おすすめ借り入れ先ランキング!どこから借り入れるべきなのか

公開日:

 

キャッシングを利用してお金を借り入れる際には、考えておくことがとても多く存在します。

借り入れにかかる時間、借り入れ方法、借り入れ前に受けることになる審査…。

そして具体的に、どのキャッシングを利用してお金を借り入れるべきなのか。

今回は、即日融資に対応しており、借入方法も気楽なキャッシングをランキング形式で紹介して、借り入れにまつわる、あらゆる基礎知識も紹介します。

キャッシングを利用したお金の借り入れは、あらかじめ注意しておかないとその後の人生を大きく左右しかねません。

借り入れについて詳しくなっておいて、キャッシング利用が生活を破綻させるリスクを軽減しておきましょう。

即日借り入れにも対応したキャッシングランキング

それではさっそく、即日借り入れに対応しているキャッシングのランキングを調べていきましょう。

即日借り入れに対応しているということは、申し込んだ当日に審査と借り入れが終わるということです。

急な出費でお金が必要になっている方ならなおのこと、即日借り入れに対応しているキャッシングを利用するべきです。

今回のランキングは、即日借り入れに対応しているだけでなく、その他サービス、キャッシング設定など、多角的に優秀なキャッシングほど上位になっています。

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
融資 最短即日

SMBCコンシューマファイナンスの大手消費者金融「プロミス」からの借り入れはおすすめです。

審査時間は最短30分で、その後の借り入れも順調に進めば1時間程度で終わるはずです。

さらに、そこに加えプロミスからの借り入れがはじめてなら、「30日間の無利息期間」がつきます。

最近は借り入れカードがスマートフォンアプリになっている「アプリローン」も出てきており、キャッシングの利便性がさらに上がった消費者金融だというイメージです。

特に、借り入れがはじめてという方におすすめです。

プロミスから即日借りるには何時までに申し込みが必要なのか?

2位 アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
融資 最短即日

アイフルのキャッシングも即日借り入れに向いています。

利用者としてうれしいのが、アイフルは「審査を優先的に行ってくれるフリーダイヤル」があることでしょう。

申込み後すぐにこの電話番号へかけることで、待たされること無く審査が進みます。

審査後は、無人契約機、ネットキャッシング、あらゆる方法で即日借り入れが可能です。

アイフルで即日融資を受けられるのは何時まで?

3位 レイクALSA

レイクALSA

金利 4.5~18.0%
限度額 10~500万円
融資 最短即日

新時代のカードローンをテーマに運営するのが、新生銀行の運営する消費者金融「レイクALSA」です。

レイクALSAは特にスマートフォンを活用した借り入れに強いので、ネットキャッシングを利用して借り入れたい方におすすめの消費者金融です。

即日借りやすいネットキャッシングに強いレイクALSAもかなりおすすめです。

レイクALSAは無利息期間の選択幅が広いのも大きなメリットです。
レイクALSAは即日融資に対応!即日融資対応時間は?借入方法は?

4位 アコム

アコム

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
融資 最短即日

アコムも基本的には他の消費者金融と同じく、即日借りやすい設定が組まれていることには大きな違いがありません。

私が注目したいのは、アコムの発行するカードローンの借り入れカードが「クレジットカード機能」を搭載できることです。

即日借り入れにも、即日クレジットカードにも対応しているのが、この「アコム」なのです。

アコムの即日融資

5位 SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 10~800万円
融資 最短即日

SMBCモビットも、即日借り入れに最適な消費者金融です。

SMBCモビット自慢のサービス「ネット完結キャッシング」によって、ネット上のみで借り入れが即日終わってしまいます。

即日終わるネットキャッシングでの借り入れを希望している方は、ぜひ知名度バツグンのSMBCモビットからの借り入れも選択肢に入れてください。

SMBCモビットで即日融資を受ける方法!

そもそも借り入れとは?借り入れの意味は?

