無担保ローンってどんなもの?仕組みや注意点を解説

公開日:

銀行や消費者金融で扱われるローンの中でも、無担保ローンという言葉を目にする機会が増えてきています。

しかし無担保ローンとは実際にどのような仕組みで成り立っているのかを正確にわかっていない人も多いのではないでしょうか?そこで、無担保ローンの仕組みや、メリットやデメリットについてなど詳しく調べてみました。

そもそも担保って何?

ローンを組む際に関わってくる担保という言葉ですが、何となく聞いたことがある程度という人が多いかもしれません。

担保とは実際にはどのような意味があるのでしょうか?
返済することを前提としてお金を借りたとしても、思わぬ事態が起こって返済できなくなることがあるかもしれません。

担保とは、返済できなくなった場合に代わりに没収する保険のような役割を担うもののことです。

通常お金の貸し借りは、必ず返済しますという口約束だけでは成立しません。

担保とは、将来返済ができなくなった時の最後の切り札というわけです。

担保の種類

担保には、人的な担保と物的な担保の2種類があります。

人的な担保とは、いわゆる保証人のことです。

借入をした本人が返済できなくなった場合、代わりに保証人が返済することになります。

物的な担保の場合は、不動産担保と呼ばれる土地や建物を提供することが多いです。

預金担保も可能

その他には預金担保などもあります。

基本的には、借入をした本人が返済できなくなった場合の保険の役割してくれるものが担保であるといえますが、担保で残りの借金が全て返済できるとは限りません。

返済ができなくなっても担保があれば確実に大丈夫というわけではありませんので注意が必要です。

無担保ローンってどういうもの?

無担保ローンとは、読んで字のごとくローンを組む際に担保を必要としないローンのことです。

無担保ローンは無担保貸付という呼び方をする場合もあり、銀行で扱われるカードローンや消費者金融のキャッシングなど様々な種類があります。

金融機関は、担保なしでお金を貸すことになるため、判断基準はお金を貸す相手への信用のみとなります。

そのため、担保ローンと比べると金利が高めになるほか、融資の限度額や期間なども厳しく設定されるケースが多いです。

無担保ローンの審査は、担保がない分慎重に行われます。

その審査の厳しさについては、利用者によっても異なります。

これまで返済が滞ったことがない、安定した収入が継続している、他社からの借入がないというような条件であれば、審査を通過する確率は高いといえます。

金融機関により違いはありますが、職業や勤務形態などが厳しく審査される傾向にあるようです。

審査の緩いカードローンは存在するのか?審査基準の違いとは?

無担保ローンとキャッシングの違い

無担保ローンとは、担保を必要とせずにローンを利用することができる金融商品のことを指しています。

キャッシングやカードローンも担保が必要ないため、そのうちのひとつであるといえます。

分類としては同じですが、金融機関が無担保で融資を行うのと、キャッシングは同じ金融商品であるとはいえません。

お金を借りる際に担保が必要ないという点では同じですが、借り方や借りることができる額などは違います。

キャッシングとは、比較的少額の融資のことをいうため、金額の上限は大体30万から50万程度のことが多いです。

銀行などから無担保で借り入れをする無担保ローンは、金額がもっと大きくなります。

キャッシングは、限度額内であれば返済しながらでも何度でも融資を受けることができますが、無担保ローンの場合は繰り返し借入を受けることはできません。

無担保ローンとは、教育ローンや住宅ローンなど幅広く使われている言葉で、小口融資が中心のキャッシングよりも上位の概念であるといえます。

無担保ローンと担保ローンを比較してみる

無担保ローンと担保ローンの違いについて

無担保ローンと担保ローンには、担保の有無以外にどのような違いがあるのでしょうか。

主な違いについてまとめてみます。

金利が異なる

無担保ローンと担保ローンでは、金利が異なります。

無担保ローンには、住宅ローンや教育ローンなどいくつかの種類がありますが、いずれも担保ローンと比較すると、無担保ローンの方が金利が高いです。

無担保ローンは保証人がいないため、保証会社の利率分が上乗せされているというのも金利が高くなる理由のひとつと考えられます。

上限借入額が異なる

土地や自宅などを担保に入れて融資を受ける担保ローンは、高額な融資を受けることができます。

1億円の融資を受けることが可能な場合もあります。

しかし、無担保となると利用限度額は最大でも1000万ほどです。

その上例え安定した収入があったとしても、最初から高額な融資額を設定するのは難しいかもしれません。

審査スピードが異なる

無担保ローンの場合は、担保がないため担保を確認するための書類の提出が必要ありません。

そのため面倒な手続きも発生することはなく、審査にそれほど時間がかかりません。

また、カードローンなどでは即日融資可能な場合もあります。

その一方で担保ローンは、まず必要書類を一通り揃えることから始めて、担保について調査を行ってからの融資という流れになるため、審査には時間がかかります。

どうして成り立つ?無担保ローンの仕組み

住宅ローンやマイカーローンなどの担保ローンを利用している場合、仮に返済が不可能になった時は、担保にしているマイホームやマイカーを返済の代わりにあてることになります。

