即日融資OK!お急ぎの方へおすすめするカードローン4選

公開日: 最終更新日:

お金
銀行も消費者金融も即日でカードローンを発行できることはご存知ですか?

すべて同じ早さでカード発行をすることができるというわけではありませんが、大手の銀行や消費者金融なら最短30分で審査が完了します。

審査がすぐに完了するということは、当然即日融資を受けることもできます。お急ぎの方へ向けていくつかのカードローンをご紹介させていただきます。

即日融資OK!審査が難しくない消費者金融カードローン

「即日」という点で比べると、銀行よりも消費者金融の方が優れています。

また、審査通過率の点で見ても消費者金融の方が通過率が高く、初めてのキャッシングでも安心して申し込むことができます。

「消費者金融?サラ金から借りるのは嫌だなあ」と感じる方もいるかと思いますが、現在の大手消費者金融はそのほとんどが銀行グループです。

プロミス

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短1時間融資

現在の「プロミス」はあくまでサービス名であり、会社名はSMBCコンシューマーファイナンスといいます。文字通り、三井住友フィナンシャルグループの会社です。

初回限定!30日間の無利息サービス

プロミスの利用が初めての場合、初回限定で借りたお金に利息が発生しない「無利息サービス」を利用することができます。

借りる金額に関係なく、初回借入の翌日から30日間も利息0円になります。そのため、丸々1か月分の利息を支払わなくていいことになります。

もしこのサービス期間中に全額返済ができれば、初めに借りた元金と同じだけの金額を返せば良いだけという事になります。全額返済できなくても、なるべく返済しておくことでその後の負担を減らすことができます。

無利息にするためには、「利用明細をWeb受け取りにすること」と「メールアドレスの登録」が必要になります。

優秀な振込キャッシングサービス「瞬フリ」

カードレスの取引にはなってしまいますが、プロミスには「瞬フリ」という便利な振込キャッシングサービスもあります。

通常の振込キャッシングであれば、即日融資を受けるためには14時50分までに申し込まなければいけません。ただし三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば話は別です。

どちらかの銀行口座を振込先に指定すれば、なんと「24時間いつでも受付可能」になり、さらに「申し込みから最短10秒で振込」をしてくれるという優秀なサービスです。

アコム

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分審査

現在、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社でもあります。

初回限定の30日間無利息サービス

プロミスと同様、アコムにも初回限定で利用できる無利息サービスがあります。この2社の他には、アイフル、ノーローン、レイク(※)で無利息サービスが利用できます。(※レイクは現在新生銀行カードローンです)

プロミスが「借入日の翌日から」となっているのに対して、アコムは「契約日の翌日から」無利息サービスが始まります。そのため、プロミスの方が日にちの余裕はありますね。

とはいえ、即日融資を希望する方にとっては些細な問題です。気にせずに申し込みましょう。

ちなみに、無利息サービスを利用するためには「返済日を35日サイクル制」にする必要があります。

「むじんくん」は年中無休

アコムの自動契約機「むじんくん」はほぼ年中無休で稼働しているので、申し込みやすいというメリットがあります。

むじんくんは平日休日問わず8時~22時まで営業しており、大きな駅の周りにあるビルに設置されていることが多いです。

外出先で急に困った場合でも、運転免許証等の本人確認ができる書類さえあればいつでも申込が可能です。

最短即日利用可能な銀行カードローン

銀行というと「手続きが遅い印象が強い」という方は大勢いらっしゃると思いますが、最近では消費者金融並に審査スピードの早い銀行カードローンも続々と現れてきています。

審査通過率の点で言うと消費者金融にはまだまだ及びませんが、バンクイックの保証会社がアコムであるように、消費者金融が保証会社の場合は審査も通りやすいです。

今回は銀行の中でもより安心できるメガバンクの2社をご紹介いたしますよ。

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0~14.5%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短即日利用可能

モビットも属する三井住友グループの銀行カードローンですね。(※)

低金利・高限度額・審査スピードが早い

少なくとも今回ご紹介している4つのカードローンの中では、一番「低金利・高限度額」のカードローンです。金利が低いというのは、少額キャッシングでもまとまったお金の借り入れでも有利に働きます。

金利の上限を見れば、アコムとは年3.5%の差があります。仮に10万円を1年借りたとすると、単純計算で利息に約3,500円の差ができることになります。

借りる金額が増えれば増えるほど、あるいは返済期間が長くなればなるほど、この利息の差は大きくなります。

キャッシュカードと合わせて利用できる

三井住友銀行カードローンは口座を持っていなくても申し込むことができますが、すでに口座を持っていてキャッシュカードをお持ちの場合、カードローンと合わせて利用することができます。