ここからは、「そもそも借り入れとは?」という視点で考えていきましょう。

「借り入れ」という言葉は、テレビなどのメディアでも広く使われているものの、その意味をはっきり説明できる人は少ないのではないでしょうか。

本格的に借り入れを行う前に、借り入れについて基本的な知識をしっかり持っておきましょう。

要するにクレジットカードや消費者金融からの「借金」

借り入れとは、一般的に「お金を借りる」という意味で使われます。

お金を借りる以外でも時折「借り入れ」を使うときがありますが、お金を借りる時以外で借り入れが用いられるケースはかなり稀です。

個人でお金を借りても、法人がローンを借りても、いずれも借り入れが利用されます。

ちなみに、借り入れの対義語が貸付です。

貸付を行う人がいてはじめて、キャッシング利用者の借り入れが成り立ちます。

ローンと違うのか?

ローンが指すのはキャッシングサービス、借り入れが行為そのものを指すのと比べると、その意味は少し違いますね。

ローンと借り入れが組み合わさって使われるのは、ローンを利用して借り入れる…といった時でしょうか。

または、借り入れという行為の中にローンがあるとも考えられますね。

誰でも借り入れ可能なのか?

借り入れを行うことができるのは、基本的に「20歳以上の成人」に限られてしまします。

これは、「貸金業法」で明確に定められているので、破ることはできません。

学生向けの「学生ローン」なるキャッシングサービスが存在しますが、これも利用できるのは「20歳以上の安定した収入」です。

学生専用のクレジットカードは、18歳から作ることができますが、この学生カードにもキャッシング機能をつけることはできません。

未成年にできるのは、せいぜいヤミ金から借りることくらいでしょうか…。

未成年でもキャッシングを利用できるのか?即日融資も可能?

英語で借り入れとは?

借り入れを英語でいうと、「Debt」。あるいは「borrowing」と言います。

キャッシングの借り入れ方法

それでは、いざ消費者金融や銀行から借り入れる時、どんな方法でお金を借り入れることができるのか、その借り入れ方法についても調べておきましょう。

カードローンにおける借り入れ方法は大きく分けて2つ。どちらの方法でお金を借り入れるべきなのか、自分にあった方法で借り入れを行ってください。

ATMからの借り入れ

カードローンは、「カードを用いてATMから借り入れる」のが基本的な借り入れ方法となります。

カードローンの代表的な借り入れ方法が、この「ATMからの借り入れ」です。

キャッシュカードを使って自分の口座から引き落とすかのような使い勝手で、カードローンでの借り入れを行うことができます。

ネットから自分の口座を指定して借り入れ

最近の主な借り入れ方法が、この「ネットからの借り入れ」です。

パソコン・スマホからカードローンのサイトにアクセスして、サイトから自分の口座を指定すれば、口座にお金が振り込まれるという、利便性の高い借り入れ方法です。

口座振込での借り入れには「銀行の営業時間内に依頼を出す」という条件がありますが、他人に借り入れがバレないなどのメリットがあります。

即日審査に通る方法と即日振込の借入方法!どのカードローンが即日振込に対応しているのか?

消費者金融の借り入れと銀行からの借り入れの違いは?

代表的な借入先はやはり、「消費者金融」と「銀行」の2つ。

キャッシングを運営する会社は細分化すればもっと細かく分けられるものの、多くの人はその2つのいずれかのカードローンで借り入れを行いますよね。

さて、消費者金融と銀行のキャッシングにおける違い、しっかり理解していますか?

総量規制の存在

貸金業者である消費者金融と、お金を総合的に扱う金融機関である銀行は、規制される法律の種類が違います。

貸金業法の総量規制では、貸金業者からの借入額を「年収の3分の1まで」とする制限がかかります。

しかし銀行を取り締まる銀行法では、融資額に制限をかける種類の法律はありません。

最近は銀行からの借入可能額は制限が厳しくなっていますが、法律だけでみれば「銀行は大口の借り入れに対応している」ことにほかなりません。

審査基準の違い

消費者金融と銀行は、基本的に設定されている審査基準が異なります。

一般的に、消費者金融の審査のほうがハードルは低く、銀行のほうが様々な条件を審査されて、審査基準が厳しくなる傾向にあります。

年収が低い、過去のキャッシングでトラブルを起こしているなど、審査に通るか不安がある方は、消費者金融からの借り入れを行ったほうが良いかもしれません。

審査と融資にかかる時間の違い

消費者金融と銀行は、借り入れまでにかかる時間も違います。

銀行からの借り入れは、即日融資が禁止されており、実際に借り入れるまでには消費者金融より多くの時間がかかります。

対して消費者金融なら、最短で即日融資にも対応しているので、時間をかけずに借り入れを行いたいなら消費者金融からの借り入れを検討しましょう。

安心感と信頼感の違い

キャッシング利用で考えなくてはならないのは、そのローン、キャッシングサービスの安全性です。

どれだけ優秀な設定が組まれたキャッシングであっても、そのキャッシングを利用した借り入れに、安心感がないならそれは優秀なキャッシングとは言えません。

貸金業者であり、経営がキャッシング運営に依存している消費者金融より、総合的にお金を扱う安定経営の銀行のほうが「信頼感」があります。

借り入れの審査基準とは?

