消費者金融比較ランキング【2018年最新版】

公開日: 最終更新日:

スマートフォンを見ながら悩む男性
消費者金融を比較するときに、ランキングサイトで紹介されているおすすめをそのまま鵜呑みにしていませんか?

それじゃダメです!

お金を借りるのはあなた自身で、借金を全額返済できるかどうかはすべて自己責任だからです。

比較をするときにどこを見れば良いのかわからなければ、ランキングサイトの情報が正しいか間違っているかの判別をすることもできないので、結果として「順位」をそのまま鵜呑みにしてしまいます。

ですからまず消費者金融ランキングを確認する前に、消費者金融を比較する項目とその内容やポイントをおさえておきましょう。

どの部分をみて消費者金融を比較するべきか

消費者金融の数は多く、キャッシング利用者はどの消費者金融を利用するべきか迷ってしまうほどです。

そして、実際どの消費者金融キャッシングを利用して借り入れるべきか、迷ってしまうはず。単純に「即日借りられるから」などの単純な理由で決めてはいけません。具体的に、その消費者金融は他の消費者金融と何がどう違うのか、正しく理解しないとあなたが使うべき消費者金融は見えてきません。

単純な数字よりサービス内容を比較

日本貸金業協会の調査によると、一番多くの人が消費者金融を比較する基準としているのは「金利」だということです。

確かに金利は利息の金額に影響するので、わかりやすく「お得さ」の指標になります。しかし、金利が他の消費者金融より多少低くとも、サービス面で弱い消費者金融が多いです。

真に調べておくべきは「サービス」です。

消費者金融が設定している独自のサービスをしっかり調べて、他の消費者金融よりもどう優れているのか、そのポイントを把握した上で消費者金融からお金を借り入れてください。

金利は「上限」を見よう

数字でわかりやすく消費者金融を比較をしやすいのが、金利です。

銀行や消費者金融のキャッシングを比較してみるとわかるように、金利はそれぞれのキャッシングで結構なばらつきがあります。

ただそこから消費者金融に焦点を絞ると、意外と金利には差がないことがわかります。

消費者金融の金利の上限は基本的に「年18.0%」で、プロミスだけは「年17.8%」でほんの少しお得です。

なぜ上限を見るのかというと、消費者金融からの借り入れでは基本的に上限金利が適用されるからです。

消費者金融で上限金利が適用される理由

実のところ金利は借入限度額によってその上限が決まっていて、利息制限法によって以下の通り定められています。

  • 借入限度額が10万円未満のとき、金利の上限は「年20.0%」まで
  • 借入限度額が10万~100万円未満のとき、金利の上限は「年18.0%」まで
  • 借入限度額が100万円以上のとき、金利の上限は「年15.0%」まで

表の通り、借入限度額が100万円をこえない限りは、金利が上限の「年18.0%」から下がることは基本的にありません。

ですから、消費者金融で金利を下げるためには借入限度額を増額するしかないわけです。

しかし、限度額は初めから高額に設定できるというわけではありません。

限度額をみて比較するべきではない

消費者金融ごとに「500万円」だったり「800万円」だったり、限度額が設定されています。

限度額とは、キャッシング利用者がいくらまで借りられるのか、という「借入額の限界」です。「借入額限度額は高ければ高いほど良いのでは?」と思いがちですが、実は限度額はそこまで重要ではありません。

なぜなら、総量規制という貸金業法内の決まりで、貸金業法の規制対象が「年収の3分の1までしか借り入れることができない」というルールが定まっているからです。

「総量規制」によって消費者金融からの借入に制限がかかる

総量規制は貸金業法の1つで、「個人が自身の年収の3分の1をこえて借り入れてはならない」という内容の法律です。

消費者金融にはすべて貸金業法が適用されるため、消費者金融をいくら比較しようと総量規制をこえて借りることはできません。

これは1つの借入先だけでなく、すべての借入先からの合計借り入れ金額が3分の1までとなる点に要注意です。

具体的に言うと、年収が300万円だとしたら、1社からの借り入れでも3社からの借り入れでも借りられる金額は100万未満となるわけですね。

もともとはなかった法律なのですが、90年から2000年をこえたあたりから複数の借り入れで借金の返済がままならない「多重債務」の状態になってしまう方が急増しました。

「このままではまずい」ということで多重債務を未然に防ぐために導入されたのが総量規制だったというわけですね。

消費者金融の審査スピードに大差はない

お急ぎだったりあまり時間がない状況で消費者金融を比較するとなると、次に重要になるのは「審査スピード」ですね。

審査時間もキャッシングによってばらつきがありますが、今や大手の銀行カードローンや消費者金融のキャッシングでは基本的に「最短30分審査」が浸透してきています。

消費者金融名 審査時間
プロミス 最短30分
アコム 最短30分
アイフル 最短30分
SMBCモビット 最短30分

「最短30分」と聞くと、「本当か?」と疑ってしまう人もいるかと思います。

しかしこの30分審査は、私自身プロミスに申し込んだ経験があるので、この審査の早さは折り紙付きです。

しかし、土日祝日など休日に申し込むと、申し込みが混み合うためより多くの時間がかかってしまうかもしれません。早い審査をご希望なら、平日の早い時間の申し込みをおすすめします。

