借入額に年収は関係する?限度額の目安や増額方法は?

公開日:

急な出費があるけれどもお金が足りない、といった時にカードローンなどで借り入れをおこなおうという人も多いでしょう。

審査に通れば簡単にお金を借りることができるカードローンですが、カードローンで借り入れすることができる額はどのように決まっているのか知っていますか。

実は、借入額の決定には年収が大きく関わっているのです。

今回は、借入額と年収の関係性、借入限度額の増額する方法などについて詳しく解説していきます。

他社借り入れはどれくらい審査結果に影響するのか?審査の甘い借り入れ先はあるのか?

借入の目安は年収の3分の1って本当?

借入額に上限はあるのか

カードローンなどを利用したことがないと、どのぐらい借り入れすることができるのか、自分が必要な額だけ貸してくれるのかわからない、という人も多いでしょう。

それぞれの会社によって融資上限額は設定されていますが、全員がその上限額まで借り入れられるわけではありません。

人それぞれ、借り入れできる目安は違ってきます。

総量規制

借り入れする際には総量規制という規制が関係してきます。

この総量規制とは、年収の三分の一を超える額の貸し付けはできない、というルールです。

そのため、年収が300万円という場合には、最高でも100万円までの借り入れしかできないと定められているのです。

総量規制の対象となる業者から借りる場合には、必ずこの総量規制をパスする必要がありますから自分の年収をしっかりと把握しましょう。

専業主婦の限度額はいくら?

専業主婦でも借入可能?

専業主婦でも、借り入れすることができるカードローンは存在しています。

パートなどをしているわけではなく、収入がない専用主婦の場合の限度額はどのように決められるのでしょうか。

配偶者の収入や借入れ状況による

専業主婦の場合は収入がありませんから、配偶者の収入や借入れ状況をもとに審査することになります。

自分自身に収入がなかったとしても、配偶者に安定した継続収入があれば借り入れすることが可能です。

ただし、専業主婦への貸し付けはしていないというところもありますから、専業主婦OKなのかどうか、貸し付け条件などをきちんと調べてみてください。

専業主婦の限度額は?

専業主婦でカードローンを契約する場合には、一般的に30万~50万円程度が限度額になるでしょう。

専業主婦でも借り入れOKというようなところは、専業主婦の限度額を設定していることが多い為、配偶者の年収が多かったとしても30万~50万円ぐらいが限度になります。

学生の場合はいくらまで借入できる?

学生でも借り入れできる?

カードローンの利用条件としては、ほとんどの会社で20歳以上で安定した継続収入がある方、となっています。

そのため、20歳を超えているのなら学生でも借り入れすることは可能ですが、アルバイトなどで継続的な安定収入がなければそもそも借りることはできないのです。

単発や短期のアルバイトでは、継続的な収入とは言えませんからカードローンを利用することはできないと思っていいでしょう。

借り入れできても少額

アルバイトなどで収入がある、学生でも起業などをして収入を得ている、ということなら借り入れすることは可能です。

しかし、学生の場合にはクレジットヒストリーがないため、初回の融資可能額は10万円以下ということがほとんどでしょう。

これは、年収が高額であっても同じです。

融資可能額は、年収だけでなく信頼性やクレジットヒストリーなどが関係してくるので、これまでクレジットカードやカードローンなどの実績がない学生では、初回融資可能額は少額になります。

総量規制には対象外もある

そもそも総量規制とは

総量規制とは年収の三分の一までしか貸し付けできない規制だと先述しましたが、これは借り過ぎによる生活破綻を防ぐために、2006年に公布され2010年に完全施行されました。

総量規制は貸金業法になりますので、この総量規制の対象になるのは消費者金融や信販会社といった貸金業者です。

銀行カードローンは対象外

総量規制は貸金業法ですから、対象は貸金業者になります。

銀行でもカードローンや住宅ローンなどお金を貸し付ける業務をおこなっていますが、銀行法が適用されていますしそもそも銀行は貸金業者ではありませんから、総量規制の対象になることはありません。

そのため、銀行カードローンなら年収の三分の一という規制がないのです。

利用者の年収や信頼性にもよりますが、年収の三分の一よりも多くの金額を融資してもらうことも可能ですので、大口の融資をお願いしたい場合には銀行カードローンを利用するといいでしょう。

総量規制の例外となるケース

消費者金融などで借り入れする場合でも総量規制の例外となるケースがあります。

それがおまとめローンや借り換えローンです。

おまとめローンや借り換えローンとはなに?

