借り入れの審査基準とは?他社借り入れが審査にどれくらい影響するのか

公開日: 最終更新日:

つらいビジネスマンカードローン審査に落ちてしまう人の多くが、「他社借り入れ状況が多すぎること」に起因します。

審査に落ちても、なぜ審査に落ちてしまったのか、消費者金融や銀行からその原因は告げられません。しかし、「もしかしたら、私の他社借り入れが多すぎるのでは…」という自覚があるということは、あなたの審査落ちの原因は、「他社借り入れ」が関係している可能性が高いです。

今回は、キャッシングの審査基準、そして他社借り入れがどれくらい審査結果に影響するのかについて調べてみたいと思います。

今回説明した以外のキャッシング審査にまつわる情報は、「あなたがキャッシング審査に通らない5つの理由とこれからの対策」の中で詳しく説明しています。合わせてご覧ください。

他社借り入れが多いと審査に落ちやすくなる

他者借り入れがあると審査に不利となります。

ちなみに、キャッシング申し込みの際「現在の借入状況」を入力することになります。しかし、その入力項目に嘘をついて過少申告しても、信用情報をみれば一発で他者借り入れ状況がバレてしまいます。

ではなぜ入力させるのかというと、「どれだけ現在の借入状況に自覚的か」を審査するためです。

他社借り入れが多いと「返済能力が下がるから」

どうして他社借り入れが多いと審査に落ちやすくなってしまうのか?

それは、他社借り入れが多いと、その分他社返済に追われてしまって、返済能力が乏しくなってしまうからです。いくら高い年収だったとしても、他社借り入れの返済に追われているならば、自由に使えるお金が減ってしまいますよね。

他社借り入れがあった時点で審査に落ちてしまうのか?

とはいえ、他社借り入れがある人は、その借り入れの返済が完済するまで審査に通らないのか?というと、そういうわけでもありません。

他社借り入れがある状態でも、他の情報で返済能力をアピールできれば、借り入れ審査で認めさせることも可能です。

審査に影響する「他社借り入れ」とは

具体的にどんな記録が、借り入れ審査に影響する「他社借り入れ」記録なのでしょうか。

他社借り入れとして信用情報に記録される情報の種類を一つずつみていきましょう。

他社キャッシング申し込み記録

他社のキャッシング利用状況だけでなく、他社のキャッシングに申し込んだ記録も信用情報にしっかりと記録されます。

申込件数が多ければ多いほど、「お金に困っている」と判断されるので審査に落ちやすくなってしまいます。申し込みは厳選した一社か二社にしておきましょう。

他社借り入れ件数

現在何件のカードローンを利用しているのか、他社借入件数は重要です。

他社借入件数が多いということは、一見のキャッシングを限度額いっぱいまで借りており、また別のキャッシングを利用しているということ。それだけお金に困っていると見られて、その記録は借り入れ審査で不利な情報となって残ります。

他社借り入れが多い人は「おまとめローン」がおすすめ

他社借入件数が多い、具体的に言うと「他社借入件数5件以上」などの方には、「おまとめローン」での一本化をおすすめします。

おまとめローンを使えば借入件数を一件にすることができ、それにより借入額合計が増えるので、適用金利が下がります。

おまとめローンで返済額が下がるわけではありませんが、返済の負担は下がり、次回受けるキャッシング審査に通りやすい状態を作り出すことができるのです。

他社借り入れ金額

他社借入件数と同じく、他社借り入れ金額も重要です。

年収の割に他社借り入れ金額が多すぎると、当然返済能力に見合っていない借入状況だとして、借り入れ審査で大きなマイナスとなります。

しかし、他社借入件数と同じく、「住宅ローン」よりも自由度の高いキャッシング(カードローンやクレジットカードのキャッシング)の方が審査で比重が重いです。

「お試し審査」によると多少の借入件数は多めに見られる

消費者金融や銀行によっては、公式サイト上に仮審査結果を教えてくれる「お試し審査」のサービスを展開しているところがあります。
三菱東京UFJ銀行お借入診断
お試し審査を利用してみるとわかりますが、どの消費者金融や銀行も「他社借入件数」を入力する項目があります。これをみると、どれだけキャッシング審査において他社借入状況が重要視されているかわかりますよね。

