今すぐお金を借りれるカードローンとは?借入方法を3ステップで紹介!

公開日: 最終更新日:

お金、悩む
今すぐお金が必要なあなたの力になってくれる、すぐお金を借りるのにピッタリのカードローンは少なくありません。

どのカードローンを利用すれば今すぐお金を借りれるのか?どのような手順ですぐに借りれるのか?

今回はそれらのポイントを説明します。

すぐ借りれるカードローン紹介

すぐ借りれるカードローンと言えば、大手消費者金融のカードローンです。

大手消費者金融は、すぐにお金を借りるためのサービスを多数展開しているのです。特にプロミスなんか、無人契約機を使った即日カード発行も、Webからの申込み後借り入れにも対応しています。

ほかにもどのカードローンが今すぐお金を借りるのに適しているのか?調べてみましょう。

プロミス

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/最短1時間融資
三井住友フィナンシャルグループの消費者金融

プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は、消費者金融の中でも大手に入ります。

そのため銀行カードローンと同じように安心して利用することが出来ます。

銀行カードローンと比較すると金利は高めですが、その分審査は早くてすぐに借りやすいです。

プロミスから即日借り入れる方法を知りたい方は、「プロミスから即日借りるには何時までに申し込みが必要なのか?」も参照してください。

金利と借入限度額について

一般的な消費者金融の金利と借入限度額の範囲は、下記の通りです

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円

プロミスは上限金利が「年17.8%」とほんの少しだけ低いので、毎月の利息もほんの少しだけお得です。

仮に「30万円を12ヶ月で全額返済」した場合のそれぞれの合計利息は、下記の通りです。

  • 年利17.8%:29,701円
  • 年利18.0%:30,044円

つまり、1年で約250円の差です。しかし返済期間がさらに伸びて60か月(5年)になると、約2,000円の差になるのであながちバカにはできませんよ。

初めての利用者に嬉しい「無利息サービス」

プロミスを初めて利用される方は、「Web明細の利用」と「メールアドレスの登録」をすることで無利息サービスを利用することができます。

具体的には「借入日の翌日から30日間は利息0円」となるので、約1ヶ月分の利息は支払わなくてOKという嬉しいサービスです。

借入額がいくらでも初回借り入れの30日は利息0円なので、まとまった借り入れほど利息はお得ということになります。

実際の借り入れに対する1ヶ月の利息は「借入限度額×金利×30日/365日」で求めることができ、具体的な例は下記の通りです。

  • 借り入れが10万の場合:100,000×17.8×30/365=1,463円(約1,500円)
  • 30万円の場合:300,000×17.8×30/365=4,389円(約4,500円)
  • 50万円の場合:500,000×17.8×30/365=7,315円(約7,500円)

10万円の借り入れでも1,500円程度浮くと考えると、1~3回分の食費がキャッシュバックされた気持ちになってお得ですよね。

振込キャッシング「瞬フリ」

会員サービスの1つである「瞬フリ」は、急いでいるときにすぐ借りれる振込キャッシングサービスです。

通常の振込キャッシングでは、当日の9時から14時50分までの間に指定口座へ振込の申し込みをしないと、即日融資を受けることができませんでした。

そのため14時あたりまでには契約が完了しているように申し込まないと、振込の申し込みが間に合わないなんてケースもあります。

一方、「瞬フリ」を用いれば24時間365日いつでも振込が可能なので、時間を気にせず借り入れの申し込みができます。

ちなみに、このサービスを利用できるのは三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方だけです。

「自動契約コーナー」と「ローン契約機」

プロミスの自動契約機は「自動契約コーナー」という無人店舗に設置されており、たいていはATMも併設されているので、カード発行後にその場ですぐ借り入れができるようになっています。

プロミスの自動契約機は全国に約1,000台も展開されており、特に都心の人が集まる駅の周りに行けばまず間違いなく見つかります。

そのため、免許証さえあればその場で申し込んですぐに借りれるわけです。

また、プロミスのグループ元である三井住友銀行でもプロミスの申し込みが可能となっています。

三井住友銀行の支店内に設置されている「ローン契約機」を利用することでも、プロミスの審査申し込みからカード発行までの手続きが可能です。

ローン契約機は全国に約700台あるので、プロミスの申し込みが可能な自動契約機は約1,700台もあって一番多いです。

ただしすべてのローン契約機でプロミスの申し込みができるわけではないので、来店する前にホームページで「店舗検索」をして確かめることをおすすめします。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分

