急な出費はキャッシングでやりくり!金額別でおすすめのキャッシングをご紹介!

公開日: 最終更新日:

雷
皆さんはもし想定外の急な出費があったら、どう対応しようかイメージできていますか?

貯金を切り崩す、両親や友人から貸してもらう、日雇いで働くなどなど、さまざまな方法が考えられると思います。

しかし貯金が無かった場合、両親や友人から借りれなかった場合、日雇いバイトが見つからなかった場合、どうするかまでは考えていないのではないでしょうか。

そんなときに頼りになるのが、これからご紹介するキャッシングです。

今回は実際のニーズに合わせて、「5万円、10万円、30万円、それ以上」と金額別にどのキャッシングがおすすめかをご紹介させていただきます。

この他にもキャッシングはたくさんありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

5万円以下の急な出費なら「レイク」でやりくり!

新生銀行カードローン レイク

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短即日審査

「レイク」といえばご存知の方も多いのではないでしょうか。

昔は大手消費者金融のうちの1社だったレイクも、現在は実のところ新生銀行に取り込まれてカードローン部門として同じサービスを提供しています。

ではなぜ5万円以下の借入ならレイクがおすすめなのでしょうか。

レイクには2つの無利息サービスがある

銀行カードローンにしては金利が高いのですが、レイクには初回限定で「無利息サービス」を利用することができるため、キャッシングの中でも人気が高いです。

1つは「初回限定で30日間無利息サービス」、もう1つは「初回限定で180日間無利息サービス」があり、申込者の希望でどちらかを希望することができます。

後者の180日間無利息サービスに関しては、適用される借入限度額が上限5万円以内と決まっています。

5万円以上の借り入れには通常の金利が適用されてしまいますが、5万円の範囲内なら利息0円でおよそ半年間も、好きなだけ借り入れと返済をすることができるのはレイクだけのメリットです。

6万以上~50万円未満の急な出費なら大手消費者金融でやりくり!

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

急な出費がレイクの180日間無利息におさまらない6万円以上になった場合は、上記の大手消費者金融に借り入れの申し込みをするのがおすすめです。

なぜなら、上記の大手消費者金融3社も「30日間の無利息サービス」を提供しているからです。

そのため約1ヶ月の範囲であれば利息0円でキャッシングを利用することができるわけですが、ではなぜ「6万円以上50万円未満」の急な出費なのか。

消費者金融は50万円以上の借り入れから収入証明が必要になる

キャッシングの審査では、必要な書類に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つがあります。

  • 本人証明書類(いずれか1点):運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カードなど
  • 収入証明書類(いずれか1点):源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書、賞与明細書など

本人確認書類は必ず提出しなければならないのですが、収入証明書類は銀行や消費者金融によって提出が必要になる金額が異なります。

消費者金融の場合、ほとんどは「借入希望額が50万円をこえるの場合」と「他社とあわせて借入希望額が100万円をこえる場合」のどちらかに当てはまるときに必要になります。

最新の収入証明書類を持っていれば問題ありませんが、持っていない場合は役所に行って発行したりしなければならない手間があるので、50万円未満は大手消費者金融が向いているというわけです。

ちなみに銀行カードローンなら、100万円以上の借り入れから収入証明が必要になることが多いです。

消費者金融の初回利用では借入限度額が30万円程度になることが多い

これは審査によっても変動があるのですが、消費者金融に初めて申し込んだときの借入限度額は30万円程度になることが多いです。

現在主流のキャッシングローンは原則として無担保・無保証人のローンで、信用貸しとなっています。

これまでにキャッシングの利用実績がない申込者は信用できるかどうかがまだ不確定のため、業者側からしてもまとまった資金を融資するのはリスクが高い行為になります。

そのため審査に通る借入限度額は30万円程度が目安となっているわけです。

大手消費者金融なら土日祝日も「自動契約機」で借り入れOK!

平日はさまざまな金融機関も空いているのでまだなんとかできるかもしれませんが、平日夕方以降や土日祝日はだいたいの金融機関は窓口が終わってしまうことが多いですよね?

もし急な出費がそのタイミングに起きてしまったらどうすることもできません。

そんな時に活用してほしいのが、大手消費者金融の「自動契約機」です。

自動契約機は、人が集まる駅の周辺にある貸金業者の「無人店舗」内に設置されており、ATMも併設されているところがほとんどです。

平日はもちろんのこと、無人店舗なので土日祝日も稼働しており、基本的に9時~21時あたりまでは利用することができます。

最短1時間程度あればその場でカードローンを発行することができるので、お困りになったら来店するという選択肢もあります。

大手消費者金融4社の特徴

プロミス
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査・最短1時間融資

三井住友銀行グループの大手消費者金融「プロミス」は、CMや広告でご存知の方も多いのではないでしょうか。

プロミスの無人店舗「自動契約コーナー」は、東京だけでなく全国に約1,000台あるので見つけやすい方ですが、実は三井住友銀行の「ローン契約機」からも申し込みが可能です。

合わせると、プロミスの申し込みができる自動契約機は全国に約1,700台もあります。

ただもちろんインターネットからの申し込みも対応が早いので、こちらもおすすめです。

アコム
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査

三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融「アコム」は、歴史が長く最大手と言えるのではないでしょうか。

アコムの自動契約機も約1,200台あり、どの時間帯も急な出費に対応しやすいのですが、さらに注目すべきはアコムの新規貸付率です。

2017年2月現在で新規貸付率が「46.6%」(キャッシング第1位)もあるので、他社よりも審査に通りやすいというメリットがあります。

アイフル
金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/お急ぎの方は電話を掛ければ優先審査!

