即日でお金を借りるなら安心の銀行カードローンをおすすめ

公開日: 最終更新日:

今すぐ!即日でお金を借りるならどうすればいいの?」という方へ向けて、お金を借りる方法をご紹介していきます。

急にお金が必要な状況は何の用意もしていないときにやってくるものですから、事前にお金を借りる方法を知っておかなければ冷静に対処することは難しくなります。

そこでまずは、申し込む前の準備段階から順を追って把握していきましょう!

即日融資でお金を借りるにはどうすればいいの?

「とある事情で即日お金を借りる必要があるんだけど、どこなら借りれますか?」というような質問を見かけるように、即日融資でお金を借りる方法は意外と知られていません。

実は銀行からも消費者金融からも即日融資を受けることはできるのですが、おすすめの業者をご紹介する前に2つ確認しておきたいことがあります。

確認事項①申込条件

  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること
20歳未満はキャッシングを利用できない?

銀行や消費者金融が扱っている「キャッシング」では、20歳未満の方がお金を借りることはできません。

逆に言えば、満20歳以上であれば学生の方もお金を借りることができるのがキャッシングのメリットでもあります。

もし年齢制限にひっかかってしまうようであれば、残念ですが両親や親族にまずは相談してみましょう。

安定した収入とは「年収の多さ」ではない

もう1つの条件は「安定した収入があること」ですが、これはしばしば「年収がどれだけあるか」という間違った解釈をされがちです。

実際は、「毎月一定の収入があるかどうか」が重要です。そういう意味で言えば、正社員は毎月の給料が非常に安定しているため、審査に通りやすいように見えるのです。

実際は派遣社員や契約社員、パートやアルバイトの方も、毎月一定の収入があればお金を借りることはそこまで難しくありません。自身の返済が出来る範囲で借入希望額を申し込めば、良い結果が返ってくることでしょう。

確認事項②必要な書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
本人確認書類(必須)

名前の通り、申込者の氏名、性別、年齢、生年月日、顔写真などを確認するためのものです。下記のいずれか1点は必ず提出しなければいけません。

★いずれか1点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

免許証をお持ちであれば、キャッシング会社が欲しい情報が揃っているので一番都合が良いです。免許をお持ちでない場合は、健康保険証かパスポートを持参しましょう。

書類を提出する際は、必ず最新の情報に更新されているかどうかを確認してから申し込むようにしましょう。即日で借りようと焦り過ぎないことが大事ですよ。

収入証明書類(場合により)
★どちらかの条件を満たす場合(消費者金融の場合)

  1. 借り入れを希望する金額が50万円をこえる場合
  2. 他社とあわせて借入合計額が100万円をこえる場合

収入証明書類は必須ではありません。上記の条件どちらかに当てはまる場合に提出が必要になります。

銀行での借り入れの場合は、収入証明が必要な金額が銀行によって「100万~300万円」程度になるので、申し込む前に必ず確認しておくことをおすすめします。

★いずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

代表的な収入証明書は上記の3点です。海外からの移住された方などは、「住民基本台帳」など他にも必要な書類がある場合もあります。

これらの書類も必ず最新のものを用意しましょう。特に給与明細書は「直近2ヶ月分」を求められることがほとんどなので、先々月の給与明細は捨てないで取っておくようにしてくださいね。

確認事項③申込方法

  • インターネット
  • 自動契約機
インターネット
  • 各キャッシングのホームページから申し込みが可能
  • パソコンやスマートフォンで来店不要のWeb完結申込が可能
  • ほとんどのキャッシングでは即日融資が14時までの申し込みである

現在主流となっているのがインターネットからの申し込みです。

各キャッシングのホームページを見てみればわかる通り、Webに疎い方であってもとても親切でわかりやすく作られています。

また、インターネット環境があればパソコン・スマートフォン・ケータイから申し込むことが可能なので、自宅からでも申し込みから借り入れの手続きを行うことができて非常に楽です。

