カードローンの限度額を下げることで審査に通りやすくなるって本当?

公開日: 最終更新日:

考えるスーツの男性
カードローンの限度額はそのほとんどが「1万~1,000万円」の中に納まっていますが、実際に借りることができるのはいったいいくらまでかご存知ですか?

もちろん最初から限度額が1,000万円に設定されるわけではなく、実際は徐々に引き上げていくものです。

借入限度額内で自由に借り入れと返済ができる」というカードローンの特徴は非常に便利ですが、その限度額がどのような仕組みなのかを今回はご紹介していきます。

【比較】7つの大手カードローンの借入限度額と金利

銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
  • 借入限度額:10万~1,000万円
  • 金利:年3.0~14.0%
三井住友銀行カードローン
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 金利:年4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 金利:年1.8~14.6%

消費者金融

アイフル
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 金利:年4.5~18.0%
アコム
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 金利:年3.0~18.0%
プロミス
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 金利:年4.5~17.8%
モビット
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 金利:年3.0~18.0%

限度額が100万円以上になるのは珍しい

もしあなたがこれから初めてキャッシングを利用するのであれば、契約できる借入限度額はざっと「10万~50万円程度」になることがほとんどです。

もちろん審査の結果にもよるので個人差があるのですが、限度額の高い銀行であっても初めての利用者には100万円以上の借り入れをすることはほぼありません。

(※補足 ここ最近は銀行カードローンの貸付が積極的になってきたこともあり、100万円以上の融資も増加している)

現在のキャッシングやカードローンは「信用貸し」要するに無担保・無保証人でお金を借りることができるので、その審査では信用情報が非常に重要になります。

初めての利用者はその信用情報がまっさらなため、貸す側も慎重にならざるをえないというわけです。

これまでに他社のキャッシングをきちんと期限日を守って利用していたならば、その信用情報が残っているので次回以降の審査においても優遇されやすくなります。

逆もまた然りというわけです。

審査に通る限度額の上限は年収によって決まる

「カードローンでいくらまで借りられるんですか?」という質問はよく見かけますが、実は限度額の上限は皆さんの年収によって決まっています。

皆さんがいくらまで借りることができるかどうかは、貸金業法にある「総量規制」で決まっています。これによれば「年収の3分の1をこえる借り入れはダメ」ということになっています。

わかりやすい例で言えば、年収300万円の方はカードローンで100万円以下まで借りることができるというわけです。

これは借入先が何社でも変わりません。つまり1社からの借り入れでも、2社以上の借り入れの合計でも総量規制をこえて借りることはできないように定められています。

利用者が他社からも借り入れがあるかどうかは、信用情報機関を通じて逐一チェックされています。

総量規制をオーバーして貸付を行っていることが知られた場合、利用者に対しての罰はなく、借入先の消費者金融には行政処分が下されます。

そうなれば営業停止などに追い込まれるため、現在の消費者金融は安心して利用することができるというわけです。

銀行からの借り入れは総量規制の対象外

ただしすべてのカードローンに総量規制が適用されるわけではありません。なぜなら、貸金業法は消費者金融や信販会社に適用される法律であって、銀行には「銀行法」という別の法律が適用されるからです。

そのため銀行カードローンであれば年収の3分の1をこえて借り入れが可能です。明確な上限はありませんが、およそ年収の半分程度までは審査に通ったことがあるという体験談が寄せられています。

銀行カードローンの他にも総量規制の例外はあり、「借り換えローン」や「おまとめローン」はこれにあたります。カードローンの返済に困った際は調べてみてください。

カードローンに適用される金利は限度額で決まる

カードローンによって金利は違うように見えますが、実は適用される部分は大半の方が同じです。

なぜなら金利は限度額によって決まるからです。下記の通り、利息制限法では借入限度額に応じて金利の上限が定められています。

  • 借入限度額が10万円未満の場合、上限金利は年20.0%まで
  • 借入限度額が10万~100万円の場合、上限金利は年18.0%まで
  • 借入限度額が100万円以上の場合、上限金利は年20.0%まで

真ん中を見ればわかりますが、借入限度額が100万円をこえない限り消費者金融の上限金利が年18.0%を下回ることはありません。銀行カードローンの場合は、そのカードローンの上限金利が適用されます。

