フリーローンと住宅ローンは併用可能?審査に影響はあるのか

公開日:


フリーローンと住宅ローンは、一見すると併用が難しいように感じるかもしれません。

しかし、フリーローンと住宅ローンは併用可能です。

住宅ローンと契約をしながら、フリーローンを利用できる方法もあり、高額なローンと契約した場合でも新しいローンとの契約は可能です。

ただ、フリーローンを利用している方は、住宅ローンの審査に影響が及ぶ場合もあります。

住宅ローンの審査に影響が出ないように、しっかりと対策を行いましょう。

この記事では住宅ローンとフリーローンの併用について説明します。

フリーローンと住宅ローンは併用できるのか

フリーローンと住宅ローンは併用できる商品です。

高額なローンとなりがちな住宅ローンですが、フリーローンを契約している場合でも審査を通過して、融資を受けられます。

先に住宅ローンと契約を行ってから、フリーローンと契約を行う方法でも、フリーローンの審査を通過できる場合があります。

中には、住宅ローンと契約を行った人限定で提供されるフリーローンも準備されています。

住宅ローンを契約しているだけで、いつでも使えるフリーローンとも契約できるのはとても助かります。

フリーローンは、住宅ローンでは賄えない費用を補える良さもあり、住宅ローンと契約した場合でもフリーローンは使い続けたほうがいいでしょう。

住宅ローンを利用するとフリーローンの審査に影響するのか

住宅ローンを利用している人は、フリーローンの審査に影響が及んでしまいます。

住宅ローンは高額な商品ですので、新しくフリーローンの審査を受ける際には借入額が多いと判断され、審査に落とされる場合もあります。

また、住宅ローン以外のローンと契約している方が、新しくフリーローンとの契約を行うのもかなり難しくなります。

最大の理由は、住宅ローン以外の借入が多く、返済されないとフリーローンの業者に判断されるためです。

住宅ローンと契約している方は、フリーローンの審査を受けるのであれば、なるべく限度額を絞るなどの対策を行ってください。

限度額を小さくしておくと、借金額が多くてもフリーローンの審査を通過できる場合があります。

フリーローンを利用している人が住宅ローンの審査に影響はあるのか

一方でフリーローンを契約して入り状態で住宅ローンの審査を受ける際は、やはり住宅ローンの審査に影響が及んでしまいます。

住宅ローンの審査では、現在の借入状況について確認されています。

借入額が多いと判断されてしまえば、フリーローンの借入が原因で審査に落とされる可能性が高くなります。

フリーローンは、住宅ローンの審査では借金扱いになりますので、できる限りフリーローンを返済してから審査を受けるようにしましょう。

また、フリーローンを現時点で完済できない場合は、現時点で行える返済を済ませたうえで、借金額を減らしておくといいでしょう。

フリーローンで借りている金額が減少すると、借金扱いの借入が減るので住宅ローンの審査は通過しやすくなります。

フリーローンと住宅ローンは同じ金融機関を使ったほうがいい?

フリーローンと住宅ローンの併用を考えている方は、同じ銀行が提供しているローンを使ったほうがいいのです。

最大の理由は、フリーローンと契約をしている場合でも、住宅ローンの審査で配慮してくれる可能性があります。

別々の銀行で審査を受けると、他社の借入が多いと判断されて審査に落とされやすくなります。

それだけ金融機関というのは、他社の借入をあまりいいように見ていません。

一方で同じ銀行からお金を借りている場合は、現在の借入状況と返済状況をしっかりと確認して、問題がなければ審査を通過できる可能性があります。

もしフリーローンでお金を借りている状態で住宅ローンを使いたいのであれば、フリーローンと同じ銀行に相談してください。

また、現時点で住宅ローンの契約を行っている方が、フリーローンを利用したいと考えるときもあるでしょう。

この場合は、同じ銀行が提供しているフリーローンとの契約を行ってください。

同じ銀行のフリーローンであれば、住宅ローンの借入等を配慮してフリーローンの審査を受けられます。

更に、住宅ローンと契約している方だけに用意されているフリーローンも存在します。

一部の銀行では住宅ローンと契約しているだけでフリーローンの優遇も受けられますので、銀行側にフリーローンの説明を受けてから契約を考えるといいでしょう。

フリーローンと住宅ローンを併用するメリット

フリーローンと住宅ローンを併用するメリットは色々とあります。

メリットを理解してから住宅ローンとフリーローンを併用したいところです。

実際に併用するメリットは以下の通りです。

  • 住宅ローンで賄えない費用をフリーローンで賄える
  • フリーローンで生活の安定が図れる
  • 住宅ローンとの併用でフリーローンの金利が下がる
  • 同じ銀行であればフリーローンの実績が審査に影響する

