キャッシングとは?クレジットカードとキャッシングローンの違いと特徴

公開日: 最終更新日:

お金
正直なところ、キャッシングというのは要するに借金のことです。現在では現金を借りることを広い意味で「キャッシング」と呼びます。

ただ一言にキャッシングといっても、どんなやり方でお金を借りるのかでまた話が変わってきます。

お金を借りるとしたら「クレジットカード」あるいは「銀行・消費者金融」の2つに大きく分けられます。

まずはこの2つの違いからご説明をして、キャッシングについて掘り下げてご紹介していきたいと思います。

クレジットカードのキャッシング機能について

まずはクレジットカードからです。

クレジットカードといえば、主に皆さんが利用するのは「ショッピング機能」です。

まとまったお買い物をした際などは、会計時にカード払いをすることがよくあるでしょう。

一方で、クレジットカードには「キャッシング機能」もあります。ATMを利用して現金を借り入れする機能です。

利用者はあまりいませんが、実は申し込みの時点でこの機能もついてきます。

基本的に、キャッシング機能の借入可能額はショッピング機能の内部に含まれています。

キャッシング機能がよく使われるクレジットカードでは、以下のカードが代表的です。

  • イオンカード
  • エポスカード
  • セゾンカード
  • 楽天カード

クレジットカードのキャッシング機能をおすすめできない理由

ただ、キャッシング目的でクレジットカードを利用するのはあまりおすすめできません。

確かに以下のようなメリットもあります。

  • 海外で現地ATMからキャッシングが可能なので、通貨の両替が不要
  • カードを契約した際、すでにキャッシング枠がついているのですぐにATMで借り入れ可能

ただ、下記のデメリットの方がそれを上回るように感じます。

  • 金利が高い:固定金利であることも多く金利が高いため、長期の借り入れには向いていない
  • 借入限度額が低い:まとまったお金を借りるのには向いていない
  • ATM手数料がかかる:取引回数が多くなるほど損をする

これらのことからクレジットカードのキャッシング機能は、まとまったお金を借りるのには向いていません。

さらに言えば、金利が高いので短期的な借り入れでも損をします。

これならば、金利がもっと安い銀行や消費者金融のキャッシングローンを利用した方が良いと私は思うのです。

銀行や消費者金融でのキャッシング

銀行や消費者金融でのキャッシングのやり方は、大きく分けて2つあります。

  • 振込キャッシング:指定先の銀行口座への振込キャッシング
  • カードローン:ローン専用カードを発行してもらってATMでキャッシング

今では後者の「カードローン」が主流となっています。

クレジットカードと被る部分が多いですが、そこは混同しないように気をつけましょう。

クレジットカードとは違ってもちろんショッピング(代替支払)機能は備わっていませんが、代わりに金利や限度額、サービスに優れたキャッシングです。

筆者がおすすめするカードローンTOP3

クレジットカードのキャッシング機能とどれくらい違うのかはさておき、私が皆さんにおすすめしたいカードローンをご紹介させていただきます。

どれもメリットが多いカードローンなので、これからお金を借りることを検討されているなら一度詳細を見て頂きたいと思います。

第1位:プロミス

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短1時間融資

現在は三井住友銀行グループの大手消費者金融「プロミス」。

その最大のメリットは、とにかく審査スピードが早いことです。

大きな駅の周りには自動契約コーナーが多く設置されているので、お急ぎの場合も申し込みがしやすいという点で優れています。

Point! 振込キャッシングサービス「瞬フリ」

自動契約機を利用すれば最短1時間でカードローンを契約できるのも大きなメリットですが、プロミスは振込キャッシングでもスピードの早さが目立ちます。

会員サービス「瞬フリ」を利用すれば、24時間いつでも申し込みから10秒程度で指定口座へ振込が可能です。

利用するためには、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を振込先に指定する必要があります。

つまり、ほぼ必ず即日融資を受けられるという優れたサービスです。

その他の口座が振込先の場合は、申し込みが平日の9時~14時50分までの間でなければ即日融資を受けることができません。

第2位:三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、テレビ窓口なら最短40分でカード発行

実はメガバンクの中でメインバンク率が一番高い三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、銀行カードローンながら消費者金融並みに審査スピードが早いメリットがあります。