おまとめローンや借り換えローンとは、複数の消費者金融から貸し付けを受けている場合に利用することができる、または金利の低いローン会社に乗り換える時に使えるローンです。

おまとめローンは、複数ある借り入れを一社に一本化することを意味しています。

一社にまとめることで、利息が低くなったり返済がしやすくなったりするという効果があります。

借り換えローンの場合には、金利が今よりも低いところに乗り換えることになるので、総返済額は減るといったメリットがあるのです。

おまとめローンなどは例外

おまとめローンや借り換えローンは総量規制の例外とみなされるため、年収の三分の一を超えていても借り入れすることが可能です。

そもそも総量規制は、利用者に有利になるものは対象外とされています。

そのため、現在の金利よりも借り換えやおまとめ後の金利の方が低くなる、借り換えやおまとめ後の返済額が少なくなるというようなものなら、例外とみなされるのです。

誰でも審査に通るわけではない

おまとめローンなどは総量規制の例外ではあるのですが、審査は厳しくなっています。

おまとめローンなどを利用する人は既に他社から借り入れをしていて、なおかつ支払いに困っているという人が多いため、貸し付けする側としても厳しく審査することになるため、通りにくいというデメリットがあるのです。

おまとめローンや借り換えローンの注意点

金利が低くなったり支払いが楽になったりするおまとめローンや借り換えローンですが注意するべき点もあります。

おまとめローンや借り換えローンでは、銀行カードローンを含めることはできません。

なぜなら、総量規制の例外として認められるのは利用者が有利になるケースのみだからです。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べて低金利です。

そのため、おまとめローンなどで一本化してしまうと金利が高くなってしまいます。

金利が高くなるということは利用者には不利になることですから、そのようなおまとめは出来ないことになっているのです。

おまとめローンの場合は基本的に、金利が高くなるような契約はできませんから、金利がどのぐらいなのかしっかりと把握しましょう。

他社借入がある場合の審査や増額への影響は?

他社からも借り入れしていると影響がある

既に他社から借り入れをしているけれども足りない、新たにカードローンを契約したいと思っている人もいるでしょう。

他社からもお金を借りているということだと、ある程度審査に影響を与えるのですが、どのような影響があるのか見ていきましょう。

他社借入はすぐにわかる

カードローンの申請をすると審査が行われますが、この場合には年収や信用情報をもとにして審査されることが一般的です。

信用情報とは、信用情報機関に蓄積している情報で、クレジットカードの利用状況や他社借入の状況、返済状況などの情報になります。

信用情報は審査には必ず使われると言っても過言ではない情報ですから、申し込みをすれば他社借入状況などもすぐに発覚しますので隠すことはできないと覚えておきましょう。

総量規制の対象なら借入額は合算される

総量規制の対象である貸金業者のカードローンを利用する場合には、他社借入の額も含めて計算されます。

たとえば、年収300万円で他社からすでに80万円借りているという場合には、新たなローン会社からは20万円しか借りられないということです。

それぞれの業者で年収の三分の一まで借りることができるということではなく、すべての業者からの借入額を足して年収の三分の一ということになっていますから気を付けてください。

借入額を増額してもらうには?

