サラ金の審査に通らない3つの理由と4つの審査対策

公開日: 最終更新日:

PCの前でOKサイン
サラ金で借り入れを行う際、審査時間は短ければ短いほどいいですよね。それに時間がかかる審査は、なんだか複雑で面倒くさそうなイメージなのでは…。

ただ、皆さんは最短30分で審査が完了するサラ金があるのをご存知でしょうか?

今回はサラ金の審査について徹底調査しました。

審査は何に時間をかけているのか

審査では申し込み者一人一人に合った利用限度額を定めるため、申し込み者の情報を正確に収集し判断する必要があります。

では、審査はどのような点に時間をかけているのでしょうか。審査の基準、申し込みの際のポイントをご紹介します。

年収

第一のポイントは年収です。

大手のサラ金であれば無収入の方には高確率で借り入れを行わないのと、総量規制の対象であるため借入額が年収の3分の1までと決められています。

審査の基準として200万円がボーダーラインと言われています。

しかし業者によって様々ですので、200万円以下で通る場合もあれば300万円以上で落ちる場合もあります。

他社の利用履歴

以下の条件に当てはまる方は要注意です。

  • 他社でローンを組んでいる
  • 保証会社を利用して家を借りている、携帯代を支払っている

一見カードローンとは関係なさそうに思われますが、2か月以上延滞するとカードローンの審査に傷をつけてしまうことがあるのです。

ちなみに保証会社とは、第三者が連帯保証人として契約を行うサービスのことです。

この保証会社はカードローンの審査と同じく個人信用情報機関を利用しているため、家賃や携帯料金の延滞が信用情報に傷をつけるのです。

他社の借り入れ状況

他社からの借り入れ数が多ければ多いほど、それだけ返済先が他にあるということです。

その分、返済財源が少ないと見なされるため、利用限度額も低く設定されることが多いです。

また、実際に借り入れを行っていなくても契約しているだけで同様のことが起こりますので、利用していないカードローンはただちに解約することをおすすめします。

審査時間が短いのは断然、消費者金融!

サラ金、つまり消費者金融と銀行カードローンのどちらで借り入れしようか悩んでいる方もいるかと思います。

審査時間も一つの基準として考える方も多いです。以下に、即日融資も可能な、審査時間の短い消費者金融を記載しました。

プロミス

  • 実質年率:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円

最短30分で審査が完了します。平日の14時までに審査と契約が完了していれば即日融資が可能です。

自動契約機に行けるのであれば、夜ネットで審査を完了させ、自動契約機にて即日融資が可能です。

時間帯や場所を選ばず借り入れできるのが人気の秘密です。

アイフル

  • 実質年率:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円

初めてアコムを利用される方であれば30日間の無利息サービスがついてきます。

早めに返済ができるのであれば、審査時間最短30分のアコムで借りるのがお得です。

ホームページ上の1秒診断で簡単な事前審査が受けられるので、不安な方は利用しましょう。

アコム

  • 実質年率:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円

最短1時間で借り入れまで可能です。

借入額50万円以下であれば収入証明書が不要なので、ご家族にも内緒でお金を借りることができます。

一定の収入があればパートやアルバイトで働いている方も利用できます。

モビット

  • 実質年率:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円

下限金利が3.0%と低く、限度額が最高800万円と高めに設定されていることが特徴です。

三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座を持っていればWeb上で申し込みが完結し、電話連絡や郵便物もありません。

審査が柔軟なサラ金はどこ?

一概に「審査が柔軟」とは言っても比べづらいので、ここでは各サラ金の「審査通過率」を見てみることにしましょう。

審査通過率は、言葉通り審査の通りやすさを表しています。(サラ金によって「成約率」や「新規貸付率」など呼称がいくつかあります)

第1位 アコム

  • 成約率:46.9%(2016年12月時点)
  • 新規申込件数:33,758件
  • 新規契約人数:15,846人

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融、アコムは大手のサラ金の中ではもっとも審査通過率が高いため、他社と比較すると審査が柔軟と言えます。

申込件数も他社と比べると多く、人気のあるサラ金であることがわかります。

あるいはアコムの自動契約機「むじんくん」が利用しやすい駅の周りに多く設置されていることが要因かもしれませんね。

第2位 アイフル

  • 成約率:43.5%(2016年12月時点)
  • 新規申込件数:28,619件
  • 新規契約人数:12,460人

アコムに次いで審査通過率が高いのはアイフルです。

アイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」はタッチパネル式の自動契約機ではなく、すべてオペレーターとの通話でカード発行ができるので、初めてのキャッシングでも安心です。

第3位 プロミス

  • 成約率:41.0%(2016年12月時点)
  • 新規申込件数:30,807件
  • 新規契約人数:12,635人

3番手は三井住友フィナンシャルグループの消費者金融、プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)です。アコムに次いで申込者数が多く、人気の高さが伺えます。

プロミスの自動契約コーナーは設置個所が多く、大きな駅の周りには必ずと言っていいほど設置されています。そのため、仕事帰りなどに寄りやすいです。

第4位 ノーローン

  • 成約率:19.6%(2016年12月時点)
  • 新規申込件数:4,600件
  • 新規契約人数:およそ900人程度

新生銀行グループの消費者金融ノーローンは上記の3社と比較するとあまり知名度は高くありませんが、レイクと同じグループで同社の自動契約機を利用して申し込むことができます。

ちなみに、レイクは銀行カードローンながら成約率が35.5%もあります。

第5位 モビット

  • 成約率:??
  • 新規申込件数:??
  • 新規契約人数:??

