審査の甘いキャッシング会社はどこ?どうして甘いのかその理由も教えます

公開日:


急な出費でお金がない…。

もう頼れるのは「キャッシング」しかない…。

お金のピンチでキャッシングに頼るのは間違いではありません。

消費者金融や銀行の個人融資を利用しても、担保と保証人が必要ないので、誰にも迷惑をかけずにお金の借り入れが可能です。
急な出費は上手にやりくり!金額別でおすすめの対策をご紹介!
しかし考えなくてはならないのが、キャッシング利用時には審査をクリアしなければならないということ。

えてしてお金に困っている人というのは、キャッシング審査に通りにくい属性を持っているもの。

そんな方々が知りたいのが、「審査が甘いキャッシング」のはず。

今回は、具体的にどのキャッシング審査が甘いのか。

そして、「審査が甘い」とはどういうことか。キャッシング審査の成り立ちについても、少し学んでいきましょう。

審査が甘いキャッシングはどれか?審査の甘いキャッシングランキング

それではさっそく、審査が甘いキャッシングはどれか?

具体的に調べていきましょう。

「審査が甘いキャッシング」は、実は少なくありません。

だからこそ、しっかり比較検討のすえ、借り入れを行っていきましょう。

1位 キャレント

キャレント

金利 7.8~18.0%
限度額 500万円
融資 最短即日

キャレントの審査はかなり甘いです。多くの属性が弱い利用にも貸し付けている、審査通過実績がその審査基準の甘さを裏付けています。

キャレントは審査が甘いだけでなく、最短即日融資にも対応しているということで、お金の借り入れにも待たされることがありません。

審査基準の甘いキャッシングだけでなく、即日融資を希望する方にも、このキャレントのキャッシング利用がおすすめです。

2位 ダイレクトワン

ダイレクトワン-200_200

金利 4.9~20.0%
限度額 300万円
融資 最短即日

ダイレクトワンは審査基準が柔軟なだけでなく、おまとめローンとしての利用にも対応している、優秀なキャッシングが魅力の消費者金融です。

パート・アルバイトでも、安定した収入さえ認められれば、スルガ銀行グループの消費者金融から即日融資を受けられるのです。

現在、借入先に悩んでいる方にはぜひ、このダイレクトワンでの借り入れを一度検討してもらいたいです。

3位 セントラル

セントラル

金利 4.8~18.0%
限度額 300万円
融資 最短即日

セントラルの魅力と聞かれれば、当然審査基準の甘さはもちろんのこと、「無人契約機を使った最短即日融資」に対応しているのが一番の魅力でしょう。

無人契約機がある中小消費者金融はかなり希少なので、無人契約機からカード発行後、カードでATMからの借り入れを考える方にはぜひ、セントラルからの借り入れを行ってもらいたいです。

セントラルってどんな消費者金融?ブラックや女性専用があるって本当?

4位 ライフティ

ライフティ

金利 8.0~20.0%
限度額 500万円
融資 最短即日

独自の審査基準を設定しているのが、このライフティです。

ライフティは会社設立からそう時間が経ってないこともあり、新規申し込みを積極的に受け付けている段階。

ライフティの甘いキャッシング審査を受けるなら今がチャンスということですね。

5位 ノーローン

ノーローン

金利 4.9~18.0%
限度額 500万円
融資 最短即日

新生銀行グループの消費者金融「ノーローン」は、この規模の消費者金融にしては柔軟な審査基準と、「何度でも一週間無利息」が魅力の消費者金融。

キャッシング利用者がうれしいサービスを取り揃えているということで、今回ランキング入りです。

即日融資にも対応しているので、借り入れに時間をかけたくないあなたにもおすすめの消費者金融です。

キャッシング審査が甘いとはどういうことか?

キャッシング審査の甘い消費者金融がわかったところで、そもそもキャッシング審査が甘いとはどういうことか?

どうしてキャッシング審査の甘さで差が出てくるのか?

それについて少し考えていきましょう。

そもそもキャッシング審査で見られる情報とは?

まずはキャッシング審査で見られるポイントから学びましょう。

キャッシングサービスには種類が多く存在しますが、キャッシング審査で見られる要件に大きな違いはありません。

ただ、審査で見られる情報の厳しさが違うのみです。

属性

まずキャッシング審査で見られるのは「属性」の審査です。

この属性の審査は申し込みの際入力した情報をもとに行われるので、キャッシングの一次審査なんて言われることも多いです。

属性の審査でみられるのは主に、申込み時入力した「年齢」「年収」「勤務先」「勤続年数」など生活にまつわる情報です。

この情報で、返済能力が高いと判断されると、キャッシング審査に通りやすくなるのです。

信用情報

信用情報の審査は、属性の審査よりさらに重要とされています。

なぜなら、信用情報を審査すれば、それにより申し込んだ人の「金融リテラシー」が透けて見えるからです。

信用情報には、その人が過去どんなキャッシングを利用してきたのか、クレジットカードは利用しているのか、など金融商品と関わった記録がすべてわかります。

その記録を見ればその人が、「お金を支払う」ということについてどんな重いを持っているのか、すべてわかるのです。

消費者金融や銀行が審査で知りたいことを考えれば審査がわかる

ここからは審査基準というより、審査に通りやすくするコツの話にもなるのですが、「消費者金融や銀行が審査で何を知りたいか」を考えれば、審査に通るのはそれほど難しいことではないという話をします。