借り入れに関して、さらに考えなくてはならいのが、借り入れの審査基準です。

どれだけ強く、そのキャッシングサービスで借り入れたいと求めたところで、実際に借り入れが可能かどうかを決めるのは、「審査結果」です。

審査結果で「借入可能」と認められないことには、お金を借り入れることはできないのです。

では具体的に、消費者金融や銀行は、申し込んだ人のどんなところを審査するのか?

借り入れの審査基準について学んでいきましょう。

とはいえ、審査基準はもっと多岐に渡っています。ここで説明するのは、その一例に過ぎません。

さらに詳しい借り入れ審査基準を知りたい方はこちら→他社借り入れはどれくらい審査結果に影響するのか?

収入や勤務先情報などの返済能力

まず借り入れ前の審査で見られるのが「収入」や「勤務先」の情報など、生活にまつわる情報です。

こういった情報は「属性」として区別されており、それぞれの情報がスコアに直されて、スコアが加点評価されます。

信用情報で過去のトラブルを審査する

属性の審査より重要視されるのが、この信用情報の審査です。

信用情報には、個人の扱った金融商品のあらゆる記録が残ります。

例えば過去利用したキャッシング、その借入記録、返済期間のなかで、なにやらトラブルを起こした記録が残っていれば、その記録が原因で審査に落ちます。

どれだけ属性が強くても、この信用情報の記録一発で借り入れ前の審査に落ちることも十分ありえます。

他社借り入れ件数に注意

他社借入記録も審査に残りますから、他社借入金額、他社借入件数にもよく注意が必要です。

他社からの借り入れが多ければ多いほど、その分収入が減りますから、返済能力は低いですよね。

返済能力が低い人が、借り入れ審査に通るわけがないのです。

借り入れの審査基準で変わるメリット・デメリット

借り入れ審査基準が甘いか厳しいかで、メリット・デメリットが変わってきます。

一概に借り入れ審査が甘ければいいかというと、全然そんなことはないのです。

審査が甘いキャッシングは金利が高い

借り入れの審査基準が甘いキャッシングは、得てして金利が高い傾向にあります。

それはなぜかというと、審査基準が甘いということは、それだけ返済能力でも審査に通るということ。

そして返済能力が低い人というのは、いつ返済不能になるかわからない、お金を貸し付ける側としてはリスキーな存在なのです。

審査が甘いキャッシングは審査時間が短い

借り入れ審査基準が甘いキャッシングは、審査で見られる条件が少なく、審査で見られる情報が浅いので、審査に時間が取られません。

対して審査の厳しい銀行からの借り入れは、銀行のデータベースが照会されるほど慎重なので、多くの時間を要します。

審査に時間をかけたくない方は、消費者金融の借り入れを利用するようにしてください。

借り入れ審査の甘い借り入れ先

具体的に、どの借入先が審査が甘いのか。

借り入れ審査の甘い消費者金融を紹介します。

借り入れの審査基準が甘い消費者金融というのは、得てして知名度では劣ります。

それは、借り入れ審査の厳しい「有名金融機関の審査に落ちた人」を相手にお金を貸し付けるからです。

セントラル

セントラル

金利 4.8~18.0%
限度額 300万円
審査時間 最短30分

借り入れ審査が甘い、そして即日借り入れにも対応している消費者金融を聞かれたら、私はこのセントラルをおすすめします。

愛知県に本社がある中小消費者金融ですが、東京の都市部にも無人契約機があるなど、即日借り入れるのに最適な設定が組まれています。

ニチデン

金利 7.3~17.52%
限度額 50万円
審査時間 最短10分

近畿地方にお住まいの方なら、ニチデンからの借り入れをおすすめします。

最短10分の審査時間は、かなり魅力的です。

平日の14時までの申込みで、かなり確率の高い即日借り入れが可能なのも魅力です。

さらに、中小消費者金融には珍しい、無利息期間が設定されているのもメリット。しかも「最大100日間」という長さ。

ユニーファイナンス

金利 12.00~17.95%