マイホームやマイカーの場合は途中で返済が困難になったとしても、借金残額と同等の価値がある場合が多いため、それ以上返済を続けていく必要がなくなることが多いです。

しかし無担保ローンを利用していた場合、返済が不可能となっても差し出す担保がないため、融資をした機関にお金が返ってこないという事態が発生します。

担保を設けない分、貸す側のリスクが大きいため、申し込み時に個人の信用情報や属性などを厳しく審査します。

この人ならお金を確実に返済してもらえるという信用のみが担保となります。

過去の実績を審査される

具体的には過去の利用実績や、家族構成、雇用形態も細かく審査されます。

審査時に必要となる個人の信用情報は、国内3大信用情報機関であるJICCやCIC、全国銀行個人信用情報センターで大切に保管されています。

申し込み時に提出された情報と、実際の個人情報に違いがないかも細かくチェックします。

慎重に審査した結果、信用できると判断できれば、限度額が決定し融資を受けることが可能となります。

無担保ローンにもいろんな種類がある

無担保ローンの種類について

無担保ローンにはいくつかの種類があります。

無担保ローンの種類について具体的に紹介します。

消費者金融系、信販系カードローン

一般的にカードローンとは、消費者金融などで発行されるカードを使用して、限度額の範囲内ならば何度でも借入を行うことができるローンです。

消費者金融などのカードローンは、銀行のカードローンよりも金利が高めです。

個人向けの小口融資になりますが、使用用途は自由です。

コンビニATMなどにも対応しているため大変便利であるといえます。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、消費者金融系、信販系カードローンとサービスの中身は変わりません。

しかし、金利や借入限度額、保証会社利用の有無については異なります。

金利に関しては、消費者金融系、信販系の場合初回の申し込みで約18パーセントが上限ですが、銀行系のカードローンですと、約14パーセント程度となっています。

借入限度額は、500万円から1000万円前後である場合が多く、消費者金融系の限度額に比べると300万円前後高くなっています。

また銀行系の場合、「保証会社の保証を受けることができる方」という条件が必ず加わります。

銀行系フリーローン

銀行系のフリーローンは使用用途が自由なのですが、審査の際に用途を必ず申告する必要があります。

さらにいったん借り入れをすると、完済するまでは新規で借入をすることはできません。

審査には少し時間がかかりますが、カードローンに比べると金利が低いのも特徴のひとつです。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードキャッシングは、消費者金融系、信販系のカードローンと金利はほとんど変わりません。

クレジットカードの利用限度範囲額に応じて、借入を行うことが可能です。

無担保ローンのメリット

無担保ローンのメリットとは?

無担保ローンを組む際のメリットについて具体的に解説していきます。

審査が速い

無担保ローンの最大のメリットは、審査のスピードが速く融資に至るまでの流れがスムーズであることです。

前にも触れたように、無担保ローンは勤務形態や収入などについて厳しく審査をされますが、その審査スピードはかなり速くなっています。

最短だと、即日融資が可能な場合もあるので、すぐにでもお金が必要という人には非常に便利です。

担保や保証人を見つけなくてもよい

担保となるものや、保証人を見つけることができなくても、融資を受けることが出来るというのもメリットのひとつであるといえます。

融資を受けることを希望する人の中には、ローンを組むのに必要な担保となるものや保証人などを見つけることが出来ず、融資を諦めてしまう人もいます。

その点、無担保ローンならば担保の心配をすることなく融資を受けることが可能なので、事業主などにとっては資金調達のハードルが低くなるとも考えられます。

担保に関連する手続きが不要

担保ローンの場合は、担保を審査するための書類の準備から始まり、不動産の鑑定や登記の手続きが必要となりますが、無担保ローンにはそもそも担保がないため、それらの手続きは一切必要ありません。

信用に値するかどうかを判断するために、個人情報に関する審査は慎重に行われますが審査スピードは速く、審査に通るとスムーズに融資を受けることができるのです。

無担保ローンのデメリット

無担保ローンのデメリットとは?

無担保ローンを組む際に、考慮すべきデメリットについて具体的に解説します。

金利が高い

無担保ローンの最大のデメリットとも考えられるのは、金利が高いということです。

担保を必要としない分、貸す側のリスクが高まるため、金利は高めに設定されています。

具体的には、担保ローンの金利が一般的に1~3パーセントであるのに対して、無担保ローンの金利は最大で18パーセントにもなるといわれています。

担保ローンと比較するとかなり高めに設定されていることが分かります。

融資額が低くなる

担保なしで融資を受けるのは、借りる側にはメリットがありますが、貸す側にしてみれば非常にリスクの高いことです。

そのため無担保ローンは担保ローンと比較すると融資限度額が低くなってしまいます。

高額な融資を必要とする場合には、それ相応の担保を準備しておく必要があります。

返済不可能となった時の保証がない

無担保ローンは、担保がないということ自体がデメリットになります。

担保ローンの場合は、いざ返済できなくなった場合は担保として設定していたものを差し出せば、それ以上に返済せずに済むということが多いですが、無担保の場合は引き渡せるものがないため、自己破産を余儀なくされます。

自己破産となると、自宅などの不動産だけでなく、自家用車やその他の財産なども差し押さえられてしまうことにもなりかねません。

自分に合った無担保ローンを選ぶ

これまで解説してきたように、無担保ローンにはいくつかの種類があります。

利用を検討する際は、まずは自分にはどの種類のものが必要なのかということについて考えておかなければなりません。

そのためにはそれぞれのローンの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

その上で、自分の目的のために必要な借入額、返済計画などをしっかり考えて自分にとって最適なローンを選ぶことが大切です。

スピーディな借入をしたい場合は便利

無担保ローンについて様々な視点から解説してきました。

無担保ローンは担保が要らないというだけでなく、金利や融資限度額に関してもそれぞれ違いがあることが分かりました。

無担保ローンは申し込みから融資を受けるまでの期間が短いため、額は限られますが今すぐにお金を必要としている人にはおすすめの金融商品であるといえます。

スピーディな借入を望む人は、無担保ローンの特徴を確認した上で利用を検討するのがよいでしょう。