三井住友銀行グループの消費者金融モビットは、大手の中でも急成長しているサラ金です。

アコムと同様に、最低金利が低く最高限度額が高いのが特徴です。

ただ肝心の審査通過率は非公開のようで、成約率はわかりません。

昨年「オリコン顧客満足度ランキング」で第1位になった実績があるため、おそらくは上位3社と同じくらいの審査通過率だと推測されます。

初心者がやってしまいがちな審査に通らない3つの理由

原因①嘘の申し込み

大手サラ金の審査申し込みは、基本的に申込者の自己申告となっています。

本人確認のため免許証や保険証の写しを提出する必要はありますが、収入証明は借入額が50万円以上からでないと必要ではありません。

そうなるとたまに、審査に通りたいがあまり良く見せようとして年収を実際よりも多めに書いてしまうような方もいます。

サラ金の審査はそれを見逃すほど甘いわけではありません。

信用情報機関を通じて申込内容の確認をされて、不備があれば収入証明書の提出を求められます。

確認して嘘があることが分かった時点で、審査に落ちたことになってしまうわけです。

原因②無職

サラ金のキャッシングの利用条件には、「満20歳以上であること」と「安定した収入があること」の2つがあります。

申し込み時点で安定した収入を証明できなければいけないので、無職の方は審査に申し込んでもすぐに落ちてしまいます。

「無職のときこそお金を借りて生計を立て直したい」という方が多いのですが、こればかりは何かしらの対策を打たないと難しいです。

例えば、「派遣会社に登録をして派遣社員になる」とか「エイワなど中小のサラ金にも相談してみる」などの対策があります。

原因③総量規制

総量規制というのは「個人が融資を受けられる金額はその個人の年収の3分の1をこえてはならない」という法律です。

サラ金だったら全社があてはまるため、申し込む際には借入希望額が年収の3分の1をこえていないか確認する必要があります。

ちなみに銀行カードローンは総量規制の対象外です。まとまったお金を借りたい場合は、銀行カードローンの利用も検討してください。→銀行カードローンにも審査が甘いところはある!【専業主婦や学生もOK】

