「収入証明書不要」の条件とは?借り入れ先のキャッシング別に解説!

公開日: 最終更新日:

収入証明書不要
「お金を借りたいけど、身分証や収入証明書を用意するのは面倒だなあ」と考えてはいませんか?

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今のキャッシングはその大半が収入証明書不要で利用することができるんです。

今回はなぜ収入証明書不要でキャッシングが利用できるのか、今の借り入れの仕組みについてご紹介いたします。

現在は収入証明書不要のキャッシングが主流

「お金を借りる」とイメージすると、身分証が必要だったり、年収を証明するために収入証明書が必要だったり、担保や保証人も必要なのかなといろいろ考えてしまいがちです。

ただ結論から言うと、今のキャッシングが原則として「本人確認書類」だけあれば収入証明書不要でお金を借りることができます。

★本人確認書類とは?

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

など、上記のいずれか1点が「身分証」となります。

しかし「原則」とあるように、一定の条件を満たす時は収入証明書の提出が必要になります。

キャッシングは以下の3つに大きく分けられます。

①消費者金融

消費者金融でのキャッシングは、基本的に収入証明書不要で借り入れの申し込みができます。

ただ「借り入れを希望する金額」あるいは「借り入れの総額」に応じて、収入証明書が必要になります。

★消費者金融で収入証明書が必要になる2つの条件(※)

  • 借り入れを希望する金額が50万円以上となる場合
  • 他社とあわせて借り入れが100万円以上となる場合

※審査の内容次第では、条件を満たさない場合でも収入証明書類の提出を求められることがあります

消費者金融で収入証明書が必要になる条件ははっきりしていて、2つあります。

1つは、申し込んだ消費者金融での借り入れが50万円をこえる場合で、審査に収入証明書が必要となります。

もう1つは、利用しているキャッシングと申し込んだ消費者金融での借り入れをあわせて100万円をこえる場合です。

分かりやすく言うと、その時点で利用している消費者金融2社からあわせて70万円借りているとしたら、3社目に申し込んだ消費者金融では30万円以上の借り入れで収入証明書の提出が必要ということになります。

初めての借り入れであればあまり問題はないと思いますが、複数の借り入れがある場合は収入証明書不要になっていないこともあるので、申し込み前には借り入れ合計を確認しましょう。

プロミス

プロミス

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/最短1時間融資
プロミスで収入証明書の提出が必要になる条件

下記のうち、どちらかが当てはまるときに収入証明書の提出が必要になります。(公式サイトからの引用)

  • ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
プロミスで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれか1点の提出が必要となります。(公式サイトからの引用)

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(※直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は、直近2ヶ月分の給与明細書のみでOK

アコム

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査
アコムで収入証明書の提出が必要になる条件

下記のいずれかに当てはまる際は、収入証明書の提出が必要になります。(公式サイトからの引用)

  • 当社のご利用において50万円を超えるご契約を行うお客さま
  • 他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
  • 既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合
アコムで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれか1点の証明書の提出が必要となります。(公式サイトからの引用)

  • 源泉徴収票(最新年度分)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

給与明細書を提出する際の注意点として、賞与明細書がある場合は直近1年分もご提出くださいとあるので、忘れないようにしましょう。

アイフル

アイフル

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/申込後に電話を掛けて優先審査が可能!
アイフルで収入証明書の提出が必要になる条件

下記のどちらかにあてはまる場合は、収入を証明するものが必要となります。(公式サイトからの引用)

  • アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合
アイフルで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれかのコピー1部の証明書の「最新発行分」の提出が必要です。(公式サイトからの引用)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 年金証書
  • 給与明細書(※)

※給与明細書は直近2ヶ月分が必要

②銀行カードローン

銀行の場合は、単純に消費者金融よりも収入証明が必要になる金額が多くなると捉えておきましょう。

少なくとも、収入証明書が必要になるのは「100万円から」になります。

ただ消費者金融と異なるのは、収入証明が必要になる金額が均一ではなく、銀行カードローンによって結構ばらつきがあります。

具体例を出すと以下の通りです。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査
レイクで収入証明書の提出が必要になる条件

100万円を超えて契約する場合は原則、『収入を証明する書類』の提出をお願いしております。(公式サイトからの引用)

ただし、100万円を超える契約でも、レイクの判断によっては収入証明書類不要となるケースもあります。

レイクで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれかの証明書の提出が必要です。(公式サイトからの引用)

  • 源泉徴収票(前年度または直近分)
  • 住民税決定通知書(前年度または直近分)
  • 納税通知書(前年度または直近分)
  • 所得(課税)証明書(前年度または直近分)
  • 給与明細書(※直近3ヶ月以内の連続2か月分)

※給与明細書を提出する場合は、それ以外の収入証明書の用意が難しい場合

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利 年3.0~14.0%
借入限度額 1万~1,000万円
審査スピード 最短即日審査
みずほ銀行カードローンで収入証明書の提出が必要になる条件

ご希望の借入限度額が200万円以下の場合は不要です。(公式サイトからの引用)

みずほ銀行カードローンで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれかの書類のコピー1通が必要です。(公式サイトからの引用)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査
みずほ銀行カードローンで収入証明書の提出が必要になる条件

300万円を超えるお申込には、ご本人さまのご年収が確認できる資料をご準備ください。(公式サイトからの引用)

みずほ銀行カードローンで提出可能な収入証明書

下記のうち、いずれかの書類の最新のものが必要です。(公式サイトからの引用)

  • 給与明細書(発行日が3か月以内のもの)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

③クレジットカード

皆さんもご存知の通り、クレジットカードには「ショッピング」と「キャッシング」の2つの機能があります。

クレジットカードにも借入限度額があって、ショッピングとキャッシングを合わせた合計額となっています。

わかりにくいかもしれませんが、ショッピングの限度額の枠の中にキャッシングの枠も入っているというイメージです。

そのためクレカのキャッシング限度額はもともと低めになっており、カードによっても違いますがほとんどが10万~50万円程度におさまっていることが多いです。

なぜかというと、50万円以上のキャッシングで収入証明書が必要になるからです。

それ以上の借入限度額を設定しているクレジットカードは、商品詳細に「●●万円以上のお申し込みで収入証明書の提出が必要となります」等の但し書きがあります。

クレカのキャッシング限度額は、基本的にクレカ発行時の申し込みで希望額を記入します。

「必要ないから」といって限度額の枠を0円にすることもできるので、そういった方々にとっては収入証明書不要もあまり関係ないかもしれないですね。

即日融資でも収入証明書不要ですか?

即日融資を受けたい場合でも、収入証明書が必要になる条件は変わりません。

上記で紹介した通りの条件で収入証明書が必要になるので、書類を用意するのが難しいようであれば「借入希望額を引き下げる」あるいは「収入証明書不要の金額が高いキャッシングへ申し込む」このどちらかで乗り切ることができます。

現在のキャッシングは信用貸し、つまり「担保・保証人なし」でお金を借りることができます。

その代わりと言ってはなんですが、収入証明書不要で借り入れを申し込むことができる金額はそれほど高くありません。

高額の融資が必要であれば、それを返済できる能力があることを年収つまり収入証明書を提出して示す必要があるというわけです。

まとめ

収入証明書不要のキャッシングについて、以下の通りまとめました。

  • 今のキャッシングは原則として収入証明書不要で借り入れの申し込みができる
  • 基本的に消費者金融は50万円未満、銀行は100万円未満までの借り入れなら収入証明書不要
  • 即日融資を受けたい場合でも収入証明書不要の金額の範囲は変わらない