そもそもカードローンとは?キャッシングとの違いから徹底解説

公開日:

ATM

すっかり我々の生活にも馴染み、一般的な存在となっている「カードローン」。

他にも多数あるローン、「住宅ローン」「マイカーローン」「リフォームローン」と何が違うのでしょうか。

そして一般的にクレジットカードで借り入れるための「キャッシング」との違いは?

他のローン、他の借り入れと比べながら、カードローンについて詳しく調べていきましょう。

カードローンとはどんな商品なのか?

そもそも、「カードローンとは?」と疑問に思っている方に向けて、カードローンの基本的な説明から始めたいと思います。

カードローンとは、率直に言えば、「カードを使ってお金を借り入れるタイプのローン」です。

基本的にカードローンは、カードをATMに挿入して、ATMからお金を借り入れます。

カードローンなら、まるでキャッシュカードを使ってATMからお金を引き出すかのような気軽さで、消費者金融や銀行からお金を借り入れることができるのです。

様々な金融機関が運営する無担保ローン

カードローンを運営しているのは、テレビCMでもおなじみの消費者金融だけではありません。

銀行、その他信販会社でも、カードローンが運営されています。

カードローンは利回りが大きく、金融機関にとって美味しい商品なのです。

それぞれの期間ごとに違うカードローンの特徴、細かく調べておきましょう。

銀行カードローン

都市銀行、地方銀行、その他銀行が運営するカードローンです。

銀行カードローンの特徴は「金利が低い」「限度額が高いもの多い」「借り入れたお金に安心感がある」など。

銀行は資本が大きく、カードローンに頼らずに経営が行われることもあり、カードローンの条件が緩い場合が多いのです。無理してカードローン契約者数を増やさなくて良いということです。

「低金利のカードローンで借りたい」という方には、私なら銀行カードローンを勧めます。

消費者金融のカードローンより劣る点を考えると、サービス面が弱いところでしょうか。消費者金融なら即日審査、即日融資で借り入れることができるところ、銀行カードローンは審査だけで数日かかってしまうこともしばしばです。

消費者金融カードローン

カードローンの代表が、この消費者金融カードローンです。

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比べて金利が高いものの、とにかくサービスに優れていて、お金を借りやすく返しやすいです。

また、即日審査、即日融資に対応したカードローンが多いのも特徴です。

サービスが網羅されており、消費者金融のカードローンは利用ハードルが低いですが、その金利の高さゆえ返済が困難になることもしばしばです。

消費者金融の数は多く、カードローンは多種多様です。借り入れ前にしっかりと消費者金融を比較してください。

消費者金融比較ガイド【2018年最新版】

信販会社カードローン

クレジットカードを運営する信販会社も、カードローンを運営しているところが少なくありません。

信販会社のカードローンは、ちょうど消費者金融カードローンと銀行カードローンの中間のような存在。消費者金融とも銀行とも違う、独特の借りやすさです。

信販会社のカードローンは、独自のポイントシステムやステージプログラムを導入しているものもあり、まるでクレジットカードかのような使い勝手。

審査基準も、信販会社独自の設定が組まれており、甘いとも厳しいとも言い切れない設定です。

クレジットカードヘビーユーザーなら、審査基準が甘くなるのを狙って申し込んでみても良いかもしれません。

カードローンのメリット

カードを使ってお金を借り入れるカードローン。

そのメリットを調べてみましょう。

メリットを知ってないと、いざ実際に利用しようと思っても、思ったとおりにいかないことも多いです。

審査が甘い

特に消費者金融のカードローンですが、審査基準が甘く設定されていることも多いです。

たとえ年収が低かろうと、たとえアルバイトでも、たとえ多少信用情報に傷がついていても、問題なく審査に通ることもしばしば。

無担保、無保証人でも、金利を高くして「対人信用」システムで審査することで、審査基準を引き下げることができています。

審査の緩いカードローンを知りたい方はこちら→「審査の緩いカードローンは存在するのか?審査基準の違いとは?