無職の方がサラ金でお金を借りるためにできる5つのこと

無職の方は、職業がそのままだと審査に通ることは難しいですが、それさえなんとかしてしまえば審査に通る可能性がぐっと上がります。

そこで、お金を手に入れるために工夫できることを5つほどご紹介させていただきます。

他にもできることはあるはずなので、思いついたらどんどん実践していきましょう。

ただし、名前を聞いたこともないような街金や闇金からお金を借りるのだけは、自分の首を絞めることになるだけなのでやめましょうね。

派遣会社に登録する

派遣バイトというのがありますが、あれは「派遣会社」に登録した時点でそう名乗っても大丈夫なんです。

ですからひとまず派遣会社に登録だけでもしておけば、無職の方は「派遣アルバイト」と職業があることになりますので、審査に通る可能性もぐっと上がります。

もう1つ言うと、派遣で給料が安定していればサラ金の審査に通ることはそれほど難しいことではありません。

アルバイトを始める

派遣会社に登録するほど簡単ではありませんが、ちょっとした面接を受けて合格すればアルバイトになることもそう難しくはありません。

人によってはアルバイトシフト等によって安定した収入があるとは言えませんが、週2,3日以上の出勤で給与がそこまで不安定になることはないでしょう。

ちなみに、アルバイトであっても勤務実績が6か月以上あればサラ金の審査はほぼ通ると言っても過言ではありません。

専業主婦になる

これは少し難しいかもしれませんが、専業主婦になることで収入が無くともお金を借りることができるようになります。

銀行カードローンは専業主婦へ限定的な貸付を行っており、収入ゼロでも30~50万円程度借りることができます。

ただし結婚するリスクを考えるとあまり現実的ではない方法ですね。

親に土下座する

審査に落ちた!働きたくない!専業主婦にもなれない!こうなったら、手っ取り早い解決策は「人からお金を借りる」ことです。

陳腐で申し訳ないのですが、一番良いのがご自身のご両親にお金を借りることです。

なんだかんだいって自分の子どもというのは可愛いものですし、友人からお金を借りるよりも安全だからです。

親子の縁はなかなか切れませんが、友達の縁はお金のトラブルで簡単に消え去ってしまいます。

一度失った信頼関係を取り戻すのは非常に困難なので、どれだけ仲が良くても友人からまとまったお金を借りようとするのはあまりおすすめしません。

身の回りの物を売る

思い切って所持品を売ってしまうのも1つの手です。

ご自身がお持ちのもので「売れそうだな」と思った貴金属やブランド品はどんどん質屋に持って行って売り飛ばしてしまいましょう。

もし質屋で買い取ってくれそうになければ、インターネットを活用してネットオークションにかけてしまうという手段もあります。

最近では「ヤフーオークション」だけでなく、スマートフォンアプリ「メルカリ」などインターネットを介してモノの売買は非常に簡単になっています。

500円~3,000円程度であれば学生でも手を出しやすい値段ですし、出品するだけなら無料で行えるところがほとんどなのでおすすめです。

審査に落ちたらするべき4つのこと

①申し込みを控える

もしも審査に落ちたとしても、手当たり次第にサラ金へ申し込んではいけません。

なぜなら短期間に複数の借入先に申し込むことは「多重申込」と呼ばれ、サラ金が嫌がる行為の1つだからです。

サラ金からは信用情報機関を通じてどこへ申し込みをしたかが筒抜けなので、彼らからすれば「こんなにたくさん申し込んでちゃんと返済できるのだろうか?」という不安を煽ることになります。

信用貸しが基本のキャッシングでは、信じ切れないというのは致命的な問題です。まずは1,2社から申し込むようにしましょう。

②申込内容に不備がなかったかを見直す

もしかしたら、申込内容に以前の住所や職場を書いてしまって不備があった可能性があります。

特に転職したばかりのときや引っ越したばかりのときはありがちなケアレスミスです。

本人が勘違いしていても信用情報機関には最新の情報が登録されているので、申し込みの際には提出する本人確認書類の住所や、勤務先の情報に間違いがないか気をつけながら申し込みましょう。

また、借入希望額が総量規制をオーバーしていなかったかも確認しましょう。必要最低限の金額にすれば、おのずと審査も通りやすくなります。

③嘘をつくクセを直す

もし申し込みでちょっと嘘をついてしまった部分があれば、次回以降は必ず正直に書くようにしましょう。

あまりに嘘がひどいと、信用情報機関にブラックリストとして記録されてしまうこともあります。

一度記録されたブラックリストは最低でも5年は消えないので、そこまで大きなリスクを負う必要はありません。

④定職に就く

サラ金の審査は、正社員だけでなく契約社員や派遣社員、パートやアルバイトの主婦や学生も利用することもできます。

バイトでも毎月一定の収入があるなら大丈夫なので、お金を借りるためには無職の方は何かしらの労働を始める必要があります。

審査基準には「勤務年数」等も含まれているので、正社員ではなくとも年数がそれなりに長ければサラ金の審査に通ることは難しくありません。

そもそもサラ金ってなんなの?

皆さんが言うところの「サラ金」というのは、広い意味で「貸金業者」というイメージをもっているのではないでしょうか?

その意味で言うと、消費者金融や銀行カードローンにくわえ、クレジットカードのキャッシングもそれにあたります。

そして残念ながら、闇金・街金もサラ金の1つではあります。

それぞれどの点が異なるかを具体的にご説明していきます。

金利に差がある

  • 銀行カードローンの金利の範囲:年3.0~14.0%程度
  • 消費者金融の金利の範囲:年4.5~18.0%程度
  • 闇金・街金の金利の範囲:年18.0~20.0%、それ以上あることも

一番わかりやすいのは金利の差です。表をご覧いただければわかる通り、銀行カードローンは低金利です。

金利を比較する時は基本的に金利の上限を見ることです。

ただ、銀行カードローンの中にも上限金利が年18.0%近いところもあります。(例:レイク、ジャパンネット銀行など)

借入限度額によって金利の上限は決まっている

「利息制限法」という法律で、キャッシングで適用される金利は借入限度額に合わせて下記のように定められています。

★利息制限法

  • 借入限度額が10万円未満のとき、金利の上限は年20.0%まで
  • 借入限度額が10万円以上100万円未満のとき、金利の上限は年18.0%まで
  • 借入限度額が100万円以上のとき、金利の上限は年15.0%まで

このため、もともと上限金利が低い銀行カードローンを除いて、基本的に年18.0%以上の金利を見ることはありません。

もし18.0%以上の金利を見たとしたら、悪質な闇金である可能性が非常に高いです。(例:ソフト闇金など)

サラ金の審査対策まとめ

審査について以下の通りまとめました。

  • 審査では年収のほか、他社の利用履歴や借入状況が確認される
  • 審査が柔軟なサラ金を探す上では、審査通過率が目安になる
  • 審査に落ちたとしてもすぐに他社に申し込むのはやめて、原因を探しましょう。

いかがでしたでしょうか。「審査」と聞くと身構えてしまいがちですが、実際は免許証等の本人確認書類があれば簡単に申し込むことができます。

サラ金からお金を借りるためにはサラ金に信用してもらわなければいけないため、収入が不安定な無職の方であったり申込内容に嘘があったりすると、審査に通るのは難しくなってしまいます。

それらの対策を考えた上で、審査通過率等を参考に比較的審査が厳しくないサラ金に申し込めば問題ありません。自信をもって申し込みましょう。