間違いなく即日借りられる10社のサラ金

公開日: 最終更新日:

お金、借り入れ、キャッシング
いくらサラ金とはいえ、即日でお金を借りるのは難しいと思っていませんか?

あるいは、信用できないサラ金からお金を借りるのはとても不安に感じていませんか?

どちらの心配もご無用です!現在の大手サラ金はほぼすべて銀行グループであり、最短30分審査や即日融資を行うことができるからです。

皆さんが安心して利用できる大手サラ金をご紹介し後に、審査の申込方法を簡潔にご説明していきます。

本当に即日OKのサラ金おすすめ10社

サラ金の中でも、本当に即日で借りることができるサラ金を厳選しました。

また、怪しいサラ金を紹介されても困ると思いますので、昔からある皆さんもご存じの消費者金融をいくつかご紹介させていただきます。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • ノーローン
  • オリックスVIPローンカード
  • フタバ
  • セントラル
  • ニチデン
  • アロー

サラ金の融資時間一覧

大手サラ金は軒並み「最短一時間融資」に対応しています。無人契約機、ネット申込み後の即日振込など、スピードキャッシングの対応方法も様々です。

それでは、中小サラ金も含め、「最短融資時間」の一覧を調べてみましょう。その中から、より自分が借り入れるのにふさわしいサラ金を調べてみましょう。

サラ金 審査時間 融資時間
アコム 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 最短30分 最短1時間
ノーローン 最短20分 最短1時間
オリックスVIPローンカード 最短30分 最短即日
フタバ 最短即日 最短即日
セントラル 最短30分 最短即日
ニチデン 最短10分 最短即日
アロー 最短45分 最短即日

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分

プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は、三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融です。

ホームページでは「最短30分審査」と「最短1時間融資」を公言しているため、安心して即日でキャッシングを利用することができるサラ金だと言えます。

自動契約機の設置台数が約1,000台もあってサラ金の中でも一番多いため、皆さんも駅の周りで見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

プロミスから即日借り入れるための方法などは、「プロミスで即日融資!審査時間、審査基準も紹介します」で書いています。

来店不要の便利な会員サービス「瞬フリ」

プロミスといえば、24時間いつでも最短10秒で振込をしてくれる「瞬フリ」という代表的なサービスがあります。

三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、ネットから振込の申し込みをして最短10秒で振込ができる便利なサービスです。

それ以外の口座を指定する場合でも、当日の9時から14時50分の間に申し込みをすれば即日融資を受けることができます。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分

アコムは現在、三菱UFJフィナンシャル・グループつまり三菱東京UFJ銀行グループの大手消費者金融です。

CM等のスローガンで「はじめてのアコム」と宣伝している通り、初めての利用者も申し込みやすいのが特徴です。

審査通過率がサラ金の中で一番高いため、審査が甘い・審査に通りやすいと感じやすい大手サラ金でもあります。

業界初の自動契約機「むじんくん」

今となってはどのサラ金にも広く普及した自動契約機ですが、そのルーツはアコムから始まっているというのはご存知でしたか?

アコムは自動契約機については長い歴史があるため、オペレーターの対応も非常に優れています。

営業時間も8時から22時と長いため、平日仕事終わりでも無人店舗に寄れば即日でカード発行が可能です。

アイフル

アイフル

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分

アイフルは現在も単独で経営を行っている大手消費者金融です。

独自経営のため審査基準が他社と少し異なり、初めてでも即日審査に通りやすいという口コミもあります。

なにより、年収や他社借入状況を入れるだけで仮審査が1秒で終わるのは嬉しいですね。

お急ぎの方は申し込み後の電話でもっと早く

パソコンやスマートフォンから申し込んだ場合、そのあとに専用フリーダイヤルへ連絡することで、審査を優先して開始してもらうことができるというサービスがアイフルにはあります。

一般的なサラ金の場合、申し込みが集中すると最短時間で審査が終わらないこともありますが、即日でも特にお急ぎの場合は連絡をすることで最短審査に近づけることができます。

ひと手間ですが、即日にこだわるなら連絡しておきましょう。

SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分

SMBCモビットは現在、三井住友銀行グループの大手消費者金融です。

簡易審査の結果が10秒でわかるため、即日で審査に通ることができるかできないかの目安がすぐにわかって便利です。

アイフルと同じく、ネット申し込み後に電話することで審査を優先して開始してくれます。

サラ金ランキングNo.1の実績

SMBCモビットはなんと、「2016年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン部門 第1位」の実績があるサラ金です。

