借入にかかる利息はいくら?利息計算の方法まとめ

公開日:


カードローンを利用した時、気になるのが利息です。

カードローンで借入をした際に、自分が借入した額よりも多い金額の請求に驚いた経験はありませんか?具体的な利息の計算方法を知ることで後悔することを防ぐことが可能です。

今回はどのように利息を計算すれば良いのかについて詳しく説明していきます。

既に借入している人は改めて計算してみてください。

そしてこれから借入する予定がある人は利息についてもしっかり計算してから借入するようにしましょう。

そもそも金利とは?

金利というのは、借入した場合に発生する利用手数料のこと。

または、預金に対する利子のことを言います。

簡単に言うと、お金を借入るときに、その対価として払うものが利息であり、その借りている金額に対して支払う利息を金利と言うのです。

毎月の利息額を月利、年間の利息額を年利です。

元金(借入している額)を毎月返済していくことになりますので、元金が減れば利息も減るということになります。

消費者金融の借入れを効率よく返済する方法!返済できないときのリスクは?

金利と利息は別物

金利は年間利息としてパーセンテージで表示されることが義務づけられているので、もし自分が既に借入しているカードローン会社があれば、カードローン会社で確認してください。

この金利がわからないと、利息計算をすることができません。

金融系の単語には似ているものが多くややこしいので混乱しやすいものです。

利子

これは支払う側に対して使われる

利息

利息はその逆で受け取る側に対して使われる

利率

利率というのは金利と同じ扱い

年利

1年分の金利のこと

年率

年利と同じ意味

金融系の単語を知ることで、難しいと思いがちな金融の世界も理解しやすくなります。

金利の決まり方の基本

金利には、規制金利と自由金利の2種類があります。

規制金利というのは、政府や日本銀行が法律に基づき規制している金利のことです。

貯金などで使用されることも多く、全てが規制金利とされているのです。

日本銀行が民間銀行に対してお金を貸し出す時に利用される金利を、規制金利と言います。

カードローンでは自由金利が使用されていますのでその点は注意が必要です。

カードローンは自由金利

自由金利というのは、金融市場で資金の需要と共有の関係によって決まる自由な金利のこと。

カードローン会社が自由に設定することができるのが、自由金利です。

これによって、カードローンで借入をした場合、利息だけで元金が減らないままでは一向に返済することができません。

その為、金利に対しての決まりが存在しています。

カードローンの金利の場合は出資法によって上限が年20%までと定められています。

それから、利息制限法という法律があり、貸付額に応じた金利の上限が設けられているのです。

ひと昔前であれば、金利が年20%以上の金融業者がいましたが、今はこの法律によって制限がなされている為、無鉄砲な金利での貸付は行われていません。

もし、これ以上の金利での貸付を行っているような場所は、闇金融という立ち位置になってきますので借入しないように注意してください。

元利均等返済方式と元金均等返済方式って一体?

カードローンを利用する時やキャッシングを利用した時、元利均等返済方式と元金均等返済方式での返済方式が適用になります。

元利均等返済方式

この返済方式は、元金と利息が一定で返済していく方法になります。

返済額(元金と利息)を一定した状態で返済していくので、返済計画が立てやすくなるというメリットがあります。

返済開始当初の返済額を少なくすることができるのも魅力。

ただし、元金均等返済方式と比べると総返済額が多くなるデメリットもあるのです。

毎月返済していても支払いが長引くので、借入残高の減り方が遅くなってしまうのです。

元金均等返済方式

返済額(元金と利息)が返済が進むにつれて減っていきます。

元利均等返済方式に比べると元金の減りが早いので、同じ借入期間であったとしても元利均等返済方式よりは総返済額が少なく済むというメリットがあります。

ただし、返済開始当初の返済額が一番多いので、返済負担がのしかかってくるデメリットもあるでしょう。

この方式の場合は、借入の段階で必要な収入額も高くなる傾向があります。

利息の日割り計算の方法は?