安定収入があれば審査に通る

カードローンの審査でも、当然収入、年収の問題は大きく関わります。

しかし心配いりません。多くのカードローン審査で求められる条件は、「安定収入」です。たとえ、アルバイト収入でも、その収入が安定していると判断された時点で、カードローン審査に通るのです。

銀行カードローンなら専業主婦でも借り入れ可能

消費者金融は、貸金業法の中の一つ「総量規制」の対象です。総量規制の制限を受けてしまうと、年収の3分の1までしかお金を借り入れることができなくなってしまいます。

年収が300万円なら、借り入れることができるのは「100万円」です。これが年収0円なら、借り入れることができるのも「0円」となってしまうのです。

しかし銀行は貸金業者ではありません。貸金業法の制限も受けません。

つまり銀行カードローンなら、年収にこだわらない借り入れが可能だということ。すべての銀行カードローンではないですが、専業主婦も利用可能です。

また、審査で返済能力が認められれば、かなり高額の借り入れも可能です。

担保も保証人もなしで借入可能

他のローンは、借り入れに担保や保証人が必要な場合がほとんど。

しかしカードローンは基本的に「無担保」「無保証人」で借り入れが可能です。

たとえどれほど高額な借り入れになろうとも、対人信用で借り入れが可能です。

即日融資を受けられる

お金の借り入れに焦っている方も多いはず。

そんな方でも、特に消費者金融のカードローンを使えば、即日融資での借り入れが可能です。

申し込んでから最短で30分ほどで審査結果が出て、その後簡単な手続きを行うことで、借り入れカード発行、または振込融資が行われることになるでしょう。

即日融資に対応しているカードローン、実は少なくないのです。

即日融資で借りられるカードローン!今日中に借りれる?

借り入れ目的が原則自由

目的別に借り入れるローンと違い、カードローンは借り入れる用途が原則自由です。

たとえレジャー目的でも、他のローン返済のための借り入れでも、急な出費に対応する目的でも、カードローンが活躍します。

事業目的以外で、原則どんな目的でも対応できます。カードローンならあらゆる場面の金欠に悩んでいる人を助けてくれるのです。

限度額いっぱいまで何度でも借入可能

カードローンの良いところは、限度額に達するまでなら何度でも追加融資を受けられるという点です。

通常のローンなら、一度お金を借りたら、あとはそのお金を返すだけ…となるはず。

これがカードローンなら、限度額に達するまで何度でも、ATMからお金を借り入れることができるのです。

これで自制心がないと、「自分の口座にお金が入っている」かのような錯覚で借りすぎてしまうリスクが発生するわけですが…。

振込融資にも対応

上では、カードを使ってATMから借り入れると説明しましたが、最近のカードローンは借り入れにカードすら必要ありません。

最近は、ネットからカードローンの会員ページにアクセスして、ネットから自分の口座に振込融資を依頼できるのです。

もはやカードレスで借入可能な時代が来ているのです。

即日審査に通る方法と即日振込の借入方法!どのカードローンが即日振込に対応しているのか?

