無人契約機で簡単申し込み!おすすめの借入先4社と申し込みの流れ

公開日: 最終更新日:

皆さんは無人契約機で申し込みからカード発行までの流れをご存じですか?

それよりも、実は無人契約機だけで申し込みを1からすべて行うことができることをの方が重要です。

そこで今回は、実際にプロミス等の実際のキャッシングにある無人契約機を例にご説明していきます。

大手キャッシングの無人契約機を比較してみた

プロミス

プロミス

名称 自動契約コーナー
営業時間 9時~22時(※店舗によって1時間早めに終わることもあるので注意)
必要になる書類 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証+住民票等1点)
審査スピード 最短30分審査、最短1時間融資
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円

プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は現在、三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融です。

そのため三井住友銀行の「ローン契約機」でも、自動契約コーナーと同様の手続きが可能となっています。

プロミスの無人契約機を利用しづらい場合は、三井住友銀行の支店に行ってみるのも1つの手段です。

また、プロミスは自社ATMと三井住友銀行ATMの手数料が無料になるので、無人契約機が自宅や職場の近くにあるなら積極的に利用していきたいですね。

アイフル

アイフル

名称 無人契約でんわBOX「てまいらず」
営業時間 8時~21時45分(※店舗によって時間の違いあり)
必要になる書類 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)
審査スピード 最短30分審査
金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円

ほとんどが銀行グループになった大手消費者金融の中では珍しく、アイフルは現在も独自経営の消費者金融です。

アイフルの無人契約機は少し特殊で、通常通りのタッチパネル式ではなく電話BOXのようにアイフルの担当者と直接話しながら申し込む方法です。

そのため初めてキャッシングを利用する方でも、オペレーターにわからない点を聞きながら申し込みことができるので、非常に安心できる無人契約機と言えます。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク

名称 自動契約機
営業時間 8時45分~24時(※店舗によって時間の違いあり)
必要になる書類 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)
審査スピード 最短30分
金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円

レイクは消費者金融時代のイメージが皆さん強く残っているかもしれませんが、現在のレイクは新生銀行カードローンとして扱われています。

銀行と聞くと、消費者金融と比較して審査が遅いイメージを持っている方が多いですが、レイクに至っては中身をそのまま新生銀行へ移したのでスピードは以前から最短30分で変わりません。

また、同じ新生銀行グループの消費者金融「ノーローン」を同じ契約機から申し込むことができます。

他社の契約機と違って、審査完了後すぐにタッチパネルに結果が出るので、結果通知の電話が来る前にわかって安心です。

ちなみに利用者曰く、無人契約機の中でもレイクは「一番居心地が良い」と評判です。

モビット

モビット

名称 ローン申込機
営業時間 8時~21時(※店舗によって時間の違いあり)
必要になる書類 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)
審査スピード 最短30分
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円

モビットは三井住友銀行グループの大手消費者金融です。一方、プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融です。

モビットの無人契約機「ローン申込機」は他社と違い少し特殊で、ローンカードそのものは「約5分」で発行することができます。

ただ簡易審査の結果で発行するため、カードローンを利用するためには最短30分の本審査を受けて、電話で審査結果内容を受けてからでなければいけません。

電話で結果通知を受けてから、自由にモビットカードを利用できるようになります。

その後、自宅に「入会申込書」などが郵送されるため、これを記入して返送するのを忘れないようにしてくださいね。

無人契約機のメリット・デメリット

メリット

本人確認書類だけで申込可能

借入希望額が50万円未満であれば収入証明をする必要がないので、借り入れの申し込みには本人確認書類だけを持っていけば申し込むことができるお手軽さがメリットの1つです。

申し込みの途中でわからないことがあればオペレーターに質問できる

無人契約機には受話器が設置されているので、分からない点や気になった点があればすぐにオペレーターに確認することができます。

その場でカードを発行してすぐに借りられる

審査通過後にその場でカードが発行が可能で、かつ自社ATMが併設されているので、すぐに借り入れが可能です。

その場で借りなくても、提携しているコンビニATMや銀行支店でカードローンを利用することができるので、借りる場所に困ることは滅多にありません。

デメリット

カード発行のために来店する必要がある

即日でカード発行をするためには、無人契約機へ来店する必要があります。

手続きが完了するまで無人契約機からは基本的に出られない

無人契約機で審査を行う場合、審査を行って契約を完了するまで個室から出ることができません。

最短30分と紹介しているものの、場合によっては1時間や2時間程度まで審査時間が伸びることもあります。

そのため、長時間拘束されることを考えてから来店しないと、トイレに行きたくなったり暇を持て余してしまうかもしれません。

  • 先にインターネットから審査の申し込みをしておけば、無人契約機で待機する必要がなくなるのでおすすめです。
  • 実際のところ、お急ぎの融資を希望される場合は「インターネットから申し込み→無人契約機でカード発行」という手順が、もっとも早い借入方法として推奨されているカードローンもあります。
カメラ越しに確認されている