具体的には、お持ちのキャッシュカードにローン機能を付与することができます。もちろん、ローン専用カードを発行することも可能です。

キャッシュカード兼用型にするメリットとしては、カードがかさばらないことや、カードを見られてもローンカードだと気付かれないことがあります。

ただし家族に内緒でキャッシングをするのはあまりおすすめできないので、周りの人に迷惑が掛からないように細心の注意を払いましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 審査スピード:最短30分、テレビ窓口ならカード発行が最短40分

アコムが属する三菱東京UFJ銀行グループのカードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも審査スピード・即日融資ともに早いカードローンです。

最短40分あればその他でカード発行可能

バンクイックの最大のメリットはカード発行が早いこと、つまり申し込みから借り入れまでの時間が1時間かからないことが優れている点です。

運転免許証だけ持って三菱東京UFJ銀行支店内のATMコーナーにあるテレビ窓口へ行けば、営業時間中はいつでも申込が可能です。

免許証をお持ちでない場合はテレビ窓口での即日カード発行ができないので注意しましょう。

その場合はWeb申し込みから入って、健康保険証やパスポートで審査に申し込んで結果が出た後に、カード発行だけテレビ窓口で行うのが手っ取り早いです。

専業主婦も利用できるカードローン

専業主婦の方はご自身の収入がないため、申込条件に「安定した収入」が求められる消費者金融や一部銀行のカードローンへは申し込むことができません。

一方で、三菱東京UFJ銀行カードローンを始めとした多くの銀行カードローンは専業主婦の方も利用できるカードローンが多いです。

ほとんどは借入限度額が10~50万円程度に制限されるようになっていますが、バンクイックにはそういった内容の記載はありません。10~100万円程度の借入限度額で契約できると思っていても良いでしょう。

これだけ守れば大丈夫!3つの審査対策ポイント

短期間にいくつも申し込みをしない!

カードローン初心者がよくやりがちなのは、どれか1つでも審査に通りたいと思って一度にあるいは短期間にいくつものキャッシングへ申し込んでしまうことです。

これは「多重申込」と呼ばれていてキャッシング業界ではタブーの1つとされるだけでなく、申込者はもちろん審査に落ちやすくなってしまいます。

そのため、1度に申し込むのは1社か2社程度までに厳選して申し込むことをおすすめします。

ちなみに、カードローン等への申込情報は6ヶ月の間は記録が残るので、2度目以降の申し込みは1度目の申込日から数えて半年後以降に行うことをおすすめします。

借入限度額は必要最低限にすること

カードローンは限度額内で自由に借り入れや返済ができるという特徴があります。

そのため、借り入れを希望する金額を聞かれたときに「もしもの時何かあったら」と考えて、つい多めの限度額を設定しがちです。

これをやめましょう。限度額は、今回カードローンを申し込むに至った原因に必要な分だけを申し込むようにしてください。

金融会社側からすれば希望限度額が低ければ低いほどお金を貸しやすいわけですから、審査に通りやすくなります。

もし後から限度額以上に借りたいと思った時は、増額のための審査を受けることで引き上げることも可能です。

逆に限度額を引き下げたい場合は、電話1本で下げることもできます。

枠があったらその分借りてしまうという方は、自分に厳しくいきましょう。

他社借り入れがあれば極力減らしてから申し込もう

すでにカードローンを利用されていて、今回が2件目以降の審査申し込みということであれば、出来る限り借り入れ件数や借入残高を減らしてから申し込むことをおすすめします。

現にカードローン業界では「他社借り入れが4件以上あると審査に落ちる」という説が常識になっており、現に4社以上で審査に通ったという口コミは私も見たことがありません。

4社以上あれば、借り換えローンやおまとめローンを活用して3社以上に減らしてから申し込む必要があります。

ただそこまで借りてしまうと返済不能に陥ってしまう可能性が高いので、早い段階で「もう返済を続けられない」とわかったら、弁護士に相談して「債務整理」を行うことをおすすめします。

新規で借りることができたとしても、借金は全額返済できない限りなくなりません。

自力での返済が困難ならば、見切りをつけて法的手続きを取ってもらうことも必要です。

土日祝日も利用できる便利な自動契約機

「土日祝日にカードローンの発行はできるの?銀行は閉まってるから難しそう」という質問を頂いたことがあります。

答えを先に言うと、銀行でも消費者金融でも土日祝日にカードローンを発行することは可能です。自動契約機は土日祝日も稼働しているので、平日と同様に申し込みが出来ます。

ただし自動契約機によっては土日祝日の営業時間が短くなっている可能性があるので、平日と同じだと思い込んで行ったらもう終わっていたなんてことがないよう事前の確認はしておいた方が良いですね。

在籍確認なしでもカードローンは発行できますか?