低金利でありながら審査通過率が銀行カードローンの中では高いので、初めてキャッシングを利用する方も申し込みやすいです。

Point! 最短40分で融資可能なテレビ窓口申し込みのやり方

バンクイックの「テレビ窓口」は、三菱東京UFJ銀行支店のATMコーナーの端に設置されています。

仕切りで見えないようにはなっていますが、出入りの瞬間は人目についてしまうところが玉に瑕です。

テレビ窓口で1から申し込む場合は、本人確認に運転免許証が必要です。

それ以外の健康保険証やパスポートだとWeb申し込みからになるので気をつけましょう。

免許証を提示する箇所はテレビ窓口の下部にあって、少しくぼんだ部分にあるので「本当にここでいいのかな?」と思うかもしれませんが、そこへセットすれば自動で読み込んでくれます。

あとは案内にしたがって申し込み画面を進めるだけで最短40分です。

思ったよりもカード発行はあっさりできます。

第3位:みずほ銀行カードローン

  • 金利:年3.0~14.0%
  • 借入限度額:10万~1,000万円
  • 審査スピード:最短即日

三菱東京UFJ銀行と同じくメガバンクのみずほ銀行カードローンは、なんといってもその低金利・高限度額のキャッシングが最大のメリットです。

他のキャッシングと違って審査に若干時間はかかりますが、即日で利用できることに変わりはありません。

Point! キャッシュカード一体型を選べる

カードローンは基本的にローン専用カードを自動契約機から発行してもらうものですが、みずほ銀行カードローンはキャッシュカードを持って入れば新しくカードを発行する必要がありません。

キャッシュカードにローン機能を後付けする「キャッシュカード一体型」を選ぶことも出来るからです。

もちろんローン専用カードを別で発行することもできます。

カードがこれ以上増えると管理が大変になったり、財布の中を見られた時にすぐにバレてしまうというようなリスクを未然に防ぐことが出来るサービスです。

キャッシングの金利について

  • 銀行の平均:年3.0~14.5%前後
  • 消費者金融の平均:年4.5~18.0%前後
  • クレジットカードの平均:年15.0~20.0%

表を見ればわかる通り、原則銀行のキャッシングの方が低金利です。

ただ銀行カードローンによってばらつきは結構あります。

一方で消費者金融は下限金利こそばらつきはあれど、上限金利はほとんどが「年18.0%」です。

クレジットカードは固定金利が多いですが、変動のものと合わせるとあれくらいの平均です。

初回に適用される金利は上限金利から

「○○~○○%」というように表示されている変動金利が、現在のキャッシングでは基本です。

ただ実際に「どれくらいの金利が適用されるのかがよくわからない」という方が多いです。

覚えてほしいのは、「初めの金利はそのキャッシングの上限金利が適用される」ことです。

銀行なら年14.5%前後、消費者金融なら年18.0%前後となります。

「審査次第で適用される金利は個人で変わる」と考えてしまいがちですが、以下の表の通り金利は借入限度額によって上限が定められています。

  • 借入額が10万円未満のとき、適用できる上限金利は年20.0%まで
  • 借入額が10万円以上100万円未満のとき、適用できる上限金利は年18.0%まで
  • 借入額が100万円以上のとき、適用できる上限金利は年15.0%まで

要するに、100万円をこえる借入額でなければ金利が年18.0%を割ることはありません。初めから上限金利が低めになっている銀行は別です。

キャッシングの利息について

皆さんは、借入額と金利に対してどれくらいの利息が発生するのかを把握しているでしょうか?仮に10万円をキャッシングしたときの1ヶ月の利息を金利別に表すと、以下の通りです。

  • 金利年14.0%の銀行:10万円×14.0%×30÷365=約1,150円
  • 金利年18.0%の消費者金融:10万円×18.0%×30÷365=約1,500円
  • 金利年20.0%のクレカ:10万円×20.0%×30÷365=約1,650円