プロミスと同じく大手消費者金融である「アコム」のカードローンもすぐ借りれるためおすすめです。

アコムの展開する元祖無人契約機「むじんくん」を使えば、時間をかけずにカード発行できるほか、ネットキャッシングも対応しています。

特に、アコムからの振込キャッシングの振込先を「楽天銀行口座」にしておくことで、24時間365日借りられるという優秀さ。

プロミスと大手消費者金融の2大巨頭は伊達じゃありません。

むじんくんで即日カード発行

アコムの無人契約機は、「むじんくん」という名前がついています。

元祖無人契約機がこの「むじんくん」。むじんくんから即日カード発行を行って、そのままATMから即日借り入れを行ってください。

むじんくんからアコムへ申込みを行って、そのままカード発行を行うことができますが、ネットから申込みカード発行のみを行うことも可能です。

ネットキャッシングで即日振込

アコムは来店不要のネットキャッシングですぐ借りることができます。

アコムに申し込む時に、「口座への振込希望」と伝えておくだけで、カードローン契約と同時にアコムから即日借り入れが可能です。

Jスコア

Jスコア

金利 0.9~12.0%
限度額 1,000万円
審査 最短30分

Jスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが提携して作った消費者金融。

完全に「ネットキャッシング」での借り入れに特化しており、スマートフォンでAIのアンケートに答えて出されるスコア次第で借り入れの可否が決まります。

Jスコアはとにかく借りやすく、うまく手続きが進めば「最短30分融資」が可能な消費者金融です。

Jスコアの質問に応えてスコアを割り出す


Jスコアは、他消費者金融のように申込み、審査結果を待つのではありません。

申し込むと、Jスコアから生活や金銭状況についての質問が出されます。その返答のスコアが割り出されて、最終的なスコアで借入可能かどうか決まります。

後から追加質問を応えてスコアアップ

600というスコアが借入可否が決まるラインなので、Jスコア利用者は600というスコアを目指さなくてはなりません。

初回申込み後のアンケートで、この600というスコア条件を満たさなかったとしても、後で追加の質問に応えることでスコアアップを狙うことができます。

つまり、他の消費者金融ではありえない、「審査落ちからの審査通過」を狙うことができるのです。

消費者金融からすぐにお金を借りるための3つのステップ

①申し込み条件と必要なものを確認

1.年齢条件

年齢条件を満たしていないと、消費者金融のカードローンを利用することはできません。

すべての消費者金融のカードローンが「未成年」の利用に対応していません。年齢上限は多くの場合69歳までと余裕をもった設定となっているため、

カードローン 年齢制限
プロミス 満20歳から69歳以下
アコム 満20歳から69歳以下
アイフル 満20歳から69歳以下
SMBCモビット 満20歳から69歳以下
ノーローン 満20歳から69歳以下
2.必要書類

・本人確認書類

以下のいずれか1点が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(+住民票1点)

運転免許証をお持ちであれば、それが一番最善です。収入証明書が不要の条件であれば、免許証だけあれば消費者金融からすぐ借りれるようにできています。

免許証をお持ちでない場合はパスポートや健康保険証が代わりに必要ですが、健康保険証を提出する場合は追加で住民票の提出が必要になります。

・収入証明書類

多くの場合、「借入希望額が50万円をこえる」あるいは「他社借り入れとあわせて借入限度額が100万円をこえる」場合に、収入証明書の提出が必要になります。

その場合、以下のいずれか1点が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+賞与明細書)
②申込方法を選ぶ

いくつかある申込方法のうち即日ですぐ借りれる方法は、大きく分けて2つあります。

Web申込

多くの消費者金融には「Web完結キャッシング」に対応していて、来店不要、スマートフォンのみで借り入れが可能です。

Webから申し込み、その後契約手続きを結び、実際の借り入れもWebから行う。すぐお金を借りるのは、このWebで完結するキャッシングがピッタリです。

自動契約機

街中で良く見かけるのが大手消費者金融の自動契約機です。

消費者金融の自動契約機は平日だけでなく土日祝日も営業しており、営業時間内であれば免許証だけもって来店しても申し込むことが出来ます。

タッチパネル式の操作で案内がついてくるため非常にわかりやすく、わからないことがあっても受話器からオペレーターへ直接聞くこともできます。

9時から22時(※)の営業時間内に本人確認書類をどれか1つ持って行きましょう。(※一部店舗は21時まで)

即日融資を受けたい場合は、21時までに申し込みを完了しておくように時間を逆算して申し込みましょうね。

自動契約機から申し込むと、審査結果が出るまでブースの外には出られないものの、カード発行後ATMからお金を借りる流れがとてもスムーズになります。

電話申込

消費者金融の申し込み専用のフリーダイヤルに電話して、電話口で申し込むことが可能です。

コールセンターと会話しながらの申し込みは少し時間がかかってしまうものの、電話で会話しながらの申し込みが安心…という方は電話申込を行ってみてください。

③審査を受ける

大手消費者金融は最短30分で審査結果がわかる上に、最短1時間で融資を受けることができます。

審査結果はメールか電話で通知してくれます。

審査基準となること

審査基準になる項目は、以下の通りたくさんあります。

  • 年収
  • 勤務先や勤務年数
  • 保険証の種類
  • 家族構成
  • 住居形態や居住年数

細かいものを合わせれば細かい項目は多岐に渡りますが、すべてを覚えるのは難しいのでポイントだけおさえましょう。

例えば上記で紹介したものの中だと「勤務年数」は非常に重要で、パートやアルバイトであっても審査に通るためには年収よりも重要となります。

キャッシング側からすれば「毎月返済してもらうこと」が最優先なので、大手企業の会社員でも新入社員は安定していないことが考えられるからです。

あとは審査内容で嘘をつかないように正しい情報を記入して、審査結果が来るのを待ちましょう。

キャッシングの審査基準、審査対策など審査について詳しく知りたい方は、「あなたがキャッシング審査に通らない7つの理由と審査落ちでも借りられる消費者金融」を読んでみてください。

ATMから即日融資か? 銀行口座への即日振込か?

