リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

公開日:


「リボ払い」と聞いて、どんなイメージが浮かぶでしょうか。

「なんかよくわからないけど恐い」
「支払額が減ってお得」
「リボ払いの方がポイントが貯まる」

など、その人にとってリボ払いへの認識は異なるでしょう。

しかし、結論から言ってしまうとリボ払いは「損」でしかありません!

分割払いとリボ払い、何が違って、どれだけ損なのか。今回はリボ払いの危険性について、一緒に調べていきましょう。

そもそもリボ払いの仕組みとは?

まずは、リボ払いの支払い方式をおさらいしておきましょう。

リボ払いは、毎月の支払額を設定して、支払額に手数料を乗せたお金を毎月払っていく支払い方式です。

どれだけクレジットカードで支払っていたとしても、支払額は一定。

リボ払いの最低額は5,000円程度のカードが多く、リボ払いを選択すれば、どれだけカードを使っても、支払額を5000円に抑えることができるのです。

「え!どれだけカードを使っても支払額が5000円!めっちゃお得やん!」

なんて思った方は要注意です。リボ払い、ぱっと見お得そうですが、その実全然お得ではありません。

どうしてリボ払いは損とされるのか

どうしてリボ払いは、時に利用者の生活を壊しかねないほど危険視されるのか。

リボ払いが損とされる要因を調べてみましょう。

少ないのは月々の支払額だけ!支払総額はとんでもないことに

リボ払いを選んで毎月のカード支払いを行うと、確かに支払額を少なく抑えることができます。

しかし少ないのは、「毎月の支払額」だけ。クレジットカード利用料総支払額で見ると、支払額が長期間になればなるほど多くなってしまいます。

支払いをお得にするには、一見お得に見えたとしても、その裏の情報まで読み込む必要があります。

支払総額が減らない要因1:リボ払い金利が上乗せされる

リボ払いの一番のネックはやはり、「リボ払い金利」で発生する手数料が上乗せされてしまうことでしょう。

支払いごとに手数料がかかってしまうと、いくら支払額が少ないとしても、損がどんどん多くなってしまいます。

一回払いでは、その手数料がかからないことを考えると、その手数料が無駄なこと、わかっていただけるでしょうか。

支払総額が減らない要因2:「得」してる感覚でカードを使い続けてしまう

リボ払いでも毎月支払いは行います。

それによって、クレジットカード利用者は「しっかり利用料を払っている」という錯覚に陥ります。

それゆえ、クレジットカード利用は止まりません。当然、クレジットカード利用代金は増えていきます。

しかしリボ払いなので、支払額は少ない。そして、どんどん支払額が増えていってしまうというわけです。

分割払いとの違い

リボ払いと似た支払い方式に「分割払い」があります。

分割払いとリボ払いはどのように違うのでしょうか?

