銀行フリーローン特集!お得な銀行フリーローンはどれ?

公開日:

金利が安いことから人気の銀行フリーローン。

とは言え銀行フリーローンと一言で言っても、さまざまな銀行の商品があるためどのフリーローンを選べばいいかわかりませんよね。

こちらの記事では、銀行フリーローンの選び方からおすすめの銀行フリーローンまで、まとめて紹介。

銀行フリーローンについて、どこよりも詳しく解説していきます。

銀行フリーローンの選び方

まずは銀行フリーローンの選び方を紹介していきます。

銀行フリーローンは銀行によってかなり差がある商品なので、選び方をしっかり把握しておきましょう。

金利が選ぶ上で1番大切

銀行フリーローンを選ぶ上で、1番大切なポイントは金利です。

ローン商品を選ぶ上で金利はとても大切なので、当たり前かと思うかもしれません。

しかし銀行フリーローンは商品によってかなり金利差があります。

具体例を挙げると、三井住友銀行フリーローンの金利5.975%に対して、イオン銀行フリーローンの金利は3.8%~13.5%。

最大で8%ほどの金利差があるということです。

8%金利差があるということは、完済まで支払う金利に10万円以上差が出ることもあります。

このようなことを考えると、フリーローンは金利をポイントに選ぶことをおすすめします。

金利が安くなればなるほど審査は難しくなる

金利は安い方がいいのですが、1点だけデメリットがあります。

それは金利が安くなればなるほど、審査は難しくなるということ。

例えば先ほど紹介した三井住友銀行フリーローンの場合、申し込み条件に前年度収入200万円以上という条件があります。

フリーローンの審査に落ちるのはどんな人?フリーローンの審査対策も紹介

一方イオン銀行フリーローンの場合、年齢による制限しかありません。

このように金利の安いフリーローンの場合、申し込みの時点でハードルを上げているケースがとても多いです。

少なくとも正社員で1年以上勤務していないと、すぐに審査落ちしてしまうレベルです。

そのため正社員でない人や、今までカードローンやクレジットカードの支払い遅れがある人は、審査ハードルが高いことを理解しておきましょう。

もちろん正社員でなくても審査に通過する可能性はあります。

金利が安いことは何よりのメリットなので、それに通過するように努力していくことが大切です。

地方銀行や信用金庫のフリーローンにも注目

銀行フリーローンと聞くと、メガバンクのフリーローンを思い浮かべる人も多いでしょう。

確かにメガバンクのフリーローンは全体的に金利が安く、魅力的なフリーローンが多いです。

しかしフリーローンはメガバンクだけでなく、地方銀行や信用金庫の商品があることも忘れてはいけません。

地方銀行や信用金庫のフリーローンは、その地域に住んでいる人限定のフリーローンではあります。

申し込み条件に制約がありますが、金利が安いなど魅力的な商品があるのは事実。

また労働金庫(通称ろうきん)のフリーローンも見逃してはいけません。

例えば近畿ろうきんフリーローンは、金利3.7%~4.5%と全国のフリーローンの中でもトップクラスに安い金利です。

こういった金利の安いフリーローンが、地方銀行や信用金庫などにはありますので、それもしっかりチェックしておきましょう。

審査難易度が下がるローンは申し込みも簡単なものが多い

フリーローンとカードローンでは、審査過程が異なっているものが多いです。

審査過程において最も大きな違いとしては、フリーローンは資金用途確認書類の提出が必要だという点。

フリーローンは一度借り入れを行ったら、返済完了するまで借り入れができません。

そのためカードローンより、より綿密な審査が実行されます。

綿密な審査に利用されるのが資金用途確認書類で、請求書や注文書のことを指します。

これらの書類も審査材料に加えることで、審査の精度を上げているということですね。

しかし審査難易度が下がるローン、つまり金利が高めのフリーローンの中には、資金用途確認書類の提出が不要なものもあります。

そのため申し込みに対するハードルは、より下がるという訳ですね。

資金用途確認書類は意外と用意が面倒くさいので、その点は頭に入れておきましょう。

金利が安くておすすめの銀行ローン

それではここからは、おすすめの銀行フリーローンを紹介していきます。

まずは金利が安くておすすめの銀行フリーローンを紹介。

金利が安いフリーローンは人気なので、審査も少し厳しいですが挑戦する価値は十分にあります。

とてもいいフリーローン商品が多いので、しっかり確認しながらフリーローンをチェックしていきましょう。

みずほ銀行多目的ローン

まずはみずほ銀行多目的ローンを紹介していきます。

みずほ銀行多目的ローンの商品詳細は、以下のようになっています。

資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できない)
対象年齢 お借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
申込条件 ・勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
・お借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
・株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方。</p><p>
金利 変動5.875%、固定6.700%
借入限度額 10万円以上300万円以内(1万円単位)
お借入期間 6ヵ月以上7年以内(1ヵ月単位)
返済方法 毎月元利均等返済(お借入金額の50%以内の元金について6ヵ月ごとのボーナス増額返済とすることも可能です)
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

変動金利とは、毎年4月1日と10月1日のみずほ銀行所定の短期プライムレート連動長期貸出金利の最優遇金利を基準として、年2回見直しを行う金利です。
金利形式は自分で選ぶことができるので、安い方を選びましょう。
2018年9月現在では、変動金利の方が安いので、変動金利を選ぶ方がおすすめです。
金利6%以下のローンはかなり安いので、金利の安いフリーローンを選びたい人におすすめです。