少なくともサラ金や消費者金融の中では、No.1の実績を持っていることになります。(銀行カードローンは別)

即日で利用できる大手サラ金の中でも、信用度の高いキャッシングだと言えます。

ノーローン

ノーローン

金利 4.9~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短20分

ノーローンは新生銀行グループの大手サラ金。

知名度こそ、他のサラ金に劣るものの、そのカードローン設定は優秀です。「サラ金」とはいえ、他の大手サラ金と同じく銀行の経営傘下に入っているという「借り入れの安心感」も見逃せないメリットです。

もちろん最短審査20分の即日審査、即日カード発行後の即日融資、ネットから依頼を出して行う即日振込融資も可能です。

何度でも利用できる無利息サービス

通常、サラ金の無利息サービスは「初めてのキャッシング利用者のみ適用される」というものです。

しかしノーローンの無利息サービスなら、「何度目のキャッシングでも利用可能」となっています。返済完結の翌月再び、一週間という短い期間ではあるものの、無利息サービスが適用されます。

「毎月一定額借りる」なんて方は、ぜひノーローンからの借り入れを行ってください。

オリックスVIPローンカード

金利 1.7~16.8%
限度額 30~800万円
審査時間 最短30分

オリックスグループのカードローンと言えば、どうしても「オリックス銀行カードローン」が一般的ですが、即日借り入れるならこっちのオリックスVIPローンカードがおすすめです。

オリックス・クレジットのカードローンということで、わかりにくいですが「サラ金のカードローン」です。

他のサラ金カードローンとくらべても低金利、高限度額の設定が組まれています。実は見過ごされがちですが、オリックスVIPローンカードは優秀なカードローンです。

「即契」で即日融資を受けましょう

オリックスVIPローンカードのサービス「即契」を利用することで、簡単に即日融資を受けることができます。

家族に内緒でカードローンを利用したいと思っている方も安心の「来店不要」、スピーディな融資、オリックス・クレジットのカードローンの種類も選択可能という利便性の高いサービス。

借り入れが50万円までは収入証明書の提出も不要!ササッと申し込み、気軽に即日借り
入れが可能なのです。

フタバ

金利 14.959%~17.950%
限度額 10~50万円
審査時間 最短即日

即日融資に対応しているのは、何も大手サラ金ばかりではありません。

フタバのような、中規模な経営を行う「中小サラ金」もまた即日借り入れに対応しています。

とはいえフタバから即日借り入れるには、午前中の早い時間に申し込み、FAXなどで契約書類のやり取りが必要。大手サラ金ほどWEBサービスが使いやすくないからこそ、無駄のないカードローン契約と借り入れが必要となるのです。

レディースフタバも優秀

フタバは中小サラ金に珍しい「レディースローン」が展開しています。

レディースフタバという名前がついた、フタバのレディースローン。審査も柔軟で、他サラ金のキャッシング審査に落ちてしまった多くの女性の味方です。

セントラル

金利 4.8~18.0%
限度額 300万円
審査時間 最短30分

セントラルは、他の中小サラ金とはひと味違います。

なんせ、中小サラ金にして、街なかに「無人契約機」を設置しているのです。もちろん、大手サラ金ほど無人契約機設置数こそ多くないですが、東京、神奈川、埼玉などの関東から、岡山、愛媛などの中国・四国地方にも無人契約機を設置。

即日借りるのにうってつけのサラ金だと言えますよね。

金利ほか設定も優秀

通常中小サラ金は、大手の審査に落ちてしまった方など、「中小で借りざるを得ない方」向けにキャッシングを展開します。それゆえ、金利設定も足元をみた「上限金利いっぱいの設定」が組まれていることが多いです。

しかしセントラルは、「4.8~18.0%」という借りやすい金利設定が組まれており、中小サラ金の中でもなかり借りやすいです。

「中小サラ金は不安」なんて方にも、セントラルのカードローンは強くおすすめできます。

ニチデン

金利 7.3%~17.52%
限度額 50万円
審査時間 最短10分

近畿地方にお住まいの方かお勤めの方しか利用できないものの、ニチデン即日借りやすいサラ金です。

なんといっても「最短10分」というかなり早い審査時間、即日融資への柔軟な対応が、ニチデンの魅力です。平日の14時までに振込依頼を出せば、かなり確実に即日振込で借入可能。