土日祝日の即日カードローン申し込みで1つハードルとなるのが、「在籍確認をどうするか」という問題です。

申込者の勤務先が土日祝日に休みになる場合、在籍確認ができません。現在のキャッシングは審査を経て在籍確認が取れないとカードローンを発行するわけにはいかないのです。

そうなると、対策としては「申込者自身が休みの会社に行って電話を取る」「勤務先を証明できる所得証明を在籍確認の代わりにする」といった方法がとられます。

土日祝日に即日でカードローンを利用したい場合は、上記のことにも対応できるよう準備しておいた方が良さそうですね。

無職でも即日で融資を受けることはできますか?

結論から言うと、無職の方はカードローンを利用することはできません。カードローン関係なく、キャッシングを利用するためには最低限2つの条件をクリアする必要があるからです。

  • 満20歳~65歳前後まで
  • 現時点で毎月一定の安定した収入があること

この条件があるので、毎月の給与が安定している正社員は審査に通りやすい傾向があります。

ただパートやアルバイトの方も、同じバイト先で数か月以上働いていて毎月給料をもらっていれば、カードローンを発行してもらうことは難しくありません。

無職のままでは審査に通ることができないので、定職に就いたり、アルバイトを始めたり、派遣会社に登録してみるというのも手です。

(専業)主婦も借りられるカードローンはあるの?

ご自身の収入がある主婦も、ご自身の収入がない専業主婦も、それぞれ利用できるカードローンはあります。

ご自身に収入がある場合は、「満20歳以上で毎月一定の安定した収入がある」という申込条件を満たしているので、消費者金融も銀行カードローンも申し込みが可能です。

審査に通るかどうかは個人の信用情報や返済能力次第ですが、パートアルバイトをフルタイムで働くような必要はありません。

アルバイトが週5でも週3でも、毎月一定の収入があればそれに応じて借入限度額を契約すればいいだけですからね。

借り入れを希望する金額が多すぎると審査には落ちてしまいますが、収入に応じて希望する金額を抑えれば審査に通るのは難しいことではありません。

ただし専業主婦のようにご自身の収入がない場合は、配偶者がいれば銀行カードローンを利用することができます。

審査の申し込みの際は本人確認書類のみ提出すれば良いので、夫に内緒でバレずに契約することができますが、お金の問題は早めに打ち明けておいた方がのちのトラブルに繋がらずに済みます。

ちなみに、専業主婦が銀行カードローンを利用する場合は限度額に上限が設けられます。

先ほど紹介した「バンクイック」や「みずほ銀行カードローン」では、借入限度額30万円という上限を設けて専業主婦も利用することができるカードローンになります。

その他にも、「楽天銀行カードローン」や「イオン銀行カードローン」では、限度額50万円まで借りることができます。

この場合は金利も上限で固定されることになるので、返済が遅れないように気をつけましょう。

学生も借りられるって本当ですか?

満20歳以上であれば、学生も自分名義でカードローンを契約することが可能です。

実家暮らしの方だと自宅に郵送物が届くと困ってなかなか手を出せないカードローンですが、近頃はすべてインターネット上で明細も管理することができます。

大手はそのあたりのサービスが進んでいるので管理も非常に楽ができます。

具体例で言うと「プロミス」はWeb明細を利用して、郵送物が自宅へ一切届かないようにすることができます。

カードローンの受取も、郵送ではなく自動契約機での発行にすれば家族の目に触れることはありません。(ゴミには気をつけましょう)

ただいくらアルバイトをしていても、学生という立場上そこまで収入があるわけではないので借入限度額は10~30万円程度になります。

学生にとって数万円のまとまったお金を用意することは難しいですが、カードローンを活用することでその問題も対処することができます。

借り入れてから数か月は返済しなければいけないはずなので、しばらくは節約をして生活しましょう。

即日カードローンまとめ

即日カードローンについてまとめると以下の通りです。

  • 即日融資が可能なカードローンは全体的に普及してきている
  • 基本的には消費者金融の方が審査スピードは早いが、銀行カードローンも早いものが増えている
  • 自動契約機は土日祝日も営業しているので、在籍確認をどうにかすれば借り入れは可能