増額するには審査に通る必要がある

借入上限額まで借り入れしているけれども、もっと借り入れしたいという場合もあるでしょう。

そのような時には、増額という方法もあります。

増額をしてもらうためには、審査を通る必要があります。

審査を有利に通るためには、実績が必要になりますのでどのようなことに気を付けて利用すればいいか解説します。

延滞せずに利用を続ける

返済の延滞をしないということは絶対条件です。

延滞をするということは支払いが厳しいということですから、借入額を増額したとしてもまた延滞する可能性が高いと見なされます。

また、延滞をしていると信用情報にも記録されますから、さまざまな面で不利になるのです。

きちんと返済をしているという信頼性を積み重ねることが重要ですから、延滞などをしないように注意しながら返済していきましょう。

定期的に借り入れを利用

定期的に借り入れをしているということも重要なポイントです。

増額するには、最低でも半年程度の利用実績が必要になります。

それだけではなく、定期的に借り入れをしてくれているということになれば信頼性もアップしますから、増額には有利に働くのです。

増額の案内を待つ

増額をする場合には自分で申請する方法のほかに、業者からの増額案内というものもあります。

利用者の借り入れ状況などをスコアリングして、増額候補者に案内を送るといった形になっています。

この増額案内が来た場合には、審査に落ちるということはほとんどありませんので、確実に増額したと思っている場合には、定期的に利用しながら増額案内を待つというのもひとつの方法でしょう。

増額が難しい場合は他社借入の検討も

現在借りている業者での増額が難しいということであれば、他社から新たに借り入れをするということを検討してみるといいでしょう。

増額申請に落ちた場合でも信用情報に記録されますから、むやみに増額申請をするよりも新たな業者に申し込んでみたほうがいい場合もあります。

限度額を増やしたい場合に気をつけるべきことは?

融資の限度額を増やしたいという人も多いでしょう。

融資限度額を増やしたいと思った時に、気を付けておくべきポイントがあります。

まずは、虚偽の申告をしないということです。

これは当たり前のことなのですが、増額したいばかりに年収などについて虚偽の申告をするという人も中にはいます。

しかし、このような虚偽の申告はすぐにばれてしまいますから絶対にやめてください。

虚偽の情報は信用情報を汚す

虚偽の申告がばれれば、信用性が損なわれてしまいます。

そうなると、増額してもらえるどころか審査に落ちてしまうという可能性もありますから、正直で正確な申告をするように心がけてください。

また、大幅に増額してもらいたいということから、申込直前に何らかの方法で収入を増やして申し込みをするという人もいますが、これはおすすめしません。

なぜなら、この方法で増額されたとしても、あとあと返済することが困難になってしまうことが多いからです。

自分の身の丈に合わないような額を借りてしまうと、返済できなくて生活が破綻してしまうということも考えられますから、一時的に収入を増やして申し込みをするというのは避けておいた方が無難です。

借入限度額が自動で変わることも

借入限度額は、増額申請や増額の案内などで変わることがほとんどなのですが、自動で変わることもあります。

借入限度額の決定権は、消費者金融や銀行といった貸している側にあります。

そのため、利用者の同意がなくても変更することは可能になっているのです。

しかし、増額などはトラブルのもとになることも多いため、原則的には利用者の同意を得てから変更するという業者が多くなっています。

やはり、業者側としても余計なトラブルは起こしたくないものですから、勝手に変更されるということはほとんどないでしょう。

けれども、同意がなくても変更することは可能となっていますので、いきなり融資限度額が変更されるといったことが起こる可能性があるのも、頭の中に入れておいてください。

増額のメリットって何?

増額は良いことなのか

増額することによって、より多くの金額を借りることができますが、他社から新たに借り入れするよりもメリットがあるのでしょうか。

増額によって得られるメリットは大きく分けて3つあります。

金利が下がる場合がある

多くのカードローン会社では、借入額によって金利が変わります。

カードローン会社の金利表記は「〇%~〇%」となっていることがほどんどでしょうが、これは借入額によって金利が変動するからなのです。

基本的に借入額が大きいほど金利は低くなる傾向にあります。

そのため、もっと借り入れをしたいということなら、一社で多くの金額を借りた方が金利的にはお得になるのです。

他社と新規契約をしなくてもいい

増額をすれば他社と新規で契約を結ぶ必要がなくなります。

多くの業者から借りてしまうと、返済日がバラバラで返済が大変ということもありますから、一か所でまとめて借りることができた方が返済なども楽でしょう。

また、先述したように借入額が大きいほど金利は低くなります。

二つの業者から50万円ずつ借りるよりも、一つの業者から100万円借りた方が金利的な負担は軽くなるのです。

増額できればすぐに借り入れ可能

増額の審査に通ればすぐに借り入れすることが可能です。

新規で契約する場合には、ローンカードが届くのを待つなどの時間が必要になるケースもあります。

そのため、すぐに借り入れをしたいという場合には、増額という方法を検討してみるといいでしょう。

増額するデメリットは?

