銀行のカードローンの魅力って?特徴を徹底的に解説!

公開日:

カードローンというと、消費者金融からの借入というイメージを持つ人は少なくありません。

しかし、実際には銀行で借りることができるタイプのカードローンもありますし、銀行と提携している消費者金融のカードローンもあるなど、金利や借入先の信頼性などにも違いが見られます。

カードローンの特徴を理解しておくと、実際に利用するときに便利です。

そこで、こちらでは銀行のカードローンの内容や特徴、メリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

目次

銀行カードローンとは一体?

銀行カードローンというのは、消費者金融や信販系会社ではなく、銀行が発行しているカードローンのことです。

銀行からの借入というと、住宅ローンや教育ローンなどのように、担保や保証人をつけてまとまった金額を借りるというイメージを持つ人も少なくありません。

銀行カードローンも無担保、無保証人で利用可能

しかし、カードローンに関して言えば、小口の融資が基本である代わりに無担保でキャッシングができるようになっているため、担保の提供や保証人をつける必要がないのです。

そのため、銀行カードローンであっても、一般的な消費者金融のカードローンと同じような感覚で利用することができます。

銀行カードローンの特徴はいくつかありますが、消費者金融のようにキャッシングをメインとしてサービスを提供しているところとは違い、無担保でも審査はしっかり行われることが多いです。

一方で、民間企業と比べると資金力が豊富なこともあり、優良な債務者に対しては高額の融資を行うこともあります。

そのため、利用するときの感覚は消費者金融系のカードローンと似通っているとはいえ、自分が利便性を優先させるのか、借入上限額を優先させるのかによって、使い勝手の良い借入先は異なってきます。

銀行系カードローンもある!

銀行カードローンというのは、銀行が独自に提供しているカードローンです。

そのため、銀行と契約して借り入れをするというシステムになっていますが、これ以外にも銀行系カードローンというものがあります。

名称は似通っていますが、銀行系カードローンというのは契約相手が消費者金融系となっており、申し込み方法の豊富さや融資スピードの速さなどは一般的な消費者金融系のカードローンと遜色ありません。

一方で、銀行が提携していることで資金力が向上しており、銀行ならではのメリットもあります。

窓口となる消費者金融系が銀行グループの傘下に入っているケースがほとんどですが、母体となっている銀行と同等の信頼性があるという点で、他の消費者金融と比べてもアドバンテージを握っています。

銀行系カードローンを利用したい場合には、大手の消費者金融で探してみるとよいでしょう。

消費者金融系の中でも、長年誠実に営業をして信頼できるところもあれば、数年ごとに商号を変更して警察などの追及を逃れつつ、悪質な取立てをするところもあります。

銀行の傘下となっている消費者金融は、健全な運営をしているところが多い傾向です。

銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンは、消費者金融系のカードローンと比較していくつかのメリットがあります。

特にカードローンを利用したことがない人や長期的な利用を検討している人にとっては魅力的な特徴といえるでしょう。

主なメリットは以下のとおりです。

カードローン初心者にとってのメリット

カードローン初心者は、借入経験がないのでキャッシングに不安がある一方、滞納や借入残高などの審査におけるマイナス要素もありません。

初心者にとって特にありがたいメリットがいくつかあります。

銀行発行なので安心感がある

初めて借入をするにあたり、消費者金融は当たり外れの差が大きいですが、銀行ならばいずれも信頼性がある相手ですので、安心感があります。

対応もきちんとしているので、借入申し込みのときに怖い思いや緊張を感じることもありません。

キャッシュカード一体型がある(銀行による)

慣れていない人にとって、ローンカードを財布に忍ばせておくことには抵抗を感じるものです。

キャッシュカード一体型のローンカードならば、普段持ち歩いていても見咎められる心配もないでしょう。

長期利用者にとってのメリット

ローン初心者だけでなく、長期的な利用を検討している人にとっても、銀行ならではのメリットがあります。

消費者金融よりも金利が低い

銀行カードローンは低金利のところが多く、高額の借入や長期的な利用をする人にとっては利息の負担が少なくてすむところが魅力です。

利用限度額が大きいものが多い

資金力がある銀行のカードローンでは、数百万円単位のまとまった借入にも対応しています。

総量規制の縛りがない

消費者金融のカードローンでは、利用者の年収の3分の1以上の融資が受けられません。

しかし、銀行の融資はこの規制の対象外となっているため、審査に通れば年収に関係なく高額の借入ができます。

銀行カードローンを利用するデメリット

条件的には恵まれている銀行カードローンですが、デメリットもあります。

消費者金融よりも審査が厳しい

銀行カードローンの場合、無担保で高額の融資をすることも少なくありません。

そのため、リスクを軽減する目的で、利用者の返済能力などについて特に慎重に審査を行う傾向にあります。

審査内容が多岐にわたっているだけでなく、審査で融資をする基準も消費者金融系のキャッシングと比べて厳しくなっていることが多く、人によっては銀行では融資を受けられなかったものの、消費者金融では審査に通ったというケースが見られるのです。