インターネットからの申し込みも最短30分で審査が完了して、もちろん自宅でも審査結果を確認することができます。

審査結果の通知は電話かメールかを選ぶことができるので、すぐに確認したいときは電話、時間があるときに確認したいときはメールというように使い分けると良いですよ。

ただ1つ注意したいのは、ほとんどのキャッシングで即日借りるためには当日14時までに申し込みが完了している必要がある点です。

それ以降の時間帯では即日融資を受けるのに自動契約機へ来店する必要性が出てきます。

ちなみにインターネット申し込みの場合、発行したローンカードの受取は自動的に郵送になるので、即日でお金を借りる場合は後述する自動契約機を利用しましょう。

自動契約機
  • 無人店舗の1人用スペースで申し込みが可能
  • 本人確認書類だけ持ち込めば申し込みが可能
  • 営業時間は9時~22時程度と長め

もう1つ即日でお金を借りる方法と言えば、自動契約機からの申し込みが挙げられます。

人が多く集まる駅の周りには必ずといっていいほど設置されている無人店舗ですが、実は中身はそれほど大きくはありません。

それでも一人用の広さは確保されており、外から見えないようになっているので、周りを気にせず申し込むことができます。

自動契約機での申し込みも、インターネットと同様、最短30分で審査が完了します。

審査の申し込みには本人確認書類を持参すれば良いだけなので、免許証や保険証を持ち歩いていれば気軽に申し込むことも可能です。

ただし審査結果がでるまで無人店舗から出ることはできないので、30分~1時間程度は待つと考えて時間に余裕を持っておきましょう。

幸いにも自動契約機は営業時間が9時~22時と長めなので、インターネットからの申し込みのように時間制限が厳しくはありません。

土日祝日もほぼ同じ時間帯に申し込むことができるため安心です。

即日OK!低金利で安心のおすすめ銀行カードローン

先ほど銀行からの消費者金融からも即日融資を受けることはできるとご説明しましたが、今回は低金利の銀行カードローンにフォーカスを絞ってご紹介していきます。

「金利が安いので安心できる」というのが一番のメリットではありますが、銀行カードローンは他にも「専業主婦が申し込むことができる」というメリットがあります。「夫に内緒でお金を借りたい」という方も、気軽に申し込むことができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、テレビ窓口なら最短40分でカード発行

俳優の阿部寛さんがCMを務める、メガバンク三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。銀行カードローンの中では審査が早く、即日の借り入れにも対応しています。

バンクイックで即日の申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類(必要):運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード等いずれか1点
  • 収入証明書類(借入希望額200万円超で必要):源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書、確定申告書のいずれか1点
来店すれば最短40分で借り入れ可能

「テレビ窓口」がどこにあるかというと、三菱東京UFJ銀行の支店内にあるATMコーナーに基本的には設置されています。

そのため来店する必要はあるのですが、銀行カードローンの中では一番早い最短40分でのカード発行が可能です。少額の借り入れなら、本人確認書類1点だけ持ち込めばその場で審査へ申し込むことができます。

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0~14.5%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短30分審査、カード即日発行も可能

女優の吉高由里子さんが広告に出ているのが三井住友銀行カードローンです。こちらも銀行カードローンのなかでは珍しく即日融資に対応しています。

三井住友銀行カードローンで即日の申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類(必要):運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カード等いずれか1点
  • 収入証明書類(借入希望額300万円超で必要):申込者の年収が確認できる書類
専業主婦や無職の方は申し込めない

結論から言うと、無職の方はキャッシングでお金を借りることはできません。そして三井住友銀行カードローンに限っては、専業主婦の方が利用することができません。

銀行カードローンは専業主婦が利用できることが多いのですが、三井住友銀行カードローンは利用できないよう規約で決まっているので他を選ぶ必要がありますね。

銀行グループの大手消費者金融

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今の大手消費者金融はそのほとんどが銀行グループです。

プロミス

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短1時間融資
プロミスで即日の申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類(必要):運転免許証、パスポート、健康保険証(+住民票)のいずれか1点
  • 収入証明書類(借入希望額50万円超で必要):源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などいずれか1点最新のもの
三井住友銀行グループのプロミス

グループということもあって、三井住友銀行の自動契約機「ローン契約機」からプロミスの申し込みをすることも可能です。

また、24時間365日最短10秒で振込に対応できるプロミスの会員サービス「瞬フリ」は、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていることは条件になっています。

アコム

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分審査
アコムで即日の申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類:運転免許証、個人番号カード、健康保険証など、いずれか1点
  • 収入証明書類(借入希望額50万円超で必要):源泉徴収票、給与明細書など、いずれか1点
三菱東京UFJ銀行グループのアコム

バンクイックの審査を行っている保証会社は、同じグループのアコムが請け負っています。

アコムは全キャッシングの中で審査通過率が一番高いので、その影響でバンクイックも銀行カードローンの中では審査に通りやすい部類です。

まとめ

即日でお金を借りる方法について、下記の通りまとめました。

  • 即日でお金を借りるにはまず申込条件と必要書類を準備すること
  • インターネットと自動契約機の2つの申込方法のどちらかから申し込む
  • 銀行カードローンであれば、バンクイックと三井住友銀行カードローンがおすすめ
  • 消費者金融であれば、プロミスとアコムがおすすめ

いかがでしたか?

お金を借りるための審査が長いイメージがあるかもしれませんが、即日でお金を借りることはそこまで難しいことではありません。

むしろ条件を満たして書類さえあれば、簡単に申し込むことができるようになっています。

返済しなくてはいけない以上、無計画に借りようとはいえませんが、困った時にはキャッシングで切り抜けるきっかけにできるかもしれませんよ。