今すぐお金を借りる!おすすめの大手3社をご紹介

公開日: 最終更新日:

今すぐお金を借りる必要がある男性
今すぐお金を借りることができるかどうか困っている皆さん、お待たせしました!

本当に即日で借りることができる大手のキャッシングだけをご紹介するので、安心してご覧頂ければと思います。

記事後半では、条件や項目別に今すぐお金を借りることができるかどうか確認できます。

プロミス

プロミス

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短1時間融資

プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融で、CMや広告でも宣伝しているように審査スピードにおいては他社よりも力を入れている消費者金融です。

プロミスの振込キャッシング「瞬フリ」がすごい!

「瞬フリ」はプロミスの審査に通れば利用できる会員サービスで、条件を満たせば24時間265日いつでも申込から最短10秒で、振込キャッシングをしてくれるというスピーディーなサービスです。

通常の場合だと、当日の9時から14時50分までに申し込まなければ翌日の振込になってしまいますので、来店不要で今すぐお金を借りることが最優先の方は瞬フリを利用できると便利です。

ちなみに、利用条件として振込先の口座を「三井住友銀行」あるいは「ジャパンネット銀行」の口座に指定する必要があります。

アコム

アコム

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分審査

現在のアコムは三菱東京UFJ銀行グループの大手消費者金融です。

昔から「はじめてのアコム」というスローガンと共に知名度が高い消費者金融なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

キャッシング業界No.1!アコムの「新規貸付率」がすごい!

実は、数字だけ見ればアコムの審査は甘い、それもキャッシング業界でもっとも審査が甘いと言えます。

2017年1月現在のアコムの新規貸付率は「44.8%」もあり、新規契約者は17,689人もいるのです。

「審査に通れるかわからなくて不安」という方は、まずはアコムに申し込んでみることをおすすめしますよ。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、テレビ窓口なら最短40分でカード発行

2009年頃から銀行も個人向け融資事業に力を入れ始めて、今では消費者金融と同じくらいさまざまな種類の銀行カードローンがあります。

銀行というと手続きが遅いイメージがありますが、バンクイックなら今すぐお金を借りることも難しくありません。

バンクイックの「テレビ窓口」がすごい!

テレビ窓口は三菱東京UFJ銀行支店内のATMコーナー等に設置されているので、利用するためには来店する必要がありますが、今すぐお金を借りることが最優先の方にとっては最短40分でカード発行ができるのは大きなメリットです。

ただしテレビ窓口を利用するためには本人確認のために「運転免許証」を持ち込まないといけないので、免許をお持ちでない方はWeb申し込みからか、他社のキャッシングをあたるしかありません。

「私、〇〇なのですが今すぐお金が必要で…借りることはできますか?」

某掲示板などでよく見かける質問としては、やはり「私、〇〇(職業やステータス)なんですが今すぐお金を借りることはできますか?」という内容の質問が多いです。

今回は、よくあるケース別に皆さんがお金を借りられるかどうかをご説明いたします。

前提として、キャッシングには共通して以下の2つの申し込み条件があることを踏まえたうえで、お答えします。

  • 満20歳以上である
  • 安定した収入がある

1.主婦の方の場合

主婦の方の場合はまず、パートをなさっていてご自身に収入がある主婦の方と、ご自身に収入が無い専業主婦の2通りに分けられます。

①主婦(収入あり)

ご自身でパート等の毎月の収入がある場合は、今すぐお金を借りることも可能です。

今では消費者金融に限らず、銀行カードローンも主婦の方が利用できる時代です。

パートやアルバイトの収入が毎月安定していれば、申し込み条件を満たしていることになるのでまったく問題はありません。

②専業主婦(収入なし)

一方、ご自身の収入が無い専業主婦の方は消費者金融からお金を借りることはできませんが、銀行カードローンからお金を借りることはできます。

「夫に内緒で借りれますか?」という質問も多いですが、大丈夫です。内緒で借りることができます。

審査に提出する書類もご本人の本人確認書類だけあれば申し込むことができる一方、借入限度額は銀行カードローンによって10~50万円程度の制限があります。

2.学生の方の場合

学生の場合は、満20歳をこえていてかつアルバイト等で安定した収入があれば利用することができます。

職業関係なく、最初の2つの条件を満たしていれば今すぐお金を借りることは難しくありません。

3.無職の方の場合

無職の方は安定した収入があると言い切れないので、今すぐお金を借りるのは難しい、というよりもほぼ無理になります。

どうしても今すぐお金を借りる必要があれば、派遣会社への登録をすることで派遣社員を名乗ることができるようになります。

「無職」と記入して申し込むのは印象が良くないので、派遣社員として申し込めるようにするだけでもだいぶ印象が変わりますよ!

