学生でも大丈夫!プロミスの審査に通る条件をご紹介

公開日:

学生

大学生は、勉強だけしていればいいわけではありません。旅行、サークル活動、コンパに大忙しのあなた。お金がいくらあっても足りないと思います。そんなとき、テレビCMや街頭広告をご覧になって「プロミスからお金を借りる」名案を思い付いたと思います。

プロミスは知名度も実績もある優良企業ですが、最初は誰にでも不安が付き物だと思います。「そもそも学生がプロミスの審査に通るのか」も疑問ですよね。今回は、学生でもプロミスの審査に通るのかどうかをご紹介します。


プロミスの審査は学生でも通過します

まずお伝えしたいこと、それは学生でも条件を満たしていれば審査に通過します!プロミスは公式ホームページで堂々と、「主婦や学生でもご利用いただけます」と公言しています。これで安心・・・ではありません。学生なら誰でも審査に通過するとは限らないのです。次章では学生がサラ金の審査に通過する条件をご紹介します。


学生がプロミスの審査に通過する2つの条件

学生の方がプロミスの審査に通過する条件は2つあります。この2つのいずれかにも該当しない学生の方はプロミスの審査に申し込むこともできないため注意しましょう。

① 申し込み時の年齢が20歳以上

まず、申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下であることです。つまり学生であっても、20歳以下の方は申し込みできません。プロミス以外のキャッシング、例えば銀行カードローンや学生ローンでも申し込み条件を20歳以上と定めています。20歳以下の方は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するか、未成年でも借り入れ可能な銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

② 毎月安定した収入があること

プロミスは申し込み条件に毎月安定した収入があることと定めています。審査のポイントは安定しているかどうかなので、収入の額を過度に気にすることはありません。そのため、アルバイトで月に数万円でも収入を得ていれば、審査に申し込むことができます。


学生がプロミスの審査で有利になる2つの特徴

では、上記の条件を満たしている学生の方は誰でもプロミスの審査に通過するのでしょうか?そんなことはありません。プロミスには審査に通過しやすい学生と通過しにくい学生、2パターンあるのです。

まずは、学生がプロミスの審査で有利になる2つの条件をご紹介します。

① アルバイトの勤続年数が長い

アルバイトの勤続年数が長いと審査に通過する可能性が高くなります。勤続年数の長さは社会人でも同じです。1社の勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入を得られる信頼度が高くなるなどプラス評価されます。

確かに、勤続年数が長い方はバイトリーダーなどのポジションに就き、アルバイトの中で慕われる立場であることが多いですよね。プロミスの審査でプラス評価されたいのなら、1年以上は勤続年数を積んでいることをおすすめします。

② 毎月のアルバイト収入が多い

学生の場合収入の額は重視されないことが多いですが、多いに越したことはありません。アルバイト収入が多ければ、それだけ返済能力も高くなるためです。しかし、学生は不要内で働く必要があります。年間103万円以上稼ぐと扶養家族から外れてしまい、ご両親の所得税が増加します。せっかく稼いだお金が、税金に消えてしまうなんて悲しいですよね・・・毎月の給料を計算しながら、ほどほどにシフトを入れましょう。


審査に落ちる可能性の高い学生の2つの特徴

続いては、審査に落ちる可能性の高い学生の特徴をご紹介します。

① 日雇いや派遣のアルバイトをしている

日雇いや派遣で稼いでいる方は、プロミスの審査通過率が低くなります。その理由は、先ほどもご紹介したように勤続年数が関係しています。派遣や日雇いのアルバイトは短期集中で募集しています。1日~1週間であることが多いため、勤続年数が積み重ねられないのです。

しかし、1日~1週間でも定期的に働き半年間以上続けている場合は、審査にさほど影響はしません。日雇いや派遣で働いている方は、どれくらいの頻度で、どれくらいの期間続けているかを重視しましょう。学生なら働けるときに効率よく働きたい方が多いと思います。通常のアルバイトは週〇日以上と制限を設けているところも多いことを考えると、日雇いや派遣バイトは便利ですよね。

② プロミス以外の他社からも借り入れている

学生の方なら少ないと思いますが、プロミス以外の他社から借り入れている場合、審査に通過する可能性が低くなります。1社借り入れ件数が増えるごとに審査の評価は格段に下がっていき、4社以上借り入れている場合審査に通過することはほとんどありません。ここで言う他社とは、プロミスと同業の消費者金融(アイフルやアコムなど)と銀行カードローン(三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなど)です。奨学金は保護者名義の場合は問題ありませんが、学生本人名義の場合は額によって限りなく厳しくなります。注意しましょう。


まとめ

プロミスは学生でも借り入れ可能です。しかし、アルバイトの種類、勤続年数、他社借り入れ状況によっては審査通過が厳しくなることもあります。また、審査に通過したとしても、学生という立場から利用限度額が低く設定されることをあらかじめご了承ください。

ご自身の収入から借り入れ額を事前に計算して、プロミスを計画的に利用しましょう。