すでに他社で借入をしている人や、収入が不安定な人などは、審査の段階で断られる可能性も考えておきましょう。

即日融資はできない

消費者金融の融資の場合、スピードの速さが大きな魅力となっています。

申し込み手続きをしてから数十分程度で審査結果が出るところが多く、中には早めの時間帯に申し込んだ場合、即日融資も可能なところがあります。

しかし、銀行では審査を丁寧に行っていることもあり、即日融資は期待できません。

急いで現金を必要としている場合には、消費者金融のほうが使い勝手が良いでしょう。

即日融資が受けられないのはなぜ?

申し込んだその日のうちに現金を受け取ることができる即日融資は、すぐにお金を必要とする人にとっては非常にありがたいシステムです。

消費者金融系のキャッシングでは、現在でも申し込むタイミングや申し込み方法などによっては、即日融資が可能となっています。

銀行カードローンに関しては、以前は即日融資を受けることができたものの、2018年1月からは利用できなくなりました。

かねてより銀行のカードローンにおける審査体制が不十分であることや過剰融資が問題視されており、サービスの拡大が続いてきた現状を規制するためです。

それに加えて、暴力団員が融資を受けようとした場合の抑止力も期待されています。

即日融資が受けられなくなった直接的な原因は、審査の際に申込者の情報を警察庁に照会するためです。

警察庁内で申込者が暴力団員等に該当するかを調べるために時間を要しますし、銀行内でも審査に時間がかかってしまうことから、シンプルでスピーディーな審査が不可能になり、即日融資ができなくなったのです。

銀行カードローンを発行しているのは?

カードローンを行っている金融機関は数多くありますが、全国的に支店を持っている主な銀行が直接融資を行うケースとしては、以下が挙げられます。

みずほ銀行

まとまった金額を借りることができ、来店や郵送なしで申し込みを完結することもできます。

どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介

三菱UFJ銀行

金利が低く、全国展開しているコンビニでも取引ができるため、地方の人でも利用しやすいです。

三菱UFJ銀行カードローンの審査について徹底検証!

りそな銀行

利用限度額に応じて、二つのコースから選ぶことができます。

東京スター銀行

スターカードローンはWEB完結で申し込みができ、利用限度額も1000万円と群を抜いて高額の設定です。

オリックス銀行

提携しているコンビニの種類が多く、あまりATMなどがないエリアに住んでいる人でも利用しやすいです。

イオン銀行

全国のイオングループで取引ができ、窓口が21時まで開いているので、忙しい人でも申し込めます。

銀行系カードローンを発行しているのは?

銀行が直接融資をするのではなく、銀行からの資金面などのサポートを受けながら、消費者金融が融資をしているケースもあります。

代表的なものが以下の業者です。

プロミス

プロミスは消費者金融としても営業期間が長く、老舗の大手です。

三井住友銀行グループの傘下に入っており、長年培ってきたノウハウを活かしたスピーディーな審査煮定評があります。

利用限度額の上限が500万円、金利が年4.5~17.8%と好条件でありながら、30日無利息のサービスも受けられます。

プロミスからお金を借りたらヤバいのか?実際の体験談から検証

アコム

三菱UFJ銀行グループの消費者金融であるアコムは、利用限度額の上限が800万円、金利が年3.0~18.0%と好条件の融資を行っています。

無利息期間も最大30日ありますので、借入内容によっては銀行よりも利息を抑えられます。

SMBCモビット

SMBCモビットは、プロミスと同じく三井住友銀行グループ傘下の消費者金融です。

利用限度額の上限が800万円、金利は年3.0~18.0%と好条件で融資を行っており、利用可能なATMの種類も豊富です。

銀行選びのポイントは?