表を見ればわかる通り、銀行とクレカの比較では金利差5.0%で利息に約500円の差が開いていることがわかります。

この差は、借入額がさらに増せば増すほどさらに顕著になっていきます。

「返済方式」次第で利息はもっと大変なことに

現在のキャッシングで主流となっている返済方式は、クレジットカードで言うと「リボ払い」です。

いわゆる「分割払い」でもありますが、リボ払いは毎月の返済額が少なく利用者の負担が少ないという特徴があります。

銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンにも似たような返済方式があり、「残高スライド返済」というものがあります。

借入残高にしたがって毎月の最低返済金額が決まっており、利用者の負担が少ないように毎月の最低返済額は低いです。

このどちらとも、実は支払う利息の合計が非常に大きくなってしまうというデメリットがあります。

利息というのは基本的にお金を借りている期間に応じて発生していくもので、その期間が長いほど積み重なっていくものです。

そのため毎月の利息が少ないように見えても、それを毎月や毎年ペースで考えて合わせると通常よりも大きな金額となります。

実際に比較をしてみたほうがわかりやすいと思いますので、下記の条件で比べた表をご覧ください。

  • 借入金額:50万円
  • 金利:年18.0%
  • 比較対象:返済期間が変動した場合の合計支払利息
ケース①返済期間:12ヶ月

  • 返済額:45,839、元金:38,339、利息:7,500
  • 返済額:45,839、元金:38,915、利息:6,924
  • 返済額:45,839、元金:39,498、利息:6,341
  • 返済額:45,839、元金:40,091、利息:5,748
  • 返済額:45,839、元金:40,692、利息:5,147
  • 返済額:45,839、元金:41,303、利息:4,536
  • 返済額:45,839、元金:41,922、利息:3,917
  • 返済額:45,839、元金:42,551、利息:3,288
  • 返済額:45,839、元金:43,189、利息:2,650
  • 返済額:45,839、元金:43,837、利息:2,002
  • 返済額:45,839、元金:44,495、利息:1,344
  • 返済額:45,835、元金:45,168、利息:677

合計利息:50,074円

ケース②返済期間:24ヶ月

  • 返済額:24,962、元金:17,462、利息:7,500
  • 返済額:24,962、元金:17,724、利息:7,238
  • 返済額:24,962、元金:17,990、利息:6,972
  • 返済額:24,962、元金:18,260、利息:6,702
  • 返済額:24,962、元金:18,534、利息:6,428
  • 返済額:24,962、元金:18,812、利息:6,150
  • 返済額:24,962、元金:19,094、利息:5,868
  • 返済額:24,962、元金:19,381、利息:5,581
  • 返済額:24,962、元金:19,671、利息:5,291
  • 返済額:24,962、元金:19,966、利息:4,996
  • 返済額:24,962、元金:20,266、利息:4,696
  • 返済額:24,962、元金:20,570、利息:4,392
  • 返済額:24,962、元金:20,878、利息:4,084
  • 返済額:24,962、元金:21,192、利息:3,770
  • 返済額:24,962、元金:21,509、利息:3,453
  • 返済額:24,962、元金:21,832、利息:3,130
  • 返済額:24,962、元金:22,160、利息:2,802
  • 返済額:24,962、元金:22,492、利息:2,470
  • 返済額:24,962、元金:22,829、利息:2,133
  • 返済額:24,962、元金:23,172、利息:1,790
  • 返済額:24,962、元金:23,519、利息:1,443
  • 返済額:24,962、元金:23,872、利息:1,090
  • 返済額:24,962、元金:24,230、利息:732
  • 返済額:24,953、元金:24,585、利息:368

合計利息:99,079円

いかがでしょうか。

表の通り、返済期間が1年から2年間に伸びたことで利息はおよそ2倍になっています。

キャッシングの主な審査基準

クレジットカードとは違って、銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンは利用するために審査に通って契約しなければいけません。