三井住友銀行フリーローン

続いては三井住友銀行フリーローンです。

資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できない)
対象年齢 お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
申込条件 ・お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
・前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方はご利用いただけません)
・当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
・ご契約時に当行(ローン契約機)にご来店いただける方
・日本国内在住の方
金利 5.975%
借入限度額 10万円以上300万円以内(1万円きざみ)
お借入期間 1年以上10年以内(1ヵ月きざみ)
返済方法 毎月元利均等返済
毎月一定日(当日が銀行休業日の場合は翌営業日)に、元金と利息を合わせて同金額を返済用預金口座から自動引き落としさせていただきます。
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
入会金・年会費 不要
手数料 お借り入れにあたっての手数料は不要ですが、繰上返済(一部・全額とも)を行う場合は、お手続の都度、繰上返済手数料として5,400円(消費税込)をお支払いいただきます

続いては三井住友銀行フリーローンです。

勤務年数による申し込み制限がないので、比較的申し込みやすいフリーローンになっています。

金利も6%を切っているので、金利もかなり安く便利ですよ。

近畿ろうきんフリーローン

資金の使い道 多目的資金としてご利用いただけます。(負債整理資金および事業資金は除きます。 )
対象年齢 満18歳以上の方で最終ご返済時の年齢が満76歳未満の方 ※ 未成年の方は、親権者の同意書が必要となります。
申込条件 ・同一勤務先に原則1年以上勤務されている方
・満18歳以上の方で最終ご返済時の年齢が満76歳未満の方 ※ 未成年の方は、親権者の同意書が必要となります。
・安定継続した収入があり、前年度税込年収が150万円以上の方
・その他、保証機関が定めた保証基準を満たしている方
金利 会員組合員の方:年3.7%または年4.5%生協組合員の方:年3.98%または年4.5%一般勤労者の方:年4.5%(保証料込)
借入限度額 会員組合員の方:1,000万円
生協組合員の方:1,000万円
一般勤労者の方:300万円
(1万円単位)
お借入期間 最長10年
返済方法 元利均等毎月返済(均等返済)または元利均等毎月・ボーナス併用返済(均等加算併用返済)からお選びいただけます。
担保・保証人 不要
保証会社 (一社)日本労働者信用基金協会、または(株)セディナによる保証となります。
入会金・年会費 不要

労働金庫の組合員かどうかで金利、借入限度額に差がありますがとても金利が安いフリーローンです。

労働金庫の組合員かどうかは、所属している会社が労働金庫に出資しているかどうかで変わりますので、会社に確認してみましょう。

申し込みが簡単でおすすめの銀行フリーローン

続いては申し込みが簡単でおすすめの銀行フリーローンです。

金利は少し高いですが、資金用途確認書類が不要のものを紹介していきます。

申し込みの手間が少ないので、書類の用意が手間だと思う人はこちらのフリーローンを検討してみましょう。

イオン銀行フリーローン

資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できない)
対象年齢 ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
申込条件 ・日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
・ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
・当行に普通預金口座をお持ちの方 安定かつ継続した収入の見込める方
※ 原則、前年度税込年収が200万円以上の方
※ 年金受給者、学生、無職(専業主婦(夫))の方はご利用になれません。
・保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方
金利 年3.8%~年13.5%
借入限度額 30万円以上700万円以内(10万円単位)
お借入期間 1年以上8年以内(1年単位)
返済方法 毎月元利均等返済(お借入れ金額の50%を上限として、6カ月毎の増額返済も併用できます。)
担保・保証人 不要
保証会社 オリックス・クレジット(株)
入会金・年会費 不要
手数料 事務手数料 契約1件につき2,700円(税込)

金利はカードローン商品と大きく変わりませんが、返済方法がフリーローン形式のローンです。

住信SBIネット銀行フリーローン

資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できない)
対象年齢 お借入時の年齢が満20歳以上完済時満70歳未満の方
申込条件 ・当行に普通預金口座をお持ちの方
・お借入時の年齢が満20歳以上完済時満70歳未満の方
・原則として安定した収入がある方
・株式会社ジェーシービーの保証を受けられる方。/td>
金利 3.775%~12.0%
借入限度額 10万円以上1000万円以内(1万円単位)
お借入期間 1年以上10年以内(1ヵ月単位)
返済方法 毎月元利均等返済
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社ジェーシービー
入会金・年会費 不要

ネット銀行として人気のフリーローンである住信SBIネット銀行フリーローン。
全国どこからでも申し込みできるので、気軽に申し込みできる点が嬉しいですね。

横浜銀行フリーローン

資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できない)
対象年齢 ご契約時満20歳以上69歳以下の方
申込条件 ・ご契約時満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方、およびその配偶者 (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
・次の地域に居住またはお勤めの方 神奈川県内全地域 東京都内全地域 群馬県内の以下の市 前橋市、高崎市、桐生市
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
金利 1.9%~14.6%
借入限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
お借入期間 1年以上10年以内(6か月単位)
返済方法 元利均等返済
お借入金額の50%または25%を、6か月ごとのボーナス時の増額返済も併用できます
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
入会金・年会費 不要
手数料 取扱手数料:3,240円
全額繰上返済手数料:3,240円

地方銀行フリーローンの代表として、横浜銀行フリーローンを紹介させていただきました。

横浜銀行は支店も多いので、申し込みがしやすい人は多いのでないでしょうか。

銀行フリーローンを活用しよう

これまで銀行フリーローンについて紹介させていただきました。

銀行フリーローンは金利が安いものが多いので、とてもいい商品が多いです。

みなさんも銀行フリーローンを活用して、生活をより豊かにしましょう。