自動契約機の仕組みは必要書類を用意すれば簡単30分!

公開日: 最終更新日:

自動契約機でキャッシング
自動契約機から申し込めば、その場でカード発行ができて即日借りられます!

タイトルにもある通り、自動契約機から申し込んでも最短30分で審査が完了するのでスムーズな申し込みが可能です。

いまや大手消費者金融を中心にキャッシング全体に浸透してきている自動契約機について、仕組みや審査を詳しくご紹介していきます。

自動契約機の仕組みをキャッシング別に解説

自動契約機の操作はタッチパネルで基本的にわかりやすく作られていますが、やはり各消費者金融ごとに若干の違いがあるものです。

そこでまずは人気のある大手キャッシングの自動契約機についてご説明していこうと思います。

それぞれ、「営業時間」「目安となる審査時間」「即日融資を受けられるかどうか」を書いていき、その他特徴をご紹介いたします。

プロミス「自動契約コーナー」

  • 営業時間:平日・土日祝日/9時~22時(※一部店舗は21時まで)
  • 審査時間:最短30分、最短1時間融資
  • 即日融資:◎

プロミスは「自動契約コーナー」という名称で、大きな駅の周りを中心に自動契約機が広がっています。最大のメリットは、審査から融資までが最短1時間で完了することです。

プロミスの自動契約機で必要な書類

プロミスの自動契約機は「申し込み」「審査」「契約・カード発行」「借り入れ」の4ステップで簡単に完了します。申し込みの段階で必要な書類は、下記のいずれか1点です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証(+1点「住民票」など)
  • パスポート(+1点「住民票」など)

他社のキャッシングもそうですが、本人確認のための書類は「運転免許証」があればどこのキャッシングでも問題ありません。ただ、全員が免許を持っているとは限らないので、その場合は「健康保険証」か「パスポート」が必要になります。他のものでは代わりが利かないので気をつけましょう。

ただしその場合は、もう1点書類を合わせて提出する必要があります。「住民票」や「公共料金支払の控え」なども忘れずにあわせて持参してください。

アコム「むじんくん」

  • 営業時間:年中無休/8時~22時(※一部店舗は21時まで)
  • 審査時間:最短30分
  • 即日融資:◎

アコムの「むじんくん」は、1993年に登場した最初の自動契約機です。2017年現在で24年目ということになります。昔からあるので知名度は非常に高く、自動契約機といえば「むじんくん」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

アコムの自動契約機で必要な書類

アコムのホームページを見ればわかるのですが、むじんくんの操作については動画でわかりやすく説明されています。動画によれば下記のうちいずれか1点が必要になります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

アコムの場合、免許証をお持ちでない場合は代わりに「個人番号カード」または「健康保険証」が必要になります。顔写真がない書類や、書類に記載されている住所が最新の住所ではない場合は、さらに「住民票」や「公共料金の領収書」などが必要です。

個人番号カードを提出する際は、マイナンバーが映らないよう隠して申し込むのでセキュリティも安心です。

アイフル「てまいらず」

  • 営業時間:平日・土日祝日/8時~22時(※一部店舗は20時30分まで)
  • 審査時間:最短30分
  • 即日融資:◎

アイフルの「てまいらず」は自動契約機とは少し異なります。なぜなら申し込み手続きをすべて電話で行うからです。

「無人契約でんわBOX てまいらず」という名称の通り、タッチパネル操作はまったくなくアイフルのオペレーターからの質問に答えるだけで審査に申し込めるのが楽なところです。わからないことがあってもその場ですぐに聞けるので安心でもあります。

アイフルの自動契約機で必要な書類

下記のうち、いずれか1点が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日、顔写真がわかるもの)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

1つ注意したいのは「健康保険証」が含まれていないことです。代わりにさまざまな種類を本人確認書類として提出することができます。

さらに、急いでいる場合は申込後にフリーダイヤルへ連絡して審査を早めてもらうことが可能です。電話での申し込み最中にオペレーターへ伝えても良いでしょう。

レイク「自動契約機」

  • 営業時間:①平日・土曜日/8時45分~24時、②日曜日/8時45分~22時(※毎月第三日曜日は19時まで)
  • 審査時間:最短30分、カード発行まで最短50分
  • 即日融資:◎