審査では大きく分けて「属性」と「信用情報」の2つの項目を自己申告して、審査してもらうことになります。

それらの項目の中でも、重要かつわかりやすい審査基準をご紹介していきます。

①雇用形態

まず先に言っておくと、無職の方はキャッシングを利用することができません。

なぜならキャッシングには2つの申し込み条件が大前提としてあるからです。

  • 満20歳以上
  • 毎月一定の安定した収入がある

審査でもっとも優遇されるのはやはり正社員です。

毎月安定した収入を得られるので、返済が延滞する可能性が一番低いからです。

他にも契約社員、派遣社員、パート・アルバイト、自営業・個人事業主といった雇用形態がありますが、そこまで大きな差はありません。

②勤務年数

これも同じく安定した収入をはかる指標となります。

同じ勤務先で働いている年数が長いほど収入も安定していると見られるので、審査で有利に働きます。

これは会社員だけでなくアルバイトも同じです。

むしろ、入社したばかりの新入社員よりもアルバイトで1年以上勤務している方が、審査は通りやすいと言えます。

目安としては、新しい職について3~6ヶ月程度の勤務実績は欲しいところです。

1年以上働いていて毎月収入があるのなら、アルバイトの方も問題なく審査に通ることができます。

③他社借り入れの有無

今回のキャッシングが2件目以降の借り入れだとしたら、他社借り入れの有無も審査では重要な項目になります。

消費者金融やクレジットカードでのキャッシングの利用する場合は「総量規制」が適用されるため、年収の3分の1以上の金額を借りることができなくなるからです。

ただし銀行カードローンは総量規制の対象外なので、それ以上の金額を借りたい時は申し込みを検討しましょう。

目安としては、最大でおよそ年収の半分程度までの借り入れが可能です。

また、他社借り入れ「件数」も重要になります。

もし次のキャッシングで借り入れが4社以上になる場合は、審査通過率が極端に下がると思っておきましょう。

銀行や消費者金融にとっては、申込者が借り過ぎているかどうかを信用情報機関を通じて調べることができるので、申込者が隠そうとしても無駄です。

④事故情報の有無

信用情報に関連して、過去に金融機関との間でトラブルがあった場合、信用情報機関に「事故情報」が記録されていることがあります。

例えば、以下のようなケースがあります。

  • 返済の延滞を短期間に頻繁にした。あるいは3か月以上長期に渡って延滞した
  • 申し込みで一度に複数のキャッシングへ連絡をした。あるいは申し込み内容に嘘の記述があった
  • 過去に債務整理を行って、それから10年以上経っていない

まず現在のキャッシングでは、毎月返済することは絶対のルールです。

ですから「今は返せないけど3か月後にまとめて返済する」ということも聞き入れてくれません。

毎月少なくとも返済の利息分だけでも入金する必要があります。

それが出来ない場合は「返済の延滞」として事故情報が記録される可能性が高まります。

また、短期間で複数のキャッシングへ申し込む「多重申込」や、申し込みで嘘の記述をする「虚偽の申し込み」もリスクが高いので控えるようにしなければいけません。

そして過去10年以内にいずれかの「債務整理」を行った場合も、信用情報機関に記録が残っています。

これらの事故情報は最低でも5年から最長10年保管されることになるので、思い当たる節がある方は申し込み前に信用情報機関へ一度確認を行うことをおすすめします。

キャッシングまとめ

キャッシングについて、まとめると下記の通りです。

  • クレジットカードでのキャッシングは便利なように感じるが金利が高い
  • カードローンの中でもおすすめできるのは「プロミス」「バンクイック」「みずほ銀行カードローン」の3つ
  • 初回のキャッシングの金利は基本的に上限の金利が適用される

いかがでしたでしょうか。

世間一般的には、クレジットカードのキャッシングは「便利で安全」という認識があるかもしれませんが、こうして銀行や消費者金融のキャッシングと比較してみるとデメリットが目立ちます。

還元率やポイント等で考えがクレジットカードに向かってしまいがちですが、お金を借りることに関してはカードローン等のキャッシングの方が優れていると言えます。

ただあくまでどちらも借金ですので、きちんと返済ができるよう借りる前に計画を立ててから申し込むようにしましょう。