銀行カードローンに申し込むときは、以下のポイントに注意して銀行を選びましょう。

最大限度額が融資希望額を満たしているか

審査によっては利用限度額が希望より低くなるケースも見られますが、そもそもの条件を見ておくことは重要です。

特に高額の融資を希望している場合、限度額がそれを下回っていると、複数の借入先に申し込まなければなりません。

金利が高くないか

長期の利用や高額の借入の場合は特に、わずかな金利の差がトータルの支払額に大きな差をもたらします。

銀行としての信頼性は高いか

銀行の中でも、対応が良いところ、営業期間が長く信頼性が高いところなどを選ぶことで、より安心して利用できます。

銀行カードローンへの申し込み方法

銀行カードローンへの申し込み方法は、支店窓口やATM、郵便などさまざまな選択肢があります。

近年ではほぼすべての人がパソコンやスマートフォンなどの端末を所有しているため、主にネットでのweb申し込みが主流となっています。

ネット申し込みがおすすめ

ネットの申し込みは24時間365日受付をしているため、忙しい人でも時間を見て手続きができますし、人と会話をする必要もないため、借入が初めての人でも気軽に申し込めるところが魅力です。

申し込み方法も簡単で、webページから住所や氏名、勤務先、年収などの必要事項を入力するだけです。

後は指示に従って本人確認書類などをアップロードすれば審査がスタートします。

審査結果が出たら、契約内容を確認して内容に同意すれば完了です。

申し込みに必要な書類って?

カードローンの申し込みでは、それほど複雑な手続きや豊富な提出書類は必要ありません。

基本的には、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類があれば事足りるでしょう。

ただし、一般的には50万円を超える高額な融資を希望している場合には、源泉徴収表や確定申告書、所得証明書などの自分の収入を証明する書類の提出を求められることが多いです。

また、専業主婦が配偶者の収入を合算して融資を受ける場合には、配偶者の借入についての同意書や、配偶者の収入を証明する書類が必要になるケースもあります。

特殊な借入をする場合や、まとまった金額の借入を希望している場合などは、申し込み先の注意事項などをチェックしましょう。

本人確認や在籍確認はされるの?

カードローンの審査でほぼ確実に行われるのが、信用情報の調査や本人確認、在籍確認などです。

本人確認は提出された書類をチェックしますが、職場で本当に働いているかどうかを確かめるためには、在籍確認も避けることはできません。

在籍確認は職場への電話がつながればよいとされていますが、多くの銀行では、プライバシーへの配慮の面から、職場の人に対してはカードローンの利用であることを伝えません。

銀行名を名乗り、申込者への取次ぎを依頼するにとどめていますので、仮に自分以外の職場の人が電話をとった場合でも、借入申し込みのための電話だとは気づかれないでしょう。

消費者金融の場合は、業者名も告げずに個人名で電話をかけてくることがほとんどです。

銀行カードローンで融資を受けるまでの期間は?

銀行カードローンでは、即日融資はできないものの、審査がスムーズであれば最短で翌日融資は受けられます。

もちろん、銀行によって融資を受けるまでの期間に違いはあるものの、以下のケースであれば比較的早く融資が受けられるでしょう。

キャッシュカード一体型

ローンカードを別途発行する場合は数日要しますが、キャッシュカードで借入もできる場合は、審査に通れば手元のカードですぐに現金が引き出せます。

振込融資

指定した自分名義の口座に振込融資をすることが可能な銀行ならば、営業時間内であれば早めに手続きをしてもらえます。

特に借入先の銀行の口座ならば、審査に通ればすぐに融資が受けられるでしょう。

カードレス

ローンのためのカードが一切なく、ATMやネット上の該当ページなどで借入額を入力することにより、現金を受け取ることができるという方法です。

カードの発行にかかる時間をカットできる上、カードを持ち歩かずに現金を手に入れることができます。

銀行カードローンでの借入方法

一般的な銀行カードローンでの借入方法は、専用のカードを使ってATMから現金を引き出すというものです。

銀行の預金口座からお金を引き出すのと同じ感覚で、融資額を入力することで現金を受け取ることができます。

利用限度額の範囲内であれば、回数や借入額の制限はほとんどありませんので、利息のことを考えると必要になった分だけ引き出し、資金が手元に入ったら早めに返すのが良いでしょう。

