ろうきん(労働金庫)のフリーローンの審査は通りにくいの?

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人
フリーローンの商品を探していると、銀行だけでなく信用金庫や労働金庫もフリーローンの販売をしていることがわかります。

労働金庫通称ろうきんは、普段なかなか関わらないですが、実はフリーローンの商品としてはいいものが多いです。

こちらの記事では、ろうきんのフリーローンについて詳しく解説していきます。

どのフリーローンでお金を借りようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ろうきんと銀行の違い

ろうきんのフリーローンを紹介する前に、まず労働金庫がどのような組織であるか解説してきます。

普段あまりかかわりのない人も多いと思いますので、どんな組織であるか理解していきましょう。

ろうきんってどんな組織?

労働金庫通称ろうきんは、勤労する仲間がお互い助け合うために組織された金融機関。

そのため働いている人であれば、誰でも利用できるのが労働金庫です。

ろうきんは労働者のための組織なので非営利組織、銀行は株式会社で営利を求めている企業なので、この点がろうきんと銀行では大きく違います。

銀行は営利目的のため利益が出たら利益を収受しますが、ろうきんの場合は利益を収受しません。

そのため金融商品の金利にその利益を反映させるなどの対応をして、労働者のためのサポートを行っています。

また銀行は企業向け融資がメイン業務ですが、ろうきんは個人向け融資が業務の多くを占めています。

労働者のための組織、それがろうきんであるというわけですね。

住んでいる地域のろうきんにしか申し込みができない

そんなろうきんですが、全国で13種類の組織があります。

地域ごとに管轄が決まっているので、基本住んでいる地域のろうきんにしか申し込みができません。

例えば関東地方(山梨県含む)では、中央ろうきんという組織があるので、関東在住の人は中央ろうきんにしか申し込みができません。

自分が住んでいる地域のろうきんがどこの管轄であるかは、全国労働金庫協会のホームページに記載がありますので、申し込み前に確認しておきましょう。

ろうきんの組合員について

このような組織形態であるろうきんですが、ホームページを見ると団体会員や生協組合員といった言葉が見受けられます。

これは今働いている組織とろうきんとのかかわりによって決まってくるので、自分が意識していなくても組合員になっていることがあります。

ろうきんの組合員は、会員組合員(組合員・団体会員の構成員とも言う)・生協組合員・一般勤労者の3つに分けることができ、その違いは以下の通りです。

1. 会員組合員・・・ろうきんい出資している労働組合に所属している人。

勤務先が労働組合に加入している場合、ここに該当する可能性あり。

2. 生協組合員・・・生活協同組合に加入している人や同一生計の家族
3. 一般勤労者・・・上記の2つに該当していない人
後程くわしく説明しますが、上記の違いはフリーローンを利用するうえでは、とても大切です。

違いを見ていただければわかりますが、労働組合は個人で加入するものでないので、自分が知らないところでろうきんの組合員になっている可能性はあります。

会員組合員であるかどうかは、所属している会社の労働組合に問い合わせてみればわかりますので、申し込み前に確認しておきましょう。

ろうきんフリーローンについて解説

それではろうきんが販売しているフリーローンは、どのような商品なのでしょうか。

ここからはろうきんのフリーローンについて、詳しく解説していきます。

金利は安く組合員は優遇あり

全国13種類の組織があるろうきんですが、フリーローンはそれぞれの組織ごとに販売をしています。

先ほど紹介したようにろうきんのフリーローンは、住んでいる地域でしか購入できません。

そのためまず自分が住んでいる地域がどのろうきんに属しているかを確認し、そのろうきんのフリーローンを調べてみましょう。

またろうきんフリーローンの特徴としては、組合員への金利優遇です。

先ほどろうきんの組合員は3種類あることを紹介しましたが、どれに属しているかによって金利が変化します。

例を挙げると、

中央ろうきんフリーローンの場合(2018年9月現在)

会員組合員 変動金利5.825%、固定金利7.000%
生協組合員 変動金利6.105%、固定金利7.280%
一般勤労者 変動金利6.325%、固定金利7.500%

近畿ろうきんフリーローンの場合(2018年9月現在)