具体的な利息の日割り計算方法をご紹介していきます。

日割り計算というのは、元本に対し1日ずつ利息がついていくという仕組みです。

借入金額×金利(年間の利率)÷365日
この計算方法で1日あたりの利息額を計算することができます。

うるう年の場合は、365日を366日に変更して計算してください。

借入額が10万円で18%の利息の場合
10万円×0.18÷365日=49
1日あたりの利息は49円となります。

7日間借り入れた金利

例えば、7日間借入したとすれば、10万円かける0.18÷365日×7日=345円の利息になります。

この計算方法を使用すれば、半端な日数であっても簡単に利息を計算することができます。

日割り計算は月割計算と異なり、返済期間が1日でも短縮することができれば、その分の利息金額を減らすことができるのです。

借入をする側からすれば、借入日数を減らすことができればできる分、利息も減らすことができるというメリットもあります。

毎月の利息の計算式

毎月の利息を計算する計算式を紹介します。

借入額×年利÷365日×30日
この計算式で1ヵ月あたりの利息額を計算することができます。

借入額が10万円で18%の利息の場合
10万円×0.18÷365日×30日=1479円
1カ月あたりの利息は1479円となります。

うるう年の場合は、366日にして計算することになりますので注意してください。

借入額が増えると利息も増える

借入額が多くなればなるほど、1カ月の利息は増えていくのです。

金利を考える時には年利を利用することになります。

銀行では基本的に全て年利で表示されていますが、中には日歩(ひぶ)や月利で表示されている場合もありますので注意してください。

日歩とは、元金100円に対する1日分の利息を言います。

また、月利は1ヵ月で決められた金利のことです。

利息計算をする際には年利に換算して計算しましょう。

利息の計算式を知っておけば、どれぐらいの利息が毎月掛かってくるのかを知ることができますので、大まかな数字を知りたいという人は計算してみてください。

年間にかかる利息の計算方法

1年間あたりの利息を計算する方法をご紹介します。

借入額×年利
この計算式で1年間の利息額を出すことができます。

借入額が10万円で18%の利息の場合
10万円×0.18=1万8000円
1年間あたりの利息は1万8000円となります。

長期間の借入が想定される場合には、このような計算式を利用することによって1年間の利息を計算することが可能になります。

計算方法がわかると返済が簡単に

利息の計算方法を知っておくと、実際に借入する際にどれぐらいの利息がかかってくるのかを自分で計算することができます。

カードローン会社によっては最初の1ヵ月利息なしのキャンペーンを行っていることがありますので、そのようなキャンペーンを利用するのも利息の節約になるでしょう。

途中で繰り上げ返済をした場合や借入額を増額した場合などには借入額の変動がありますので、自ずと利息も変わってきます。

利息計算をする際の注意点

利息計算は自分で簡単にすることができますが、途中で借入額が増えたり、繰り上げ返済をした場合に利息額も変動してしまうのです。

大まかに計算することで目安とすることは可能ですが、毎月の返済額や返済日なども考慮する必要がある為、1円単位での正確な利息額を算出するのは簡単なことではないのです。

利息計算をした時にこれぐらいの利息額なら返済できると思い込んでしまう人もいるでしょう。

ただし、これはあくまでも目安です。

利息の計算はあくまで目安

カードローン会社によって年利が異なることや借入額によっても変動することを忘れないようにしてください。

利息計算の方法は難しくありません。

一度覚えてしまえばすぐに計算することができます。

しかし、本当の利息とは異なることがあることも覚えておきましょう。

カードローンを利用する時にはつい借入した金額だけを見てしまいがちですが、カードローン会社を利用してお金を借入するということは確実に利息がかかってきます。

金利と利息をしっかり把握しておく

この利息が年利15%なのか18%なのかで総返済額は大きく変わってくるのです。

年利が安い場所で借入することで、少しでも利息を安く済ませることができますし、返済計画をしっかり立てておくということも大切になってきます。

1ヵ月以内に返すことを前提として借入しているのか、それとも数か月単位で借入しているかによっても利息は変動していきますので、その点をしっかり考えてから借入することが大切です。