今すぐお金を借りる具体的な方法

申込先のキャッシングを決めたら、申し込みと借り入れをどのように行うかを決めます。

今すぐ申し込みたいという事であれば、「自動契約機」あるいは「インターネット」での手続きをおすすめします。

1.カードローン

今回ご紹介するキャッシングもそうですが、今すぐ借りるなら即日発行が可能な「カードローン」が非常におすすめです。

皆さんも人の集まる駅の周りで見かけたことがあると思いますが、大手のキャッシングであればほぼ必ず「無人店舗」があります。

あの中には「自動契約機」と「自社ATM」が併設されているため、ローンカードをその場で発行したらすぐに借り入れが可能です。

よく見かける無人店舗だと、「プロミス」「アコム」「レイク」あたりが目にする機会も多いのではないでしょうか。

銀行カードローンの場合は、銀行支店内のATMコーナー等にに自動契約機が設置されています。

基本的に、無人店舗は「9時~22時」前後まで営業しているため、その時間内であればすぐに借りることができます。

2.インターネット

また、キャッシングを比較しているとわかる通り、各キャッシングのホームページから申し込むことも可能です。

パソコンだけでなくスマートフォンやケータイから申し込むことも可能なので、自宅や外出先でも大丈夫です。

インターネットから審査の申し込みをしておけば、最短30分で結果通知が電話やメールで送られてきます。

審査完了後は、「自動契約機でカード発行する」あるいは「指定の銀行口座へ振り込んでもらう」方法が取れます。

ただしいずれにせよ、Web完結の振込経由で即日借り入れをするためには、当日の14時までに申し込む必要があります。

審査の申し込みではなく、振込の申し込みまで完了させておかなければいけません。

申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類(借入額関係なく必須)
  • 収入証明書類(借入額次第では必要)

いくら「今すぐ借りたい」とはいえ、書類なしで申し込むことはできません。

しかし実際は、ほとんど書類なしで申し込むことも可能です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバー)

など。

免許証があれば免許証を、お持ちでなければその他を、いずれか1点の本人確認書類が必要です。

借り入れを申し込む金額に関係なく必要なので、これらがなければ審査に申し込むことができません。

自動契約機から申し込む場合、スキャナーで読み込むことになります。

インターネットから申し込む場合、スマホのカメラ等で画像化して送信することになります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

など。

収入証明書類が必要になる条件は主に借入額で決まっており、消費者金融なら「借り入れを希望する金額が50万円以上」または「他社借り入れもあわせて100万円以上」のどちらかに当てはまる場合です。

銀行カードローンなら「借り入れを希望する金額が100~300万円以上(銀行によって異なる)」で、収入証明書類が必要になります。

提出する書類はどれも最新のものを用意するようにして、「給与明細書」に関してだけは直近3か月分は捨てずに取っておくと、いつでも申し込むことができます。

初めての借り入れなら「無利息」がおすすめ

キャッシングの一部には、初めての利用者のみが利用することができる「無利息サービス」というものがあります。

無利息サービスを提供しているのは下記の4社で、30日間も無利息でお金を借りることができます。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイク

プロミスとアコムはページ上部にあるので、アイフルとレイクを詳しくご紹介していきます。

アイフル

アイフル

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分
無利息 初回30日

アイフルは大手消費者金融のうちの1社で、プロミスやアコムと同じように「初回30日無利息サービス」を利用することができます。

無利息サービスを利用するための条件等が特にないため、初めてアイフルを利用するのであれば無条件で30日間は利息0円にすることができます。

仮に年利18.0%で10万円を借りた場合、1ヶ月で生じる利息は約1,500円です。

それほど多くないと感じるかもしれませんが、毎月1,500円が積み重なれば1年で18,000円になるわけです。(実際には複利を含めさらに変動します)

無利息期間中に出来るだけ返済しておくことで、2ヶ月目以降の負担を減らすことができます。

レイク

新生銀行カードローンレイク

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分
無利息 初回30日/180日(上限5万円)

現在のレイクは消費者金融ではなく、銀行カードローンの1つです。

銀行カードローンでは珍しく無利息サービスを扱っていますが、これは消費者金融時代からのサービスがそのまま残っているからです。

表の通り、レイクには2つの無利息サービスがあり、1つは消費者金融の「30日間無利息」と同じです。

もう1つは「180日間無利息」という長期のサービスで、借入限度額のうち5万円までが無利息の適用範囲となります。

5万円以内の借り入れであれば、およそ半年間も利息を0円に抑えることが出来ます。

今すぐお金を借りる方法まとめ

  • 今すぐお金を借りる必要があれば、大手の中でも「プロミス」「アコム」「バンクイック」が心強い味方になります
  • ご自身の収入が無い専業主婦は、銀行カードローンだったら夫に内緒でお金を借りることができます
  • 学生も2つの条件を満たせばキャッシングを利用することができますが、無職の場合は今すぐできる派遣登録などをしましょう。