リボ払いが損ならば、分割払いも損なのでしょうか?こちらも調べてみることにしましょう。

分割払いは手数料がかからないことも

少ない回数の分割払いなら、リボ払いと違い手数料がかかりません。

2回以上の分割払いなら手数料がかかってきますが、2階払いまでは手数料無料のクレジットカードがほとんどです。

分割払いは「ゴール」がある

何より「分割払い」は支払い回数が決まっているので、「ゴール」が見えています。

終わり無く支払いが続くリボ払いよりも、たとえ手数料がかかったとしても、かなり気が楽なのではないでしょうか。

はじめるのが簡単で、終わりが見えないのがリボ払いの特徴なのです。

分割払い・ボーナス払いならお得かも

支払額が大きく、今の手持ちで支払えるか心配なら、分割払いかもしくはボーナス払いを選択しましょう。

ボーナス払いは、ボーナスの時期に支払う支払い方式で、こちらも手数料がかからないことが多いのです。

リボ払いよりオトクな支払い方式を選んで、生活に支障を来さないようにしましょう。

時にリボ払いは「地獄」と揶揄されるほど

時にリボ払いで支払い続ける生活は「地獄」と揶揄されます。

どうしてそれほどひどい言葉で例えられることがあるのか、地獄と呼ばれる要因も調べてみましょう。

足を突っ込んだら最後抜け出せない

リボ払いは終わりがありません。

もちろん支払いが終われば、リボ払いは終わりです。しかし手数料がかかること、支払額が少ないことで油断する気持ち…支払いが長引く要因も様々あります。

足を突っ込んだら、娑婆に抜け出すのが難しい…。これがリボ払いが「地獄」と表される大きな要因です。

リボ払いを続けていると限度額上限をすぐ満たす→別のクレジットカード利用に…

リボ払いで支払い続けていると、支払額が少ないこともあり、すぐにクレジットカード上限を満たしてしまうことに。

そうなると当然、クレジットカードでの支払いができません。

しかし、リボ払いにずぶずぶなカード利用者は、どうしてもカードで支払いたい…。そうなると、思いつくのが「別のクレジットカードを作る」ということです。

別のクレジットカードを作って、そのカードでもリボ払いが始まってしまうと、もう支払いは手におえません。

リボ払い地獄がますます深くなって、利用者を飲み込んでいくだけです。

リボ払い地獄にハマったケース:Aさん

某有名クレジットカードを使っています。そのカードは、リボ払いのキャンペーンにとても積極的で、リボ払いを選んだ方にポイントプレセントキャンペーンをしょっちゅうやっていました。リボ払いは恐いし、よくわからないので放っておいたのですが、引っ越しやPC故障、友人の結婚式が続いた時期があって…。ついつい「あとリボ」で支払いを選択してしまいました。そうすることで、確かに毎月の支払額は減ったのですが、あとになって「これやばいんじゃないか」ということに気が付きました。しっかりお金を支払っているつもりで、その後もクレジットカード利用を続けていたので、気づいたときにはかなり支払額が溜まっていました。その後はリボ払いの支払額を増やして、着実に支払いを続けて難を逃れましたが、やっぱりリボ払いは「蟻地獄」的な恐ろしさがあります。

リボ払い地獄にハマってしまったら…

それでは、リボ払いを一定期間続けてしまい、すでにリボ払い地獄に足を踏み入れてしまっている…というような人は、どうすれば状況を好転させられるのか。

リボ払いからの脱却を考えてみましょう。

毎月の支払額を増やす

リボ払いには「手数料」が上乗せされますが、手数料以外の支払いはすべて「元金」の支払いにあてられます。

つまり、この「支払額」を増やすことで、「支払い完結」が近づくということです。

リボ払い地獄から一刻も早く抜け出したいと思っているなら、支払額をできるだけ高額にしておくことをおすすめします。

少額のリボ払いを続けていても、いつまで経っても支払いが終わりません。

クレジットカードで支払わない

極論ではありますが、クレジットカードを使わなければ、支払総額が増えることはありません。

リボ払いの支払いが終わるまではクレジットカードを使わない…くらいの強い意志も、リボ払い地獄から抜け出すために必要かもしれません。

おまとめローン・借り換えローンで一括返済

他社のキャッシングで、リボ払いの支払いを終わらせるためのお金を借り入れるという手もあります。

そのために、おまとめローンや借り換えローンを利用してください。

特におすすめなのが、審査が比較的甘い消費者金融のおまとめローンです。

リボ払いを抱えている状態では、おまとめローンなどキャッシングの審査に通りにくいです。少しでも審査が甘いキャッシングの審査へ申込みを行ってください。

審査のゆるいおまとめローンはどれ?審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

債務整理で支払額減額

キャッシングの返済や、クレジットカードの支払いで首がまわらない人を助ける手続きが、「債務整理」です。

債務整理にはいくつか種類があり、上手に債務整理を行えば、支払額を3分の1程度にできることも。

また、債務整理で一番効果の大きな「自己破産」を行うことで、今後リボ払いの支払いが免責となります。

今後クレジットカードを作れなくなるなど、デメリットはありますが、リボ払い地獄から抜け出すために手っ取り早い選択肢ではあります。

まとめ

リボ払いは一見オトクな支払い方式ですが、あれはクレジットカード会社が仕組んだ罠です。

その実、まったくお得ではありません。

毎月少ない支払額で済んだとしても、手数料がかかることもあり、総支払額はとんでもないことに…。など、リボ払いに関する危険性、リスクは上で散々説明しました。

リボ払いに頼ること無く、しっかりとクレジットカード支払い計画を現実的なものにして、あなたの生活を平和なものにしましょう。