「審査時間」より即日融資に対応しているか否か

ただ審査時間にばかり目がいってしまって、即日融資を受けられるかどうかを見落としてしまう方もいます。

借入方法をよく確認して、「振込キャッシング」か「無人契約機で即日カード発行」を選んで申し込むようにしましょう。

大手の消費者金融であれば、どれを比較しても即日審査はもちろんのこと即日融資も受けやすいというメリットがあります。

審査通過率で消費者金融比較

消費者金融ごとに設定が異なる「審査基準」。

このカードローン審査基準は、消費者金融にとって外に漏らせない「トップシークレット」のため、外部の我々は知ることができません。

しかし、大手消費者金融なら、株主向けに公開されている 

この審査通過率を調べれば、消費者金融の審査基準の大まかな基準を知ることができるのです。

参考に、2018年1月の審査通過率を比較してみましょう。

消費者金融 審査通過率
アコム 44.1%
アイフル 45.8%
プロミス 44.6%

消費者金融のスペック比較ランキング

今回おすすめするのはどこも大手の消費者金融なので、初めて消費者金融からお金を借りる方も安心して安全に利用できますよ。

1位.プロミス

プロミス

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分
無利息サービス 初回30日※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 申し込みから最短10秒!即日振込もできる『瞬フリ』
  • 「カードのいらないカードローン」

プロミスのメリット

  • あらゆる方法で即日融資での借入が可能!
  • 30無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)、アプリローン、レディースローン…主要サービスを一通り網羅!
  • 他消費者金融より若干上限金利が低い!

プロミスのデメリット

  • 銀行カードローンと比べると金利が高い
  • 瞬フリで振込可能な口座に制限がある
24時間対応の振込サービス『瞬フリ』
  • 振込手数料は0円!プロミスが負担
  • インターネットから24時間365日申し込みが可能
  • 申し込みから最短10秒で振込OK

プロミスの会員サービス『瞬フリ』は、「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」の口座をお持ちであれば利用することができます。

それ以外の口座を利用する場合、即日振込をしてもらうためには平日の14時50分までに振込手続きを完了しなければいけません。

瞬フリは深夜・土日も対応しているので、急な出費に対してものすごく便利なサービスです。

Web完結OK!カードレスでも借りられるプロミス

プロミスは、申し込みから借り入れまでの手続きをすべてWeb上で行うことができるキャッシングです。

カードレスにすることで、自宅へ郵送物が届かないようになるほか、ローンカードを持っていて身の回りの方にバレてしまったり、カードを紛失する恐れがないというメリットがあります。

カードレスで利用するためには、申し込みの過程で返済方法を「口座振替」にして「カード不要」を選択しましょう。

プロミス独自のサービス「アプリローン」がすごい

アプリローン
ネットから申し込み、振込でお金が借入可能なカードローンは多いですが、プロミスはさらにまた別で独自のサービスを展開しています。

その名も「アプリローン」。アプリから申し込み、借り入れの手続きを行うことで、「アプリを借入カード代わり」として、セブン銀行ATMから借入可能となるのです。

これはATMからカードレスで借り入れ可能という、新時代のカードローンを感じられる新たなキャッシングです。

プロミスの評判・口コミ
投稿者名 ちとせ
満足度 ★★★★★(満足)
感想欄 初めてお金を借りるのでとても不安だったのですが、電話で申し込んだらオペレーターの方がとても親切に教えてくれました。お店に行くのは嫌だったので、来店不要での借り入れをお願いしたら、『瞬フリ』というサービスが利用できてすぐに20万円借りることができて本当に助かりました。

2位 アコム

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分
無利息サービス 初回30日
  • 「ACマスターカード」との併用が可能
  • 提携ATMを利用して24時間365日借り入れが可能

アコムのメリット

  • ACマスターカードにクレジットカード機能搭載可能
  • はじめてのキャッシング利用で30日間の無利息期間適用
  • 最高限度額が800万円と高め

アコムのデメリット

  • ネットキャッシングに弱い
アコムのクレジットカードとキャッシングの併用

アコムの自動契約機『むじんくん』では、カードローンだけでなく『ACマスターカード』もその場で発行することができます。(一部自動契約機のみ)