三井住友銀行カードローンを例に限度額と金利の設定を解説

「限度額が●●万円以下のとき、年利●●%」と表記すると、三井住友銀行カードローンの限度額と金利の関係は下記の通りとなっています。

  • 100万円以下のとき、年12.0~14.5%
  • 100万円超200万円以下のとき、年10.0~12.0%
  • 200万円超300万円以下のとき、年8.0~10.0%
  • 300万円超400万円以下のとき、年7.0~8.0%
  • 400万円超500万円以下のとき、年6.0~7.0%
  • 500万円超600万円以下のとき、年5.0~6.0%
  • 600万円超700万円以下のとき、年4.5~5.0%
  • 700万円超800万円以下のとき、年4.0~4.5%

ちなみに三井住友銀行カードローンは、借入限度額を10万円単位で引き上げたり下げたりすることができます。

ご覧の通り、限度額を引き上げれば上げるほど金利が下がっていくことがわかりますね?

100万円以下の借り入れでは金利がたいして変わらないこともよくわかります。

最初に契約した限度額も、取引状況によっては返済の延滞等が原因で限度額を引き下げられることになりかねません。

初回の申し込みで審査に通りたいときは限度額を下げると良い

「限度額は少なくてもいいから、とにかくこのカードローンの審査に通りたい!」という場合は、借入希望額を下げて申し込むことをおすすめします。

貸す側の立場から言えば、借入限度額が高いと多額の融資をしてもちゃんと毎月返済してくれない、あるいは借りたまま踏み倒されるというリスクがあります。

限度額を引き下げて申し込むのは、そのようなリスクを軽減する効果があります。そのため必要最低限にして申し込むことで、いくらか審査に通りやすくなります。

「もしかしたら予想外の出費があるかもしれないから限度額を高めにしておこう」と考えずに、下げられるだけ下げることでまずは審査通過を目指しましょう。

初回に契約される限度額が30万円前後であることが多いため、目安として10~20万円程度に限度額を下げることができると良い結果になること間違いありません。

契約後に限度額を下げることもできる

もし、「限度額に余裕があるとそれだけ借り入れをしてしまう」等で困っている場合は、限度額を自主的に引き下げることも可能です。

限度額を引き上げるのには審査を再び受けなければいけませんが、下げるのであれば電話1本で簡単に申し込むことができます。

ただし限度額いっぱいまで借り入れがある状態では下げることができないので、下げたい限度額の金額まで返済をしてから連絡をするようにしてください。

最初にお金を借りた目的を果たしたら、カードローンはさっさと解約してしまうことをおすすめします。

持ち続けていると、お金に困った時にカードローンの依存しがちになってしまうからです。

ただ長期間カードローンをきちんと利用できると、下記のようなメリットもあります。

限度額増額の審査では信用実績が重要になる

ただ逆に、「もっと限度額を引き上げたい」という利用者の方もいることでしょう。そんなときはたいていの場合、各カードローンのホームページ会員サービスから「限度額増額の申請」をすることができます。

引き下げるのはユーザーの意思で自由に行うことができますが、引き上げるとなればまた話は変わってきます。

なぜなら限度額を増額するためには、増額のための審査に通過する必要があるからです。そしてこの審査では「信用実績」が非常に重要になります。

信用実績はカードローンを利用してきた明細のステータスです。増額してもらうためには、目安として6か月以上は利用した実績をもって増額審査に申し込めると理想ですね。

これらはみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行。メガバンク3社を比べてみても同じことです。

カードローンの限度額まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 借入希望額が一定の金額未満であれば、収入証明不要で申し込みができる
  • 消費者金融では総量規制があるため、年収の3分の1をこえて借り入れすることはできない
  • 限度額を必要最低限にすることで、審査に通りやすくなる
  • 限度額を増額するためには、一定期間以上の信用実績を積み重ねる必要がある

いかがでしたでしょうか。カードローンは非常に利便性の高いキャッシングですが、自制することができないと限度額いっぱいまでお金を借りてしまうこともあります。

借り入れを申し込む前には一度自分を客観的に観察して、カードローンの借入希望額を決めることをおすすめします。消費者金融のカードローンへ申し込む際には、借入希望額が総量規制をこえないように気をつけましょう。

限度額を増額したい場合は、再度審査を受ける必要があります。増額審査では信用実績が非常に重要になるため、目安としてカードローンを使い始めてから3か月程度経過してから申し込むようにしてください。