あなたが「審査の甘いキャッシングを利用したい」と言っているのは、「こんな俺でも好きになってくれる人と付き合いたい」と言っているようなもの。

逆にあなたが「キャッシング審査で重視されるポイント」を知っておけば、あなたの方から審査にアプローチして、消費者金融や銀行のキャッシング審査に通りやすくすることができるということです。

さあ、一緒に消費者金融など金融会社が、「なぜキャッシング審査をするのか?」考えていきましょう。

返済能力が高いか?

言ってしまえば、キャッシング審査の目的はここに集約されます。

キャッシング審査で、金融会社が知りたがるのは、その人が持っている「返済能力」になります。

キャッシングを利用する人が、どれくらいの返済能力を持っているのか。

返済能力が低い人にお金を貸しても、その貸したお金が返ってこないため、お金を貸し付ける側としてはマイナスを被ってしまうのです。

収入などの「属性」、そして過去の記録である「信用情報」をみて、個人が持っている「返済能力」を総合的に判断するのが、「キャッシング審査」なのです。

信用できる人間か?

信用情報の審査では主に「信用できるか」を審査します。

過去のキャッシングで問題を起こしておらず、クレジットカード利用記録も問題ない。

そういったクリーンな情報の持ち主は、間違いなく信用できる人ですよね。

当然金融会社は、信用をおける人でないとお金を貸したいとは思わないのです。

キャッシング審査が甘いということは「低い返済能力を受容する」ということ

それでは、「キャッシング審査が甘い」というのは、いったいどういった状態なのか?

それは、キャッシング審査で「低い返済能力でも審査に通す」ことに他なりません。

弱い属性、多少問題が残っている信用情報でも、キャッシングに通す。

そんなキャッシングこそ、「審査の甘いキャッシング」ということです。

キャッシング審査が甘い代わりに「金利が高い」

審査の甘いキャッシングは、総じて金利が高いです。

それはなぜか?

それは、金融会社にとって「キャッシングの審査基準」を甘くするのはリスキーだからです。

返済能力の低い人でも審査に通すことで、お金を貸し付ける側は「貸したお金が返ってこないリスク」を抱えることになります。

そのリスクを軽減するために、審査の甘いキャッシングを運営する業者は、金利を高くして少しでも多くの利息を請求するのです。

キャッシング審査が甘い代わりに限度額も低い

また、審査の甘いキャッシングの多くが「低い限度額」を設定しています。

この理由は簡単ですよね。限度額が高いと、返済能力の低い人にも多くのお金を貸してしまうからです。

返済能力の低い人に多くのお金を貸すと当然、そのお金が返ってくる確率が大きく下がります。

そのため審査の甘いキャッシングの多くが、「限度額が低い」のと同時に、「金利が高い」のです。

甘いキャッシング審査に落ちてしまった!審査落ちの理由は?