注意する点もある

増額にはメリットも多いのですが、もちろんメリットがあればデメリットもあります。

こちらも大きく分けて3つのデメリットがありますので、見ていきましょう。

高額融資の場合は収入証明書が必要

カードローンの場合、少額の融資であれば収入証明書が必要でないケースが多いのですが、高額の融資を受ける場合には収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書とは給与支払明細書や源泉徴収票、課税証明書や所得証明書などといったものです。

それぞれの業者によって、提出する書類は違いますからなにを用意すればいいのかしっかりと把握する必要があります。

給与明細や源泉徴収票がメジャーですし、会社勤めをしているのならば給与明細は毎月もらうでしょうから手に入れやすい書類です。

しかしこれらを失くしてしまったという場合には、役所で所得証明書などを発行してもらわなければならないという手間がかかります。

減額になる場合も

増額したいと思って申し込みをしたのに、逆に減額されてしまうというケースもあります。

増額するためには審査がおこなわれるのですが、その際に返済能力が低い、返済能力がないと判断されてしまうと、今までの限度額から減額されてしまうことがあるのです。

多く借りたいと思ったのに、逆の結果になってしまう可能性もあるのはデメリットでしょう。

審査に落ちたら信用情報に記録される

カードローンの申し込みや増額の申し込みなどに落ちた場合には、信用情報に記録が残ります。

審査に落ちたというような情報があると、ほかの業者で借り入れする場合の審査にも影響を及ぼす可能性があるのです。

ですから、安易に増額申請などを何度もおこなうのはやめておいた方がいいでしょう。

限度額が多い場合の落とし穴

限度額が多くなると、その分だけ多く借り入れをすることができるようになります。

どうしても必要な金額で、きちんと返済していける金額であるのなら金利も低くなりますしいいのですが、自分の返済能力以上のお金を借りてしまうと大変なことになってしまう可能性もあるのです。

多く借り入れをするということは、その分だけ返済していくということになります。

そのようなことをしっかりと考えずに、まだ限度額まで余裕があるからと借り入れをしてしまうと、返済に追われるようになるといったこともあるでしょう。

特に、総量規制の対象である年収の三分の一以上の金額を借りており、資金繰りに困ってしまったということだと借金地獄に陥ってしまうということもあるのです。

融資限度額を多くすることで安心感があるというのもわかりますが、限度額を増やしたことで余計なお金を借りてしまうということも考えられます。

ですので、限度額を増やすことに固執するのではなく、自分が無理なく返済していける範囲で借り入れをすることが重要になるのです。

しっかりと自分の給料と返済額、利息などを計算して、計画的に借り入れしてください。

年収額に見合った借入額を考えよう!

このように、カードローンは一度契約すると気軽に借りることができますし、あとから限度額を増額することも可能になっています。

そのため、借り過ぎたり余計なお金を借りたりする人も少なくありませんが、計画性のない借り入れはやめましょう。

自分の年収に見合った金額を借りる、月収からどのぐらいを返済に充てられるのかを考えて借入額を決定するといったことが必要になります。

このようなことを疎かにしてしまうと、借り過ぎて資金繰りに困り、最終的には借金地獄に陥ってしまうなどという危険性もあるのです。


金の返済に悩んだり困ったりすることなくカードローンを利用するためには、自分の収入に見合った適切な借入額はどのぐらいなのかきちんと把握することが大切です。

カードローンで借り入れをする前に、きちんと計算して計画を立てるようにしましょう。