そしてどのおためし審査でも同じ条件ですが、多少(2,3件程度)の他社借入件数があったとしても、借入可能となることがあります。

ですがこれはあくまで、過去のキャッシングでトラブルを起こしていない場合に限られます。キャッシング審査では、現在の状況よりも、過去の記録のほうが比重が重くなるのです。

返済履歴

現在どれだけお金を借りているかも重要ですが、「過去24ヶ月の返済が円滑に行われたか」も審査されます。

返済が数日遅れた程度なら良いですが、長期的な返済遅れが繰り返し起こっていた場合などは、信用情報に大きなマイナス要因として記録されます。

割賦販売記録

あまりカードローン審査には大きく影響はありませんが、割賦販売で商品を購入した記録も信用情報に残ってしまい、その記録も審査で見られてしまうことになります。

当然割賦販売で商品を購入すると、その分割支払いを行うと返済能力が下がります。そのため、割賦販売記録がキャッシング審査に悪影響を与えるうことも十分考えられるのです。

金融事故記録

借り入れ審査におけるもっとも重要なポイントはここです。過去キャッシングを利用した経験があり、その借り入れの中で金融事故を起こした記録がないか。もし金融トラブルがあったなら、どんなトラブルだったのか。それを審査されます。

長期間の返済遅延が合った場合残る「返済遅延記録」なのか、返済額を減らすために行った「債務整理記録」か、記録された金融事故の種類でも審査結果が変わります。

返済遅延程度ならまだしも、債務整理記録が信用情報に残っていると、借り入れ審査に通るのはかなり難しくなるでしょう。

CRINで信用情報は共有される

信用情報を記録する信用情報機関は3つあります。

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

それぞれ、「消費者金融」「クレジットカード」「銀行キャッシング」に関わる信用情報を取り扱っています。…という説明を聞くと、それぞれで起こした金融事故は、他ジャンルの信用情報審査で見られないのでは?と思ってしまいます。

しかし実際には、それぞれの信用情報機関で「CRIN」というシステムを使って、信用情報はそれぞれ共有されています。あんまり派手な金融事故は、他ジャンルキャッシング審査でも影響が出るということですよね。

他社借り入れがあるだけでカードローン審査に落ちてしまうのか?電話で聞いてみた

皆等しく疑問に思っているであろう、「他社借り入れがあると審査に落ちるのか」。

実際にその疑問に答えてもらうために、とあう銀行カードローンのコールセンターに電話してみました。今回電話したのは、皆一度は目にしたことがあるであろう、有名銀行です。

銀行カードローンの審査ならば、他社借り入れがある状態でも審査に通るはずなのですが…?

実際の電話内容

実際に電話した内容は、

私「銀行カードローンって、総量規制とかかからないから、他社借り入れがあっても審査に通るって聞いたんですけど」

コールセンター「はい」

私「今現在、私結構他社借り入れがあって…○○銀行カードローンの審査に通りますかね?」

コ「今の段階では、お客様の情報がわかりかねるのでお答えしかねます

私「はい」

コ「あくまで審査は、総合的に行われますので、他社借り入れがあるというだけではハッキリと審査に通るかどうかわからないんです」

私「じゃあ、他社借り入れがあっても審査に通るってことですね?」

「私からはなんとも…」

という感じでした。

コールセンターのお姉さんは、実際の審査担当者ではないので、そりゃわからないはずですよね。

しかし、電話で聞いた感じでは、「他社借り入れがあっても、その他情報が強ければ審査に通る」と私は受け取りました。はっきりと言質を取ることはできませんでしたが、他社借り入れ以外の情報に自信がある方は、強気に申し込んでみましょう。

まとめ

今回は、キャッシングに申し込んだ後受ける初期の借り入れ審査、その審査基準について調べてみました。

審査基準の中でも「他社借り入れ」がどれくらい審査結果に影響するのか。他社借り入れがあると、どうして借り入れ審査に不利となるのかに焦点を当てました。

今後受ける借り入れ審査対策の役に立つ情報も書いておきました。そして、今回最後に私が説明した、「借り入れ審査に落ちた人に向ける最後の手段」も合わせて、役立ててください。