利息計算をすることは自分でも可能ですが、返済コントロールをすることは簡単ではありません。

返済する能力がないのに借入額を多くしてしまうと利息だけで相当膨れ上がってしまいます。

自分で返済できるのかおおよそでもいいので把握しておくことはとても大切です。

利息計算を利用すればおおよその総返済額がわかりますので、目安にすることをおすすめします。

返済シミュレーションを利用するのもあり!

自分で利息計算できる方法をご紹介してきましたが、自分でするのは面倒だし間違ったら嫌だという人はカードローン会社の公式ホームページを覗いてみましょう。

公式ホームページでは、返済シミュレーションサービスが提供されています。

無料でできるものがほとんどですので是非利用してみましょう。

このシミュレーションサービスでは、借入額や返済期間などの情報を自分で入力することで、総返済額や利息が一瞬で表示されます。

大まかな数字だけでも知っておきたいという人は利用することをおすすめします。

また、借入する前にどれぐらいの利息が発生するのかを知ることができるので、借入を迷っている人はその情報を元に考え直すができるのもメリットと言えるでしょう。

また、カードローン会社によっても年利が違ってきますので、何社かシミュレーションしてみてください。

年利15%の場所と年利20%の場所では大きな差が出てきます。

借入額が10万円で15%の利息の場合

10万円×0.15=15,000円
1年間あたりの利息は15,000円となります。

借入額が10万円で20%の利息の場合

10万円×0.20=20,000円
1年間あたりの利息は20,000円となります。

上記のように、年利が5%違うだけで5,000円の差が出てくるのです。

少しでも年利が安いところで借入をするというのも返済額を減らすポイントです。

利息がかからない支払い方法はある?

利息があることを考えると、借入を躊躇してしまう人もいます。

元金だけの返済だけでも大変なのに、それに利息分もプラスすることになりますので、負担は相当なものになります。

そのように躊躇してしまう人は、一括返済という返済方法を利用しましょう。

一括返済はその名の通り、一度で借入額を返済することです。

一括返済であれば利息を最低限に抑えることができるのです。

また、繰り上げ返済をすることも利息を減らすことができます。

繰り上げ返済で返済完結に近づく

借入途中で繰り上げて返済していけば、利息分の負担を軽くすることができるので、利息を少しでも減らしたいという人はこの方法を取り入れましょう。

金利がダイレクトになってしまうリボ払いは、元金がなかなか減らないというデメリットがありますので、利息を少しでも軽くしたい人は利用しない方が良いでしょう。

リボ払いというのは、毎月決まった金額を返済していくシステムです。

月々の返済額の負担は少なくて済むのですが、利息分ばかりが膨れ上がってしまい、元金がなかなか減りません。

毎月の返済が楽になるからとリボ払いを選んでしまうと、いつまでも返済し終わらないという事態になりかねませんので注意が必要です。

借入をする前に利息計算を!

カードローンでの借入を考えている場合には、実際に借入をする前に自分で計算式を利用して計算してみるとか公式ホームページにあるシミュレーションを利用して計算してみてください。

利息がどれぐらいかかるのか知ることができれば、返済計画が立てやすくなります。

また、借り過ぎ予防にも繋がりますので一度試してみましょう。

借入した金額だけではなく、総返済額を知ることが大切です。

また、元金がなかなか減らないという人は、今借り入れている金額とそのカードローン会社の金利で再計算してみましょう。

もちろん、正しい利息が出るとは限りませんので、目安として考えてください。

また一社だけではなく何社もシミュレーションをしてみることで比較することが可能です。

より詳しい利息が知りたい場合には、借入しているカードローン会社に直接相談してみることをおすすめします。