以上のメリットがあります。

ここからはフリーローンと住宅ローンを併用する場合のメリットについて説明します。

住宅ローンで賄えない費用をフリーローンで賄える

住宅ローンというのは、住宅の購入や住宅のリフォームなど、住宅に関連している費用をローンで負担してくれる商品です。

しかし、住宅に関係ない費用として使ってはいけません。

実は引っ越しなどの費用は、住宅ローンで支払ってはいけないとする銀行が多く、新しい住宅に引っ越したいと思ってもお金が足りない場合もあります。

そこでフリーローンと契約し、引っ越しの費用もしっかりとローンで負担しておくのです。

フリーローンは用途が自由に設定されていますので、引っ越しの費用として利用しても問題はありません。

引っ越しなどの住宅ローンではどうにもならない費用は、フリーローンで対応したほうが安心できるのです。

更に、フリーローンは用途を説明する必要がほとんどないため、余程のことがない限り用途が審査に影響する可能性が低くなります。

ただ引っ越し費用に使いたいだけという理由でも、フリーローンの審査を通過できる可能性は十分にあるのです。

フリーローンで生活の安定が図れる

住宅ローンは、毎月の支払いがとても大変です。

毎月の支払額が多ければ多いほど、生活に大きな負担がのしかかってしまいます。

しかし、住宅ローンで生活費は捻出できません。

住宅ローンと契約した場合は、生活費をどのように負担するのかが非常に難しいのです。

しかし、フリーローンと契約をしている方は、フリーローンによって生活費を捻出できます。

フリーローンはカードローンと同じように、生活費のために利用しても大丈夫です。

どうしても生活費が足りなくて困っている方は、フリーローンと契約して生活費を捻出するといいでしょう。

フリーローンは少額からの借入を認めている銀行もあります。

カードローンほど小さい金額から借りられない場合もありますが、フリーローンと契約しておけば住宅ローンの支払いで苦労している方も生活は安定するでしょう。

住宅ローンとの併用でフリーローンの金利が下がる

住宅ローンと一緒に契約できるフリーローンは、多くの方が利用できるフリーローンよりも低金利で借りられる場合があります。

住宅ローンという大きな商品と契約してくれる代わりに、フリーローンでは金利面での優遇を行い、本来の金利よりも下げて貸してくれるのです。

フリーローン単独での契約となれば、本来提示されている金利に沿って利息が生まれるので、高い利息が発生する場合もあります。

しかし、住宅ローンと一緒に契約したフリーローンであれば、低金利で借りられる可能性があるので、本来の返済額よりも小さい額で完済できるのです。

一部の銀行が提供している、住宅ローンと契約している人だけが使えるフリーローンは、低金利でお金を借りられるチャンスです。

どうしてもフリーローンが必要となった場合は、住宅ローン契約者を優遇しているフリーローンを探してみるといいでしょう。

同じ銀行であればフリーローンの実績が審査に影響する

フリーローンと住宅ローンの借入先を同じにすると、これまで利用していたフリーローンの実績が住宅ローンの審査に追加されます。

別の銀行の住宅ローンと契約する場合は、フリーローンの借入と返済は信用情報で確認するしかありません。

従って返済をしっかり行っているかという情報や、借入額がどれくらい残されているかなど、簡単な情報しか審査に影響しないのです。

しかし、同じ銀行のフリーローンを使っている方が、住宅ローンの審査を受けるとプラス材料が増えます。

フリーローンの利用実績や借りている金額、更には返済状況などを踏まえて、安心できる利用者と判断してくれるのです。

これまで利用していたフリーローンによって、住宅ローンの審査が多少通過しやすくなるのはとても助かるポイントでしょう。

ただ、滞納や遅延といった、フリーローンを利用している際に問題を起こしている場合は別の話です。

フリーローンで悪い情報を銀行側に与えてしまうと、住宅ローンの審査はかなり厳しくなると考えてください。

できる限りフリーローンでは滞納や遅延を起こさないようにして、住宅ローンの審査にプラスとなる材料を銀行に与えられるように努力してください。

フリーローンと住宅ローンは一緒に使ってお得な借入に

フリーローンと住宅ローンは、併用できる商品として使われています。

フリーローンで住宅ローンには使えない費用を負担できれば、生活の安定や引っ越しなどの費用負担が軽減されるでしょう。

住宅ローンと契約している方だけに、優遇されたフリーローンが提供される場合もあるので、銀行が提供しているローンの情報を事前に調べておくと安心です。

フリーローンを使っている実績は、住宅ローン審査にも影響がありますので、フリーローンでは問題を起こさないように気を付けてください。

しっかりと返済と借入ができれば、フリーローンと住宅ローンを併用しても問題は起こらないでしょう。