アイフルは現在も独立した消費者金融ではありますが、大手消費者金融として他社に劣らないキャッシングを利用できます。

特に、審査申込後に専用ダイヤルへ電話を掛けることで、優先して審査を開始してくれるのは嬉しいポイントです。

アイフルの自動契約機は無人契約でんわBOX「てまいらず」といい、専門のオペレーターと通話しながら申し込むことができるので、初めての方も安心です。

モビット
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査/お急ぎの方は電話を掛ければ優先審査!

プロミスと同様、三井住友銀行グループの大手消費者金融「モビット」は、顧客満足度の高い消費者金融です。

2016年に「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン」で、プロミスやアコムを退けて第1位となっており、非常に人気の高いキャッシングであることがわかります。

特に「借り入れのしやすさ」や「申し込み手続き」で高い評価を得ており、急な出費への対応もしっかりしていることがわかります。

50万円以上の急な出費は銀行カードローンでやりくり!

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン

先ほど紹介したレイクと、バンクイック、三井住友銀行カードローンは最短で即日審査・即日融資が可能な銀行カードローンなので、50万円以上の急な出費に向いています。

メガバンクの名前を見ると「審査が難しそうだなあ、私は借りれなさそう」と思うかもしれませんが、毎月一定の安定した収入を得ているのならパートやアルバイトの方も利用することができます。

銀行カードローンなら収入証明は少なくとも100万円以上

以下の通り、銀行カードローンは収入証明が必要な金額が高めなので、審査に必要な書類は本人確認書類だけで済むことがほとんどです。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」:借入限度額200万円以下不要
  • 新生銀行カードローン レイク:借入限度額100万円以下不要
  • 三井住友銀行カードローン:借入限度額300万円以下不要

初回の申し込みから100万円単位の借入限度額を契約するのは現実的ではありませんが、50万円以上のまとまった金額であれば審査に通ることも可能です。

特に、バンクイックと三井住友銀行カードローンはどちらも低金利なので、利息が気になる方にとってもおすすめのカードローンとなっています。

銀行カードローン3社の特徴

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
審査スピード 最短30分審査/テレビ窓口なら最短40分でカード発行

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が提供しているローン専用カードです。

最大のメリットは、メガバンクのカードローンでありながら審査スピードが非常に早いことです。

インターネットからの申し込みであれば最短30分、三菱東京UFJ銀行の自動契約機「テレビ窓口」なら最短40分でカード発行が可能となっています。

ただしテレビ窓口を利用する場合は、本人確認書類に「運転免許証」が必要となります。

新生銀行カードローン レイク
金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短即日審査/自動契約機なら40~60分程度でカード発行

レイクは消費者金融の印象が強く残っていると思いますが、紆余曲折があって現在は新生銀行カードローンとして扱われています。

消費者金融の特徴そのままで新生銀行に吸収されたため、金利は銀行カードローンにしては高めです。

その代わりと言ってはなんですが、審査のスピードが早いことや成約率が高めである点がメリットと言えます。

三井住友銀行カードローン
金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード 最短30分審査

名前の通り三井住友銀行が取り扱っているカードローンで、「バンクイック」と同様、低金利な銀行カードローンです。

同じようにローン専用カードを発行することもできますが、三井住友銀行の口座をお持ちであればキャッシュカードを利用することができます。

キャッシュカードにキャッシング機能を追加することができるので、審査完了後にすぐ借り入れすることができて急な出費にも対応しやすいです。

急な出費まとめ

急な出費を金額別にキャッシングでやりくりする方法について、以下の通りまとめました。

  • 5万円以下の急な出費は、レイクの180日間無利息サービスでやりくりしよう!
  • 6万円以上50万円未満の急な出費は、大手消費者金融の30日間無利息サービスでやりくりしよう!
  • 50万円以上の急な出費は、即日審査・即日融資ができる銀行カードローンでやりくりしよう!

いかがでしたでしょうか。

急な出費は想像できないのが一番困るところですが、上記でご紹介したキャッシングは平日も土日も対応してくれるので、いつでも安心して頼ることができます。

キャッシングをおすすめする理由の1つに、期間限定の無利息サービスがあるという点があります。

急な出費を短期間でやりくりするためにはこうしたキャッシングのサービスをうまく活用して、利息をなるべくおさえることができるとさらにお得ですよ!