クレジットカードではショッピングの限度額が300万円まであり、キャッシングの金利(実質年率)は10.0~14.6%と、カードローンよりも低金利です。

即日審査だけでなく即日発行も難しい話ではありません。

24時間365日借り入れOK

アコムのカードローンは、セブン銀行ATM・ローソンATM・E-netなどの各種コンビニATMで24時間365日取引が可能です。

また、「楽天銀行」の口座をお持ちの方であれば、振込融資の申し込みから最短1分で24時間いつでも借り入れが可能です。

それ以外の銀行口座の場合は、平日14時30分までに申し込みをすれば、即日振込融資を受けることができます。

アコムの評判・口コミ
投稿者名 匿名
満足度 ★★★★☆(良い)
感想欄 子どもの頃から知ってたのでアコムでお金を借りることにしました。カードローンはなんか怖かったので、金利が低いクレカでお金を借りようと思ったんですが、最初に行った店舗ではクレカの発行ができなかったので焦りました。それ以外は特に不満はないです。

3位 アイフル

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分
無利息サービス 初回30日
  • お急ぎの方は電話1本で優先審査
  • 電話だけで申し込める『てまいらず』

アイフルのメリット

  • 優先的に審査を依頼できるフリーダイヤルがある
  • 30日間無利息サービスに対応!
  • レディースローンが優秀

アイフルのデメリット

  • カードレスでキャッシング不可
審査申込後に電話を掛ければ審査の時短が可能!

インターネットから申し込みをした後にフリーダイヤルへ電話を掛ければ、審査に掛かる時間を短縮することができます。

電話をすれば優先して審査を開始してくれるので、申し込みを途中で止めることなくスムーズに行うことができます。

フリーダイヤル(0120-337-137)の受付時間は、9時~21時です。

その場でカード発行!無人契約でんわBOX『てまいらず』

アイフルの自動契約機「無人契約でんわBOX『てまいらず』」は、タッチパネルの操作が不要で、BOX内の受話器を通じて通話のみでの申し込みが可能です。

そのため、初めてのキャッシングでわからないことだらけでも、担当オペレーターにあれこれ質問しながら申し込むことができるというメリットがあります。

審査完了後はその場でカードを発行して、併設されたATMですぐさま借り入れが可能です。

アイフルの評判・口コミ
投稿者名 ちぃ
満足度 ★★★★★(満足)
感想欄 結果から言うと、15万円も借りることができました!去年の7月に急にお金が必要になって、いくつか消費者金融を比較してからアイフルに決めましたが、一番良かったと感じたのはてまいらずで電話しながら申し込めたことかな。不安が吹き飛びました、マジで。

4位 SMBCモビット

SMBCモビット

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短即日
無利息サービス ×
  • 電話・郵送物なし!SMBCモビットの『WEB完結申込』
  • ノンバンクカードローン顧客満足度ランキングNo.1の実績

SMBCモビットのメリット

  • WEB完結申し込みが便利

SMBCモビットのデメリット

  • 無利息サービスが無い
在籍確認の電話なし?SMBCモビットの『WEB完結申込』がすごい

基本的に、キャッシングでは審査で「在籍確認」があり、金融会社の担当者から申込者の勤め先へ電話を掛けます。

電話で確認する内容はほんの一言二言ですが、普段電話が掛かってこない方にとっては不自然ですよね?

SMBCモビットなら電話連絡なしの相談にも乗ってくれるので安心です。

2016年オリコン日本顧客満足度ランキングで第1位に

SMBCモビットは、2016年にオリコンが実施した顧客満足度ランキング(ノンバンクカードローン部門)で第1位の実績があります。

アコムやプロミスを抑えての第1位なので、非常に利用しやすい消費者金融であることがわかります。

借り入れのしやすさ、申し込み手続き、審査、返済のしやすさ等で第1位に上がっており、全体的にクオリティの高いキャッシングです。

SMBCモビットの評判・口コミ
投稿者名 リョウ
満足度 ★★★★☆(良い)
感想欄 つい1ヶ月ほど前に、SMBCモビットから30万円お借りすることができました。いくつかカードローンを比較していて、顧客満足度が高いSMBCモビットなら間違いないだろうと思って申し込みました。自動契約機は少し窮屈でしたが、審査も早くておすすめですよ。

5位 ノーローン

ノーローン

金利 年4.9~18.0%
借入限度額 1万~300万円
審査スピード 最短30分
無利息サービス 何度でも一週間無利息

無利息サービス最優先で、借り入れる消費者金融を選ぶという方におすすめなのはやはり新生銀行グループの、「ノーローン」です。

通常、無利息サービスが利用できるのは、初めてのキャッシング利用時のみ。ですがノーローンのキャッシングで設定されている無利息サービスは、返済が完結した翌月も変わらず、「一週間の無利息サービス」が利用可能となるのです。その利用回数に制限は無し。何度でも利用可能です。毎月毎月無利息サービスを利用するなんてことも可能となるのです。

ノーローンの評判・口コミ
投稿者名 かふか
満足度 ★★★★★(満足)
感想欄 友人に教えてもらったのですが、ノーローンのキャッシングには「何度でも一週間無利息」のサービスがついてるんですよ。毎月一定の赤字が出る私にとってこのサービスは救世主です。たまに一週間以内に返済が間に合わないときもあるけど、返済期間が伸びても一週間分返済額が少なくなるので、どっちにせよお得!