消費者金融からすぐお金を借りるためには、大きく分けて2つの方法があります。

無人契約機でカードローン契約手続きを行い、カードを発行して、そのカードでATMから借り入れる方法。

そしてネットから手続きを行って、自分の銀行口座へ即日振込を依頼する方法。どちらの借入方法もメリット・デメリットがあります。あなたの現在の状況、借り入れスタイルの希望などで、すぐにお金を借りるための手段を考えていきましょう。

ATMから借りたいなら無人契約機

カードを実際に手にして、そのカードを使ってATMから借り入れる方が確実で安心…。

そんなことを考えているなら「無人契約機」を使ってカードローン契約を行うべきでしょう。

無人契約機からカードローン申し込み、審査、カードローン契約まで一通り可能です。しかしあまりにも手間がかかるということで、審査が終わってカードローン契約だけの段階で無人契約機を操作して、カードの受け取りのみを行う方法もあります。

無人契約機の営業時間は長い

無人契約機は朝早くから夜遅くまで営業しているため、仕事帰りなど、遅い時間に「すぐお金を借りたい」と思ったとしても大丈夫です。

この後説明する即日振込には、平日の昼過ぎまでなど、厳しいタイムリミットが課せられる場合があります。

その点無人契約機には、かなり時間の余裕があるということですね。無人契約機の営業時間を一覧にしてご紹介します。

消費者金融 無人契約機営業時間
プロミス 9:00~22:00※土日祝変わらず
※一部店舗21:00まで
アコム 8:00~22:00※土日祝変わらず
※一部店舗21:00まで
アイフル 8:00~22:00※土日祝変わらず
※一部店舗21:00まで
SMBCモビット 8:00~21:00※土日祝変わらず
店舗によって営業時間が変わることも
レイクALSA 平日・土曜:8:45~24:00
日曜・祝日:8:45~22:00
※新規申し込みは22:00まで
時間に余裕があるならネットから即日振込

カードローン申し込み時間が朝早くなど、時間に余裕がある方は即日振込ですぐ借りることが可能です。

また、わざわざ無人契約機のあるブースまで足を運ぶのが難しい方も、即日振込で借り入れを行うべきでしょう。

大手消費者金融ならば、この気軽で、内緒で借りられる即日振込に対応しているところが多いです。

即日振込にはタイムリミットがある

しかし即日振込には時間制限があります。

銀行の振込対応時間の問題があるからです。余裕をもって申し込まないと、消費者金融からすぐにお金を借りることはできないのです。

即日振込のタイムリミット、しっかりと把握しておきましょう。

消費者金融 即日振込の時間制限
プロミス 平日14:00まで
※三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座への振込は24時間可能
アコム 平日14:30まで
※楽天銀行口座への振込は24時間可能
アイフル 平日14:00まで
SMBCモビット 平日14:00まで

すぐにお金を借りるなら即日審査通過が必須

一番良いのは審査基準の対象をできる限り良いステータスにしておくことですが、勤務先や勤務年数はそんなすぐに変えられるものではないですよね。

そこで代わりと言ってはなんですが、審査に通るコツとも呼べる審査対策をいくつかご紹介いたします。

申し込む借入限度額は必要最低限にしよう

借入限度額は審査次第で決められますが、余裕を持った限度額ではなく必要最低限の限度額を申込画面で記入しましょう。

消費者金融にとっては、借入限度額が低い方の方がキャッシングをしやすいからです。

在籍確認の電話を自分で出られるようにする

キャッシングの審査では必ず「在籍確認」といって、勤務先の在籍を電話で確認する行程があります。

申込者本人が出なくても会社の人が誰か応対してくれれば大丈夫ですが、もしかしたら在籍確認がうまくできないまま受話器を置いてしまう可能性もありますよね?

ですので、なるべくご自身がその場に居合わせて電話に対応できるようにしておくことをおすすめします。

申し込み前に一度内容に間違いがないか見直す

初歩的なことですが、申込内容に「嘘の記述」があると、それが原因で審査に落ちてしまうケースがあります。

恣意的に年収を多めに書いたりする申込者もいれば、勤務先や住所の誤記入が原因となってしまう方もいらっしゃいます。

すぐに借りたいお気持ちもわかりますが、申込内容をすべて記入したら一度見直して、最新の情報とズレがないかを確認してから申込内容を送信しましょう!

まとめ

プロミスをはじめとした、今すぐお金を借りるのに適した大手消費者金融のカードローンを紹介しました。

特に大手消費者金融のカードローンは、無人契約機やネットキャッシングで、時間をかけず今すぐお金を借りるのにピッタリのサービスが揃っています。

「お金に困っている」
「時間もない」

という二つの課題をクリアするのは、それほど難しくありません。

今すぐお金を借りれるカードローンをしっかり選んで、適切な流れでお金を借り入れてください。