カードローンのデメリット

もちろん、メリットがあるということはデメリットも存在するということです。

カードローンのメリットは、消費者金融や銀行のカードローン公式サイトで声高に言われていますが、デメリットまでは親切に教えてくれないでしょう。

ここで、しっかりとカードローンのデメリットも気を配っておきたいです。

他のローンより金利設定が高い

まず、カードローンは金利が他のローンより高めです。

もちろん、金利が低いカードローンもありますが、消費者金融のカードローンなどはほとんど上限金利が「18%」と高めの設定。

金利が高いと、それだけ多くの利息を支払うことになるので、返済の負担は大きくなってしまいます。

貸金業法改定で、金利上限は引き下がったものの、まだまだ利用者の財政を圧迫する設定なのは間違いありません。

簡単に、銀行カードローンと消費者金融の銀行カードローン金利を比較してみましょう。

プロミスのカードローン金利 三菱UFJ銀行カードローン金利
4.5~17.8% 1.8~14.6%

わかりやすく、三菱UFJ銀行カードローン金利が低いのがわかりますね…。

自制しないと借りすぎてしまうリスクがある

上でも述べた通り、カードローンは限度額まで何度でも追加融資を受けられるのがメリット。

この特性ゆえ、気をつけてないと、自分の持つ返済能力を超えた借り入れを行ってしまうリスクもあるのです。

あくまでカードローンを利用して借り入れるのは「借金」であることを、胸にしっかり刻みながらお金を借り入れてください。

リボルビング方式での返済は完済まで時間がかかる

多くのカードローンが採用しているのが「リボルビング返済方式」。

この方式では、毎月利息と元金の返済額をあわせた「最低返済額」を返済していくことになります。

最低返済額はほとんど利息で、元金の返済にあてられるのはわずかな額。この最低返済額で返済を続けていても元金は減らず、完済まで長い時間を要します。

また、カードローンの追加融資を受けやすい特性ゆえ、返済期間中に再び借り入れてしまうこともあるでしょう。

追加融資を受けてしまうと、それによりまた完済は遠のきます。

キャッシング利用が周囲にバレかねない

カードローンは審査において「在籍確認」という、金融機関から企業への電話確認が必須です。

名前はふせられるものの、消費者金融や銀行から電話がかけられるため、怪しむ同僚も出るでしょう。

また、在籍確認に詳しい人なら「在籍確認だな」と勘付きます。

他にも、カードローンの借入カードが家に届いてバレるなど、カードローン利用がバレる経路は意外と多いです。

カードローン利用記録が信用情報に残る

カードローンに申し込んだ段階から、その記録が信用情報に残ってしまいます。

信用情報は、その後あらゆる審査に影響するため、できればクリーンな状態で置いておきたいです。

しかしカードローン利用記録は1から10まで残ってしまう…。とはいえ、カードローンを申し込んだり、利用しただけでは、「ブラック」とはなりません。

問題はこれが「返済遅延」などのトラブルです。返済が遅れたトラブルが記録された段階で、信用情報は「ブラックリスト入り」となってしまうでしょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違いは?

カードローンと似たスタイルの借入ができるのが、「クレジットカードのキャッシング」です。

クレジットカードのキャッシングとカードローン、それらの明確な違いはどこにあるのでしょうか。

どちらで借り入れたほうが良い、ということはあるのでしょうか?

結論からいうと、カードローンとクレジットカードのキャッシング、それらに大きな違いはありません。

ただ、純粋に借入のみを考えているなら、カードローンのほうが適している…と考えています。

カードローンは「借り入れ目的」

カードローンは、ただ純粋に借入のみを目的とした金融商品です。

利用者の借入と返済をサポートするサービスが多数設定されています。

そして「年会費」も異なるでしょう。クレジットカードは、カードによって年会費がかかるものがありますが、カードローンの借入カードに年会費はかかりません。

利用者の負担なく、純粋な借り入れが可能なのが、「カードローン」です。

キャッシングは「クレジットカードのおまけ」

クレジットカードのキャッシングは、あくまでクレジットカードのメインである「ショッピング」のおまけです。

そのため、カードローンより金利設定が高く、借り入れのサービスも弱い場合があります。

すでにクレジットカードのキャッシングを利用して、現在返済中だ…なんて方は、カードローンに借り換えることで利息を節約することができるでしょう。

クレジットカードのキャッシングは、「継続して長期間借り続ける」のに向いているとは言えないサービスです。

返済方式は似ている

クレジットカードのキャッシングも、カードローンのキャッシングも同じく「リボルビング返済方式」が設定されていることが多いです。

限度額まで何度でも追加融資を受けられて、約定返済額は少額なのもよく似ています。

借り入れを長期間行う予定があるなら、カードローン。ほんのちょっとショッピングのお金が今すぐ必要なら、クレジットカードのキャッシングといったところでしょうか…。

私個人としては、今すぐ少額借りたい場合でもカードローンを利用するべき、とも思いますが…。

カードローンの返済時支払う利息の計算方法

カードローンでお金を借りた場合、どれくらいの利息を支払うことになるのか、先に知っておきましょう。

カードローンの利息は、「借入金額×金利÷365日×借入期間」で割り出されます。

金利が高い、と時折揶揄されるカードローンですが、実際に支払うことになる利息はいったいどれほどの額なのでしょうか。

金利18%100万円借り入れの場合

一例として、100万円を金利18.0%で借り入れた場合の利息を計算してみましょう。

この場合は、「100万円×18%÷365×30」で割り出します。

答えは「1万4千794円」となります。18%金利で、100万円借り入れたとしたら、その月の返済で1万4千794円の利息を支払うことになるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「そもそもカードローンとは?」という観点から、カードローンの基本情報を説明しました。

カードローンをすでに使っている方も、これからカードローンでお金を借りようと思っている方も、実はカードローンの基本的な情報は把握できてないのでは?

ここいらで、カードローンの基本に立ち返ってみましょう。