中小消費者金融比較ランキング

1位 ダイレクトワン

ダイレクトワン

金利 年4.9~20.0%
借入限度額 1万~300万円
審査スピード 最短30分

ダイレクトワンは、静岡県に本社を構える「街金」にカテゴライズされる存在ですが、バックにはスルガ銀行がついています。

そのため、借り入れにも信頼と安心感があります。店舗こそ少ないですが、ネットからの申し込みで、来店不要の即日融資を受けることができます。使いやすいキャッシングを提供している消費者金融と言えるでしょう。

2位 セントラル

セントラル

金利 年4.8~18.0%
借入限度額 300万円
審査スピード 最短即日

セントラルもサービスに優れた中小消費者金融です。

会社規模こそ小さいものの、中小消費者金融には珍しい無人契約機を構えているなど、独自の進化を遂げています。

審査基準も柔軟という話なので、他社の審査に通らない方もセントラルはおすすめです。

3位 キャッシングアロー

アロー

金利 年15.9~19.94%
借入限度額 200万円
審査スピード 最短45分

自由な意図で借入可能な「フリーキャッシング」だけでなく、キャッシングの一本化が可能な「おまとめローン」も展開しているアローもおすすめです。

ネット申し込みなら24時間365日受付可能なので、自分の好きなタイミングで申し込むことができます。審査最短45分というスピード審査も魅力的ですよね。

4位 ユニーファイナンス

金利 年12.75~17.95%
借入限度額 1万~300万円
審査スピード 最短即日

ユニーファイナンスはフリーキャッシングとビジネスローンの両方を備えている、珍しい中小消費者金融です。

中小消費者金融を比較するポイント

大手消費者金融ほどの知名度がない中小消費者金融。

中小消費者金融のキャッシングを利用しようと思っているなら、しっかりと事前の比較をおすすめします。

中小消費者金融は大手消費者金融ほど利用者プロテクトが厚くないので、キャッシング利用に慎重にならなければならないのです。

そもそも正規の消費者金融か?

そもそも、その消費者金融は「正規の消費者金融か?」という問題があります。

中小消費者金融の中には、まるで正規の会社であるかのように見せかけた「ヤミ金」が存在するのです。

事前にその消費者金融の「登録番号」を調べておきましょう。正規の消費者金融なら、国に届け出ており、国から登録番号を受け取っているはずです。

金利をしっかり比較

中小消費者金融のキャッシングは、大手消費者金融キャッシングとくらべて金利の設定が高いです。

「ちょっとだけ借りる」つもりでも、中小消費者金融の金利では利息がかさんでしまう…なんてことも。キャッシング利用前にしっかりと、金利の設定を見比べておきましょう。

電話の対応も比較ポイント

気にしない人も多いですが、中小消費者金融は業者によって「電話の対応」に差があります。

実際私は何社も何社も中小消費者金融に電話した経験があるので知っていますが、イメージどおりの怖いお兄さんが電話に出たことも、一度や二度ではありません。そしておそらく、その消費者金融は実際、何かトラブルを起こすと怖い目にあうと思います。

中小消費者金融のキャッシング利用が不安なら、先に電話してみる…なんてのも一つの手です。

新たなキャッシング「Fintech」も要チェック

キャッシングをさらに気軽に、簡単に利用できるサービスが増えています。

総称して「Fintech」と呼ばれるこのサービスを利用すれば、スマートフォンから簡単に借り入れることができます。もう、「カードを受け取って、そのカードでATMから借り入れる」というカードローンの借り入れはもはや前時代的な借り入れとなりつつあるのです。

5位 Jスコア

Jスコア
みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した「Jスコア」がおすすめです。

Jスコアがすごいのは、「AIが審査を行う」ということ。AIの審査はとにかく早く、なんと融資までにかかるのは「最短30分」という脅威の早さ。

AIが申込情報をスコアリングして、一定基準以上のスコアの人に限り、融資を行います。新時代のキャッシング、ぜひ消費者金融のキャッシングと比較してみてください。

まとめ

消費者金融の比較について、以下の通りまとめました。

  • 消費者金融を比較する際には、金利、借入限度額、審査スピード、無利息期間サービスがわかりやすい比較対象となる
  • おすすめするのはプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、ノーローンの5社
  • Fintechも要チェック