ブラックリストって結局何なの?

公開日:

キャッシングについての情報を集めていると、たびたびブラックリストという言葉を耳にします。リストということは帳簿のようなものを想像してしまいがちです。
過去にキャッシングでトラブルを起こした人の名前がずらずらと並んでいる帳簿。これがブラックリストなのでしょうか。ここに載ることがキャッシングを行う人にとって不利益なのはわかりますが、どんなシステムが組まれているのか。その実情までしっかり理解できている人の数はそれほど多くないはずです。
どこでそのリストは管理されているのか。そもそもそんな帳簿は実在するのか。そこに名前が載ってしまうともうその情報が消えることは永遠にないのか。


・ブラックリストなんてほんとは実在しない

そんなリストは実のところ存在しません。閻魔様が管理しているようなイメージを思い浮かべがちなブラックリストですが、いくら金融事故を起こしても名前が載る帳簿なんてそもそもありません。
俗言うブラックリストに載るというのはその人がキャッシングにおいてトラブルの記録が残るということで、その記録は個人の記録に留められます。その情報は専門機関に集められることになり、キャッシングにかかわる会社が個人を審査するときにはここに集まった情報を参照しながら審査を行います。
その人が過去に起こしたキャッシングにまつわる情報を重点的にみられることになります。過去に返済の遅延は無かったか。最近債務整理を行った記録は無いか。今現在どれだけのキャッシング履歴を持っているのかなどです。
ここでクリーンな情報を持っていればそれだけで審査で有利になります。その嬢おhの種類によってここに情報が残る期間はことなり、返済遅延などなら5年程度で情報が消えることになりますが自己破産の記録なんかだと10年残ってしまうことも多いです。


・記録が消えないことを前向きに考えて

この事故情報が残って仕舞っている限り審査が通ることはありません。
プロミスなど大手消費者金融ではなく中少の消費者金融や悪徳金融業者ならともかく、まっとうなキャッシングを行うことは難しいと考えなくてはいけません。
「これじゃあお金の借り入れができない」ではなくて、この期間にもっと自分にとってプラスとなる行動を起こすべきなのです。キャッシングに頼る必要のないくらいに経済環境を改善しておくこと。
もう今後はできるだけキャッシングから離れたところで生活することを目標としながら今後の生活を組み立てていくことが大切です。