初めてのキャッシング利用者には、なんと破格の「90日間の無利息サービス」が利用可能です。

アロー

金利 15.0~19.94%
限度額 200万円
審査時間 最短45分

中小サラ金、アローのフリープランも即日借りやすい設定が組まれています。

最短45分の早い審査。その後も時間をかけずに即日融資を受けることが可能。金利設定こそ高めですが、だからこそ「審査基準の柔軟さ」を推し量ることができます。

おまとめローンも完備

アローのキャッシングサービスは、用途自由の「フリーキャッシング」だけではありません。

他社のキャッシングを一本にまとめることができる「おまとめローン」も完備しているので、多重債務の返済に悩んでいる方向けのキャッシングにも対応可能なのです。

ユーファイナンス

東京都大東区に本社を構えるのが、中小消費者金融の「ユーファイナンス」です。

設立からそれほど時間が経っていないサラ金のため、「審査の柔軟さ」を期待できます。新しいサラ金は、契約者数を増やそうという気持ちの現れから、多少怪しくても審査に通すものなのです。

ユーファイナンスが扱うのは、借換ローンがメインとなっています。多重債務で苦しんでいる方はぜひ、ユーファイナンスのキャッシングで一本化を考えてみてください。

サラ金から即日借り入れる方法

サラ金から即日お金を借りるには、適切な手順を踏んで、いくつかの条件をクリアせねばなりません。

サラ金から即日お金を借りるために確認しておくべきなのは、

  • 即日借り入れに対応したサラ金なのか
  • 現在の時間は即日借り入れ対応か
  • 身分証明書はすぐに用意できるか

これらの情報は最低限確認しておきましょう。

1.まずはネットからサラ金へ申し込み

まずは、サラ金へ申し込みを行います。サラ金の申し込み方法は多いですが、即日借り入れるためには「ネット申し込み」がおすすめです。

ネット申し込みならば、何より入力が早く、サラ金側の対応も早いです。サラ金の審査は早いですが、最短でも30分ほど時間がかかってしまうことを覚悟しておきましょう。

2.14時までならネットから振込依頼

審査に通ってカードローン契約が済んだら、お金の借入方法を選択する必要があります。

カードローン契約が終わった段階で、午前中や午後になったばかりならば、サラ金から「即日振込」で借り入れが可能なはず。

自分の持っている銀行口座へと、サラ金が借り入れたお金を振り込んでくれるでしょう。

2.14時以降なら自動契約機からカードの受け取り

カードローン契約を結んだ時点で、14時を回っていた場合は、「無人契約機からカード発行」を行う必要があります。

近くの無人契約機まで足を運び、そこでカード発行手続きを行いましょう。

3.サラ金から即日借り入れ

振り込まれたお金を確認するか、カード発行を行ったなら、サラ金の提携ATMからお金を借り入れましょう。

これにて、サラ金からの即日借り入れは完了です。

注意点1:審査に落ちないこと

サラ金の審査に落ちてしまっては、即日借り入れなんて夢のまた夢です。

サラ金の審査に落ちないためには、「そもそもの審査基準が甘い」ところに申し込んだり、「しっかり審査対策をする」などの工夫が必要です。工夫をこらせば、どんな困難にも立ち向かえるはず!

注意点2:休日の申し込みは混み合う!平日の午前中申し込みがおすすめ

休日の即日融資に対応したサラ金は多いですが、休日の借り入れは難易度が高いです。

  • 休日の申し込みが混み合う
  • 自動契約機が混み合う
  • 即日振込で借りられない

ざっと思いついただけでこれけの理由があります。

サラ金から即日借り入れるにはやはり、平日の午前中申し込みを行うのが確実でしょう。

ここだけ注意!即日審査の要点まとめ

即日でお金を借りたいときでも、契約するためには審査を必ず受けなければいけません。

そこで、即日の申し込みでも審査に必要なものと流れを必要最低限の情報でご紹介いたします。

別ページにも詳しく即日審査についての情報を載せています。チェックしてみてください。→即日審査に通る方法と即日振込の借入方法

①申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(※)

即日でもそうじゃなくても必要なものは同じです。

まず、必ず必要になるのは本人確認書類。そして場合によって必要になるのが収入証明書類です。

本人確認書類として認められるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

上記のいずれか1点が必要になりますので、最新のものを持参しておくようにしましょう。

プロミスなどサラ金によっては、上記と合わせて「住民票」などもう1点の提示が必要になります。

また学生の場合、それらと合わせて「学生証」の提示も必要になることがあります。学生証のみでは申し込むことができない点に気をつけてください。

収入証明書類として認められるもの
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月分+1年分の賞与明細書)

