査は、総合的に行われますので、他社借り入れがあるというだけではハッキリと審査に通るかどうかわからないんです」

私「じゃあ、他社借り入れがあっても審査に通るってことですね?」

「私からはなんとも…」

という感じでした。

コールセンターのお姉さんは、実際の審査担当者ではないので、そりゃわからないはずですよね。

しかし、電話で聞いた感じでは、「他社借り入れがあっても、その他情報が強ければ審査に通る」と私は受け取りました。はっきりと言質を取ることはできませんでしたが、他社借り入れ以外の情報に自信がある方は、強気に申し込んでみましょう。

借り入れ審査に通りやすくなるポイント

借り入れ審査が落ちやすくなる大きな要因は「他社借り入れ」であることはお伝えしました。

それでは逆に、どんな要因が借り入れ審査を有利にするのか。

借り入れ審査が通りやすくなるポイントの観点から、審査基準を調べていきましょう。

年齢が「25~54歳」

年齢は、実は重要な審査基準です。

借り入れ審査に通りやすいのは、過去のデータで「年収が高い」年代です。そして同時に、ある程度若くて活動できる年代である必要があります。

そのため、日本の平均年収分布から考えて、借り入れ審査に有利なのは「25~54歳」であると思われます。

これより若かったり、逆に歳をとっていると、借り入れ審査でマイナスだと思って良いでしょう。

できれば年収が高く安定した収入

年収が高いほうが、借り入れ審査には有利です。

そして同時に、毎月の収入ペース、収入額が一定であるとなお良いです。

「収入が安定」していると、毎月の返済にも対応できるということですからね。

一つの家に長く住んでいる

居住地、居住年数も審査基準です。

一つの家に長く住んでいると、生活の安定性が高いとして審査に有利です。

住んでいる家が賃貸ではなく、持ち家ならなお審査に有利です。

親と同居

同居人がいるのは、借り入れ審査において有利なポイントとなります。

親と実家で同居しているなんて条件にもなると、審査においてこれ以上のプラスはありません。

「返済能力が上がるとみられるか?」という観点から考えると、借り入れ審査に有利になるかわかってくるのではないでしょうか。

結婚している

結婚していることも、審査に有利に働くポイントです。

しかしこのポイントが効力を発揮するのは、ある程度の年齢になった人のみです。若くして結婚している人は、おそらく過去のデータから「返済能力が低い」と判断されます。

固定電話を引いている

固定電話を引いているのも、審査において加点ポイントです。

携帯電話はやめて固定電話をひきましょうとは言えませんが、固定電話が加点要素であることを頭の片隅に置いておいてください。

過去カードローンを利用しており、期日内に返済している

過去カードローンを利用しているのは、実は審査を有利に運ぶポイントとなります。

しかし利用しているだけでなく、きちんと期日内に返済していること、これが大切です。

クレジットカードヒストリーが強い

キャッシングだけでなく、クレジットカードを使っていた記録も、借り入れの審査基準に大きく影響を及ぼします。

俗に言う「クレジットカードヒストリー」と呼ばれる、どのクレジットカードを使っていたかという記録。このクレジットカードヒストリーが優秀なものだったなら、審査に通りやすくなるはずです。

