ネットキャッシングとは?おすすめのキャッシング4つをご紹介!

公開日: 最終更新日:

申し込み、スマホ、PC
現在では、スマホ1つでキャッシングの申し込みから借り入れまでの手続きができるということをご存知でしたか?

自宅や外出先にいながら、24時間いつでも借り入れの申し込みができるのがネットキャッシングの良いところです。

このページでは、おすすめのキャッシング4社をご紹介して「ネットキャッシングとは」どういうものなのかをご説明いたします。

その後、ネットキャッシングのメリットとデメリットをご覧になってから、本当にこれらのキャッシングでお金を借りるのかどうかをご検討していただければ幸いです。

「ネットキャッシング」とは?

広い意味では、インターネットから利用できる振込キャッシングのことを言います。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングローンが一般的です。

クレジットカードのキャッシング機能もネットキャッシングが可能で、ネットキャッシングでは最近人気になってきている傾向があります。

おすすめのネットキャッシング4つ

人気の高いネットキャッシングを4社ピックアップしてご紹介いたします。

ジャパンネット銀行

  • 金利:2.5~18.0%
  • 借入限度額:10万~1,000万円
  • 審査スピード:最短60分(※)

※ジャパンネット銀行の口座を持っていて、借入限度額300万円以内の平日9時から14時までの申し込み限定

ジャパンネット銀行は、店舗を持たない形の銀行いわゆる「ネットバンク」です。

ちなみに、プロミスの会員サービス「瞬フリ」を利用するためには当行か三井住友銀行の口座を持っている必要があります。

まとまった借り入れに向いている

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、最大限度額が1,000万円と高いので最低金利が年2.5%と低いです。

借入限度額が上がれば上がるほど金利は下がっていくようにできているので、まとまった金額の借り入れをしたい方にとても向いているネットキャッシングです。

収入証明は300万円まで不要

消費者金融や銀行カードローンの借り入れでは、50~100万円以上の借入で収入証明が必要になるケースがほとんどですが、ジャパンネット銀行なら300万円までは収入証明の必要がありません。

審査に申し込むのに本人確認書類だけあれば良いので、思い立ったその日に申し込みやすいメリットがあります。

初回利用時に30日間の無利息サービス

大手消費者金融にはよくある「無利息サービス」と同様のサービスが、ジャパンネット銀行でも利用することができます。

初めてジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用する際は、30日間利息が0円になるので、他社のキャッシングよりもその分利息分の支払が浮いてお得です。

楽天カード

  • 金利:年18.0%
  • 借入限度額:90万円
  • 審査スピード:最短即日

クレジットカード「楽天カード」についてくるキャッシング機能を利用して、ネットキャッシングを利用することもできます。

そんな楽天カードのネットキャッシングは、振込サービスが非常に優れています。

最短数分で振込キャッシング

楽天銀行の口座を振込先に指定すれば、申し込みから最短数分で口座への振込が可能です。

通常の場合だと平日の9時から14時49分までに申し込まなければならないため、土日祝日あわせていつでも即日振込を受けられるのは大きなメリットです。

指定日に振込キャッシング

指定した日にちに指定の口座へ振込キャッシングをする予約をすることができます。

どの日でも指定することができて3か月先まで予約ができるため、忘れないうちに予約ができる点が嬉しいポイントですね。

毎月一定の日に振込キャッシング

毎月楽天カードのネットキャッシングを利用する日が決まっているようなら、毎月一定の日に指定口座へ振込をしてもらうこともできます。

楽天銀行口座を持っていれば土日祝日も振込が可能ですが、持っていない場合に土日の振込申し込みは平日の前営業日となります。

イオンカード

  • 金利:年7.8~18.0%
  • 借入限度額:1千円~300万円
  • 審査スピード:最短即日

イオングループの発行しているカードは非常に約50種類ありますが、そのうちのクレジットカードはネットキャッシングを利用することができます。

最短即時振込が可能

イオン銀行口座を持っていれば、24時間365日申込から最短即日でネットキャッシングの利用が可能です。

逆にイオン銀行以外の口座を指定した場合、平日9時から15時前に申し込みをしなければならない点に要注意です。

振込手数料無料

どの時間帯、振込金額であっても振込手数料はイオン側がすべて負担してくれるので、無料でネットキャッシングを利用することができます。

希望金額と支払方法を選ぶだけ

イオンカードはキャッシング機能を利用するのに難しいことは何も要らず、「Mypage」からネットキャッシングの申し込みフォームへ進んで「希望金額」と「支払方法」を選ぶだけで申し込みが完了します。