「借入希望額が50万円をこえる場合」と「他社借り入れをあわせて100万円をこえる場合」のどちらかに当てはまるときに、収入証明書類の提出が必要になります。

上記のいずれか1点かつ最新のものが必要になりますので、いつでも取り出せるようにしておきましょう。

基本的には上記の3点が挙げられますが、サラ金によってはその他の書類でも収入証明が可能な場合もあります。

申し込む前には、検討しているサラ金のホームページで必要なものを確認してから申し込みを行ってください。

②申込方法を選ぶ

代表的な申込方法は以下の通りです。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン・ケータイ)
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送やFAX

現在は、来店不要で申し込むことができるインターネット申し込みが主流となっているようです。

ただし即日融資を受けたい場合は、下記の通り時間制限があることを留意して申し込まなくてはいけませんよ。

①インターネットからの申し込みで即日融資を受ける場合

パソコンやスマートフォンから申し込みをするならば、手続きは14時までに終わるよう逆算して申し込まなければいけません。

どの大手サラ金も、おおよそ14時を目途にネット申し込みでの即日融資の受付を締め切ってしまうからです。

来店できない、あるいは振込キャッシングにしてほしいという場合は、時間制限に気をつけてくださいね。

②自動契約機からの申し込みで即日融資を受ける場合

一方、自動契約機は営業時間内に申し込めば即日融資を受けることもできます。

土日祝日も営業しているのがほとんどなので、曜日に関係なくカード発行がしやすいです。

営業時間の目安としては8時から22時程度が一般的で、即日で借りたいのであれば21時までには申し込めるように行動しましょう。

また、自動契約機によっては営業時間が短いこともありますので、ホームページ内で店舗検索をしてから行くことをおすすめします。

審査へ申し込む際の注意点3つ

審査では年収や勤務先などさまざまな審査基準を入力することになりますが、どこのサラ金もそれを公表してはいません。

目安となる審査基準をすべて紹介するのも良いですが、それら1つ1つを覚えるのは大変です。

そこで今回は「これだけは気をつけて!」という内容に絞ってご説明いたします。

①借入希望額は必要最低限にする

「もしかしたらもっと借りることになるかもしれない」という不要な想像は捨てて、借入希望額は必要最低限の金額を入力しましょう。

借入限度額は後から増額させることも可能ですし、借入希望額を必要最低限にして申し込むことで審査に通りやすくなるからです。

一度に借りられる金額がそれほど多くないということは、サラ金から見ればリスクが低い顧客ということになるので嬉しい顧客です。

②一度に何社にも申し込まない

短時間で複数のサラ金へ申し込むことを「多重申込」といい、多くのサラ金にとってはあまり好ましくない行為とされています。

サラ金から見れば、「いくつも借りてきちんと返済できるのか」とか「適当に申し込んでいる」等ネガティブな内容に取られてしまいます。

申し込みの際には、厳選して1社か2社程度へ申し込むようにしましょう。

③在籍確認を受けられるようにする

即日であっても審査を必ず受けなければならないように、審査を受ければ在籍確認もセットで受けなければいけません。

在籍確認は、申込者の勤務先へサラ金のオペレーターが個人名で連絡をすることで、申込者が本当に入力した勤務先に在籍しているかを確認する工程です。

ここまでくれば審査は終盤なので、即日でお金を借りるためには申し込んだその日に在籍確認を済ませる必要があります。

もし申し込む日に会社が休みであれば、ご自身で会社に行って在籍確認の電話をとるか、代わりに給与明細書などの書類を追加で提出して在籍確認と見なすことになる点に要注意です。

審査の甘いサラ金は「成約率」でわかる

大手サラ金は、各ホームページで「IR情報」を毎月更新して公表しています。(例:プロミス「マンスリーレポート」)

消費者の皆さんはあまり確認しない部分なのですが、この公表されたデータの中には「成約率」というものがあります。(※アコムの場合は「新規貸付率」)

この成約率は、毎月の新規申込のうち新しく契約できた顧客の割合であり、わかりやすく言うと「審査通過率」というわけです。

  • アコム:46.6%
  • プロミス:42.5%
  • アイフル:41.8%
  • SMBCモビット:非公開(プロミスと同程度と推測)