住宅ローンと借り入れ審査の関係

住宅ローンも、主に銀行から借り入れるローンの一種です。

しかし住宅ローンは、カードローンとは違い借り入れるお金が大きく、審査基準が少し厳しいです。

住宅ローンで見られるのは主に、「現在の年齢」や「借り入れ状況」など、返済能力に関わる部分です。

長く返済してもらうための「健康状態」も審査されるのが、住宅ローン審査ならではですよね。

住宅ローンとカードローン借り入れ審査との関係を知りたい方はこちら→消費者金融を利用すると住宅ローンは通らない?影響や審査方法を解説

借り入れ審査に落ちるケースと借り入れ審査に通るケース

具体的に、どんな人が借り入れ審査に通るのか。

逆にどんな人が落ちるのか、それぞれのパターンの違いをしっかり把握しておきましょう。

ちなみに今回は、「大手消費者金融の借り入れ審査基準」で考えます。

実際に借り入れ審査を受けた人の情報を元にしているため、かなり真に迫った情報のはずです。

落ちるケース:他社借入3件、年収310万円、クレジットカード支払い遅れあり、キャッシング返済遅れなし

まず借り入れ審査に落ちるケースから。

  • 他社借入3件
  • 年収310万円
  • クレジットカード支払い遅れあり
  • キャッシング返済遅れなし

他社借入3件ある時点で、かなり借り入れ審査に不利です。

そして年収310万円ということは、借入可能なのは総量規制によって「103万円」までになります。

これもかなり厳しい。

そしてキャッシング返済の遅れはないけど、クレジットカードの支払い遅れがあるという変な記録も、借り入れ審査においてかなり不利です。

信用情報機関はそれぞれの情報を「CRIN」というシステムで共有しているので、不利な情報はキャッシング審査、クレジットカード審査でも見られてしまいます。

今回は、年収、他社借入状況、過去のクレジットカード記録など、多角的に借り入れ審査に不利な情報があった形です。

通るケース:他社カードローン契約3件借り入れなし、返済遅れなし、年収300万、10年前に自己破産

対して借り入れ審査に通るケース。

  • 他社カードローン契約3件
  • 返済遅れなし
  • 年収300万
  • 10年前に自己破産

この人も他社カードローン契約があるものの、実際の借り入れ自体は行ってないということで、借り入れ審査に不利にはなってないようです。

そして返済遅れもなし。

年収300万ということですが、年収の金額自体は審査結果に影響はありません。

そして一番大きな要素「10年前に自己破産」ということですが、10年も経つと自己破産記録は信用情報から消えます。

あらたに借り入れ審査を受けたとしても、昔の自己破産記録が影響することはないようです。

借り入れ審査通過率を上げる裏技

借り入れ審査は、システマティックに行われる分野が多いので、情に訴えて審査基準を緩めてもらうことはできません。

しかし、少し工夫することで、借り入れ審査に落ちにくくする事が可能です。

「そんなうまい話が…?」

なんて疑いの目を向けているあなたのために、裏技を伝授します。

正確な情報で申し込む

基本のキホンですが、提出書類通りの、正確な情報で申し込みましょう。

明らかに間違った情報は、電話確認で訂正を求められますが、問題は申込時についた「嘘」です。

うそをがバレると当然審査に落ちます。そして審査に落ちた情報は信用情報に残り他キャッシングの審査で不利です。

今後のことも考えて、正確で正直な申込みを行ってください。

他社キャッシングと同時に申し込まない

他社キャッシング同時申込み、短期間の複数キャッシング申込みは、借り入れ審査通過率を下げます。

なぜなら、審査する金融会社は、複数キャッシング同時申し込みを行う人を「お金に個余っており返済能力が低い」と判断するからです。

借入目的でかっこつける

借り入れ審査でかっこつける武士

キャッシング申込時には、「借入目的」を聞かれます。

この時の返答も、多少借り入れ審査結果に影響します。「生活費」など、いかにもお金に困っているものではなく、「投資」など、余裕を持った借入目的を選びましょう。

要するに、借入目的で「かっこつける」というわけです。

「武士も食わねど高楊枝」というやつですね…。

借り入れ前に事前審査を受けておく

大手消費者金融や銀行カードローンの公式サイトには、少ない入力項目で借入可能か大まかな審査結果を知ることができる「お試し審査」というコンテンツがあります。

このお試し審査は、本審査の結果と変わることはありますが、このお試し審査で落ちてしまっては借り入れ審査の本審査で通ることはありません。

利用するキャッシングの目星がついた段階で、お試し審査を受けておくことをおすすめします。
アコム「3秒診断」

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「即日借り入れにおすすめのカードローン」「審査の甘いおすすめの借り入れ先」を紹介しました。そしてその後、「借り入れの審査基準」も合わせて説明しました。

今回の説明で、借り入れに関する情報はすべてお伝えしたと思います。

どこから、どのようにお金を借り入れるか、もう考えはまとまりましたか?