会員組合員 3.7%または4.5%
生協組合員 3.98%または4.5%
一般勤労者 4.5%

というような金利設定になっています。

ろうきんによってどのくらい金利が異なるかは差がありますが、組合員であることのアドバンテージは大きいです。

自分が組合員であるかどうかは、会社の労働組合に確認すればわかりますので、必ず確認しましょう。

ローンの性質は他のフリーローンと同じ

ろうきんフリーローンですが、組合員かどうかで金利が変わる以外は基本的に他のフリーローンと同じです。

そのためカードローンのような融資枠という概念はありません。

カードローンの場合融資枠50万円の審査に合格したら、そのうち30万円だけを借りて残り20万円の枠を残しておくことはできます。

しかしフリーローンの場合、一度借り入れをしたら完済するまで、再度融資を受けることができません。

フリーローンとカードローンには、主にこのような違いがあります。

フリーローンは一度借りたら返済までしっかり返済計画を立てなければなりませんので、しっかり注意したうえで申し込みするようにしましょう。

ろうきんフリーローンの審査は厳しめ

そんなろうきんフリーローンですが、審査は他のフリーローンと比べて厳しいと言われています。

ろうきんフリーローンの審査が厳しい理由としては、その金利の安さです。

先ほど紹介したろうきんフリーローンを、他行のフリーローンと比べてみると

組織名 フリーローン金利
中央ろうきん 変動金利5.825%~6.325%、固定金利7.000%~7.500%
近畿ろうきん 3.7%~4.5%
住信SBIネット銀行 3.775%~12.00%
イオン銀行 3.80%~13.50%
みずほ銀行 変動5.875%、固定6.7%
三井住友銀行 5.975%

といった具合です。

こちらをご覧頂けば、他行と比べてもろうきんフリーローンの金利が安いことが、おわかりいただけたかと思います。

金利が安いフリーローンは、当然人気になりますので、審査も厳しくなります。

とは言えろうきんフリーローンは、他行のフリーローンにあるような勤続年数や年収による制限はありません。

そのため実際のところは、申し込んでみないとわからないところもあります。

  • 毎月安定した収入があること
  • クレジットカードやカードローンの支払いに遅れ・滞納がないこと

少なくともこの2点を満たしているのであれば、ろうきんフリーローンの審査に合格する可能性は十分にあります。

審査は厳しい部類に入ると思いますが、金利が安いのでチャレンジする価値は十分にあるのが、ろうきんフリーローンです。

ろうきんフリーローンと他のフリーローンを比較


それではろうきんフリーローンと他のフリーローンを比較すると、ろうきんフリーローンはどのような評価になるのでしょうか。

ここからはろうきんフリーローンを他のフリーローンと比較していきます。

組合員は金利がかなり安くなる

先ほどから紹介しているように、ろうきんフリーローンは組合員になると金利が安くなることが特徴です。

どのくらい安くなるかは地域のろうきんによって異なりますが、年利0.5%ほどは金利が安くなることも珍しくありません。

銀行フリーローンの場合、金利が安くなるためには貯金残高であったり、投資信託の商品購入であったりといったことが条件になります。

しかしろうきんの場合はろうきんに出資している労働組合に加入しているかどうかが、金利が安くなる条件です。

勤務している会社によっては、何の苦労もなく金利が下がるので、必ず調べておきましょう。

メガバンクのフリーローンも金利は安い

ろうきんフリーローンは金利が安いことから、審査が厳しくなる可能性があることを先ほど紹介しました。

そんなろうきんフリーローンと同様に、金利が安いのがメガバンクのフリーローンです。

組織名 フリーローン金利
中央ろうきん 変動金利5.825%~6.325%、固定金利7.000%~7.500%
近畿ろうきん 3.7%~4.5%
メガバンクのフリーローン
金利 申し込み可能金額 利用条件
三井住友銀行フリーローン 5.975% 10万円~300万円 ・20歳~65歳
・前年度収入200万円以上
・三井住友銀行に来店可能
三菱UFJ銀行多目的ローン 5.475% 50万円~300万円 ・20歳~完済時70歳
・前年度収入200万円以上
・勤続年数1年以上
・パソコンのメールアドレスを所有
みずほ銀行多目的ローン 変動5.875% 10万円~1000万円 ・20歳~65歳
・前年度収入200万円以上
・勤続年数2年以上
りそな銀行プレミアムフリーローン 6.0% 100万円~500万円 ・20歳~59歳
・前年度収入400万円以上

メガバンクのフリーローンは勤続年数や年収による申し込み制限がありますが、ろうきんフリーローンと変わらないくらいの低金利を実現しています。

そのためもしろうきんフリーローンの審査に落ちてしまった場合、メガバンクのフリーローンに申し込みをするという手もあることを頭に入れておきましょう。

ろうきんフリーローンを活用しよう

ここまでろうきんフリーローンについて、詳しく解説をしてきました。

ろうきんフリーローンは住んでいる地域でしか申し込みができないという制限はありますが、金利がかなり安いので人気のフリーローンです。

金利が安いことはローン商品としてかなり優秀なので、みなさんもろうきんフリーローンを活用してみてはいかがでしょうか。

フリーローンの審査に落ちるのはどんな人?フリーローンの審査対策も紹介