※2017年2月現在のデータ

表の通り、2017年2月現在で大手サラ金4社を比較すると「アコム」が審査通過率でトップ、次点で「プロミス」となっています。

中小を除いて大手サラ金ではこの4社の審査通過率が高いため、大手の中では「アコムが一番審査の甘いサラ金」ということになります。

ちなみにSMBCモビットは非公開となっていますが、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと関係の近い「三井住友銀行グループ」なので、同じくらいの成約率ということが推測できます。

即日借り入れに大手サラ金が向いている理由

ある日突然、「100万円必要になった!」という方はそうそういるはずもなく、サラ金で即日借り入れをしたい方のほとんどは30万円以下のちょっとした借り入れであることがほとんどです。

大手サラ金で即日融資できる金額がだいたい30万円程度なので、もしそれ以上を希望する場合は銀行カードローンや2件目以降の消費者金融を検討する必要があります。

さて、ちょっとした借り入れにサラ金が向いている理由には、「無利息サービス」があるからです。

★無利息サービス:原則として初回利用時に使えるサービスで、初めの利用日から30日間は利息が0円扱いになるサービス。

このサービスのおかげで、大手サラ金は即日借り入れかつ短期の少額借り入れに向いています。

極端に言えば、30日以内に全額返済することができれば利息0円でお金を借りることができるからです。

もし30日以内に全額返済ができなくとも、約1か月分の利息が掛からないのでその分お得になります。

10万円を1ヶ月借りれば約1,500円の利息、30万円を1ヶ月借りれば約4,500円の利息が掛かると頭の片隅に入れておきましょう。

ちなみに「プロミス」「アコム」「アイフル」の3社で利用することができます。

初めから最高限度額まで借りられるわけではない

大手サラ金の借入限度額を見ると、「1万~500万円」「1万~800万円」というように結構な金額まで借りられることがわかりますが、初めから最高限度額まで借りられるわけではありません。

借入限度額はもちろん審査によって決められますが、「総量規制」という法律によって個人が借りられる金額は上限が決まっています。

★総量規制:個人が自身の年収の3分の1をこえて借り入れをしてはならない法律。改正貸金業法で導入された法律の1つ。

そのため、例えば年収300万円の方がサラ金からお金を借りる際は、100万円以上借りることができません。

さらに、これは1つの借り入れだけでなくすべての借り入れの合計が当てはまるので、借入先が1社でも3社でも借入限度額の上限は同じです。

大手サラ金の金利を比較する必要はない!

大手サラ金の金利は「年4.5~18.0%」または「年3.0~18.0%」の2通りに分けられますが、これらを比較する必要はありません。

なぜなら金利は借入限度額によって決まるからです。

どういうわけかというと、「利息制限法」という法律で適用される金利が下記の通り定められていることが関係します。

★利息制限法

  • 借入限度額が10万円未満のとき、金利の上限は年20.0%まで
  • 借入限度額が10万円~100万円未満のとき、金利の上限は年18.0%まで
  • 借入限度額が100万円以上のとき、金利の上限は年15.0%まで

サラ金で即日借り入れをしたい方は、「ちょっとした借り入れ」つまり10万~100万円程度を希望される方がほとんどなので、金利は年18.0%に落ち着くことが多いのです。

そのため、大手サラ金の金利を比較する必要はないというわけです。

ちなみにプロミスだけは上限金利が「年17.8%」とほんの少しだけ低金利です。

仮に借入額が10万円未満でも、大手サラ金なら年18.0%が上限なのでご安心ください。

即日借り入れOKサラ金まとめ

即日OKなサラ金について下記の通りまとめました。

  • 本当に即日OKのサラ金は、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットの大手サラ金4社
  • 審査で必要になるのは本人確認書類のみ。収入証明書類は借入額に応じて必要になる。
  • 即日審査に通るためには、申込先を1,2社に絞って借入希望額を必要最低限にして申し込むこと

いかがでしたでしょうか。サラ金を含め現在のキャッシングでは即日審査が可能なところが多いですが、本当に即日借り入れが可能なのは今回ご紹介した大手サラ金の4社が確実と言えます。

キャッシングの申し込みに必要なのは、借入希望額が50万円未満なら本人確認書類だけあれば問題ありません。

一度に何社にも申し込んでしまうと審査落ちするリスクが高まってしまうので、1,2社に厳選して必要最低限の金額で申し込むことをおすすめします。