なお、銀行によっては、カードが届くまでの間は指定した預金口座に振込みをする方法で融資を行うこともあります。

この場合は、入金を確認したら自分の預金口座から現金を払いだす必要がありますので、営業時間外でもATMが利用できるキャッシュカードつきの口座を指定しましょう。

銀行カードローンでの返済方法

銀行カードローンを利用している場合、借入先によって利用可能な返済方法は全く異なっていますが、主に以下のような支払い方法があります。

約定返済

カードローンの約定返済は、契約時に定めた日に毎月一定の金額を支払うという内容です。

この場合の返済方法は原則一種類しかありません。

引き落とし

借入をしている金融機関の預金口座から、自動引き落としによって約定返済分を返していきます。

残高には気を付けておく必要がありますが、自分で毎月手続きをする必要はありません。

繰り上げ返済・滞納分支払い

約定返済以外に、資金ができた時に早めに返済をする繰り上げ返済や、約定返済分の口座残高がなく、支払いを滞納している時の返済があります。

この場合は、いくつかの返済方法があります。

ATM

借入先や提携先のATMから、現金やキャッシュカードを使って返済する方法です。

休日や夜間でも利用可能なため、忙しい人でも手続きがしやすいです。

ネット振込

インターネットバンキングの口座がある人は、24時間利用可能なネット振込の利用ができます。

端末があればどこからでも手続き可能です。

銀行振込

金融機関の窓口から、指定された返済受付用の口座に振り込む方法です。

返済日はいつなの?

一般的に、カードローンの返済は少なくとも毎月1回の約定返済を行い、それ以外は任意で行うというシステムになっています。

つまり、最低限約定返済だけをしていれば、きちんと返済をする利用者として評価が高くなっていくのです。

任意の返済については繰り上げ返済扱いとなり、高額の返済をしたからといって約定返済を免除してもらうことはできません。

約定返済日をあらかじめ確認しておく

約定返済日はカードローンによって異なっているため、申し込み前に銀行のホームページなどで確認しておきましょう。

すでに返済日が決まっているところもあれば、自分で自由に返済日を指定できるところもあります。

また、複数の候補日があり、その中で自分が使いやすい日を選べるというところも見られます。

毎月決まった日に給料を受け取るサラリーマンの場合は、返済しやすい日を選べるほうが利用しやすいでしょう。

口座からの自動引き落としになりますので、返済日前には残高のチェックを忘れないように行う必要があります。

大手銀行カードローン一覧

大手の銀行でもカードローンの取り扱いがあります。

いくつかの大手銀行のカードローン内容をご紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行では、バンクイックというカードローンの取り扱いがあります。

金利

借入額に応じて、年1.8~14.6%の金利です。

限度額

申込者の条件に応じて、10~500万円の範囲で設定されます。

メリット・デメリット

銀行だけでなく、提携しているコンビニのATMでも取引可能です。

また、テレビ窓口で申し込むと、その場でカードが発行されるなどのメリットがあります。

一方で、無利息期間などのサービスはなく、他行への振込融資も利用できません。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンという名称で、まとまった額の融資にも対応しています。

金利

年2.0~14.0%ですが、同行で住宅ローンを組んでいる人は、0.5%金利が引き下げられます。

限度額

10~800万円の範囲で設定されます。

メリット・デメリット

銀行カードローンの中でも、高額の融資に対応している点が大きな魅力です。

一方で、返済日が選べず毎月10日、同行の口座引き落としによる返済しかできないため、不自由に感じるというデメリットもあります。

三井住友銀行カードローン

金利

年4.0~14.5%の範囲で設定されます。

限度額

10~800万円の範囲で借入が可能です。

メリット・デメリット

同行に口座を持っていなくても借入ができる上、提携先のATMの種類も多く、使いやすいというメリットがあります。

一方で、高額借入の場合の金利は、他行と比較しても高めの設定になっている点がデメリットです。

安心感のある銀行カードローンを利用しよう!

このように、銀行カードローンは人によっては審査が厳しいと感じたり、融資が遅いことにやきもきしたりすることもあります。

しかし、利用限度額が高額であること、金利が低いこと、借入先が信用できることなどを考えると、安心して利用できるという大きな利点があるのです。

自分の収入や借入実績などが特に問題ない場合で、カードローンを利用したいのであれば、後々の借入にも柔軟な対応が期待でき、安心感のある銀行の利用を検討してはいかがでしょうか。

地方の銀行の場合には、本店や支店が管轄しているエリアに居住、あるいは勤務している人しか利用できないことがありますが、ネット銀行や大手の銀行などは、全国どこからでも申し込むことが可能です。

地方銀行カードローンは特性が違う

ただし、カードローンの申し込みでは、審査に落ちてすぐにほかの金融機関に申し込むというのはリスクが大きくなります。

短期間に多数の金融機関に借入申し込みをした場合、滞納などの経験がなくても申し込みブラック扱いになり、半年近くどこからも借りられなくなることがあるのです。

銀行によっては、事前に簡単な情報の入力で審査の見込みを知ることができる簡易審査も行っていますので、上手に活用しましょう。