スペース内は個室の無人契約機ですが、実際はカメラ越しに1人ずつ確認されているようです。

そのため、不審な行動をしていると審査に影響しますし、サングラスやマスクといった格好も怪しまれて印象が悪くなります。

基本的な無人契約機の仕組み・流れ

まずは必要なものを用意

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書類(条件)
本人確認書類

以下のうち、いずれか1点の提出が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード etc

どのキャッシングの無人契約機から申し込むにしても、インターネットから申し込むにしても、本人確認書類は必要になります。

基本的に運転免許証が望ましいですが、免許をお持ちでない方はその他の書類をお持ちください。

収入証明書類

基本的に、消費者金融での借入希望額が50万円をこえる場合や銀行での借入希望額が100万円をこえる場合に、いずれか1点の提出が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書 etc

いずれも「最新のもの」を用意するようにして、給与明細書に関しては直近2,3ヶ月分はとっておくようにしましょう。

審査の申し込み

無人契約機では基本的に、自己申告で審査に必要な項目を記入していきます。

入力項目が多いように見えるかもしれませんが、平均して10分~20分程度ですべて入力することができます。

契約機の混む時間帯

審査はあくまで最短30分なので、申し込みの混雑具合によっては1時間以上かかることもあります。

例えば、下記のような状況だと申し込みが混雑する傾向にあるので、調整できるのであれば時間をずらして申し込むと審査がスムーズに終わりますよ。

  • 平日の17~18時以降
  • 土日
  • 月始と月末
  • お盆
  • 年末年始
  • クリスマス前
審査で聞かれる内容

「プロミス」を例に挙げると、以下のような内容を契約機で記入することになります。

  • お客さま情報
  • 自宅情報
  • 勤務先情報
  • ご契約方法の選択
  • 借り入れについて

一通りの審査項目のチェックが終わった後、勤務先情報を確かめるために「在籍確認」が行われます。

在籍確認が終わらないと審査も終わらない

キャッシングの審査には必ず「在籍確認」がつきものです。

在籍確認とは文字通り、申込者が入力した勤務先に在籍しているかどうかを確認する行程です。

具体的には、申し込みを受けたキャッシングのオペレーターから、申込者の勤務先へ連絡をします。

その際は会社名を伏せて個人名で電話を掛けるので、会社の方にバレる心配はあまりありません。

しかし、会社の方がその電話を不審に思って確認が取れないまま電話を切ってしまったり、終業後などで電話がつながらなかったりすると、審査が完了しません。

そのため、即日で結果が出るはずが、翌営業日以降になってしまうというケースもあります。

お急ぎの方は営業時間に要注意!

即日融資を受けたい場合は、申し込みの時間に要注意です。

営業時間は22時までやっているかもしれませんが、即日融資の申し込みの受付は1時間早まっていることが多いです。

特に初めての申し込みの場合、審査の受付が1時間早まっているケースがほとんどです。

時間に余裕があれば、早めに行って申し込むことをおすすめします。

無人契約機まとめ

  • 今回ご紹介したのはプロミス、アイフル、レイク、モビットの4社の無人契約機
  • 無人契約機は、借入希望額が高額でなければ本人確認書類だけで申し込みができるメリットがある
  • 無人契約機は、審査の手続きが完了するまで個室から出られないデメリットがある

いかがでしたか?

繰り返しになりますが、お急ぎの融資を希望される場合は「インターネットで審査申し込み→無人契約機でカード発行」の手順が、もっとも早く借り入れ可能な方法です。

また、無人契約機は直通の受話器が設置されているので、口頭で審査を早めてもらうように伝えることも可能です。

せっかく来店して審査の申し込みをするのですから、わからないことはオペレーターに何でも聞くことをおすすめします。

ですが、無人契約機スペース内にいる間はカメラ越しにチェックされていることを忘れないよう、気をつけてくださいね。