口座を確認したらすぐに振込をしてメールで知らせてくれます。申し込みの手間がないのも、イオンカードのネットキャッシングの良いところです。

エポスカード

  • 金利:年18.0%
  • 借入限度額:1千円~100万円
  • 審査スピード:最短即日

エポスカードはポイントや映画鑑賞など個性的な用途がメリットのクレジットカードです。

好きな柄を選べるエポスデザインカードは30種類以上あり、人気急上昇中のネットキャッシングの1つです。

ATM手数料0円

エポスカードのキャッシングも、ATMを利用した際の手数料をすべてエポス側で負担してくれます。

振込手数料も0円なので、ネットキャッシングを利用する際に手数料を気にせずにすみます。

初回30日間無利息

初めてエポスカードのキャッシングを利用される方は、初回利用時から30日の無利息サービスを利用することができます。

期間中は利息0円なので気にせずにネットキャッシングを利用することができますね。

ネットキャッシングのメリットとデメリット

ネットキャッシングのメリットだけではなくデメリットも知ることで、本当に利用するべきかどうかを判断しましょう。

お金を借りたい状況は人によって異なるため、ご自身でネットキャッシングが合っているかどうかを判断しなければいけません。

そのための判断材料として、まずはメリットとデメリットから見ていきましょう。

メリット

来店不要で申し込みから借り入れが可能

ネットキャッシングという名前の通り、インターネットや電話から申し込みの手続きを行うことが可能です。

そのため、金融会社の店舗へ来店不要で借り入れが可能となっている点が最大のメリットと言えます。

ちなみに、審査に必要な書類の提出は、スキャナーやカメラで画像として取り込んで金融会社へ送る必要があります。

電話や郵送物の心配がない

ネットキャッシングなので、電話や郵送物が送られる心配をする必要がない点も良いですよね。

自宅に家族や同居人が居たとしても、すべてパソコンやスマートフォン上で管理することができるのでバレずにお金を借りることができます。

ただし審査の際に行う「在籍確認」の電話だけは、本人の携帯と勤務先の固定電話へ申込情報の確認のために連絡がいくことになっています。

キャッシングの利用履歴がなくても利用できる

これまでにお金を借りたことがないという方でも、ネットキャッシングを利用することはできます。

むしろ変な利用履歴がある方よりも歓迎して審査を通してくれます。

例えば、他社のキャッシングで返済の延滞をしたことがあったり、20代後半やそれ以降の方でクレジットカードも利用したことがなかったり(※)すると、審査も厳しくなります。

※債務整理を行うと、それまでの信用情報が更新されてなくなるため。

デメリット

金利や借入限度額は消費者金融と変わらない

今回おすすめでご紹介しているネットキャッシングと消費者金融を比較してみるとわかりやすいでしょう。

  • ネットキャッシングの金利:年2.5~18.0%
  • 消費者金融の一般的な金利:年3.0~18.0%

表の通り、ほとんど金利の差はありません。

わずかに下限金利が低いようにも見えますが、実際に借り入れをする上では下限金利を利用することはないと言っても過言ではありません。

なぜなら、原則として借入限度額が100万円未満の場合には、年18.0%の上限金利が適用されるからです。

どうしても金利を抑えたいのであれば、低金利の「銀行カードローン」への申し込みを検討した方が良いですね。→銀行カードローンをおすすめ順に厳選!低金利カードローンのメリットとは?

口座がないと土日に即日で利用できない

ジャパンネット銀行を例に挙げるとわかりやすいのです。

  • 口座がある方:最短融資まで60分
  • 口座がない方:平日14時までの申し込みなら即日審査

表の通り、口座がない場合は土日に即日で利用するのが難しいです。

もちろんすべてのネットキャッシングが同じというわけではありませんが、土日に即日で借り入れをしたいとなると、申込先の口座をお持ちでないと難しいケースが多いです。

特に、振込融資で即日借り入れをしたいのであれば、ほとんどが平日14時までに申し込まなければいけません。

即日借り入れなら消費者金融の方が早い

上記のことも関係して、「どうしても即日で借りたい」という方は消費者金融の方が借りやすいと言えます。

振込融資で即日借り入れをしたい場合は、同じように平日14時までの申し込みが必要となりますが、自動契約機を利用すれば土日でも営業時間内はその場でカード発行が可能となっているからです。

また消費者金融の場合は口座が必要ないため、予定外の出費などでお急ぎの方にとってはネットキャッシングよりも利用しやすい可能性が高いです。→消費者金融4社を比較してみました!おすすめの消費者金融教えます

ネットキャッシングまとめ

ネットキャッシングについて、下記の通りまとめました。

  • ネットキャッシングとは、広い意味ではネット上で振込が可能なキャッシングのことです
  • 今回おすすめしたのは「ジャパンネット銀行」「楽天カード」「イオンカード」「エポスカード」の4社
  • 来店不要で借り入れの申し込みができるメリットがある一方で、金利等の条件は消費者金融と変わらないというデメリットもあります

いかがでしたか?

ネットキャッシングの中でも人気がありおすすめできるのは、ネットバンクやクレジットカードのキャッシングで人気も高いです。

ただ消費者金融と比較すればわかる通り、金利や借入限度額といった貸付条件の面ではたいした差はありません。

即日で借り入れをするのであれば口座の有無を確認してから、ネットキャッシングか消費者金融かを選びましょう。