限度額 300万円
審査時間 最短即日

ユニーファイナンスの審査基準も柔軟です。

申込みを午前中に終わらせることで、最短即日融資を行うことも可能です。

ヤミ金からの借り入れは要注意

借り入れのハードルが低い業者といえば「闇金」です。

貸金業法は厳しく設定されているものの、その貸金業法をことごとく無視した貸付を行うのがこの「ヤミ金」です。

ヤミ金は誰にでも貸すほど、審査基準が甘いです。

ですが、ヤミ金からお金を借り入れるには、かなりハードルが高いです。

取り立てが悪質

貸金業者の行う取り立てには、かなり厳しい法律が課せられています。

午前8時から午後9時までの時間以外は、貸金業者が債務者とコンタクトを取ることは禁止されています。

他にも、電話をかける回数など、取り立てに関してはかなり細かいルール付がなされています。

ヤミ金は貸金業法を無視するので、この取り立てに関する法律も無視します。

ヤミ金から一度お金を借り入れてしまうと、かなりしつこい取り立てにあうことを覚悟してください。

ヤミ金は審査が甘い

繰り返すようですが、ヤミ金はかなり審査が甘いです。

たとえ未成年だろうが、たとえ無職だろうが、誰にでも審査を貸し付けます。

そしてそんな返済能力が低い人相手だろうが、平気で高い金利で利息を請求します。

貸金業法で金利の上限も決まっていますが、ヤミ金はその制限をはるかに超えた高い金利を設定しています。

他社の借り入れ審査に落ちてしまったとしても、闇金の審査基準にまどわされないようにしてください。

ソフトヤミ金も違法

ヤミ金より対応がソフトになった貸金業者に、「ソフトヤミ金」がありますが、ソフトヤミ金だってヤミ金はヤミ金。違法な貸金業者であることは変わりありません。

どれだけお金の借り入れに悩んでいたとしても、闇金、ソフトヤミ金いずれからもお金を借りないようにしてください。

リスキーなソフトヤミ金からの即日借り入れについてはこちら→ソフトヤミ金から即日融資ってやっぱり危険?どこが即日融資に対応しているのか?

お金を借り入れると誰かにバレる?

お金の借り入れを誰にも知られずこっそり行いたい方もいるはず。

そんな方が気になるのが、「お金を借り入れるとバレるのか?」ということですよね。

例えば借り入れを考えている主婦の方、できれば夫に内緒で借り入れを行いたいと思っていることでしょう。

ネットキャッシングを駆使して借り入れればばれない

最近の消費者金融や銀行からの借り入れは、多くが「ネットキャッシング」に対応しています。

ネットキャッシングとはその名の通り、「ネット上で行う借り入れ」のこと。

ネット上で借り入れを行うことで、現実には書類のやり取りや金銭の取引もないので、他人にバレないですよね。

スマートフォンでネットキャッシングを利用して借り入れを行っても、まるでスマホでLINEを見ているかのようにしか見えません。

無人契約機でも、他人とかかわらない借り入れが可能ですが、「カードを使ってATMから借り入れ」の時点で、ある程度バレるリスクが潜んでいるのも確かです。

在籍確認でもバレない

借り入れ審査の最後に待ち受けている「在籍確認」ですが、この在籍確認もバレる心配はありません。

在籍確認は、申し込んだ人の職場に業者からかかってくる確認電話ですが、電話内容は「会社に在籍しているか」の確認だけです。

消費者金融は自社名を名乗ることもないですし、「キャッシング」のキの字を出すこともありません。

在籍確認がかかってくるとしても、「知り合いから電話があった」という言い訳が十分通用するレベルなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ぼんやりした「借り入れ」という言葉の意味、そしてなにより「おすすめの借り入れ先」について詳しくわかったでしょうか。

借り入れを行う予定がある方は、借り入れに関して疑問点を払拭しておくことではじめて、安全な借り入れを行うことができるのです。

即日借り入れを希望する方はとくに、借り入れについてしっかり情報を理解しておきましょう。