お金を借りるなら審査の甘い銀行カードローンから申し込もう!

公開日: 最終更新日:

スーツのグッド
お金を借りるなら、やっぱり信用できる銀行から借りたいものですよね。

ただ、銀行カードローンは「審査が難しそう」「借りれなさそう」という印象が強いと思います。

そこで今回は、審査の甘い銀行カードローンを中心にご紹介していきます。

あわせてお金を借りるためには受ける必要がある「審査」についてもご説明していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

お金を借りるにはどこへ行ったらいいの?

キャッシングを利用してお金を借りる場合、大きく分けて「銀行」と「消費者金融」のどちらかからお金を借りることになります。

2つを簡単に比較すると、銀行のキャッシングは「金利が低い・審査が厳しい」一方で、消費者金融は「金利が高い・審査が甘い」という特徴があります。

金利が安い銀行からお金を借りるのが安全なのは当然ですが、必ずしも審査に通ることができるかわからないことを考えると、消費者金融からお金を借りることも視野に入れて検討しなければいけません。

お金を借りる手続きはどこですればいいの?

では実際に、銀行や消費者金融からお金を借りる「手続き」はどこでするのかという問題ですが、店頭窓口以外にも「インターネット」と「自動契約機」の2つ選択肢があります。

インターネット

現在ではインターネットからの申し込みが主流で、各銀行・消費者金融のホームページから24時間いつでも受け付けているので審査の申し込みが可能となっています。(※審査自体は各金融機関によって決められた時間に行っています)

自動契約機

自動契約機からも審査の申し込みが可能で、街中で見かける消費者金融の無人店舗に設置されています。

無人店舗は一人用のスペースになっており、外から見られないようにつくられているため人目を気にすることなく申し込みが可能です。

ATMと同じようにタッチパネル式の簡単な操作で申し込むことができるので、こちらの申込方法もおすすめです。

実際にお金を借りる方法は決まっているの?

現在主流となっているのは、キャッシュカードのように持ち運びが可能な「カードローン」でのATM借り入れと、申込者が持っている口座への「振込融資」の2つがあります。

今回ご紹介するキャッシングのほか、ほとんどは振込にもカードローンにも対応していますが、なかにはどちらかのみでの借り入れとなるキャッシングもあります。

自由度の高いカードローン

持ち運べるうえにATMですぐに借り入れや返済ができるカードローンは利用者も多く、自動契約機で申し込めばその場でカード発行できるので即日融資を受けやすいというメリットがあります。

ちなみに銀行カードローンの中には、「みずほ銀行カードローン」や「三井住友銀行カードローン」のように、お持ちのキャッシュカードにローン機能を追加してカードローンとして利用することができるものもあります。

昔ながらの振込融資

来店不要のWeb完結申込ができる「振込融資」は、即日融資を受けられる時間が決まっていますが、スマートフォンだけで申し込みから借り入れができるので人気があります。

自動契約機へ来店する必要がない、ローンカードを持ち歩く必要がない、Web上ですべての取引ができるということから、キャッシングを利用していることが身の回りの人にバレにくいというメリットがあります。

ちなみに、カードローンはコンビニATMを利用すると取引手数料がかかりますが、振込融資の手数料は銀行でも消費者金融でも金融機関側が負担してくれるところが多いです。

比較的審査の甘い銀行カードローンをピックアップ!

お金を借りるならやっぱり安心できる銀行から借りたいですよね?

というわけで、今回は下記の申込条件を満たしていれば誰でも審査に申し込むことができる銀行カードローン2社をピックアップしてみました。

キャッシングの申込条件

  1. 満20歳以上であること
  2. 毎月一定の安定した収入があること

初めて銀行カードローンでお金を借りるつもりなら、まずはここの審査を受けてみてはいかがでしょうか。

新生銀行カードローン レイク

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 銀行カードローンの中では審査通過率が高め!
昔は消費者金融 今は銀行カードローン

貸金業者の中でもレイクは少し異例のキャッシングです。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、以前のレイクは独立した消費者金融でした。

しかし2006年から始まり2010年に改正が完全施行された貸金業法によって営業が傾き、現在では新生銀行のカードローン部門として同じ貸金業を行っています。

そっくりそのまま新生銀行に取り込まれたため、中身は消費者金融、扱いは銀行カードローンというクセのあるカードローンとなっています。

銀行カードローンの中でも審査が甘い

それでもレイクをおすすめする理由の1つに「審査が甘い」という点があります。

レイクは銀行カードローンの中でも審査通過率が高く、申込者のうち「33.3%(2016年9月時)」もの人たちがキャッシングを利用できています。

他に審査通過率を公表しているのは大手消費者金融しかないので、そこと比較をすると低く見えますが、寄せられた口コミや評判を見ても他の銀行カードローンより審査が甘いことは確かです。

初めての利用者が選べる2種類の無利息サービス

無利息サービスというのは、初回利用時に期間限定で利息を0円にしてくれるサービスのことです。

大手消費者金融では同サービスを提供している会社が多く、基本的に初回契約から30日間も無利息にしてくれます。レイクにも30日間の無利息サービスがありますが、実はもう1つ、180日間の無利息サービスがあります。

