審査なしでお金借りたい!借りる方法はある?

公開日: 最終更新日:

お酒の席が重なったり自身や家族が病気になってしまったり、日常生活を送る上で急な出費が必要になるシーンは意外と多いものです。

家族や友人にお金を借りるというのも一つの手段ですが、人間関係への影響を考えるとどうしても頼みにくいですよね。

そんな時に便利なのがアコムやアイフルなどCMでお馴染みの消費者金融や銀行のカードローンです。

急な出費は上手にやりくり!金額別でおすすめの対策をご紹介!

即日融資のカードローンが一般的に

最近では民間の消費者金融であれば即日融資に対応している企業も増えてきました。

また、手持ちのクレジットカードがあるならそれで急場をしのぐ事が出来る可能性もあるでしょう。

しかし、こうしたお金を借り入れる際には「審査」を通過しなければならないのが一般的です。

「時間が無いから審査を省略したい」「審査に通るか不安」といった人も少なくないでしょう。

確かに審査なしでお金が借りられるとしたら手間もかからず、審査落ちの情報も残らないので便利ですよね。

では実際に審査を行わずにお金を借り入れる方法があるのか見てみましょう。

審査なしでお金借りたいけどできるの?

結論から言うと、審査を行わずにお金を貸してくれる正規の金融業者は存在しません。

審査を行わなければ、利用者に返済能力が備わっているのかどうかを判断出来ないでしょう。

金融業者はボランティアでお金を貸し付けている訳ではなく、金利手数料で利益を出しているのです。

貸し倒れのリスクを犯してまで、強引に借入れ利用者を集める必要は無いと言えるでしょう。

お金の借入れにおける審査は返済能力を確認する他にも「借入れを希望する利用者がどんな人物であるか(嘘をついていないかなど)」「どこに勤めているのか」「どこに住んでいるのか」など、防犯面で重要になる項目もチェックされています。

「審査なしでお金借りたい」と思っても、融資を受ける為に審査は避けて通れない道なのです。

審査落ちするのはどんな人?

審査に落ちて情報が残ってしまう事を不安に思う人も多いでしょう。

自分のステータスがどれくらい審査通過の見込みがあるのか、事前にある程度把握しておきたいですよね。

まずは審査に落ちやすい人の特徴をしっかりと理解して、自分と照らし合わせてみましょう。

安定した収入がない

融資を行う金融業者が一番困る事態は、お金を返してもらえない事です。

貸し倒れで損害を被るばかりか、取立てには手間も費用もかかってしまいます。

こうした事態を未然に防ぐ為に、カードローンをはじめとする金融商品の審査では「安定した収入があるかどうか」が重要視される傾向にあるのです。

年収の高さよりも「継続して一定の収入がある」というポイントが評価される為、公務員やサラリーマンといった職種の人は審査通過率が高くなるでしょう。

逆にギャンブルや投資などで生計を立てている人は、審査にやや不利なケースが多いです。

借入額に年収は関係する?限度額の目安や増額方法は?

収入が低過ぎてもダメ

いくら安定した収入があっても、月々の返済額に対して収入が追いついていないと判断される場合にも審査に落ちてしまいます。

借入希望額を低めに設定する事で審査に通るケースもありますが、極端に収入が少ない状態では借入れが困難である事は覚えておきましょう。

他社借入の金額や件数が多い人

他社借入れの金額や件数が多い場合、新しく申し込みを行う金融業者からは多重債務者として見られてしまう場合があります。

他の業者からの借入れを完済出来ていないのにも関わらず、新しく借入れを行おうとしている人にお金を貸したいとは思いませんよね。

ただし他社借入れがあるというだけでは審査落ちにはなりません。

一般的に他社借入れ件数のボーダーラインは3社までと言われています。

4社以上から借入れを行っているのであれば、審査に通る事は難しくなるでしょう。

総量規制の上限まで借入れている

審査の際に重要視される借入れ状況のポイントとしてもう一つ、総量規制という法律があります。

総量規制とは利用者の過度な借入れを防止する為に、金融商品やショッピングローンなどの借入れ合計額を年収の3分の1に制限する法律です。

新たに借入れを申し込む時点で総量規制の上限まで借入れを行っている場合は、審査を通過する事が出来ません。

個人信用情報に金融事故情報が載っている

金融業者の多くは信用情報機関と呼ばれる所から申し込み者の個人信用情報を参照しています。

個人信用情報は利用者の借入れ状況や返済履歴が記されているものです。

「過去に著しく支払いの遅延がある」「債務整理歴がある」「強制解約歴がある」といった金融事故は一定期間個人信用情報に登録され、審査の際に参照される事になります。

内容にもよりますが金融事故情報の保持期間は5~10年とされており、この期間は新たに借入れを行う事は難しくなるのです。

闇金は無審査だけど違法!

世の中には「審査なしで融資可能」と謳って利用者を募る金融業者が少なからず存在します。

しかし健全な消費者金融業者やカードローン商品を提供している銀行が審査を行わないという事は、まずあり得ません。

審査なしでの融資を謳っている金融業者はほぼ100%違法業者です。

審査なしでお金借りたいが為に違法業者を利用してしまう事は、法外な利息を請求されたり個人情報が流出するなどの危険性があります。

加えて返済が滞ると高圧的な態度や嫌がらせとも言える方法で取り立てを行ってくるので、精神的な負担も大きなものになるでしょう。

周囲の人間に迷惑をかけてしまう事にもなり兼ねません。

いかなる理由によって審査なしでお金借りたいと思ったとしても、「審査なし」を謳う金融業者は利用しないようにしてください。

クレジットカードの現金化はNG!