いくらそのキャッシングが設定した審査が甘いとしても、その審査に落ちてしまう人が存在します。

そんな、審査基準の甘いキャッシング審査に落ちてしまう理由としては、どんな理由が考えられるのか。

そこも私なりに考えてみます。

収入等属性のスコアが低すぎた

キャッシング審査の、俗にいう一次審査である「属性の審査」ですが、この属性の審査はそれぞれの情報が「スコア」に直されて審査されます。

スコアになおされた属性が、加点形式で審査されます。

最終スコアがキャッシングで定められた基準をクリアした時、審査はクリアとなります。

審査の甘いキャッシングは、この属性の審査基準も甘いですが、中にはこの審査基準をクリアできない人も存在します。

具体的にどんな属性で審査に落ちるのか、調べてみましょう。

年収が100万円以下

年収が100万円以下だと、かなり厳しい属性が出来上がってしまいます。

キャッシング審査に通るためには、最低でも「年収200万円」は欲しいところです。

勤続年数が3ヶ月未満

その職場で働いている期間「勤続年数」が短いと「収入が安定してない」と判断されがちです。

キャッシング審査に通るには「半年以上」の勤続年数が欲しいところ。

3ヶ月以下の勤続年数では、キャッシング審査をクリアするにはかなり厳しいと思っておいてください。

総量規制に引っかかった

キャッシング審査が甘かろうとなんだろうと、その業者が「貸金業者」だったなら、貸金業法の対象です。

そして貸金業法の中には「総量規制」という絶対条件があります。

総量規制の対象になるキャッシングは、「年収の3分の1」までしか借り入れることができません。

キャッシング利用額合計が年収の3分の1を満たしている場合は、その時点で審査に落ちることを覚悟しなくてはならないのです。

信用情報の記録で審査に落ちた

繰り返すようですが、信用情報の記録はキャッシング審査において重要なファクターです。

審査の甘いキャッシングは、信用情報の審査基準も甘く設定されているものの、それでも弱い信用情報では審査に落ちます。

具体的にどれくらいの傷を負った信用情報が、キャッシング審査に落ちてしまう信用情報なのか?調べてみましょう。

債務整理から時間が経ってない

返済能力をへらすために行う「債務整理手続き」、その記録も信用情報に残ります。

そして貸金業者は、この債務整理記録が大嫌いです。

債務整理記録があるだけで、貸金業者の審査ではかなり不利となってしまうのです。

債務整理記録が残っていても、審査に通す甘いキャッシングは存在しますが、それでも債務整理を行ってからある程度の期間が経っていることが必要です。

返済遅延記録が多すぎ

返済が期日内に行われなかった記録「返済遅延記録」も、信用情報に残ってしまいます。

審査の甘いキャッシングなら、多少の返済遅延記録は多めに見てくれますが、あまりにも繰り返される返済遅延…、その記録は審査落ちの要因となります。

クレジットカード料金の未納が続いていた

クレジットカード利用記録が残る信用情報機関は、キャッシング利用記録が残る信用情報機関とは別物です。

つまり、クレジットカード利用記録は、キャッシングの審査と関わらない…と思いがちですが、それは違います。

クレジットカード利用記録を残す「CIC」と、キャッシング利用記録を残す「JICC」や「全国銀行個人信用情報センター」はそれぞれ情報を共有しているのです。

つまり、あまりに派手なクレジットカードにおけるトラブルがあると、キャッシング審査にも影響を来すということですね。

金融機関の規模でキャッシング審査基準が変わる

キャッシング審査を行う金融会社の規模でも、キャッシングの審査基準が変わります。

一般的には、大手消費者金融の審査より、経営規模の小さい中小消費者金融の審査は甘いです。

中小消費者金融のキャッシングは、大手消費者金融の審査に落ちた人を対象に貸し付けるからです。

規模の小さい消費者金融のキャッシングになるほど、審査基準は甘くなっていきますから、だんだんと経営規模の小さい消費者金融のキャッシング審査にチャレンジしていきましょう。

審査なしのキャッシングはあるのか?

審査の甘いキャッシングについて説明してきましたが、そもそも審査のないキャッシングはあるのか?

なんて気になってる方もおられるでしょうか。

しかし先に結論を言ってしまうと、正規のキャッシングで審査がないということはありえません。

みんなが知っている大手消費者金融から、地域に根づいた中小消費者金融「街金」まで、それぞれしっかりキャッシング審査を行います。

審査なしのキャッシングは闇金

たまに「審査なし」のキャッシングを目にします。

「正規のキャッシングは審査があるんじゃないの?」

と思われた方もおられるでしょうが、そうです。

審査がないキャッシングは正規のキャッシングではないのです。

そうした審査なしのキャッシングを運営するのは、俗に言う「ヤミ金」です。

ヤミ金は、ドラマや漫画など、フィクションの中だけの存在ではないのです。

確かに町中に存在しています。ヤミ金からお金を借りると、かなり厳しい状態に追い込まれてしまいます。

くれぐれもかかわらないようにしてください、

無職でも審査に通るのか?

キャッシングを利用しようか考えている方の中には、定職についておらず「無職」の状態な方もおられるでしょうか。

そんな方が気になるのが、「無職でも審査に通るキャッシングはあるのか?」ということです。

…ですが残念ながら、無職でも審査に通るキャッシングというものはありません。

無職の時点で、年収で借入額が決まる「総量規制」にひっかかることもあり、無職ではキャッシング審査に落ちるのです。

専業主婦、学生なら審査に通るキャッシングも

とはいえ無職でも、「専業主婦」や「学生」という肩書があれば、銀行カードローンの審査に通ります。

専業主婦や学生で、配偶者や保護者に安定した収入が認められれば、総量規制の対象外である銀行のキャッシング審査になら通るということですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「審査が甘いキャッシング」について、詳しく説明しました。

今回の説明で、「審査の甘いキャッシングはあるのか?」。

そして、「どうして審査の甘いキャッシングが存在するのか?」ということをわかっていただけたでしょうか。

今回の説明が、あなたのキャッシング利用を助けると良いですが…。