契約した借入限度額のうち、5万円までなら180日もの間利息が発生しないというレイクにしかないサービスです。少額キャッシングを検討されている方はご利用してみてはいかがでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 安心のメガバンク!嬉しい低金利カードローン!
絶対的安心感を持つメガバンクカードローン

三菱東京UFJ銀行をメガバンクにしている方も多いのではないでしょうか?同行のATMは24時間手数料がかからないので、私も乗り換えようか検討しているところです。

それはさておき、やはり「メガバンク」の安心感は絶大たるもので、レイクの新生銀行とは比べものになりません。

三井住友銀行とみずほ銀行も同様にカードローンを提供していますが、審査が甘いという点では後述の理由からバンクイックをおすすめします。

保証会社は審査通過率No.1のアコム

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、その審査を実際に行っているのは実はアコムなんです。

このように銀行カードローンの審査は銀行以外の会社が受け持っていることが多く、実際に審査を行うところを保証会社と呼びます。

そしてそれの何が良いのかというと、バンクイック自体は審査通過率は公表していませんが、アコムはキャッシング業界No.1の審査通過率を誇っています。(2016年12月時で48.5%)

そのため、バンクイックもアコムと同様、審査通過率が高い銀行カードローンなのではないか?という推測ができます。

テレビ窓口で最短40分カード発行

インターネットからWeb完結申し込みをすることもできますが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行支店内のATMコーナーに設置されている「テレビ窓口」を利用すれば、いつでもカード発行をすることができます。

またテレビ窓口なら最短40分でカード発行ができるので、急いでいる方の心強い味方となります。営業時間内であれば即日融資も難しくはありません。

申し込みに行く場合は、運転免許証や健康保険証など本人確認書類を忘れずに持ち込めば申し込みが可能ですよ。

審査に申し込む前に気をつけてほしい2つのこと

①多重申込

キャッシング初心者がやってしまいがちなのが、「数撃ちゃ当たる」と思い込んで一度に複数のキャッシングへ申し込んでしまうことです。

これはいわゆる「多重申込」と呼ばれるのですが、銀行や消費者金融といった金融会社側はこの行為をする申込者を嫌います。

なぜなら、申し込んだいくつかの審査が通ってしまった場合、複数社分の返済をきちんと行うことができるかどうか判断が難しいからです。

そのため、審査の申し込みをする際は1,2社に絞って申し込みをするように心掛けてください。

②即日融資ができる時間

実は、インターネット経由でWeb完結申し込みを行う場合、振込キャッシングで即日融資が出来るのはどのキャッシングも14時前後までです。

「プロミス」等は14時50分まで大丈夫ですが、どちらにせよそれまでには申し込みと審査を完了させていなければ即日融資を受けることができません。

もしお急ぎの方で14時までに間に合わないとしたら、その時は申し込んだキャッシングの自動契約機へ来店してその場でカード発行するしかありません。申し込みの時間には気をつけてください。

よくある質問

最高でいくらまで借りることができるの?

基本的には、「自身の年収の3分の1まで」と覚えておきましょう。(年収300万円の方なら借入限度額は100万円未満)

貸金業法の中に「総量規制」という法律があり、これによって消費者金融からの借り入れは上限が定められています。

一方で、銀行には銀行法という別の法律があって総量規制の対象外となっているので、年収の3分の1をこえて借り入れをすることも可能です。

ただ銀行の審査は厳しい上に返済能力をよく判断した上で融資されるので、借りることができる金額には個人差があります。

銀行カードローンのなかには、年収の半分程度まで借りることができたという口コミもあります。

お金を借りることによるデメリットはありますか?

むしろ、借りたお金をきちんと期日内に返済することで、金融機関からあなたへの信用評価が上がるというメリットがあります。

ルールを守ってお金を借りることができれば、次にまたお金を借りるときには審査に通りやすくなるというデータがあるからです。

一方、返済の延滞等のトラブルがあれば当然ながらデメリットはあります。

金融機関とその利用者の間のやり取りは「信用情報」として、記録・保管されています。

トラブルは「事故情報」として記録されており、これが少なくとも5年は保管されることになるので、その間はキャッシングやローンの審査に悪影響を及ぼすことがあるわけです。

信用情報機関に問い合わせれば確認することができるので、思い当たる節がある場合は一度確認してみることをおすすめします。

まとめ

銀行でお金を借りるための審査について以下の通りまとめました。

  • 銀行カードローンの中でも、レイクとバンクイックは審査通過率が高め
  • 審査へ申し込む際は、1度にいくつものキャッシングへ申し込まないように気をつけましょう
  • Web完結申し込みの場合、即日融資を受けたいなら14時までに申し込みと審査を終わらせておきましょう

いかがでしたでしょうか。今回は銀行カードローンに絞って審査についてご紹介いたしましたが、審査が甘いキャッシングであれば消費者金融という選択肢もあります。

また銀行カードローンの中には、レイクのように消費者金融と金利や限度額があまり変わらないところもあります。

低金利にこだわるのであれば、メガバンクを始めネットバンクの銀行カードローンも検討してみてくださいね。