融資の審査を行わずに現金を得る方法として、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法がよく挙げられます。

しかしこの方法には様々な危険性が潜んでおり、カード会社もショッピング枠の現金化を禁止しています。

具体的なリスク内容を把握しておきましょう。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカードの現金化とは、利用者がカードで購入した商品を売却してお金にする事を言います。

この方法であれば購入金額より少ないながらも、審査や手続き無しにすぐ現金を手に入れる事が可能です。

しかしこうした行為はカード会社が会員規約に明文化して禁止しています。

何らかの理由でクレジットカードの現金化が発覚した場合は、強制解約になるというリスクもあるのです。

クレジットカードを現金化する業者の危険性

世間にはクレジットカード現金化に特化した専門業者というものが存在します。

これらの専門業者は利用者にクレジットカードで商品を購入させ、その商品を購入金額よりも安く買い取る事で差額を収益としているのです。

業者もカード会社がこうした取引を禁止している事は百も承知であり、中には広告に記載のない法外な手数料を請求したり個人情報を横流しするような悪徳業者も少なくありません。

一時の現金欲しさにグレーゾーンに手を染めてしまうと、後々思いがけない犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

悪徳業者の見分け方

こうした業者はよく「公安委員会からの許可を~」「古物営業法に基づく~」などという名目を打ち出していますが、これはあくまで「古物」の取り扱い許可を得ているだけです。

そもそもクレジットカードの現金化はカード会社の規約でも法律でも禁止されているので、許可を取っているなどという事はあり得ません。

利用者を安心させるような文言を大きく掲げている場合は悪徳業者の可能性が高いと言えます。

例え優良業者であっても、クレジットカードの現金化は大きなリスクを伴いますので利用しないようにしましょう。

質屋は審査なしでお金が借りられる!

実は「審査なしでお金を借りる」という意味では、質屋を利用する事で実現する事は可能です。

ただし金融商品が基本的に無担保であるのに対して、質屋の利用には担保が必要となります。

質屋のシステム

質屋でお金を融資してもらうにはまず担保となる品物を用意して質入する事になります。

担保は何でも良いという訳ではなく主に貴金属やブランドバッグ、高価な小型家電などが質入の対象です。

対象品はお店によっても異なるので注意しましょう。

担保を質入すると預けた品物を査定した金額を融資してもらえます。

利用者は決められた日時までに融資してもらった金額と利息を合算して質屋に払う事で、担保として預けた品物を返してもらう事が出来るのです。

なお、返済出来なかった場合には担保である品物は「質流れ」と呼ばれる形でお店で売られる事になります。

質入と買取

質屋の利用方法には「質入」と「買取」の2種類があります。

質入ではお金を返せば担保の品物が返って来ますが、買取の場合はお金を受け取ると品物は返って来ません。

純粋に「売る」という事になるのです。

手元に入ってくるお金は質入よりも買取の方が多いので、はじめから品物を手放すつもりであれば買取を利用すると良いでしょう。

カードローンでも在籍確認がなしになるところはある

お金を借り入れる事を周辺に悟られたくないという理由から金融商品の審査を渋る人も居るでしょう。

消費者金融や銀行系カードローンで借入れを行う場合は審査を避ける事は出来ません。

ただし、審査手続きの一部である「在籍確認」という作業は、場合によってスキップが可能です。

在籍確認の省略方法

金融業者がお金を貸し付ける際、利用者が本当に申告した職場で働いているかを確かめる作業が在籍確認です。

金融業者の担当者が個人名で勤め先に電話をかけるという方法が一般的となっています。

在籍確認では「勤務先の申告に虚偽が無い」事が分かれば良いので、収入を得ている勤務先を証明出来る「収入証明書」や「社員証」を提出する事で在籍確認の代わりとしてくれる事があるのです。

基本的に在籍確認は電話で行われるものなので、省略したい場合は申し込み時に自分で金融業者へ申告する必要性があります。

ただし全ての金融業者が対応している訳ではないので注意しましょう。

在籍確認なしのカードローン

審査通過率が高いカードローンは?

審査に通過するか不安でカードローンの利用を迷っていませんか?カードローン会社によっては審査通過率を公表している所もあるので、審査に通りやすい業者選びの参考にしてみるのも良いでしょう。

2016年度における大手消費者金融3社の成約率は「アコム:48.2%」「アイフル:46.8%」「プロミス:43.3%」となっています。

アコムでは50%近くをマークしており、カードローンの成約率としては高い水準です。

成約率が高ければ審査が甘いという訳ではなく、アコムの審査に落ちてもプロミスの審査に受かる可能性は十分にあります。

審査基準は業者ごとに異なっているので、自分との相性問題も出てくるのです。

とは言え多くの人が成約までたどり着いている事も事実なので、属性や収入に自信がない場合はアコムのような審査通過率の高い金融業者から申し込んでみるのも一つの方法と言えるでしょう。

審査にどうすれば通れるかを考えよう!

消費者金融や銀行のカードローン、クレジット会社などの融資には必ず所定の審査を行わなければなりません。

それは会社側がリスクを避けるという意味ももちろんですが、ひいては無理な借入れで利用者が身を滅ぼさない為のストッパー的な役目も果たしているのです。

「融資の審査」という響きから小難しい手続きを想像してしまう人も多いかも知れません。

しかし審査自体は機械化されているポイントも多く、最近では人力による項目もスピーディーに行われるようになりました。

「めんどくさそう」という先入観で思いとどまる必要はないのです。

借入れを検討する上で審査は避けて通れません。

避けられないものを避ける方法を考えるより、どうしたら審査を通過出来るかを考える事が大切です。

審査通過のポイントを押さえて、自分の収入状況に見合った借入れを実現してください。