フリーローンにも在籍確認がある?在籍確認をなしにできるフリーローンはない?

公開日:

フリーローンを利用する場合、本当に会社で仕事をしているのか確認が行われます。

フリーローンを利用する場合でも、在籍確認の連絡により、仕事をしている状況を判断されているのです。

どの会社のフリーローンを利用しても、在籍確認は確実に行われています。

在籍確認を免除する方法はなかなか難しいもので、フリーローンを提供する業者との相談が必要です。

この記事では在籍確認をフリーローンでも行っている理由やフリーローンの在籍確認について説明します。

フリーローンにも在籍確認は存在する

フリーローンは在籍確認を行ってから、最終的に融資を受けられるのかの判断が下されます。

フリーローンを利用したいと考えている方は、在籍確認を受けて仕事をしていると証明しなければなりません。

在籍確認ができなかった場合は、本当に仕事をしているのか判断ができないので、審査に落とされてしまいます。

フリーローンを提供する会社としては、返済のため収入をしっかり確保している状況を知りたいと考えています。

収入を得ている仕事先の情報が確認できない場合は、収入を受け取っているのかわからないので審査に落とされるのです。

在籍確認は会社が稼働している時間に連絡を入れなければ成立しません。

在籍確認を行う場合は、必ず会社が電話連絡に出られる状態で、なおかつ話のできる時間が必要です。

この時間なら電話に出てくれるという話を事前にフリーローンの会社に説明し、在籍確認の時間を決めておくといいでしょう。

在籍確認は何度も電話連絡を行うわけではありませんので、1回で会社との連絡が取れるように時間調整を図ると安心できます。

フリーローンにも在籍確認の手順

フリーローンを利用した際の在籍確認には手順があります。

在籍確認の手順を知って、どのように行われているのか理解しておきましょう。

実際にフリーローンの在籍確認の手順は以下の通りです。

  • 本人確認の連絡を取る
  • 会社に連絡を入れる
  • フリーローンの申込者が在籍しているかを確認

以上の手順が採用されています。

この手順についてここからは詳しく解説します。

本人確認の連絡を取る

先に本人確認の連絡が入ります。

本人確認の連絡は、フリーローンを利用する人が本当に正しい情報を提供しているのか確認し、在籍確認につなげるためです。

ローンへの申込を行うと、電話連絡によって色々な情報の確認作業が行われます。

この作業をフリーローンでも先に行っており、仮審査を通過した人全員に連絡が入ります。

連絡の際には、会社に関連している情報についても確認が取られています。

会社の電話番号や住所、会社名等を聞かれますので、間違っていないか確認をしてください。

申込内容に間違いが生じていた場合は、電話の段階で訂正を行ったほうがいいでしょう。

会社に連絡を入れる

次に会社に対して電話を入れます。

会社の連絡先はフリーローンの申込時に記載されている電話番号に対して行われます。

電話番号が間違っていると会社へ連絡を入れられませんので、再度本人に対して連絡が入ります。

もし電話番号が間違っていた場合は、速やかに本当に電話番号を告げてください。

電話番号が間違っているのに訂正できなかった場合は、在籍確認の邪魔をしていると判断され審査に落とされる場合があります。

フリーローンの申込者が在籍しているかを確認

会社の担当者が電話に出ると、フリーローンの会社が申込者が在籍しているか確認を取ります。

申込者が直接電話に出る必要はありません。

フリーローンの会社は、在籍しているという確認が取れれば、本人に取次を依頼することなく電話を切ります。

稀に電話の取次によって電話に出るように会社から支持される場合もありますが、その場合でも電話に出た後すぐに電話を切ってくれるので安心してください。

なお、在籍していないと告げられた場合は、仕事先が間違っていると判断してこの段階で審査に落とされます。

在籍確認をしないフリーローンはないの?

フリーローンの在籍確認を行っていない金融機関はありません。

フリーローンの審査を完了させるためには、会社に所属していると証明しなければなりません。

在籍確認を行わないままフリーローンの審査を通過させて、実は仕事をしていなかったという状況を避けるためにも、金融機関は在籍確認を行っています。

在籍確認なしでフリーローンの審査を終えている会社は基本的に存在しないのです。

フリーローンの審査では、消費者金融でも銀行でも、審査の際は在籍確認が必ず行われています。

在籍確認の電話は必ずあるものと考えて、会社への電話確認がスムーズに取れるように調整しましょう。

在籍確認を別の方法に変えられないのか

在籍確認を別の方法に切り替えてほしい場合は、まず在籍確認を行っているフリーローンの会社に相談してください。

フリーローンの会社が別の方法で在籍確認ができると示した場合のみ、在籍確認を電話以外の方法で行えるケースがあります。

電話連絡以外の方法で在籍確認を行える方法は以下の通りです。

  • 会社から提供されている書類などを提出して在籍確認とする
  • 給与明細等を提出して在籍確認を行う

以上の2つが該当しています。

2つの方法の詳細について説明します。

会社から提供されている書類などを提出して在籍確認とする

社員証や会社に所属していることの証明書を提出して、在籍確認を行う方法があります。

この方法は複数の書類を要求されるケースが多いので、2つ以上の書類を準備しておきましょう。

提出する書類はコピーを取る、もしくはスキャナで取り込むかスマホで撮影してパソコンにデータを入れ、メール等で送信してください。

送信された内容を基に、フリーローンの会社が在籍確認を行います。

給与明細等を提出して在籍確認を行う

給与明細を提出すると、在籍確認として認められる場合があります。

給与明細は1枚だけでは認められないため、最低でも2ヶ月分、しかも最新のものを提出してください。

最新のものではないと判断された場合、給与明細による在籍確認は行えません。

給与を受け取っていると証明し、会社で働いていると判断されれば、在籍確認の電話が会社に行われない場合があります。

以上の方法で在籍確認が電話以外でも実施されます。

しかし、これらの方法を利用したとしても、在籍確認が電話で行われるケースもあります。

提出した書類などに不信感が感じられる場合は、結局会社に対し連絡を入れるようにしています。

確実に在籍確認の電話を避けられる方法ではないので、電話の確認もあり得るという思いをもって相談するといいでしょう。

また、相談をしても駄目だと言われれば在籍確認は電話で行うしかありません。

何度話をしても駄目なら諦め、電話による在籍確認を受けてください。

フリーローンも在籍確認が大事

フリーローンの会社としては、安心してフリーローンで融資を行いたいと考えており、フリーローンでは在籍確認を実施しています。

在籍確認を行っていないフリーローンはありませんから、絶対に会社に対して電話が入るものと考えてください。

これからフリーローンを利用する際は、在籍確認の電話をスムーズに行えるように、事前にフリーローンの担当者と相談するといいでしょう。

また、電話以外の方法で在籍確認を行える場合もあります。

担当者としっかり相談を行ったうえで、電話以外の方法が取れるなら指示に従って必要な書類を準備しましょう。