レイクの自動契約機の一番のメリットは、平日と土曜日の営業時間が深夜までやっている点です。24時まで営業しているので、仕事が遅くなっても間に合います。

ただし初めての利用で即日融資を希望する場合は、受付時間が21時までとなっているので要注意です。

レイクの自動契約機で必要な書類

下記のうち、いずれか1点が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

アイフルと同様、対応している書類は多いです。もし現在の住所が書類と違った場合あるいは「健康保険証」を提出する場合は、別途書類が必要になります。

その場合は、追加で「公共料金の領収書」「住民票の写し」「印鑑登録証明書」のいずれかが必要です。

収入証明書類が必要になるケース

  • 借入希望額が50万円をこえる場合
  • 他社借り入れとあわせて借入希望額が100万円をこえる場合

上記でご紹介した「本人確認書類」以外にも、借入れ額が一定の金額をこえると「収入証明書類」の提出が必要になります。

ただ初めての利用だと、最初から借入限度額が50万円をこえるというのはなかなかありません。利用者の平均的な初回借入限度額が15万円前後なので、それ以上まとまったお金を借りたい方は念のために用意しておいても良いでしょう。

なお、上記でご紹介したキャッシングの中でも「レイク」は、借入希望額が100万円をこえるまでは収入証明書が不要です。レイクがそうであるように、銀行カードローンは収入証明書不要のラインが高めに設定されています。

まとまった金額の借り入れを検討している場合は、大手キャッシングだけでなく銀行カードローンにも視野を広げて検討してみてはいかがでしょうか。

一般的に必要となる収入証明書

下記のうち、いずれか1点が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+お持ちであれば1年分の賞与明細書)

いずれも最新のものが必要になります。キャッシングを検討するようになったら、いつでも持ち出せるよう手元に取り寄せておくことをおすすめします。

特に給与明細は2か月分必要になるので、もらってすぐ捨てたりすることがないよう直近2か月分は保管しておきましょう。

在籍確認を書類で済ませる場合もある

キャッシングの審査では必ず在籍確認を行わなければ審査が完了しませんが、申込者の勤務先が休業だった場合など、場合によっては電話での在籍確認ができないパターンもあります。

そのような場合の措置として、代わりに書類の提出で在籍確認を行うケースがあります。その際には、上記でご紹介した「給与明細書」が必要になります。

書類が用意できない場合は、翌営業日まで在籍確認が終わるのを待つか、申込者自身が会社へ行って電話を受ける必要があります。

WEBで先に審査申し込みをしておけばスピード融資可能

自動契約機で申し込みからカード発行まですることも可能なのですが、お急ぎの方におすすめしたいのはWEBで先に審査申し込みをしておくことです。

そうすれば自動契約機での手続き時間を短縮することができ、普通に申し込むよりも早く融資が可能となっています。

自動契約機で審査申し込みをする場合、審査の待ち時間はどうしても無人店舗で待機していなければならないため、1時間以上のまとまった時間がなければいけません。

しかしWEBで先に審査申し込みだけでもして結果通知をメール受取にしておけば、時間を気にせず自由に行動することができます。

また審査の待ち時間を利用してお近くの無人店舗へ移動するということもできるので、こちらの方が何かと機転が利きますよ。

審査へ申し込む情報一覧

審査申し込みでは、下記の内容を記入することになります。

  1. お客さま情報
  2. 自宅情報
  3. 勤務先情報
  4. ご契約方法の選択
  5. お借入れについて
  6. メールアドレス・パスワードの登録
  7. 審査結果のご連絡について
  8. 書面の受取方法について
  9. アンケートにご協力ください

「自宅情報」や「勤務先情報」等はスムーズに記入できるように、「会社規模」や「所在地」などを下調べしておくことをおすすめします。

自動契約機まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 自動契約機のほとんどは土日祝日も営業している
  • 基本的にタッチパネル式になっていて、申し込みの最中に電話で問い合わせも可能
  • 必要書類は本人確認書類、借入希望額に応じて収入証明書も要るようになります

いかがでしたでしょうか。自動契約機はキャッシング各社によって微妙な違いはありますが、基本的には「運転免許証」さえあれば簡単に申し込むことができます。

免許証をお持ちでない場合は、各社によって必要な書類が変わるのでよく調べてから自動契約機へ持参しましょう。

収入証明書類は必要というわけではありませんが、最新のものはいつでも持ち出せるよう保管しておくことをおすすめします。

「源泉徴収票は貰った覚えがあるけどもどこかに失くした」ということがないよう、プライベートでも書類は大事に扱いましょう。